2005年06月27日(月) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの06月27日 編集

■1 実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050627-00000032-kyodo-bus_all]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

記事がおかしいのか、総務省がおかしいのか、どっちもおかしいのか。
実名でのネット使用を推進
するのは良いとして、実名での利用を推進したからと言って、
匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。
という状況は変わらないだろう。ひょっとして、総務省はネットを「閲覧」する時も実名で利用する様な社会を作ろうとしているのだろうか。誰がいつどこで何を読んだかが全てトレースできる日本国SNSを作りたいと。まさか、そんなことはあるまい。
あるいは、中国の様に、匿名での情報発信を規制する方向に持って行きたいのだろうか。まさか、そんなこともあるまい。
批判的な事を書いたけれども、目指す方向に対してネガティブでは無い。
実際、利用者全体のリテラシーが上がって、匿名情報はあるけど信用しないし気にしないという社会ができあがれば、確かに匿名の負の部分は減っていくと思うし、そういうリテラシー教育に取り組むことは大切だと思う。ネットの持つ匿名性というのは非常に大事なものなのに、大事にされておらず、結果悪い側面ばかり目立つという現状は残念に思う。
確かに、最近は特に低年齢層で「インターネットは匿名が当たり前」という状況になっていることには問題があると思うので、
匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。
という方向には期待が持てる。
ただ、小中学生をターゲットにした場合、安全を確保しつつ、実名で正しく自分の意見を全世界に向けて表明できるだけの能力を持たせるのは非常に困難な取り組みだと思う。頑張って欲しいと思うけれども。
記事中の 「情報フロンティア研究会」[http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/info_frontier/] については、総務省の プレスリリース[http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050309_3.html] が出ている。
平成17年6月を目途に最終とりまとめを行う予定です。
ということなので、「最終とりまとめ」を読んでからだな。

■ 関連記事

■2 消防庁など政府系4サイトに“ドメインハイジャック”の危険性[http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/06/27/8158.html][セキュリティ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

VISAドメイン問題解説[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200506c&to=200506247#T200506247] と同じ問題。スクリプト書いて調べたら、山ほど出てきそうな話だなぁと思ったけれども、こういう堅いところでも起きていましたか。
「動けばOK」症候群ですな。

■ 関連記事

■3 光ブロードバンドに潜む落とし穴 “光”の危ない話[http://www.nifty.com/abunai/]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「光ブロードバンド」は「こんなに危ない」から、安心な@niftyにしましょうという積もりだったのに、制作バランスの関係で「こんなに危ない」ってとこだけ力を入れて作りすぎて、「光ブロードバンドは恐ろしい。特に@niftyは危ない」というできあがりになってしまった感がある。
そういった危険があるから、セキュリティソリューションを売り込むのに、恐怖心をあおって売り込むのは最低のやり方だ。
ところで、ナレーションでは、
あなたの生活を豊かにする光ブロードバンド。しかし、ご存じですか。そこにはたくさんの落とし穴があることを。
これからご紹介するのは、不幸にも 全員がその落とし穴に落ちてしまった、ある家族の物語です。
なのに、ストーリーとしては、部長代理の父が「スパイウェア」、母が「迷惑メール」、妹の涼子が「不正侵入」しか見ていない。
おじいちゃんとOL風の姉のストーリーはどうなったのだろうか。姉は以下の会話でウイルス関係のストーリーが用意されていそうな気がするが、どうやったら出てくるのだろうか。
母「お父さん。会社は良いんですか?早く行かないと。」
父「会社?」
姉…咳払い
父「会社か。行かんとな。行くよ会社、そりゃ行くさ。」
(中略)
妹「頭痛い。熱っぽい。お姉ちゃんの風邪がうつったんだ。」
姉「何言ってるのよ人聞き悪い。私、うつしたりなんかしてないし。絶対してないし。」

■ 関連記事

■4「世界はインターネットがある国と無い国に分類できる。それは表現の自由が存在する国としない国にほぼ等しい。」<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット情報に第三者の「有害判定委」…総務省が検討[http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050625i101.htm] の記事を読んで思ったこと。
実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200506c&to=200506271#T200506271] の記事で、
あるいは、中国の様に、匿名での情報発信を規制する方向に持って行きたいのだろうか。まさか、そんなこともあるまい。
と書いたが、その「まさか」だった。
日本の憲法は、先の戦争の反省の上に立って、国民を絶対的に国家権力から守るという立場で作られているということがあって、様々な権利を保障しているのだけれども、「思想の自由」「表現の自由」というのは、憲法の中で最重要な国民の権利だと思う。
もし、国家がインターネットを検閲し、何ものかの判断で「有害」(誰にとって?あまねく全世界のどの様な主義思想を持った人にも有害か?)とされるページを、国家権力によって削除するとするならば、先に改憲が必要であろう。
それだけのことを、仮に国家権力ではなく「第三者機関」だから違憲ではないと主張するのはまやかしに過ぎない。
国家に認められた発言しかできないインターネットは、インターネットでは無い。少なくとも、Internetではない。日本もそうなってしまうのだろうか。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年06月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近の日記

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

2018年12月18日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project