2010年06月06日() << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの06月06日 編集

■1Desireの保護ケースと保護シール[携帯端末][android][desire]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

日常携帯して使うものなので、それなりに傷が付いたりするのは仕方がないけれども、ケースに入れておいた方が、気を使わなくて済むのでケースに入れた。 この商品には、液晶表面の保護シートが付属しているけれど、艶消しの方が好みなので、保護シートも別に購入。 用意したのは、保護フィルム、ガーゼ、ピンセット、レンズ用のほこりを払う刷毛、カメラ用のブロア、エタノールと水を混ぜたクリーナー等。
とにかくほこりを入れ込まないことが肝心なので、作業スペースの周囲を掃除してブロアで吹いて、ほこりが落ち着いたところで、手を洗って脂を落として、髪の毛をタオルで束ねてほこりを落とさないようにして、作業開始。
このあたり、 寒天培地[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%92%E5%A4%A9%E5%9F%B9%E5%9C%B0] を使った、実験操作の心得を調べておくと、色々なヒントが得られるかも知れない。
保護フィルムとガーゼ
ガーゼは一旦あらって乾かしておくと、ほこりが取れて繊維も柔らかくなって扱いやすい。
液晶画面をエタノール水に浸して絞ったガーゼで拭いて、汚れを取り除く。なお、液晶表面をエタノールで拭くのは確実に安全かどうかは分からない。心配であれば水だけで拭きあげた方が良いかも知れない。
刷毛とブロアで残ったほこりを払い、紙をかぶせてほこりがかぶらないようにしておく。
拭きあげてほこりを取り除く
ちなみに、真横に近い方向から電気スタンド等の光源で明るく照らしてやると、残ったほこりを見つけやすい。
保護シートに持ち手を付ける
あらかじめ、保護シートにセロハンテープで持ち手を付けておく。
裏面のシールを剥いだ後に、ほこりを吸い寄せてしまうと残念なことになるので、本体のほこりをブロアで吹いて、落ち着いたところで、本体の上、なるべく近いところで裏面のシールを剥いで、すぐに位置決めして貼り付けて行くようにする。 この時に、持ち手を付けておくと扱いやすい。
貼り合わせ方は、上の端から左右中心を下になぞっていき、縦の中心から左右に広げる感じで貼り合わせていけば、空気が入りにくい様だ。
完成したところ
ジャケットは黒を選んでみた。手にはジャケット無しよりもしっくりなじむ感じ。

■ 関連記事

■2root化する[携帯端末][android][desire]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

root取得しておかないとできないカスタマイズも多そうなので、先にroot化しておく。
まずは、 How to create a GoldCard[http://android.modaco.com/content/general-discussion/305672/creating-a-goldcard/] や、邦訳の Goldcardの作り方[http://qtotter.wordpress.com/2010/06/04/goldcard%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9/] を参考に、Goldcardなるものを作る。
Goldcardとは、要は特殊な設定をしたmicrosSDカードで、このカードを使うと、ブートローダーに署名されていないカーネルを送り込むことができるということらしい。
microSDカード、Android SDK、バイナリエディタの HxD[http://www.off-soft.net/ja/software/develop2/hxd.html] を用意する。
まずは、microSDカードをWindows上で、FAT32でフォーマットし、Desireに挿入。Desireを起動して、PCと接続し、コマンドプロンプトで、Android SDKのToolsディレクトリから、以下の様に実行。
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\Documents and Settings\kei>cd C:\application\android_sdk\tools

C:\application\android_sdk\tools>adb shell cat /sys/class/mmc_host/mmc1/mmc1:*/c
id
* daemon not running. starting it now *
* daemon started successfully *
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

C:\application\android_sdk\tools>
「XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX」の部分は、実際には、各々異なる、32文字の16進文字列となるはずだ。
この値を、 Soaa-'s lame GoldCard hex reverse page[http://hexrev.soaa.me/] のフォームに入力して、転置されたやはり32文字の16進数文字列を得る。
Yer done!
00cdab8967452301efcdab8967452301
Enjoy! Now go here to get your GoldCard image. Bye now!
といった感じだ。
この16進数文字列を、 Free HTC android goldcard generator[http://psas.revskills.de/?q=goldcard] のフォームに入れてやると、そのカードに対応するGoldcardのイメージファイルが、「goldcard.img」として添付されて、メールで送られてくるので、保存しておく。
HxD[http://www.off-soft.net/ja/software/develop2/hxd.html] を起動し、物理ディスクとしてリムーバブルディスク(DesireのUSBドライブ)を開く。
ディスク選択
この時、「読み取り専用として開く」チェックボックスを外しておくこと。
念のため、サイズを確認しておくと良いだろう。
サイズの確認
2GBのSDカードを使っているので、違うものを見ていることはなさそうだ。
メールで送られてきた、goldcard.imgを先頭に上書きコピーする。先頭からOffset 00000170の行までを選択してコピーし、リムーバブルディスク側も同様に、先頭からOffset 00000170の行までを選択して、書き込みの貼り付けを実行する。
上書きコピーコピー後
後は、保存して終了すれば、Goldcard完成。

Root化:

Goldcardができたので、いよいよroot化する。
HTC Desire rooting guide[http://android.modaco.com/content/htc-desire-desire-modaco-com/307365/24-may-r5-htc-desire-rooting-guide-now-with-hboot-0-80-and-os-to-1-21-support/] と、邦訳 HTC Desireのroot化の手順[http://qtotter.wordpress.com/2010/06/04/htc-desire%E3%81%AEroot%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%89%8B%E9%A0%86/] を参考に。両者を熟読して、手順と内容をしてから作業に着手した。
step1consolecomplete
step1-windows.batの実行後に、USBドライバのインストールが途中に入った関係で、USBケーブルを抜き差ししないと先に進まなくなってハラハラした位で、後は手順通りに実行して、root化できたようだ。
自己責任の世界へようこそ!

■ 関連記事

■3日本語フォントの差し替え<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

Desireのフォントだが、CJKを同じ文字で賄ったのか、日本語なのだけども、どこか中華風の味付けになっているのが気になる。
フォント比較
「言語」の「言」の上や、「設定」の「言ベン」の上が点になっているのが、この画面での特徴的な違いだが、「大阪」の「阪」等にも違和感を感じる。
ということで、著作権上問題の無さそうな *1 日本語フォントを持ってきて導入することにする。
android_sdkには、DroidSansJapanese.ttfというファイルが同梱されているので、このファイルを使用する。
ボリュームダウンボタンを押しながら電源を入れ、リカバリーモードに入れて、Root化した時の要領で、recovery-windows.batを実行しておく。
Desire側には、リカバリーコンソールが表示されるので、コマンドプロンプトを開いて、 adb shellで、systemをmountしておいて、adb pushで/system/font以下に送り込んでやれば完成。
この方法を使えば、/system以下を書き換えることができるので、カスタマイズも容易だ。
*1: 確実にシロと確認できている訳では無いけども、メイリオなんかをWindowsから持ってきたりすると明らかにクロだろうから、そういうのは避けることにした。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2010年06月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project