2005年03月07日(月) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの03月07日 編集

■1 無署名のActiveX設定を有効にせよと指示する高知県[http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20050306.html#p01][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

※設定を変更する場合、最初に変更前の設定をメ モなどとって記録してください。その後、設定を 変更し、端末で起動している全てのブラウザを終 了させた後、再度起動させてから電子申請・届出 システムにアクセスしてください。 電子申請・届出終了後は、セキュリティの設定を変更前に戻してください。
という不思議な説明の背景には、こういう事情があったのですね。
戻さないと危険だということを認識しているのに、どうしてこんな変更をさせる様な仕組みになっているのか不思議に思ったところです。
しかし、どうして 高知県ばかりがこんなに色々問題[namazu.cgi?key=%B9%E2%C3%CE%B8%A9&submit=Search%21&whence=0] を抱えていますかね。高知県が特殊と思いたいところ。

お役所対応の見本[http://d.hatena.ne.jp/eiji8pou/20050307/1110197537]:

全ての役所がそうではないけれども、そういうところは確かにある。 しかも、それこそが役所がもっとも変えないといけないころだ。
普通の会社でも実は同じ様な問題が発生していて、大企業病という病名が付いている。 病が重くなると、責任回避の下手な人は淘汰されていくから、責任回避能力の高い人が経営権を握る様になる。こうなると、会社自体が淘汰されるより他なくなる。
実は役所の場合は、一番トップが代わる分だけまだ救いがあるのかも知れない。

情報企画課勤務だからといってパソコンやインターネット等に詳しいとは限らない[http://blog.johnmung.net/?eid=109374]:

ということは、高木先生も分かってやってるんだろうと思う。確かに(ヘルプの内容が)変わったのだから、進歩はあったのだ。
途中から「県(業者)」の人に電話を代わっているのだけれども、少なくともこの件に関しては情報企画課の担当者とレベルが変わらない。役所の担当者が異動するからという問題じゃない話だ。

邪推すると:

実は、どうして高知県がこうなったかという事情が分からないでもないのだけれども、説明できる資料が一般に公開されているものかどうなのか確認していないので、その内に。

■ 関連記事

■2 FreeBSD 4.8-RELEASE の ATA RAID (ar) ドライバのパッチ[http://www.ish.org/FreeBSD/ata-raid.html][freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

また、 パッチ当てを忘れた。[http://www.bsddiary.net/d/200311.html#11]
しかも、パッチを当て忘れたもので稼働して、リビルド必要になったりしてはまる。

絶賛rebuild中:

結局、停止可能時間の関係で、パッチ当てないまま、 いきなり電源Off[http://www.bsddiary.net/d/200310.html#28] の方法でRAID化して、リビルド中。ディスク小さいのにしておいて助かった。
緊急時に必要な手順なので、BSD magazine No.18の記事をコピーして非常時手順ファイルに収録。

[和書]BSD magazine 2003 No.18 CD-ROM2枚&デーモン君携帯ストラップ付[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756143962/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

■ 関連記事

■3日記デザイン[hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえずできている部分だけでリプレースしました。作業途中でページを見た方にはご迷惑をお掛けしました。
lib/HNS/Style.pm, lib/HNS/Tools/Title.pmには手を加えることになりました。

IEだと:

うまく行っていないところがあるというご指摘を頂きました。IEがCSSの処理にいくつか問題を抱えているのが原因の様なのですが、どちらでもうまく見える様にするには、試行錯誤が要りそうです。少しずつ直してみます。

IEでfloatを使うと:

発生する有名な現象の様ですね。画面幅を小さくしていくと、右側に空白の領域ができたまま、ブロックが下に落ちてしまいます。
幅が狭すぎてfloatを使わないと判断したのだったら、メインのコンテンツは右側の領域まで延びるべきですから、どうもバグの様に思えます。
メインコンテンツの幅を固定してしまえば回避はできそうですが、サイドバーの幅ならまだしも、メインコンテンツの幅を固定したくはありません。延びて欲しいのはメインコンテンツの幅の筈だからです。こういう時に、「width: 100% - 10em」とか書ければ嬉しいのですが、どうするか考えどころ。
とりあえず小細工をして、目立たない様にはなりましたが。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年03月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project