2005年06月27日(月) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの06月27日 編集

■1 実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050627-00000032-kyodo-bus_all]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がおかしいのか、総務省がおかしいのか、どっちもおかしいのか。
実名でのネット使用を推進
するのは良いとして、実名での利用を推進したからと言って、
匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。
という状況は変わらないだろう。ひょっとして、総務省はネットを「閲覧」する時も実名で利用する様な社会を作ろうとしているのだろうか。誰がいつどこで何を読んだかが全てトレースできる日本国SNSを作りたいと。まさか、そんなことはあるまい。
あるいは、中国の様に、匿名での情報発信を規制する方向に持って行きたいのだろうか。まさか、そんなこともあるまい。
批判的な事を書いたけれども、目指す方向に対してネガティブでは無い。
実際、利用者全体のリテラシーが上がって、匿名情報はあるけど信用しないし気にしないという社会ができあがれば、確かに匿名の負の部分は減っていくと思うし、そういうリテラシー教育に取り組むことは大切だと思う。ネットの持つ匿名性というのは非常に大事なものなのに、大事にされておらず、結果悪い側面ばかり目立つという現状は残念に思う。
確かに、最近は特に低年齢層で「インターネットは匿名が当たり前」という状況になっていることには問題があると思うので、
匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。
という方向には期待が持てる。
ただ、小中学生をターゲットにした場合、安全を確保しつつ、実名で正しく自分の意見を全世界に向けて表明できるだけの能力を持たせるのは非常に困難な取り組みだと思う。頑張って欲しいと思うけれども。
記事中の 「情報フロンティア研究会」[http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/info_frontier/] については、総務省の プレスリリース[http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050309_3.html] が出ている。
平成17年6月を目途に最終とりまとめを行う予定です。
ということなので、「最終とりまとめ」を読んでからだな。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年06月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project