2013年03月13日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(16) - 武雄市議会 平成25年3月定例会 石丸定議員一般質問[http://www.ustream.tv/recorded/29936693][武雄市][図書館][CCC][個人情報][TSUTAYA図書館] このエントリーをはてなブックマークに追加

今週から武雄市議会の一般質問が行われていまして、ところどころですが中継を見ています。この中で、個人情報の扱いに関して非常に気になるやり取りが行われていましたので、録画を確認してみました。

(石丸議員)改めて個人情報が図書館以外に利用されない。また、貸出履歴は返却時に削除されますという説明でありましたが、武雄市としては読書履歴は個人情報であるという認識で良いのでしょうか。
(古賀教育部長) 本人が特定されるその様な情報であれば、これは個人情報だと、その様に思います。 私共は、今回は、本人に紐づかないものですね。につきましては、同意の上ですけれども少し説明させて頂きますと今回、図書館システム内の情報、それをポイントシステムにですね、いくら行くのか、どの程度の情報が行くのかということになりますけれども、4つございます。一つはTカードの番号でございます。それから、使用された年月日と時刻ですね。それから、ポイント数。この4つに限って提供するもので、 本人が特定をされないということであり、かつ、本人の同意も得ているということで、 個人情報についてはしっかり守られるとこの様に考えております。

この教育部長の答弁は、どう考えてもおかしいと思います。

まず、個人とTカード番号の紐づけ情報。CCCがこの情報を持っていることは、間違いありません *1 。そうでなければ、ポイント付与や利用といったサービスを受けることはできません。
ところが、 教育部長は、「Tカードの番号」を渡すにも関わらず、「本人が特定をされない」という答弁をしているのです。

「渡す側にとって個人が特定できなければ、たとえ相手が特定できようと個人情報でない」という強弁はあるかも知れませんが、その説明は「個人情報の流用が心配です」という人に対して、「それは個人情報ではないから安心して下さい」という、 論点のずれた説明[http://hiwa1118.exblog.jp/15827483/] だと思います。
こういった論を許せば、「なんちゃって匿名化」を施すことによって、個人に紐づく情報を受け渡しの際だけ、「個人を特定できない情報」(本当はできるけど)に加工して流通させれば良いということになるわけで、個人情報保護法はその意義を失ってしまいます。

ところで、図書館利用者番号が分かれば、図書館としては個人が間違いなく特定できますから、 図書館利用者番号に紐づく情報は、図書館にとって間違いなく個人情報です。
ここしばらくの動きで、図書館利用者カードの仕様が明らかになってきており、Tカード兼利用者カードには、図書館利用者番号等の記載やバーコード等は無いことが分かっています。
ということは、Tカード兼利用者カードを使用して図書の貸出を受ける際には、図書館は、何らかの方法で図書館利用者番号を知る必要があります。

考えられる実装は2つあると思います。

  1. 図書館内部に、Tカード兼利用者カードの、Tカード番号と図書館利用者番号の対応を持つ(CCCにこの情報は渡さない)
  2. CCCが、Tカード兼利用者カードの、Tカード番号と図書館利用者番号の対応を持つ。図書館での利用時の図書館利用者番号を応答する

もし、上記の1の実装であれば、 図書館においては、Tカード番号から図書館利用者番号を知ることができますから、図書館利用者番号経由で個人が特定できます。Tカード番号から本人が特定できないとの教育部長の説明は誤り です。

仮に、2の実装であれば、図書館は確かに、Tカード番号から図書館利用者を知る情報を保持していないことになりますが、 Tカード番号と図書館利用者番号の紐付きという、よりセンシティブな情報をCCCに渡している ということになります。

いずれにしても、 教育部長の答弁は「CCCにおいては、個人が特定できる」ことに触れずに、個人が特定できないとし、「個人情報についてはしっかり守られると」するものであり、非常に悪質なもの だと言わざるを得ません。

*1: 「Tポイントジャパンは持っているけど、CCCは持っていない」という様な議論は、措いておきます。

この記事に頂いたコメント

Re: シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(16) - 武雄市議会 平成25年3月定例会 石丸定議員一般質問 by Ivarn    2013/03/17 11:13
始めてだと思うのですが,コメントいたします。 「この4つに限って提供するもので、 ...

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2013年03月20日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(17) - TSUTAYAの「のぼり」はためく新図書館にて[武雄市][図書館][CCC][TSUTAYA図書館] このエントリーをはてなブックマークに追加

「入会受付中 by TSUTAYA」の、のぼりがはためく、武雄市TSUTAYA図書館新装した武雄市TSUTAYA図書館では、新図書館への「入会」を受け付けているそうで、どういう様子で入会を受け付けているかが気になっていたのですが、関係者の方から「こんな感じですよ」という情報を頂きましたので紹介してみたいと思います。
こんな「のぼり」が立っているくらいなので、新図書館のカード申し込みと言いつつ、あるいは、Tカード会員を募集しているのではないかと気になっていたのですが、受付では「当然、Tカードを作る」という前提で案内がなされた様で、TSUTAYAのスタッフが「入会」を受け付けているとは言え、公共図書館の事前登録をするつもりで出向いた人は、違和感を感じることになるだろうなと思いました。

入会案内パンフレット 受付に行くと、入会案内の資料一式と申込書を渡されて、書類を書くことになる様なのですが、「Tカードは要りません」と言ったため、 規約[../upload/TakeoLibrary/TsutayaLibraryAgreement.pdf] の説明や、 TSUTAYA図書館ハウスルール[../upload/TakeoLibrary/TsutayaLibraryHouseRule.jpg] の説明は特別受けなかったとのことです。
確かに、 公共図書館を使うのに、いちいち説明しなければいけない様なルールがあることには違和感を感じます ので、説明が無いことは良いことなのかも知れませんが、 Tカードを利用する場合は、B6サイズ8ページ *1 のこの規約の内容について説明をしているのかどうか心配 になりました。

武雄市TSUTAYA図書館館内案内図ということで、すっかり商業施設になった、「蔦谷書店武雄市図書館」(正式名称)と、「スターバックスコーヒー蔦谷書店武雄市図書館店」(正式名称)ですが、店内は左の図の様なレイアウトになる模様です。
まさに、館内の一等地を商業施設に改装して、 「図書館部分は蔦屋書店とスタバコーヒー店に占拠され、図書館は奥に押しやられ2階に追い上げられてしまっている」[http://talkbar.saga-s.co.jp/archives/67769369.html] *2 様な印象を受けるのは、井上氏だけではないだろうと改めて感じました。

*1: フォントも小さいので、自分も老眼になったかと思うくらい読むのに苦労をします。実際に老眼が進んだ方にも読むのが難しいと思いますので、きちんと読んで理解して欲しいのであれば、 PDFファイル[../upload/TakeoLibrary/TsutayaLibraryAgreement.pdf] や、拡大したものが用意されていれば良いなと思いました。
*2: 知的基盤を奪われる武雄市民  ―武雄市図書館・歴史資料館問題から(2)[http://talkbar.saga-s.co.jp/archives/67769351.html] の修正前の記事にあった表現を引用。 修正された経緯については、 武雄市の樋渡市長の佐賀新聞社への抗議により非表示とされた井上一夫氏のブログ記事について[http://goldenhige.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-29e8.html] を参照。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2013年03月24日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1シリーズ武雄市TSUTAYA図書館 過去記事一覧[図書館][武雄市][CCC][TSUTAYA図書館] このエントリーをはてなブックマークに追加

過去記事の一覧をまとめておきます 過去記事にタグを打ち直しましたので、 TSUTAYA図書館[http://www.nantoka.com/~kei/diary/title.cgi?CAT=TSUTAYA%BF%DE%BD%F1%B4%DB] でも一覧できます。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2013年03月25日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(18) - やっぱり武雄市民は何も知らされていない[武雄市][TSUTAYA図書館] このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に分かっている武雄市民とは誰か[http://donabeneko.jp/blog/20130324233248.html] に取り上げられていた、 やっぱり武雄市長は分かってくれてない。[http://anond.hatelabo.jp/20130324210712] の記事を読みました。 この記事は、 やっぱり武雄市民は分かってくれてる。[http://hiwa1118.exblog.jp/18410996/] を背景にして書かれたものだと思いますが、単なるパロディでは無く、「分かってくれてる」で取り上げられた様な意見に対する反論と言いますか、こういう意見が全てではないという思いで書かれたものだろうと思います。

「分かってくれてる」の投稿者は、市民病院 *1 について、

私たちのように 子連れでたまに行くという人には不便でしたので。これも変える前には、お母さん仲間でも「あれはあり得ない」「樋渡市長にはだまされた」みたいな話を一杯聴いていたので、(中略)今では、そのとき反対していたお母さん達とも 「出来てみると便利ねぇ」と笑って話したりしています。

と書きます。一方、「分かってくれてない」の投稿者は、

お母さん仲間の中ではあそこに行く人は多くありません。理由を聞いてみると 「小児科がない」からです。意外に思われるかもしれませんが、武雄市内中心部には小児科が1軒しかなく、今はどうか知りませんが以前はそこですらお医者さんが毎日いるわけではなく、 子供が病気にかかった時にどこに連れて行けばいいのかがわからなかったのです。

と書きます。 確かに、 新武雄病院[http://www.shintakeo-hp.or.jp/] には 小児科はありません[http://www.shintakeo-hp.or.jp/shinryo_top.php] 。市民のための病院を利益のために経営される民間病院に譲り渡したのですから、これは仕方がないことだとは思いますが、子どもを持つ方は確かに困っておられると思います。
「分かってくれてる」の投稿者の方や、その周囲のお母さんは幸いにも、お子さんが病気に罹って困られたことが無いようですが、少なくとも市長には、 子どもが病気に罹って、小児科がなくて困る市民の方もおられることを知っておいて欲しい と思います。

「分かってくれてる」の投稿者は、図書館について、

今までの図書館は読み聞かせをしていただくところが暗くて、ちょっと怖い感じで、(中略) とっても明るい感じで、これなら、ウチの子も怖がることなく、 読み聞かせに集中できるかなと思いました。
スターバックスも楽しみです。お母さん仲間と集まって話できる場所が増えました。しかも 子供も遊ばせられるスペースもありますし

武雄市新図書館キッズスペースと書きます。
左のパース図は、 武雄市役所Facebook 【図書館・歴史資料館に関する市民アンケートの集計結果について】[https://www.facebook.com/media/set/?set=a.538920799467329.144722.194839810542098&type=1] に貼り付けられていたものですが、確かに「とっても明るい感じ」で、「子供も遊ばせられるスペース」かも知れません。パース図を見ても、元気そうに子どもが駆け回っています。

一方、「分かってくれてない」の投稿者は、

読み聞かせの部屋も見たことはありますが、 子供が読み聞かせに集中できるようにあえて周囲とは離した設計になっていると説明していただき、なるほどと納得出来ました。

と、多くの図書館施設で見られるように、これまでの読み聞かせのスペースがあえて全体の照明を落として、子どもが周囲に気を取られないで本の世界に入って行けるように設計されていることを指摘しています。

私が知る中で言えば、 たらみ図書館[http://www.lib.isahaya.nagasaki.jp/tarami_web/] は図書館の前にプレイランドがあって、図書館と身体を動かす遊びの両方が楽しめる施設になっているのですが、 子どもが駆け回るプレイランドを図書館の中に作ろうという発想に私自身は疑問を感じます 。パースはパースであって実際の運用はこうならないのかも知れませんが、2012年9月14日の武雄市議会9月定例会に追加議案として提出された補正予算案によれば、 新図書館の「新図書館空間創出業務」には1億2790万円の委託料が支出[http://togetter.com/li/373625] されています。
パース段階でこの様な図を描く様な「空間創出」が、図書館をどの様に理解して行われたものなのか、心配せざるを得ません。

なお、「分かってくれてない」の投稿者は、

まさかスターバックスのスペースで持ち込みの水を飲みながら長時間おしゃべりするわけにもいかないでしょうし。これからどこに行けばよいのでしょうか。

と書いていますが、 スターバックスのスペースには、スターバックスで購入した飲み物以外は持ち込み禁止 です(逆に、スターバックスで購入した飲み物は館内どこででも飲めます)。
やっぱり武雄市民は何も知らされていない と言わざるを得ません。

この様な論点。賛美も批判も両方取り上げてこそ、市民の声を市政に活かす広報公聴につながるのではないでしょうか。
武雄市は「武雄市は市民との双方向のコミュニケーション」を掲げて、市ページのFacebook化を行ったのではないでしょうか。
市長は 自ら「多聞第一」と[https://twitter.com/hiwa1118/status/315347026202206208] 、お釈迦様の教えを尊ぶ方からすると畏れ多い *2 ことを言っています。恐らく、「多く聞くことが大事」といった意味合いで使われているのではないかと思うのですが、自分に都合の良い事だけを多く聞くことに意味があるのでしょうか。

武雄市の広報誌はタウン誌の様になってしまい、肝心の市からのお知らせが分かりにくくなったという声を聞きます。
Facebookは記事が流れて行ってしまい、必要な時に必要な記事が見つけ出せなくなってしまいました。あれだけ話題になった 庁舎内の配置図[http://matome.naver.jp/odai/2134918130576315201] ですが、既に他の方の言及を辿らないと見つけ出すことはできません。

広報誌が「横の公平性」を失い、市長や職員がお気に入りの店を紹介するタウン誌と化し、Facebookは「いいね!」を集めるためのメディアとなった武雄市においては、紹介した、 やっぱり武雄市長は分かってくれてない。[http://anond.hatelabo.jp/20130324210712] の記事の様に、「匿名ダイアリー」でしか市民の疑問や意見を書くことができない状況にある様です。

佐賀新聞に対して、武雄市フェイスブック・シティ課から出された著作物許諾申請書一方で、市長のブログやFacebookページでは、計画を批判したり疑問を持つ人や団体に対する誹謗や中傷が繰り広げられ、都合が悪い発言の削除やブロックが日常的に行われています。
これが、完全に個人の活動として行われているものであるならば、政治家としての姿勢が疑われることにとどまると思うのですが、 これらのページの運営には、市職員が業務として関わっています *3
市長は 「僕は公私一体。武雄市が趣味。」[http://twitter.com/hiwa1118/status/199852036316069889] と発言します。 「趣味」で市政を運営されては市民の皆さんは困るでしょうし、「公私一体」は、混同より、わけることすらできないという意味で、なお悪いと思います。
先の市議会で、樋渡市長は来年4月の市長選への出馬表明を行いました。 少なくとも、市の広報においては、市の職務執行者のトップとしての市長と、個人としての樋渡氏、あるいは次期市長候補は明確に分けて取扱って頂きたいと思います。 組織はとかく保身に走りがちですし、トップの意向にそぐわないことも出てくるとは思いますが、 都合の良い事だけを知らせ、都合の悪いことを市民に知らせない広報 では、市民は正しく自分たちの将来を判断できません。
「市民は何も知らされていない」とならない様に、自治体の広報公聴の意義を今一度、見つめ直して頂ければと思います。

*1: 正確には、現在は市民病院ではなく、 社団法人 巨樹の会 新武雄病院[http://www.shintakeo-hp.or.jp/]
*2: 「多聞第一」はお釈迦様の十大弟子の一人、阿難陀を指します。 宗教上意味とは違う意味で使っているのかも知れませんが、他の人が信仰している宗教の用語を「他力本願じゃダメ」の様に歪んだ意味で使う事には、慎重でなければならないと思います。
*3: 佐賀新聞に対して、武雄市フェイスブック・シティ課から出された著作物許諾申請書 [facebook][../upload/TakeoLibrary/SagaShinbunKyodaku_facebook.png] , [blog][../upload/TakeoLibrary/SagaShinbunKyodaku_blog.png]

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2013年03月27日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(19) - やっぱりデタラメだった教育部長の答弁[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20130313S1][武雄市][図書館][CCC][個人情報][TSUTAYA図書館] このエントリーをはてなブックマークに追加

「著作権法」が「旅行/ハワイ・グアム/グルメエッセイ」のジャンルに武雄市新図書館の WebOPAC[http://www.epochal.city.takeo.lg.jp/winj/opac/search-detail.do?lang=ja] が稼働を開始していて、 著作権法の本が「旅行/ハワイ・グアム/グルメエッセイ」[../upload/TakeoLibrary/WebOPAC_genre.png] のジャンルになっているとか、村上春樹の 「風の歌を聴け」が「法律 /アウトドア /温泉」 のジャンルになっているとか、マーガレット・ミッチェルの 「風と共に去りぬ」が「法律 /商法 /北陸・中部」 のジャンルになっているとか、まるでアンデルセンの童話 *1 の世界にやってきた様な、「武雄市21分類」に戸惑っている訳ですが(試しに「アンデルセンクラシック 9つの物語」を引いたら、「法律 /著作権法 /韓国・台湾 /スラヴ文学」と出てきました。)、最近の方にはこういう分類の方が分かりやすいという事なのでしょうか。残念ですが、私にはさっぱり分かりませんでした。
テストデータだと信じたいところですが、本番環境にテストデータを持ち込むことは、何かと事故の原因になりやすいことは歴史が証明している事実ですから、避けた方が良いのではないかと思います。
一方、万が一、テストデータではないのであれば、 この様な分類にはなじみが無い方も多いと思いますので、ぜひ再考して頂きたい ところです。

他にも、 検索や予約のページにまでGoogle Analyticsのコードが密かに *2 埋め込まれていて、 誰が、いつ、武雄市図書館のOPACを検索し、予約をしたかという情報がGoogleに提供されるようになっているという 状況で、このコードがどうやって紛れ込んだか分かりませんが、早急に撤去する必要があると思います。

さて、 以前の記事[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20130313S1] で触れた、「Tカードの番号では本人が特定されないから、個人情報ではない」とする、教育部長の答弁です。
再掲します。

(石丸議員)改めて個人情報が図書館以外に利用されない。また、貸出履歴は返却時に削除されますという説明でありましたが、武雄市としては読書履歴は個人情報であるという認識で良いのでしょうか。
(古賀教育部長) 本人が特定されるその様な情報であれば、これは個人情報だと、その様に思います。 私共は、今回は、本人に紐づかないものですね。につきましては、同意の上ですけれども少し説明させて頂きますと今回、図書館システム内の情報、それをポイントシステムにですね、いくら行くのか、どの程度の情報が行くのかということになりますけれども、4つございます。一つはTカードの番号でございます。それから、使用された年月日と時刻ですね。それから、ポイント数。この4つに限って提供するもので、 本人が特定をされないということであり、かつ、本人の同意も得ているということで、 個人情報についてはしっかり守られるとこの様に考えております。

予約申し込みページ[../upload/TakeoLibrary/WebOPAC_tcardid.png] が明らかになれば、このあたりがどうなっているのか確認できると考えていました。
実は、住民基本台帳カードを図書館利用者カードとして利用する場合にも似たような問題があります。住基カードを利用者カードとして使う場合、住基アプリとは別の「図書館利用者カードアプリ」機能を持たせることによって、住民基本台帳番号との紐付けを行わずに同じカードを利用者カードとして使う実装となっています。
貸出時には、「図書館利用者カードアプリ」の部分にアクセスすることによって、図書館利用者番号を取得して貸出処理を行う事になるのですが、WebOPACでの予約時に問題が残ります。
図書館利用者番号は、住基カードには記載されていませんし、もちろん住民基本台帳番号とも異なるものです。一方、WebOPACで予約をする際には、カードに書かれていない「図書館利用者番号」が必要になります。
このため、住基カードを図書館利用者カードとして使用している館では、登録時に図書館利用者番号を印刷したレシートを渡すなどの運用をしているのですが、実際の運用は面倒だと聞きます。

予約申し込みページ予約申し込みページ[../upload/TakeoLibrary/WebOPAC_tcardid.png] を見ると、 利用者番号としてTカード番号を入力することになっています。図書館はこの予約に対応する訳ですから、Tカードから利用者を特定できなければ、対応することができるはずがありません。 先の市議会答弁で、教育部長は、 本人が特定されるその様な情報であれば個人情報だと した上で、 Tカードの番号では本人が特定をされず個人情報についてはしっかり守られる と答弁したわけですが、これは デタラメだったと言わざるを得ません
ウソやデタラメで、安全ではないものを安全だと言い張ることは、教育・市政への信頼を損なう上に、より大きな事故を招きます。
市議会での答弁と言う、正確で慎重な説明が求められる場で、この様な誤った説明がなされたことは、重大な問題だと考えます。 市民が危険性を正しく理解するために、正確な情報を提供頂く様に、強く望みます。

*1: 嵐が看板を移す話, 岩波文庫「完訳アンデルセン童話集」第6巻
*2: Google Analyticsの利用規約[http://www.google.com/analytics/terms/jp.html] では、「7.プライバシー」として、GAによるトラッキングを行っていることを利用者に示すことが要求されていますが、どこにも表示されていません。

この記事に頂いたコメント

Re: シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(19) - やっぱりデタラメだった教育部長の答弁 by roshiguchi    2013/03/27 15:30
WebOPACのジャンルがデタラメなのはテストデータだからじゃないかと思ったのですが。 ...
Re: シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(19) - やっぱりデタラメだった教育部長の答弁 by keikuma    2013/03/27 15:37
ありがとうございます。実際のところ、さすがにテストデータの可能性が高いですね。加...

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、31 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2013年03月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project