2005年07月27日(水) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの07月27日 編集

■4「台風はディズニーランドには来ない。ここは夢の国だから。」<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

台風7号が近づく中、ディズニーランドに向かう人達にインタビューしたら聞かれたという台詞。
なんか、報道者の創作では無いかというフレーズな気がする。創作でなくても。
記者「台風が来そうですが、大丈夫ですか?」
来場者「台風、来ないんじゃないですか?」
記者「夢の国だから、来ないということですか?」
来場者「そんな気がする」
の様なインタビューで、表題の様な台詞になるのかも知れない。
愛知万博の会場では、警備員の人がトラメガを持って注意を呼びかけていた映像があったけれども、ディズニーランドではそういう光景は見られなかった様だ。
本当に危ない時は、夢を壊さずに何とかするマニュアルが作られているのかも知れない。重要なトレードシークレットだろう。実際にそれなりの事態が起きるまではなかなか見ることができない光景だろう。
実は準備はしていないとしたら、それはそれでトレードシークレットだろうけど。
もちろん、ディズニーランドでは大丈夫かも知れないが、帰りに JR舞浜駅、TDL帰りの客で深夜まで混乱[http://www.asahi.com/national/update/0723/TKY200507230326.html] 等という事態に巻き込まれることはある。
地震発生当時、計約6万人の入場者がいたが、JR京葉線が23日午後11時35分まで、約7時間にわたって運転を見合わせたため、多くの客が帰りの足を奪われた。最寄りのJR舞浜駅は行き場を失った人々でごった返し、日付が変わった24日未明も数百人が座り込んだままだった。
「いつまで動かないんだ」「ちゃんと説明しろ」。人であふれかえった舞浜駅では怒声が飛び交い、バス停には長蛇の列ができた。携帯電話の電池が切れた人たちが公衆電話の前に長い列を作り、運転再開を待ちくたびれた客同士が怒鳴りあう姿もあった。
遊び疲れた子どもを連れてこれは辛い。夢の国から出てきた途端に、阿鼻叫喚。
午後7時ごろまで園内で遊んだ後、大混雑する駅に来て初めて事態の深刻さを知った。「園内で具体的な交通情報を知らせてくれたら」。疲れ切った表情でそう話した。
という意見もある様だけれども、これをやると夢の国の雰囲気は損なわれてしまう。 自己責任の上に成り立つ夢の国というか、この辺りは夢の国にいても考えておかなければなるまい。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年07月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project