2005年04月10日() << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの04月10日 編集

■1「セキュリティに絶対はない」という免罪符[セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

確かに「セキュリティに絶対はない」のだが、最近、この意味を誤解している人が急増している様な気がしてならない。
個人情報保護対策のために、駆け込みでセミナーを受けたりした担当者や責任者も多いようだが、こういったセミナー等では「セキュリティに絶対はない」ということを強調される。もちろん、「セキュリティに絶対はない」から、事故に備えた危機管理が重要であるということを強調するためだ。
ところが、セキュリティ対策が、個人情報保護法の施行に間に合わないのではないかと心配してた一部の人達には、この言葉が免罪符に作用してしまった様だ。
「どうせ『セキュリティに絶対はない』のだから、事故が起きてから対応すれば良い。」と説明で意図したのと全く違う方向に脳内変換されることがある。
そればかりか、セキュリティ対策ソリューションを提供するベンダーの側さえも、「セキュリティに絶対はない」を自社の製品の問題点を塗固するために発言するケースさえあった。費用対効果の話ではない。製品自体の欠陥だ。
「セキュリティに絶対(安全)はない」が、これは、「明らかに危険」と「見るからに危険」を放置する免罪符ではない。

「素人が被害を被っても、自己弁護できるような備え」にしか見えないのは、私の心が曇ってるからでしょうか。[http://www.nantoka.com/~kei/diary/board.cgi?act=read&msgid=217]:

コメントを頂きました。
私も「素人が被害を被っても、自己弁護できるような備え」にしか見えない事例ばかりが目に付いてしまいます。私の心も曇っているのかも知れません。
「悪いことをしようと思ったら、いくらでもできるのは当たり前」とも言われます。そういう可能性を思いつくのも心が曇っているからかも知れません。

■ 関連記事

■2 フィッシング詐欺に防御ソフト 銀行やカード会社が提供[http://www.asahi.com/business/update/0409/005.html]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

yamagataさんとこ[http://yamagata.int21h.jp/d/?date=20050410#p05]花ずきん@酒好テム管理者さんとこ[http://d.hatena.ne.jp/hanazukin/20050410#1113105861] から。
カード利用者らは ソフトをダウンロードすれば、偽のHPかどうかを瞬時に判別できる。企業には、顧客の被害が増えればネット取引などに悪影響が出るという危機感が高まっており、 ソフトの導入が広がりそうだ
「偽のHPかどうかを瞬時に判別できる*という*」と書かないところを見ると、 試してみた[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504081S1#T200504081S1] のだろうか。
防御ソフトは、導入企業と関係ないHPを開いたとき、画面上に告知が出る。システム会社「ネットムーブ」が 韓国企業と共同開発した。
「韓国企業と共同開発」ということを、この記事で初めて公式に知った。 「INCA Internet. Co., Ltd.」[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504041S3#T200504041S3] という韓国の謎の会社の署名がされていて不審に思っていた疑問が氷解した。
「韓国企業と共同開発」した話は、UFJカードや東京スター銀行の紹介ページからは探し出せなかったので、 ActiveXコントロールの署名者の正体が全く分からなくて不審に思っていた[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504041S2#T200504041S2] のだ。これは朝日新聞の特ダネだろうか。それにしても、ActiveXコントロールの署名者として登場する開発元をなぜ伏せていたのかが分からない。
せっかくだからその企業が、 「INCA Internet. Co., Ltd.」[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504041S3#T200504041S3] だと言うことも書いてくれれば、この記事を信用できる限り、安心ができるのではないかと思う。
クレディセゾンも今月中に、クレジットカード最大手のジェーシービー(JCB)などカード会社2社も近く導入する予定だ。
JCBカード[http://www.jcb.co.jp/] は既に導入している様だ。

関連記事[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504073S8#T200504073S8]:

この記事に関連すると思われる記事へのリンクは 関連記事集[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504a&to=200504073S8#T200504073S8] に集めています。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年04月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project