2010年04月06日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1出張[おしごと] このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は1泊2日で納品。今度こそこのシリーズの名古屋出張は完了としたいところ。

早起き:

で、明日は5時30分起床の予定。頑張って起きなきゃ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月07日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ToDo整理[おしごと] このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の仕事。コードの検収に関しては一段落したので、リクエスト対応とドキュメントの整備などの落ち穂拾いを週明け辺りまでに完了させる。
会社のページ。空というのはあんまりなので、テンプレート程度のページでも良いから作る。
会社の経理。紙で未整理のまま溜め込んでいるので、会計ソフト導入して経理を回す。
仕事探し。細かい仕事でも良いからコツコツと。継続は力なり。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月14日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1古いディスクのアーカイブ[freebsd] このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越しをしたら、太古の昔に使っていたSCSI接続のHDDが出てきた。
以前に、FreeBSDのサーバにつないで使っていたもので、必要と思われるデータはバックアップを取った筈なのだけれども、今となっては取るに足らないディスク容量なので、もう一度完全にバックアップを取ってから処分をしたいと思い立った。
稼働しているFreeBSDマシンにSCSIカードを刺して、バックアップするのが一番簡単なのだけど、現在稼働中のFreeBSDマシンは外付けハードウェアもディスクも削り込まれているので、バックアップデータの落ち着き先には不便だし、ハードウェアをごそごそいじるほど止めにくい事情もある。
ということで、WindowsマシンにFreeBSDのハードディスクをつないで、イメージを取得し、FreeBSDにtarさせて、Windowsマシンにつながった外付けディスクに書き込ませるという作戦を遂行中。

Windows上でディスクイメージファイルを取得する:

dd for windows[http://www.chrysocome.net/dd] という素晴らしいものがあるので、こいつでイメージ取得。
C:\Tools\dd>dd bs=1M if=\\?\Device\Harddisk2\Partition0 of=e:\dd\HDP725050GLA360
.dd --progress
rawwrite dd for windows version 0.5.
Written by John Newbigin <jn@it.swin.edu.au>
This program is covered by the GPL.  See copying.txt for details
61,492,690,944Error reading file: 27 要求されたセクタが見つかりません。

58644+0 records in
58644+0 records out
という感じでディスクイメージの取得が完了。

FreeBSD上でディスクイメージをマウント:

Windows上で共有しておいて、mount_smbfs。
freebsd# mount_smbfs //kei@windows/dd /mnt/smb
Password:
freebsd# ls /mnt/smb/
HDP725050GLA360.dd      IBM-DCAS-34330.dd

イメージファイルをファイルシステムに。:

mdconfigして、disklabel確認して、マウント。
lala# mdconfig -a -t vnode -f /mnt/smb/HDP725050GLA360.dd -o readonly -u 0

lala# disklabel -r /dev/md0s1
# /dev/md0s1:
8 partitions:
#        size   offset    fstype   [fsize bsize bps/cpg]
  a:  8388608        0    4.2BSD     1024  8192    22
  b:  8388608  8388608      swap
  c: 120101877        0    unused        0     0         # "raw" part, don't edit
  e: 16777216 16777216    4.2BSD     1024  8192    22
  f: 16777216 33554432    4.2BSD     1024  8192    22
  g: 69770229 50331648    4.2BSD     1024  8192    22

lala# mount -r /dev/md0s1a /mnt/tmp/
lala# ls /mnt/tmp/
.amandahosts    .da0s1g         compat          kernel.old      sbin
.cshrc          .profile        dev             mnt             stand
.da0s1a         .razor          etc             modules         sys
.da0s1b         COPYRIGHT       home            modules.old     tmp
.da0s1e         bin             kernel          proc            usr
.da0s1f         boot            kernel.GENERIC  root            var
後は、tar取って書き戻すなりなんなり。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月15日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1Webでの情報発信の裾野を拡げること このエントリーをはてなブックマークに追加

思いつきだけど、一度まとめておかないと、忘れてしまう思いつきな様な気がしたので、搭乗前のあわただしい時間でまとめる。
起きている時間のほとんどをオンラインで過ごして、Twitterやメールで80%以上の確率で30分以内に連絡が付くようなインターネットどっぷりの生活をしていると、ネットの情報が全てであるような錯覚をしてしまう。
最近、引越しをしてきて、自宅に宅配が取れる飲食店を探そうと思ったのだけど、これが意外と難題だった。
確かに、 出前館[http://demae-can.com/] というサービスもあるし、職業別電話帳のデータを元にお店のデータベースを掲載している様なサイトもある。
多分、地図の上に職業別電話帳の任意の検索結果をプロットするようなサービスもあるんじゃないかと思う。
けれども、そのお店が「出前をやっているかどうか」「自宅が配達エリアに入っているか」「営業時間は何時から何時か」という情報は、1軒ずつ電話して聞くしかない。
そもそも、町の食堂でホームページを出している比率は相当に低いようで、近所の店を検索してみても、ページを見つけ出せたケースの方が希だった。
このあたりまで裾野が拡がった時に、情報発信の方もデジタルネイティブな社会がやって来るんでは無いかと思う。
今は、受信側と発信側が非対称だから、発信側の裾野を拡げるあたりにビジネスチャンスがあるのではなかろうか。

飲食店向けWebページ作成サービス:

っていうのがたくさんあるけれども、これをお店側の費用も手間も負担が無いモデルで構築すると、新しいビジネスが見えてきそうだ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月16日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 低価格・書籍スキャン代行サービス[http://www.bookscan.co.jp/][著作権][電子書籍] このエントリーをはてなブックマークに追加

いくつか制約条件はあるが、1冊100円で送った本を、断裁して、スキャンして、PDF化して、バラバラになった本は処分してくれるという素晴しいサービスの様だ。
この価格なので、てっきり同じ本のリクエストが来たら、保存していたデータを返すというビジネスモデルだと思い込んだのだけど、その度にスキャンをすると言う。
著作権上、問題があると言う指摘もある[http://togetter.com/li/14606] 様で、その根拠としては、 著作権法第三十条が挙げられている[http://www.techvisor.jp/blog/archives/888]
これは、
一 公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合
を明確に「ダメ」と言っているのだから、代行業はダメという積りで条文は書かれたのだろう。なので、CDコピー屋さんはダメと。
これだけを見ると、コンビニのコピー機で本をコピーするのもダメなの?ってことになるのだけれども、 横浜図書館はコピーサービスを利用者に開放[http://current.ndl.go.jp/ca1319] していて、これは書籍に関しては、
第五条の二  著作権法第三十条第一項第一号及び第百十九条第二項第二号の規定の適用については、当分の間、これらの規定に規定する自動複製機器には、専ら文書又は図画の複製に供するものを含まないものとする。
という附則があるからだ。
「当分の間」と言うのは、孫引きになるが、
『著作権法詳説』(三山裕三 著 東京布井出版 p.284)によると「文献複写に関する権利を集中的に処理する体制が整っていない現状の中では、権利者の権利行使が不可能で、利用者も許諾を求めようにもどのようにして誰の許諾を求めてよいのかわからず、よってこのような状態で公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製危機を用いてする複製を違法としても、いたずらに違法状態を作出するのみで実効性に欠けるので「当分の間」、右自動複製器による複製を許諾したものである。」
ということであり、技術の進歩によって、1冊100円でサービスが成り立つところまで来たのだから、これを活用しようとする出版社なんかが現れて、スキャンは認めますけど100円下さいとか、DRMを入れましょうとか、技術の進歩を権利者も利用者も享受できるビジネスモデルが生まれてくれば素晴しいのだけど。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月17日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 長崎市立図書館[http://lib.city.nagasaki.nagasaki.jp/][おでかけ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらに帰ってきて初めて、長崎市立図書館に行ってきた。
自動貸出機が導入されていて、一回の最大貸し出し冊数10冊をテーブルの上に置いてスキャンするだけで貸し出し処理完了。Webページから貸出状況も確認できる仕組みになっている。
図書館で過去に借りた本が一覧できれば良いのにと以前から思っていたのだけど、一方で、借りた本の履歴と言うのはセンシティブな個人情報だから、図書館側としては、返却と共に削除すると言うのが、プライバシーの観点からすると正しい対応ではあろう。
なので、本人が希望すれば、何らかの外部のWebサービスにポストあるいはポータビリティのあるフォーマットで、後でOPACから引けるデータを取り出せるというサービスが提供されば良いのにと思う。スクレイピングすればことは足りるのだけれども、もし、多くの公立図書館が共通の仕組みでデータを本人に提供するようになれば、それを使った新しいビジネスと市場ができるに違いない。
で、長崎市立図書館の貸出状況で残念なのが、借りている図書のISBNコードが分からないこと。やっぱりそのあたりを含めて、スクレイパを書くしかない様だ。

残念:

貸出一覧に表示される「資料コード」から、書誌情報を得るインターフェイスがない様だ。絶対、内部にはデータを持っているはずなのだから、そもそも貸出一覧に、書誌情報へのリンクが作ってあっても良いくらいなのに、残念。

■ 関連記事

■2買った本[books]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonでお取り寄せ。昨日頼んだばっかりの様な気がするんだけど。到着早くて驚いた。

■ 関連記事

■3HNSAWS[hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

動かなくなってた。最近の仕様調べて書き直すか。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月18日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1HNSAWSの修復[hns] このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもうまく動いていない様なのでテスト。
どうも、ISBN-13に対応していないらしい。

修正:

Bookの検索で、ItemIdが10文字を超えていたら、ISBN-13とみなす様に修正して対応。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月20日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1借りてきた本[book]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

HNSAWSの対応も完了したのでエントリー。
図書館の本は、一通り読んで記録しておけば、保管は図書館がやってくれるから、残り少ない本棚の空きスペースのことを考えなくて済んで気が楽だ。

[単行本(ソフトカバー)]多忙な人に伝える技術[http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%9A%E5%BF%99%E3%81%AA%E4%BA%BA%E3%81%AB%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3-%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4/dp/4569772870%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4569772870]:

[単行本]ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」[http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E2%80%95%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%92%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E7%9A%84%E3%81%AB%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%82%8B%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%8F%90%E6%A1%88%E3%81%AE%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%80%8D-%E9%AB%98%E7%94%B0-%E8%B2%B4%E4%B9%85/dp/4901234439%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4901234439]:

[単行本]プロの論理力!―トップ弁護士に学ぶ、相手を納得させる技術[http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%AE%E8%AB%96%E7%90%86%E5%8A%9B-%E2%80%95%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%80%81%E7%9B%B8%E6%89%8B%E3%82%92%E7%B4%8D%E5%BE%97%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93-%E8%8D%92%E4%BA%95-%E8%A3%95%E6%A8%B9/dp/4396612508%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4396612508]:

[単行本(ソフトカバー)]これが"零細ベンチャー"の生きる道 (理科少年シリーズ)[http://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8C-%E9%9B%B6%E7%B4%B0%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC-%E3%81%AE%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%E9%81%93-%E7%90%86%E7%A7%91%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E6%9C%AC%E9%96%93%E5%AD%9D%E6%B2%BB/dp/4779110394%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4779110394]:

[文庫]魔法のラーメン発明物語―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E7%99%BA%E6%98%8E%E7%89%A9%E8%AA%9E%E2%80%95%E7%A7%81%E3%81%AE%E5%B1%A5%E6%AD%B4%E6%9B%B8-%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E4%BA%BA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%AE%89%E8%97%A4-%E7%99%BE%E7%A6%8F/dp/4532194563%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4532194563]:

[単行本]Dr.きたみりゅうじのSE業界ありがち勘違いクリニック (講談社BIZ)[http://www.amazon.co.jp/Dr-%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%BF%E3%82%8A%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%98%E3%81%AESE%E6%A5%AD%E7%95%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A1%E5%8B%98%E9%81%95%E3%81%84%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BEBIZ-%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%BF-%E3%82%8A%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%98/dp/4062820579%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4062820579]:

[文庫]笑うな (新潮文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E7%AC%91%E3%81%86%E3%81%AA-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%AD%92%E4%BA%95-%E5%BA%B7%E9%9A%86/dp/4101171114%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4101171114]:

[文庫]笑う食卓―面白南極料理人 (新潮文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E7%AC%91%E3%81%86%E9%A3%9F%E5%8D%93%E2%80%95%E9%9D%A2%E7%99%BD%E5%8D%97%E6%A5%B5%E6%96%99%E7%90%86%E4%BA%BA-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%A5%BF%E6%9D%91-%E6%B7%B3/dp/4101153523%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4101153523]:

[文庫]まぼろし万国博覧会 (ちくま文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BE%E3%81%BC%E3%82%8D%E3%81%97%E4%B8%87%E5%9B%BD%E5%8D%9A%E8%A6%A7%E4%BC%9A-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%B2%E9%96%93-%E5%8A%AA/dp/4480420789%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4480420789]:

[文庫]バートン版 カーマ・スートラ (角川文庫―角川文庫ソフィア)[http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3%E7%89%88-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A9-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB%E2%80%95%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2-%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%8A/dp/4043064020%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4043064020]:

■ 関連記事

■2買った本[book]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

[文庫]日本以外全部沈没―パニック短篇集 (角川文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A5%E5%A4%96%E5%85%A8%E9%83%A8%E6%B2%88%E6%B2%A1%E2%80%95%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E7%9F%AD%E7%AF%87%E9%9B%86-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%AD%92%E4%BA%95-%E5%BA%B7%E9%9A%86/dp/4041305225%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4041305225]:

[単行本]プログラマのための論理パズル 難題を突破する論理思考トレーニング[http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E8%AB%96%E7%90%86%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%AB-%E9%9B%A3%E9%A1%8C%E3%82%92%E7%AA%81%E7%A0%B4%E3%81%99%E3%82%8B%E8%AB%96%E7%90%86%E6%80%9D%E8%80%83%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-Dennis-E-Shasha/dp/4274067556%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4274067556]:

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月22日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1届いた本[book] このエントリーをはてなブックマークに追加

色々あって頂いた本。

[単行本]もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら[http://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%97%E9%AB%98%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%83%E3%81%AE%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%8C%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%80%8E%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%8F%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%89-%E5%B2%A9%E5%B4%8E-%E5%A4%8F%E6%B5%B7/dp/4478012032%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4478012032]:

[単行本]ザ・クリスタルボール[http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88/dp/4478011907%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4478011907]:

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月23日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 [食品&飲料]チョーコー 無添加 超特選むらさき 1L[http://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BC-%E7%84%A1%E6%B7%BB%E5%8A%A0-%E8%B6%85%E7%89%B9%E9%81%B8%E3%82%80%E3%82%89%E3%81%95%E3%81%8D-1L/dp/B000FQSM0O%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB000FQSM0O]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎を離れて名古屋に住んでいた時期に、醤油の味が違うなぁということを感じていたのだけれども、特に刺身に使う醤油は、全然味が違うと思っていました。
長崎では、刺身醤油と言えば「むらさき」で、これは、刺身醤油の皿、少なくとも長崎においては、刺身の醤油と言うのはどぶんと漬けるものではなくて、付けるものですから、小さくて薄い皿なのだけれども、そういう皿に薄く注いでも、底が見えないほど、色が濃いものなのです。
刺身パックにおまけで付いてくる醤油だからなのかも知れないけれども、小皿の底の模様がきれいに透けて見える醤油の色とは比較にならない色の濃さで、これは、初めて見る方には驚きに値するかも知れません。
色は濃いのだけれども、決してしょっぱくは無い。あえて言えば、甘みを感じるような「むらさき」が恋しくて、刺身醤油だけは、チョーコー製品を買っていました。
こっちに戻ってきて、濃口、淡口ともにチョーコー製品に切り換えたのは言うまでもありません。

■ 関連記事

■2読書[book]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

頂き物の、 もしドラ[http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478012032?ie=UTF8&tag=keisdiary-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478012032]ザ・クリスタルボール[http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478011907?ie=UTF8&tag=keisdiary-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478011907] を並行して。
「もしドラ」の書評は他に譲るとして、本棚に「マネジメント」のエッセンシャル版すら無かったことが恥ずかしい。
「ザ・クリスタルボール」は、帯にもある様に読み出したら止まらない感じ。シリーズもぜひ読みたいと思った。
表紙も統一感があって、一冊手にしてしまうと、遅かれ早かれ全部揃えそうな予感。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月24日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 長崎市立図書館[http://lib.city.nagasaki.nagasaki.jp/]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

予約しておいた本が届いていたので受け取りに。 次からは、予約の分はダイヤランドで受け取るようにする積り。
無料で駐車できるのは30分までなのだけど、開架を眺めている内に読みたくなったりとか、あるいは、開架を眺めながら考え事をするためには、どうせ30分では足りないから、予約を受け取るだけなら近所の分館を使ったほうが効率的な様だ。

借りた本:

と、言うわけで新しく借りてきた本。

■ 関連記事

■2読んだ本[book]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

「もしドラ」「ザ・クリスタルボール」読了。やっと、速度出てきたな。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年04月28日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1TOCと思考プロセスについて[book] このエントリーをはてなブックマークに追加

「ザ・ゴール」[http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478420408?ie=UTF8&tag=keisdiary-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478420408] と、 「ザ・ゴール2」[http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478420416?ie=UTF8&tag=keisdiary-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478420416] を読了。
「付き合い残業」は、たとえ残業代を請求しなかったとしても、会社の利益を脅かしている話。
かつて、高度経済成長期からバブル経済崩壊あたりまで、日本の製造業は国際的に見ても強い競争力を持っていた。
バブル崩壊以降、日本の製造業は国際的な優位性を失い、まず中国に負ける様な状況が出てきた。
中国に負けるというと、即座に「人件費が安いから」と考えがちなのだけれども、実は人件費が安いというのが決定的な問題では無かった。その証拠に、人件費が高いはずの欧米に負ける分野も出てきているからだ。
どうして日本がここまで競争力を失ったのか、ずっと考えていたのだけれども、答えがこの2冊の中にあった。
結局のところ、日本の高度経済成長期に作られた成功体験が、今の日本の製造業に限らず、多くの産業の競争力を殺いでいる様に思える。これに木に竹を接いだ様な成果主義が導入されて、日本企業の競争力は地に落ちた。
たくさん作りさえすれば、いくらでも商品が捌けていた頃には、とにかく頑張れば何らかの成果が得られた。今では、捌けない商品を作るのは罪悪なのだけれども、「頑張る」ことが評価される仕組みは変わらない。
頑張っている様に「見える」ことが要求され、さらに成果主義の導入、簡単に人員を解雇する会社への不信から、他人の仕事を手伝う形で頑張ることが否定される。
ボトルネックになっている人は、全体のスループットに影響が出るから、残業してでも頑張ることになって、これは正しいのだけれども、誤った評価システムの下では、他の人も「付き合い残業」をすることになって、これが余計な在庫を作ったり、下手をするとボトルネックになっている作業に必要なリソースに干渉したりして、結果として全体の利益が脅かされる。
結局、何が原因かと突き詰めていくと、マネージャーの価値観の問題に落ち着いて、その源流は高度経済成長時代の成功体験に行きつくように思える。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、24 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2010年04月 翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project