2005年07月05日

,■サーバ移行
,■「より良いシステムをより安く」---そうならないのはなぜ?
,■個人Webサイトで、マスメディアのように報道引用できるのでしょうか?
Title:■「より良いシステムをより安く」---そうならないのはなぜ?
Title:■「より良いシステムをより安く」---そうならないのはなぜ?
Title:「より良いシステムをより安く」---そうならないのはなぜ? Content-Type: text/html; charset=EUC-JP Last-Modified: Sat, 30 May 2020 03:15:29 GMT サーバ管理者日誌 「より良いシステムをより安く」---そうならないのはなぜ?

2005年07月05日(火) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの07月05日 編集

■2 「より良いシステムをより安く」---そうならないのはなぜ?[http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20050703/163832/][PM]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

色々なところで聞く話なのだけど、「ITは高すぎる。ボラれているに違いない。もっと安く買い叩こう。」の落とし穴。
特にソフトウェアには形がないので、調達側からすると、究極的には「タダ」が適正価格の様に思えてしまう。もともとタダのものにお金を払う必要は無いと考える。何せ元々がタダなのだから、値切れるだけ値切ろうということになってしまう。
実際に「ボッタクリ」をやっていたベンダーにも問題がある。ボッタクリ価格を付けておいて、「高すぎる」と言われた途端に「じゃぁ値下げします」と値下げを続ける。発注側が価格に不信感を持つのは当然だ。
IT業界は建設・土木の業界に匹敵する位、あるいはそれ以上の多重下請構造になっている。
この中で、流通改革や技術改革を行わないまま値下げを行うとこういうことが起きる。

値下げ前は、例えばこういう感じになっていた:
 「発注者(100万円)→元請け(取り分 50万円)→下請け(50万円)」
これを80万円に値引きすると:
 「発注者(80万円)→元請け(取り分 50万円)→下請け(30万円)」

要は、値引きした分は全て下請企業の人月単価を削って捻出しているのである。もはや呑める水準の単価では無くなっているが、特に地方の中小ソフトウェア会社は、単価が安いからといって仕事を断れる様な会社ばかりではない。請けなければその後の取引は無いのだ。
こうなると、下請企業の技術者は悲惨だ。
既に人月単価の時点でコスト割れをしているのだから、会社の利益はサービス残業分という計算になってしまう。残業代を払っていては会社が倒産してしまうのだ。
もちろん、現在の仕事で手一杯で、会社としても従業員のキャリア形成を考える様な余裕も無いし、従業員にも新しい技術を習得する余裕は無い。月200時間のサービス残業をこなすと、自分のために使う時間など残されていないのだ。
会社は会社で、将来のために人材を育成する余裕など無いから、技術トレンドが変わったら、古い従業員を無理やり退職させて、そういう技術を持った従業員を採用するという、人材使い捨てに走る。
仕組みを変えないままのコスト削減は、結局のところ何を削っているかというと、ソフトウェア産業で働く人の将来と希望を削っているのだ。

建設・土木の世界と比べると…:

コの業界でも「IT土方」という言い方をすることはあるが、本物の方では労働基準監督署も厳しいのか、無茶なサービス残業は無い様だ。
実は労働災害も、会社側が認めないだけで、実態を解明すると、一番多いのは情報サービス産業なのでは無いかと思ってしまう。
産業として新しいだけに、ずいぶん遅れている感がある。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年07月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project