2005年03月25日

,■小学5年の少女行方不明
,■不正アクセスの元京大研究員に有罪判決
,■「不正アクセスの元京大研究員に有罪判決」サイバーノーガードに影響するか
,■結局どう言いたいの
Title:■小学5年の少女行方不明
Title:■小学5年の少女行方不明
Title:小学5年の少女行方不明 Content-Type: text/html; charset=EUC-JP Last-Modified: Sat, 30 May 2020 03:15:29 GMT サーバ管理者日誌 小学5年の少女行方不明

2005年03月25日(金) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの03月25日 編集

■1 小学5年の少女行方不明[http://www.mmt-tv.co.jp/news2/22/news.shtml#05][リテラシー]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「母親」がblogで情報提供を呼びかけていて、これが話題になっていた。
こういうケース、ネットにいる人達の多くは、何か助けてあげたいと思うし、無数の人の小さな善意を積み重ねて、何かができる可能性がネットにはあると思う。
だけれども、悪意のある人にも情報が拡散していくのがネットの難しいところだ。
例えば、母親が書いているとしているblog。これが本物かどうか、私には確信を持てなかった。非常に悪いケースを考えると、全く無関係な人が他の子どもの写真を使って、ネットを騒がせて楽しむページを作ったという可能性を否定できない。
万が一そうだったとすると、そこにリンクを張ることによって、誤った情報を流布させて、本物の親御さんに迷惑を掛けることになる。写真を無断で使われた子どもも将来に渡って被害を受けることになる。
そういった判断で、私はリンクを張っていない。
インターネットが信頼できるメディアになるためには、利用する人一人一人に、情報を取捨選択する能力が求められる様だ。それが嫌だったら、旧来のメディアに取捨選択の判断を委ねるしかない。
この問題。旧来のメディアに一切頼らずに、みんなが「確かにこの人が母親で、この写真は本人の写真で、実際にそういう事件が起きている」と確信できる情報の発信をするにはどうすれば良かっただろうか。インターネットメディア、日記やblogによる情報発信の将来に関係する課題だ。
メディアリテラシーの演習課題に良いかも知れない。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年03月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project