2013年09月19日(木) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの09月19日 編集

■1武雄市長・樋渡啓祐氏による皇室の政治利用とウソ[武雄市][情報公開] このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の、オリンピックとパラリンピックの開催都市を決めるIOC総会への高円宮妃殿下久子さまの出席を巡って、「招致活動にあたるのではないか」「皇室の政治利用につながるのではないか」という議論がありました。
宮内庁は、皇族方は招致活動に関わられないという立場を慎重に守っており、今回の議論も、皇室の政治利用に関わる問題となったわけです。

2020年夏季五輪開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会への高円宮妃久子さまの出席に関し、菅義偉官房長官は3日の記者会見で、「皇室の政治利用とか、官邸からの圧力とか、そうした批判はあたらない」と述べ、政治的圧力を示唆した宮内庁の風岡典之長官に反論した。首相官邸が宮内庁を公然と批判する事態になったが、久子さまは同日、総会が開かれるアルゼンチンへ民間機で出発した。

皇室の政治利用については、現在では「天皇が独走する危険性よりも、内閣が天皇を政治的に利用する危険性の方が高い」 *1 とされていますが、どちらの立場を取るにせよ、また、皇室に対する考え方の違いはあっても、現憲法の下での皇室を考えた場合、皇室が政治的に利用されることについては、警戒して見て行かなければならない問題だと考えます。

さて、高円宮妃久子さまについて。
8月5日に武雄市図書館を見学された[http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2525843.article.html] ことが報じられています。
この訪問について、樋渡啓祐氏は自身のTwitter上で、

と発言し、 あたかもこの訪問が、宮内庁側からの申し出によって実現したかの様に喧伝しています。

これは事実でしょうか。
後述するように、

  • 宮内庁側からその様な「オファー」をした事実はない
  • お成り依頼は都道府県から宮内庁に出されるもの
  • 今回のお成りは、「25年度全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技大会高円宮賜牌第46回全国高等学校アーチェリー選手権大会 競技御観戦及び閉会式御臨席」にあわせた、地方情勢ご視察の中で実現したもの
  • ご視察先として武雄市図書館が選ばれたのは、武雄市教育委員会の推薦によるもの

であることが明らかになっています。
つまり、 樋渡啓祐氏の「武雄市図書館訪問が宮内庁からの申し出で行われた」という主張は全くのウソ だということになります *2
宮内庁あるいは皇室に絡めた「ウソ」をつくことについて、私自身は畏れ多いことだと思いますが、仮に皇室を「畏れ多い」としない立場に立つ方であっても、 ウソをついてまで、皇室を政治利用することは決して許されることではない とお感じになると思います。

アドルフ・ヒトラーは「大衆は、小さなウソより大きなウソにだまされやすい。なぜなら、彼らは小さなウソは自分でもつくが、大きなウソは怖くてつけないからだ。」という言葉を残したと言われていますが、大きなウソを平気でつけることが良いことではないはずです。

宮内庁への開示請求:

宮内庁への行政文書開示請求にあたって、今回の件については、どの様な文書の開示を受ければ事実が明らかにできるか思いつかなかったので、率直に窓口に相談をしてみました。
この段階で、

  • 宮内庁側からその様な「オファー」をした事実はない
  • お成り依頼は都道府県から宮内庁に出されるもの
という回答を頂くことはできたのですが、文書としての証拠が欲しいということで、今回のお成りについての一件の文書の開示をお願いしました。
こういう場合、他にも「オファーや依頼などをした文書」という形で請求を行って、不開示決定通知を得る方法もあるとおもいます。

佐賀県への開示請求:

宮内庁の方から、佐賀県からの依頼に対応したものであることと、文書の発信者を教えて頂くことができたので、合わせて開示請求を行いました。

開示された文書から:

開示された文章を見ていきます。
[宮内庁] H25-09-05 宮内秘発甲第753号開示 H25-07-24 憲仁親王妃久子殿下の「第46回全国高等学校アーチェリー選手権大会」へのお成り願い出について.pdf
[宮内庁] H25-09-05 宮内秘発甲第753号開示 H25-07-24 憲仁親王妃久子殿下の「第46回全国高等学校アーチェリー選手権大会」へのお成り願い出について.pdf
まず、佐賀県から宮内庁に対して出された、「お成り願い出」の文書です。 この文書の中に、ご視察先として「武雄市図書館・歴史資料館」が登場しています。
「武雄市図書館・歴史資料館」が選ばれた経緯については、佐賀県から開示を受けた文書で明らかになりました。
[佐賀県] H25-08-23 教委学第2494号開示決定 H25-03-22 武雄市からの平成25年度全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技に係るお成りの御視察先の推薦について.pdf
[佐賀県] H25-08-23 教委学第2494号開示決定 H25-03-22 武雄市からの平成25年度全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技に係るお成りの御視察先の推薦について.pdf
[佐賀県] H25-08-23 教委学第2494号開示決定 H25-03-22 武雄市からの平成25年度全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技に係るお成りの御視察先の推薦について.pdf
つまり、お成り依頼に先立って 武雄市が「武雄市市立図書館・歴史資料館及び蘭学館」を最優先として推薦 している訳です。
この蘭学館。ご存知の通り、改修でなくなってしまうのですが、その無くなってしまう施設を、

1.武雄市市立図書館・歴史資料館及び蘭学館
・現在武雄市が最も重点的に取り組んでいる施設である。
・武雄を統治していた 後藤・鍋島家当主が収集した蘭学書を多数保有しており、 歴史的価値も高い
上記2点より武雄を知っていただくにはうってつけの施設だと思われる。
として、推薦しているのです。
しかも、他の施設については、 先方の了承を得ておりません とまでしています。
佐賀県としてはこの推薦を受けて、アーチェリー競技大会の際に、視察先として武雄市図書館を含めて、お成り依頼を出したという流れになります。

ここまで見てきた通り、 決して「宮内庁からオファーがあって」というものではなく、武雄市側が働きかけて実現したもの です。

樋渡氏の頭の中では、「宮内庁が申し入れをした」という理解になっているのかも知れませんが、それは事実ではありません。 前述した通り、皇室を政治利用すること自体、問題ですが、 事実に反することを主張して皇室を政治利用することは、厳に慎まなければならないこと だと考えます。
万が一樋渡氏が、 武雄市側から推薦をしたのにも関わらず、「宮内庁からオファーがあった」という「誤解」をしているのであれば、「ウソをついて皇室を利用した」という批判を受けないためにも、今からでも訂正するべき だと思います。

開示を受けた文書一覧:

本件について開示を受けた文書を以下に示します。
これらの文書は、 武雄市問題文書館[http://www.nantoka.com/~kei/TakeoLibrary/]資料室[http://www.nantoka.com/~kei/TakeoReferences/] に収録してあります。

9月20日追記:

時系列を整理したものがあると分かりやすいとのご意見を頂きましたので、整理してみました。

*1: Wikipedia:天皇特例会見[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E7%89%B9%E4%BE%8B%E4%BC%9A%E8%A6%8B#.E8.AB.96.E7.82.B9]
*2: 可能性としては、宮内庁側から内々にという形で打診を受けたのだという主張はあり得るかも知れませんが、時期が合いません。第一、「内々の打診」を公言して利用することも当然、許されることではないことでしょう。

■ 関連記事

今日のつぶやき

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2013年09月 翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最近の日記

2017年02月21日

BIGの投票内容(発番)につきまして(2017.02.20)

2016年06月29日

「SEI-Net」不正侵入事件にみる佐賀県教育委員会の杜撰

2015年11月26日

武雄市図書館から“地方自治”を考える!

2015年11月21日

シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(34) - 「第3のツタヤ図書館にデキレース疑惑 内部資料を独占入手!」落ち穂拾い

2015年10月30日

シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(33) - 海老名市ツタヤ館運営の行方

2015年10月26日

シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(32) - 10月26日付 文化通信「TRC、CCCとの関係解消へ」

2015年10月25日

シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(31) - 続・検証「9つの市民価値」

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project