2004年03月12日(金) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの03月12日 編集

■1 お客様情報漏えいに関するお詫びとご報告[http://www.japanet.co.jp/][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

トップページですよ!トップページ!
500円の金券で終わったことにして、懲りずに新たなキャンペーン展開している某社とはずいぶん対応が違うことに驚きましたよ。
十分な調査をして対策を取って、それが過去と将来の顧客に認知されて、「もう再開していいよ」というコンセンサスを得ることは、きっと長期的な信用を獲得することに繋がると思います。

「ジャパネットたかた」社長激白…被害数十億痛い! (夕刊フジ)[http://news.www.infoseek.co.jp/society/story.html?q=10fuji35293&cat=7]:

皇帝の新しい服[http://www.fiberbit.net/user/mo83ed3/200403.html#t11190740] より。
「最大規模のキャンペーンに全社挙げて取り組んでいた。タレントさんも週替わりで起用し、収録済みも2本あるが、お蔵入りする。損害は大きいが、企業責任はこういうものだと思う」
という姿勢が、
「『どうなってるんだ』といったお叱りもあったが、ありがたいことに『がんばってくれ』『一生懸命応援している』との激励も多かった」
という共感を生む。
「起こらない様にどうするか」を十分やったからといって、「起こったらどうするか」を考えなくて良いことにはならないのは、リスク管理の鉄則。
技術的にも手続き的にもセキュリティ確保する仕組みを作るのは大切だけれども、非常事態が起きた時の、トップの判断はもっと大切だと思う。

■ 関連記事

■2 「ネタ元はアンテナのどれか」[http://www.otsune.com/diary/2004/03/10.html#200403106][hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

皇帝の新しい服[http://www.fiberbit.net/user/mo83ed3/200403.html#t11190800] より。
ネタ元を記録しておくの重要。後になって、もう少し詳しく調べたいとか、あの辺りをきっかけに調べたら良さそうっていうことが多いからです。
というわけで、 ローカルミラーシステム[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200309b&to=200309175#T200309175] が大活躍。ローカルミラーも検索したりなんかすると、googleより便利な自分用データベースができあがる。
自分のブラウズしたページを全て蓄えておいて、ローカルで検索できるってシステムも夢見たりしますね。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2004年03月 翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project