2010年11月19日(金) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの11月19日 編集

■1Ustreamで放送することのできる楽曲[USTREAM][著作権] このエントリーをはてなブックマークに追加

その昔、ミニFMが流行った頃は、まぁ 合法的なミニFMの電波の届く範囲は、拡声器の音が聞こえる範囲と大して変わらない ので *1 、それほど大きな問題にはならなかった様ですが、インターネットを使って、これだけ手軽に、それこそ全世界に、誰もが放送をできる世の中になると、楽曲の権利が問題になってきます。
一方、 けいくまラジオ[http://www.ustream.tv/channel/keikuma-radio] の様なトーク番組を、音楽無しで放送するのは、非常に難しくて、音楽がいかに私たちの生活を彩っているかということを思い知らされます。
と、いうことで、放送することのできる楽曲をいかにして確保するかというのが重要なテーマになってきます。
Ustreamで楽曲を使うためには、 「著作権」と「著作隣接権」の重要な2つの権利をクリアする必要があります *2
大まかに言って、著作権は、作曲者と作詞者の権利であり、曲や詞を使えば、誰が演奏しても、この権利をクリアする必要があります。一方、Ustreamにおいては、 音楽著作権に関する包括契約[http://www.ustream.tv/jp/copyright/1] を結んでいるため、「インタラクティブ配信」が許諾された楽曲に関しては、著作権の問題はクリアできます。
Ustreamでは、JASRAC、イーライセンス、JRCと音楽著作権に関する包括契約を結んでおります。
利用者は、使用した楽曲をUstreamに報告するだけで、利用者自身が許諾を取ることなく、歌を歌ったり、楽器などを用いて演奏する事が可能になりました。
但し、 クリアされるのは「著作権」だけですから、CD等をそのまま使える訳ではない ことに注意が必要です。
音源を用いて、BGMとして利用したり、DJプレイなどを配信する場合、一般的に多くの曲が許諾の範囲外になりますのでご注意ください。利用可能な曲は、こちら(JRCサイト)から検索してください。
上記以外の著作権・著作隣接権の権利処理は利用者自らが許諾を取っていただく必要があります。
実際のところ、自らが許諾を取ることは現実的では無いので、この注意書きにある様に、多くの音源は使うことはできないのです。
そこで、
  1. 自分で演奏する。誰かに演奏してもらう。
  2. JRCの配信可能楽曲から選曲する
  3. 著作権、著作隣接権が切れた音源を使用する
自分で演奏するのは、相応の腕があればもっとも簡単かつ個性も出せて有効なのだと思いますが、残念ながら私にはできません。MIDIを使えばできない訳ではないのですが、放送に乗せられる品質まで打ち込もうとすると、ピアノ曲でも相当に大変でした。
あるいは、誰かに演奏してもらう。演奏した方に許諾をもらうという方法もあります。
JRC[http://www.japanrights.com/]USTREAM利用可能音源検索データベース[http://www.japanrights.com/ust/terms.html] にある音源が、数は少ないのですが、そのまま放送できる楽曲となっています。お気に入りの曲があれば、幸運です。
そして、最後の方法。著作権、著作隣接権が切れた音源を使用するです。
「クラシック」と言われる音楽は、作曲者の死後50年 *3 以上経過しており、ほとんどの楽曲について著作権は消滅しています。
問題は著作隣接権なのですが、これは録音から約50年経つと消滅します *4 。 従って、録音日が非常に重要で、図書館に行って録音が古いCDを探して来たり、 Musopen[http://www.musopen.org/]IMSLP[http://imslp.org/]Wikimedia Commons[http://commons.wikimedia.org/wiki/Main_Page] あたりで、著作権フリーの音源を探したりしています。
まぁ。そういった苦労の中で選曲しております、 けいくまラジオ[http://www.ustream.tv/channel/keikuma-radio] 。次回放送は、20日、土曜日。23時からです。皆様のお越しを心よりお待ちしております。
*1: 隣の市町村からリクエストハガキが来るような「ミニ」FM局とかありましたけれども。
*2: 著作者人格権関係の問題はここでは扱いません。BGMとして通常の使い方をする限りにおいては、著作者人格権が問題になることは無いだろうと考えています。
*3: 細かくは、戦時加算の例外があります。
*4: 細かくは、翌年の1月1日から起算するとか、録音後公表されなかった場合の規定があります。

■ 関連記事

今日のつぶやき

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2010年11月 翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project