2009年09月17日(木) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの09月17日 編集

■1 エコナ関連製品の一時販売自粛について[http://www.kao.com/jp/corp/important/20090916_002.html][健康]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

当社は、消費者の皆さまにお届けする製品において、 「安全性」の確保はもとより、「安心感」をもってご愛用いただけることを事業の基本姿勢としており、また、日頃より、そのための情報の開示にも努めております。こうした姿勢に則り、この度、製品中に含まれるグリシドール脂肪酸エステルを、消費者の皆さまに安心してお使いいただけるレベル(一般食用油と同等レベル)に低減できるまで、当該製品の一時販売自粛・出荷停止を行うことといたしました。
高く評価できる姿勢だと思う。「身体に良さそうだから」で選ばれる性質の製品である以上、「身体に悪そうだ」と思われた時点で製品の特長は損なわれる。そこでの判断として、評判が悪くなることを覚悟の上で、販売自粛するというのはなかなかできることではないはずだ。
このところ、食品を扱う業者のネガティブな対応のニュースが目立つが、一線を画していると思う。

■ 関連記事

■2 新型インフル「陰性証明」求め無用受診殺到[http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/news/20090915-OYT1T00615.htm][健康][社会]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

あぁ。案の定。 例のお手紙[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20090915&to=200909153#T200909153] の影響もあるのではないか。
「微熱程度でも、幼稚園に行くのには、検査で陰性の証明が必要と言われた」
「子どもの発熱がインフルエンザでないという検査結果がないと、夫が出社できない」
「幼稚園のクラスで感染者が出て、園から検査を求められている」
「家族が感染したので、子どもにうつっていないか、保育園に証明を出さなければならない」
「子どもの発熱がインフルエンザでないという検査結果がないと、夫が出社できない」というのはすごいな。その内、「新型インフル感染で解雇」というニュースを見るのではなかろうか。

新型インフルに便乗、派遣切り横行 渡航こじつけ解雇も[http://www.asahi.com/national/update/0609/TKY200906090278.html]:

新型インフルで仕事が減ったからという「便乗」解雇や、
新型ではないが、インフルエンザに感染して会社を長く休んだために「仕事をする気はないのか」「迷惑をかけられた」などと陰口をたたかれ、職場に居づらくなっているという相談
は、既に6月の時点であった様だ。ひょっとすると、新型インフルに罹ったので解雇というケースもとっくにあったかも知れない。

■ 関連記事

■3 【酒井法子覚醒剤】保釈騒動でメディア“過熱” 湾岸署には200人以上殺到[http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090915/biz0909151838012-n1.htm][写真][マスコミ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

東京湾岸署に並ぶ取材陣の脚立。
ウチは天井までの高さの本棚を入れているので、脚立は日常的に大活躍なのだけれども、子どもの運動会なんかのイベントでも脚立は大活躍。
最近は、ビデオ撮影が主流になっていて、ビデオだと持ち続けるのが辛いから三脚を立てることになって、となると、撮影ポジション確保して動かないということになりがちですが、子どもの運動会を撮るために望遠ズーム付き デジタル一眼 を買ったそこのあなた!三脚じゃなくて脚立を持っていきましょう。
ビデオと違って写真の場合は、自分が動かない限り画面に変化が出てきません。ズームレンズも運動会では端ばかり使うことになるはずですし、画面に変化を出すのはやはり視点の変化です。
ということで、自分が動くことになるのですが、動くとなると撮影場所をキープするのは難しい。そこで、脚立を使えば、他の人の後ろからでも頭越しに撮影ができるわけです。 ビデオと違って、前の人の頭と重ならない一瞬が確保できれば良いわけですから。
あまり高くなくて小回りが利く 脚立[http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000TGJSYY?ie=UTF8&tag=keisdiary-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000TGJSYY] がお勧めですが、湾岸署の取材陣はものすんごい高い脚立を立ててますね。
cover
ブランド:アルインコ
生産者:アルインコ
商品情報:
特長 / 収納場所を選ばない、折りたたみ式のコンパクト設計。 材質 / アルミ 質量(kg) / 2.5 天板寸法(mm) / 268×160 設置寸法(幅W×奥行D)(m) / 0.45×0.58 天板高さ(m) / 0.79 踏ざん間隔(mm) / 266 最大使用荷重(kgf[N]) / 100[1000]
特長 / シンプルでも作りは本格的。超軽量アルミの使用で女性でも簡単に持ち運びが可能。踏ざんは、安定度の高いワイドタイプを採用。ご家庭の床を傷つけない大型ラバーの専用脚端具を採用。
1台
ASIN:B000TGJSYY
注意点をいくつか。
脚立の一番上には立たない。バランスを崩すと簡単に倒れます。ファインダーをのぞいているとどうしても周囲が見えませんから、非常に危険です。
人にぶつけないように気をつける。特に子どもたちに気をつけましょう。角はクッションテープなどで保護すると良いです。
自分は頭越しに撮れるのだから、無理に人の前に入らない。ぶつけたりしやすくなって危ないです。混雑を避けましょう。
ということで、今年は一味違う運動会の写真を撮っていただければと思います。

■ 関連記事

■4 記者会見をオープンにするのは簡単なことですよ[http://www.jimbo.tv/commentary/000583.php][政治][マスコミ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

世界標準の記者会見基準。
なるほど。だから靴が飛んでくるんだ。

■ 関連記事

■5謝罪を過去形にするタイミング[芸能][マスコミ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

酒井法子の謝罪会見。
この手の謝罪は、謝罪を過去形にするタイミングがキモで、現在進行形で謝罪を続けて、相手の方が「いいかげん、過去の話だよな」って納得した頃に、過去の話にしてしまうのが大切だ。
世間より先に過去形にしてしまうと、「罪を償った気になっている」とか「反省していないのではないか」とか叩かれやすい。

■ 関連記事

■6 JVNVU#817433 複数の XML ライブラリの実装に脆弱性[http://jvn.jp/cert/JVNVU817433/][セキュリティ]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

XML処理は確かに、危険なところを探し始めると色々出てくるんじゃないかと言う予感がある。寛容なデータの解釈と、DoSを含めた攻撃の排除は、相反する課題だ。 ここに挙がっているだけじゃなくて、信用できないソースから入ってくるXMLを処理するシステムは一応、ケアしておいた方が良いような気がする。

■ 関連記事

今日のつぶやき

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2009年09月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project