2005年01月25日(火) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの01月25日 編集

■1 ACCS不正アクセス事件、元研究員に懲役8月求刑[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0501/24/news021.html][セキュリティ] このエントリーをはてなブックマークに追加

悪いか悪くないかという話は置いておいて、罪になるのかならないのかに興味がある。 もし、検察側が主張する様に

問題のファイルは、FTP経由でアクセスするのが通常。FTP経由のアクセス時にはIDとパスワードによる認証を要求していた。CGI経由でのアクセスは、FTPによるアクセス制御機能を避ける行為で、通常利用の範囲外。不正アクセスにあたる

のをもって、不正アクセスとするならば、まさに サイバーノーガード[http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B5%A5%A4%A5%D0%A1%BC%A5%CE%A1%BC%A5%AC%A1%BC%A5%C9%C0%EF%CB%A1?kid=31852] である。ネット社会の進歩を阻害する行為だ。

サイバーノーガード戦法批判:

某IRCチャネルで、どうしてサイバーノーガード戦法が通用してしまうのかについて意見をもらった。
なかなかまとめるのは難しいのだけど、なるほどというポイントが見つかった。メモしておく。

  • サービスを提供する側は人の財産(情報)を扱うわけだから、それ相応の対策が必要だ
  • 銀行が預金者のお金を盗まれた場合、悪いのが誰であれ、銀行は預金者に対して責任を負う。
  • 「一般的なセキュリティ対策は講じていたが、盗難は魔法の様な技術を持ったハッカーによって行われた。魔法に有効な対策はない。」という主張。
  • 家庭の玄関に鍵を掛けましょうという論にすると、いや泥棒がいなければ大丈夫という反論につながってしまう。
  • ネット社会の中で利益を得ていくために必要な投資をしていない。
  • 一般の人とセキュリティについて知っている人の間で「十分な対策」の認識が全然違う。

それなりの文章にまとめたい。
ハッカーは魔法使いの様に見えるけれども、魔法使いではない。ウィザードは確かに魔法使いの様に見えるけど、やっぱり魔法使いではない。マジシャンは魔法使いの役を演じるけれども、やっぱり魔法使いではない。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2005年01月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project