2010年09月03日(金) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの09月03日 編集

■1情報公開制度を使ってみる このエントリーをはてなブックマークに追加

自治体には情報公開制度と言うのがあり、自治体がその職務上、作成したり取得したりした文書類を、条例に従って公開するという制度です。
この制度の目的は、
市民の知る権利を尊重し、公文書の開示を請求する権利を明らかにするとともに、 情報公開の総合的な推進を図ることにより、市の諸活動を市民に説明する責務が全うされるようにし、もって市政に対する市民の理解と信頼を深め、公正で民主的な市政の推進に資することを目的とする。
とある様に、アカウンタビリティを確保した自治体運営を進めていくことにあります。ですから、自治体の運営に「おかしいな」という疑問を感じた時には、積極的に開示請求を行うことによって、市民側の立場からも「公正で民主的な市政の推進に資する」ことができるのです。
逆に、せっかく制度があっても、「おかしいな」「不思議だな」「どうしてかな」と言っているばかりでは、せっかくの制度が活きません。
この情報公開制度を使って情報公開を請求できる「請求権者」ですが、現在では、 何人も 請求することができる。 として、誰でも請求できる様に定めている自治体が多くなってきているようです。
一方、
第5条 次に掲げるものは、実施機関に対して公文書の公開を請求することができる。ただし、第3号に規定するものについては、当該関係公文書に限る。
(1) 市内に住所を有する個人
(2) 市内に事務所又は事業所を有する法人その他の団体
(3) 市の行政により自己の権利、利益等に直接影響を受け、又は受けることが予測されるもの
という様に、住民や関係者に請求できる人を制限している自治体もある様です。あなたが関心を持った自治体が、どちらの自治体かは、自治体のページで「情報公開制度」について調べるか、条例の条文を調べれば分かります。
可児市市役所のWebページ情報公開の検索結果条例の条文を調べるには、まず「例規集」を探します。例規集はその自治体の規則を集めたものなので、この中から「情報公開条例」または「公文書公開条例」というものを探せば、その自治体の情報公開の制度についてのルールが分かるでしょう。
さて、実際の請求手続きです。
例えば、岐阜県可児市の場合、この自治体は「何人も」の自治体ですから、どこに住んでいても請求ができます。
また、費用については、「閲覧は無料。コピーを必要とされる方は、実費として10円をいただきます。」とあります。良心的な価格設定です。
市民に限らずどなたでも請求することができます費用実際には、コピー代はもちろんですが、公開すべき文書を特定したり、場合によっては個人情報が含まれる部分を塗りつぶしたりする手間が発生する訳で、それを考えれば、この費用でできないことは明らかで、その費用はもとをただせば税金から出ている訳です。
ですから、この制度を使うときには、条例の目的にもある様に、「公正で民主的な市政の推進に資する」ことが目的であることを忘れてはいけません。そのために、貴重な税金が使われて、情報公開制度が運営されているのです。
公文書公開請求書前置きが長くなりました。この自治体の場合、PDFとWordで公文書公開請求書が用意されていますから、ここに記入をして決められた宛先に送るだけです。
しかも、この自治体の場合、電子メールでの受け付けもしています。先進的ですね。
これで、しばらく待てば、公文書開示決定通知書が送られてきて、開示するかしないか、その文書の取り寄せ方等の連絡が届きますから、その通りにコピー代や郵送料などを納めれば、コピーが送られてくるでしょう。
夏休みの自由研究には遅くなりましたが、あなたも、どこかで自治体の「おかしいな」「不思議だな」「どうしてかな」に出会ったら、情報公開制度を使ってみると良いですね。

■ 関連記事

今日のつぶやき

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2010年09月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project