2005年03月16日(水) これまでの03月16日 編集

■2 続・UFJ銀行を偽装した電子メール詐欺が発生していますのでご注意ください[?200503b&to=200503151#200503151][セキュリティ][フィッシング詐欺] このエントリーをはてなブックマークに追加

高木先生も 「銀行業界が自治体に苦情を申し立てても不思議でない」[http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20050315.html#p01] と題して取り上げている。
警告が出たら「いいえ」を押すのが当然の常識として人々にもともと理解されているはずのところが、昨今では、その常識が崩れつつある。その原因は、自治体の電子申請システムだ。自治体の愚かな行いが、銀行に対するphishing攻撃の危険性を増大させている。
国や自治体がこの国のPKIをズタボロにしたというのは大げさではない。
インターネットはエンドユーザーがネットワークの一部を支えているという点で、旧来のクライアントサーバ型のシステムと非常に大きく異なる。
クライアントサーバ型システムでは、サービスの提供者側が利用端末までを管理して、閉じたシステムを構成していた。利用端末に至るまでがサービス提供者の責任範囲だから、どういう端末を使おうが、サービス提供者の責任に於いて自由に決定することができる。
イントラネットもこの形体に近い。閉じたシステムなのだから、社内サービスを提供する側が端末側も管理し、責任を負う格好で、オレオレ証明書を導入することも許されるだろう。
インターネットに公開するサービスは事情が違う。端末を運用して、責任を負うのは利用者の側なのだ。あるサービスを利用するために、あやしいルート証明書を導入してしまったら、その端末は信用できない端末になってしまう。これはその端末で利用する全てのサービスに影響を与える。
プラグインを導入するのも一緒だ。信用できないプラグインを導入してしまえば、その端末は信用できない端末になってしまう。これもその端末で利用する全てのサービスに影響を与える。
端末の利用者は、同じパソコンを様々なサービスの利用に使うのだから、信頼できるルールに則って提供される証明書しか受け入れてはいけない。これは安心してネットワークを利用するPKIを構築するために、端末運用者(=利用者)に科せられた責務だ。
一部の行政のサービス提供者は、利用者のパソコンを「ウチの自治体サービス端末」とでも思っているのではなかろうか。
そして、イントラネットを構築する積もりで、利用者に「これを導入しろ、信用して『はい』を押せ」とやっているのではないか。だとすると、これだけ、オレオレ証明書にもプラグインにも、無頓着な作りを看過していることが理解できる。
だとすると、端末で起こる問題にも責任を負う必要が生じるはずだが、一切責任を負わないと宣言しているのはどうしたことだろうか。

自治体が署名したActiveXのバグ:

自治体が署名したActiveXコントロールにバグがあって、情報を盗まれるとか、パソコンがおかしくなって業務に支障が出るとか、そういう形でユーザが被害にあったりすると、訴訟を起こされそうな気がする。
仮に「一切の責任を負いません」と表記したとしても、自治体が提供している行政サービスを受けるために不可欠のものであり、サービスを受けるためには導入が必要だと説明しているのだから、責任を免れない可能性は高い。
そう考えると、ActiveXコントロールが必要な電子自治体システムを構築している自治体は、相当に勇気があると思う。
以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年03月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project