2005年02月03日(木) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの02月03日 編集

■1 児童生徒の「生と死」のイメージに関する意識調査について[http://www.pref.nagasaki.jp/cgi-local/koho_cgi/kensei_news.cgi?mode=detail_disp&yymmdd=20050124&year=2005&month=01&day=24&dno=09&pno=01&key=&pageno=]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

例の「死んだ人が生き返ると思いますか」の意識調査。

児童生徒の84.6%は、死んだ人は生き返らないと思っている一方、生き返ると思っている児童生徒も少なからず(15.4%)いることが明らかになった。
また、学年別では、中学校2年生が18.5%と最も高くなっており、予想外の結果であった。

という結果で、「15.4%の児童生徒が死んだ人が生き返ると思っている」というショッキングな結果だとしていくつかのメディアでも取り上げられた様だ。
調査結果の考察でも

本調査結果で最も注目したいことは、死んだ人が生き返ると思っている児童生徒が少なからずいた(15.4%)ということである。

として重視している。
これをどう評価するかだけれども、「行き返る」とした理由を見てみると、実は違う問題があるのでは無いかということに気づく。
予想外に「生き返る」と答えた率が高かった中学生の回答を見てみると、

  • 医学が発展すれば人は死んでも生き返ることができると思うから。
  • 人は死んでも心の中に生きていると思うから。
  • 人は死んでも生き返ってほしいと思うから。
  • 人が生き返るというのとは違うと思うが、技術が発達すれば、血液や細胞からクローンができると思うから。
  • 死んだ人が生き返らなければ、地球上の命が尽きてしまうと思うから。
  • 幽霊が生き返ると思うから。
  • 人は死んでも他の生物に生まれ変わると思うから。
  • 人は心臓が一度止まっても、ショックを与える治療等によって生き返ることがあるから。
  • 人の魂は死んでいないと思うから。
  • 人は生まれ変わることができると思うから。
  • 人が死んだら生きているときの記憶が消え、また別の人生を生きるのではないかと思うから。
  • 人は死んでも生き返ると信じているから。
  • 亡くなった人に似ている赤ちゃんが生まれてくるから。
  • 愛があれば、死んだ人が生き返ると思うから。

という内容で、輪廻転生を「生き返り」と混同して、「生き返る」と回答した児童生徒が多いのではないかということをうかがわせる回答となっている。
調査にあたっては、

実施校の学級担任が、特別に時間を設定し、必要に応じて補足説明を加えながら各教室で実施。

したということであるから、質問の仕方に誤解させる様なところがあって誤解したとは思えない。
多くの児童生徒が、輪廻転生を事実と思っていて、 *1 かつ、それを生き返りと混同しているのが大きい問題であると思う。

他の設問に、「家族や親戚など、身近な人が死んだ時の悲しみを感じたことがありますか。」というものがある。
8割強の児童生徒が「感じたことがある」と回答しており、身近な人が死んだ時にはほとんどが悲しみを感じるだろうけども、その体験をした事がない児童生徒が2割近くいるということであろう。
悲しみの体験率が低いことも問題になっているけれども、これは現在の核家族化した生活環境を如実に反映しているだけで、悲しみの体験率が低いことを直接に、児童生徒の死に対する意識が低いという問題の原因として結びつけるのは早急過ぎる。

「人を傷つけたり、殺したりしたとき、どのような罰を受けるか、法律や制度について知っていますか。」という中学校2年生対する問いがあり、「知っている」と答えた生徒は半数程度に留まっている。
既に社会では法律や裁判について扱っている筈なのに、これは問題だと思う。身の回りのことと結びついていないということだろう。

*1: 信仰の自由と関係するから扱いが難しい。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年02月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project