2005年06月06日

,■パスワードは校長名、生徒が校内LANに侵入 北海道
,■【単独インタビュー】「当社が不正アクセスの手口を公開しない理由」,カカクコムの穐田CEO
,■「性差解消教育、はびこっている」 中山文科相が批判
Title:■「性差解消教育、はびこっている」 中山文科相が批判
Title:■「性差解消教育、はびこっている」 中山文科相が批判
Title:「性差解消教育、はびこっている」 中山文科相が批判 Content-Type: text/html; charset=EUC-JP Last-Modified: Sat, 30 May 2020 03:15:29 GMT サーバ管理者日誌 「性差解消教育、はびこっている」 中山文科相が批判

2005年06月06日(月) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの06月06日 編集

■3 「性差解消教育、はびこっている」 中山文科相が批判[http://www.asahi.com/edu/news/SEB200506050001.html]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

「教育の世界においてもジェンダーフリー教育だとか過激な性教育とかがはびこっている。日本をダメにしたいかのようなグループがある」と述べ、文化的・社会的に形成された性差の解消を目指すジェンダーフリーの教育などを批判した。
事実だとすると、普通の議員では無く、文科相の発言として極めて重大だ。
「文化的・社会的に形成された性差は保つべきであって、性差の解消を目指すジェンダーフリーの教育は日本をダメにする」と、文部科学省のトップは考えているということになる。差別はあって然るべきと。
「男女にはそもそも性差があるのだから、男の子向き、女の子向きはあっても良いんじゃないの?」っていう反論は良く出てくるのだけれども、セックスロールとジェンダーロールは分けて議論すべき。
現代の社会は、セックスロールと思われていたものを実はジェンダーロールだったということを作り出しているし、セックスロールを社会的に認めるべきかどうかという議論はこれはこれであるんだけれども、ジェンダーロールの議論は別のもの。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年06月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project