2005年03月24日(木) これまでの03月24日 編集

■1 リモートから電源off/on とシリアル接続するための箱[http://unixluser.org/misc/power_off_on_box.html][CLIP] このエントリーをはてなブックマークに追加

良いものを見つけた。メモ。

■2 日本版ポリティカルコンパス[http://sakidatsumono.ifdef.jp/political-compass.html][CLIP] このエントリーをはてなブックマークに追加

Masudaさんとこ[http://unixluser.org/diary/?200503c&to=200503224#200503224] から。議論は お金について考えたこと[http://d.hatena.ne.jp/sakidatsumono/20050317] の方で進んでいます。
判定結果は下記の通りです。

保守・リベラル度 -9.06
(経済的な)右・左度 6
あなたの分類はリベラル右派です。
保守は伝統や公共の福祉を重視し、リベラルは個人の自由を重視する価値観です。
右派は小さな政府、左派は大きな政府を志向する価値観です。
いわゆる右翼は保守に、左翼はリベラルに対応しますので、ご注意ください。

「戻る」ボタンで前の画面に戻ってください。
らしい。上下左右の幅が分からなかったけれど、 [政経羅針盤]今日のメモ[http://d.hatena.ne.jp/sakidatsumono/20050322#p1] によると、「上下軸が上は+5、下は-7あたり。左右軸は±7程度。」の様だ。あれ?
確かに「個人の自由を重視する価値観」が非常に強いし、「小さな政府」は原則として正しいと思っている。原則に反する回答をしたのは、
地方切り捨ては許容すべきではない [同意する]
教育は国が財政保障すべき [強く同意する]
位だ。これに関しては、以下のような思いがある。
地方を「切り捨て」るのは許容できない。これまでいわば、地方からの借りで、一極集中を作り出すことによって、国全体の急速な成長を実現させたのだから、この借りは返す必要がある。
教育は日本の唯一と言っても良い位の資源だし、個人に最後に残る財産として教育があるのは、セーフティネットとしての役割を果たすはずだ。

自分の政治的位置を知る[http://hatahata.mods.jp/archives/2005/02/post_148.html]:

Masudaさんとこ[http://unixluser.org/diary/?200503c&to=200503232S2#200503232S2] から。
この中に出てくる座標に色々な人をプロットした図があるんですが、日記での言及を拾って、こういう図を描いている人がいませんかねぇ。
なんか、こんな位置のリベラル右派は少数派の様な気がしてきた。

■3 あなたのBlogは誰のもの[http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0411/29/news023.html][hns] このエントリーをはてなブックマークに追加

知人からこういうWeb日記を付けてみたいという相談を受けて、ちょっと調べてみた。
無料のblogサービスでも良いのかなと思ったけれども、例えば、
ユーザーが本サービスにおいて情報等を掲載等した場合、ユーザーはエキサイト株式会社に対して、当該情報等について全世界において無償で非独占的に使用する権利(複製権、頒布権、翻案権、送信可能化権を含む公衆送信権を含みますが、これらに限られません)を許諾したものとみなします。また、ユーザーはエキサイト株式会社に対し、情報等に関して著作者人格権を行使しないものとします。
の様な条項が入っている。ここでエキサイトを取り上げていることに他意はない。分かりやすいところに書いてあったからというだけの話だ。
こういう条項が入っていると、例えば、過去に書いた記事を訂正あるいは削除しても、それが間違った情報を含んだままで、自分の名前の元に例えば出版されることがあったとしても、全く文句が言えないということになる。これは恐い。
システムを無償で借りるために、自分のコンテンツを一部とはいえ、他人のものにするのは、私には抵抗がある。
もっとも、有償だから大丈夫かと言えば、これは規約を確認してみる必要があるのだけれども、少なくとも発信するコンテンツの内容について、何らかの形の制約は必ずと言って良いほど設けられている。
私の場合、コンテンツの権利と責任は自分のものにしておきたいので、これを実現するためには自分のサーバで運用するしか無いようだ。

■4「対馬は日本固有の領土です」キャンペーン このエントリーをはてなブックマークに追加

竹島問題、 毎年8月にやっている アリラン祭り[http://kyushu.yomiuri.co.jp/maturi/maturi42/42_ariran.htm] に変な方向で影響を与えないかなぁと心配していたのですが、 「対馬は朝鮮領土」中国15世紀の地図見つかる[http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2005031793628] という大変な格好で飛び火。
既に、 「対馬島は我々の領土」[http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/tusima2.htm] という主張もされている様です。
ちなみに、対馬は長崎県。「壱岐・対馬」と言うので、「イキツ島」という島があると思っている人も時々いるようですが、それは違います。「壱岐島と対馬島があるのね」っていうのも微妙に違います。
対馬を韓国として表示したテレビ番組[http://myjulia.btblog.jp/lk/kulSc01AA420E37CB/1/] もありましたが、非常に残念に思います。
日本一離島の多い長崎[http://www.pref.nagasaki.jp/koho/plaza/no1/no1_1.html] にいると、こういう外交問題の時以外も、もう少し普段から島にも目を向けて欲しいと思います。

■5 スパムの意外な事実……読んでクリック、買っちゃうユーザーまで多いと判明[http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/03/24/005.html] このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでにスパムが宣伝する商品サービスの購入にまで至ったことがあるとの回答も、全体の1割以上に達したとされる。
滅多にないことですが、spamあるいは勝手にオプトインのメルマガもどきで、欲しいものを見つけることがあります。ですが、絶対にその業者からは買わないようにしています。
製品を作っているところが発信している場合は、いくらその商品が魅力的に見えても、その商品は買わない様にしています。
理由は三つあります。
まず、ここで問題にされている様に、spamが結果として利益につながることを少しでも防ぐためです。spamによって実際にものが売れるからこそ、spamを送ろうとする業者が後を絶ちません。
二つ目、spamの様な非道徳的な宣伝行為を行う業者が信用できるかどうかという問題です。広告ページにはいくら効果的な文言が並んでいても、それは全部ウソである可能性があります。何しろspamという非道徳的な宣伝行為を行う業者ですから、それで製品が売れるのであれば、誇大広告をすることに抵抗は無いでしょう。
三つ目、spamを平気で送るような業者が私の個人情報を守ることを真剣にいるとは到底思えません。お金になるのだっら、送信先名簿を買った時の様に、客の情報をよそに売ることに抵抗は無いでしょう。
広告元には悪意はなくても、「正規の手段で集めたメールアドレス」とか「オプトインだから大丈夫です」とか「弊社が発行しているメールマガジンに」という言葉を信用して、spamに広告を出稿している例もあります。
これらも、悪意があるのかどうか判断ができませんから、残念ながら、購入の対象から外すことになります。
最近ではspamを公開している人も多くなりました。一度でもspamに広告を載せてしまえば、ブランドイメージが崩壊するということです。
普通の広告手段で「この製品を買ってみようかな」と思った人が、本当にその会社が信用できるのかどうか心配しているといった状況を考えてみて下さい。
情報を集めるために、検索エンジンで製品名を検索してみると、あやしげなspamに出している広告がたくさん引っかかってきます。
もちろん、その会社のページも見つかりますが、もはや、その製品は信用できなくなってしまいます。
マーケティングを考えた時に、インターネット広告媒体は比較的低い費用から取り組むことができますが、他の媒体よりも掲載される媒体に注意が必要です。雑誌はその雑誌のジャンルに興味を持っている人しか読みませんが、インターネットは後で検索ができます。
例えば、成人向け情報を満載したようなメールマガジンに広告が掲載されると、そういうものに興味を持たない人でも、製品名から検索した結果、そのメールマガジンを見ることになるでしょう。この場合、製品を検索した人が、成人向け情報に嫌悪感を持つ人であれば、その製品を買おうとしなくなるでしょう。それがspamだったらなおさらです。
広告代を払って、ネガティブな印象を与えるということが、起きてしまうわけです。 インターネットに広告を出稿する時はどういうメディアにどういう形で掲載されるか、絶対に注意が必要だと思います。

■6 無線従事者規則の一部を改正する省令案を電波監理審議会へ諮問[http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050323_1.html] このエントリーをはてなブックマークに追加

Masudaさんとこ[http://unixluser.org/diary/?200503c&to=200503242S2#200503242S2] から。
1アマでも、毎分25字になりますよ!
以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年03月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2017年02月21日

BIGの投票内容(発番)につきまして(2017.02.20)

2016年06月29日

「SEI-Net」不正侵入事件にみる佐賀県教育委員会の杜撰

2015年11月26日

武雄市図書館から“地方自治”を考える!

2015年11月21日

シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(34) - 「第3のツタヤ図書館にデキレース疑惑 内部資料を独占入手!」落ち穂拾い

2015年10月30日

シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(33) - 海老名市ツタヤ館運営の行方

2015年10月26日

シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(32) - 10月26日付 文化通信「TRC、CCCとの関係解消へ」

2015年10月25日

シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(31) - 続・検証「9つの市民価値」

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project