2003年08月11日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1Web日記的読書録[hns] このエントリーをはてなブックマークに追加

ISBNコード書くだけでこういう風に表示してくれる仕組みが欲しいと思ったり。 そんなに難しい話じゃなさそうだけど、どのタイミングで記録して、取得した内容をどういう風に反映するかが考えどころ。
投入された時にマクロだと思って展開する手がお手軽そう。

萌え萌えうにっくす!UNIXネットワーク管理ガイド―PC UNIXネットワーク管理日々の疑問に萌えの一手 Linux & FreeBSD Network Management[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4839909555/ref=ase_keisdiary-22/250-3548308-2289817] 表紙

  • 著者:プロジェクトタイムマシン
  • 定価:本体2,400円+税
  • A5判 320ページ
  • ISBN4-8399-0955-5
  • 発売日:2003年03月28日
※上記のリンクはAmazonアソシエイト・プログラムを使用しています。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月12日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・Web日記的読書録[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200308b&to=200308111#T200308111][hns]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと調べてみました。
  • Amazon Web Service (AWS)というのがあり、これを使って書籍の情報が取得できる。
  • AWSのSDKが公開されている。サンプルソースもある。
  • XML over HTTP で実現されている。
  • SOAPとか勉強すると良いらしい。
で、 ほそかわさんとこ[http://fromto.cc/hosokawa/diary/2003/20030727-home2/index.html] のページを参考にしつつ、ISBNコードで書誌情報を取得するライブラリをごそごそ実装。

実験:

HNSAWS.pm:

こんな感じ。まだcvsタグも付いていない。
MY_AMAZON_TAGやら、MY_AMAZON_DEVTOKENは、適宜置き換えること。 ウチでは、
--- webif.cgi.orig      Tue Aug 12 21:43:23 2003
+++ webif.cgi   Tue Aug 12 21:48:58 2003
@@ -29,6 +29,7 @@

 use HNS::Admini;
 use HNS::System;
+use HNSAWS;

 require 'jcode.pl';
 require './config.ph';
@@ -262,6 +263,7 @@
     }

     chomp($text);
+    $text = HNSAWS::replace($text);

     my $body;
     if ($Mode == 0) {
みたいな感じで、textを置き換えて使っています。
#==============================================================================
#	HNSAWS.pm	hns の webif で Amazon Web Service の情報を挿入
#		$Id: d20030812.hnf,v 1.1 2009/09/23 12:57:31 kei Exp $
#==============================================================================
package	HNSAWS;

use SOAP::Lite;
use strict;
use Jcode;
use LWP::Simple;

#------------------------------------------------------------------------------
#	取得したアカウントに応じて書き換える
#------------------------------------------------------------------------------
# アソシエイツID
my $MY_AMAZON_TAG		=	'keisdiary-22';

# デベロッパートークン
my $MY_AMAZON_DEVTOKEN	=	'DDHPHE04VROHE';

# cover image 格納ディレクトリ(ファイルシステム)
my $COVERIMG_DIR	=	'../coverimg';

# cover image 格納ディレクトリ(Web上)
my $COVERIMG_URI	=	'/~kei/coverimg';

# AmazonへのリンクURL
my $AMAZON_LINK	=	'http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=keisdiary-22';

# アソシエイト・プログラムへのリンクURL
my $ASOC_LINK	=	'http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/subst/associates/join/associates.html/ref=cs_gw_bn_as_1_1/250-2208213-6925017';


#------------------------------------------------------------------------------
#	お好みで書き換える
#------------------------------------------------------------------------------
# WSDL
my $WSDL	=	'http://soap.amazon.com/schemas3/AmazonWebServices.wsdl';

# カテゴリ対応
my %CATEGORIES	=	(
	'books-jp' => '本',
	'music-jp' => '音楽',
	'classical-jp' => 'クラシック',
	'vhs-jp' => 'ビデオ',
	'dvd-jp' => 'DVD',
	'software-jp' => 'ソフト',
	'videogames-jp' => 'ゲーム'
);


#------------------------------------------------------------------------------
#	渡された入力テキストを書き換える
#------------------------------------------------------------------------------
sub	replace($) {
	my ($text) = @_;

	$text =~ s/^AWS ([0-9A-Za-z\-]+)\s+([0-9A-Za-z\-]+)\s+$/makeText($1, $2)/emg;
	return $text;
}


#------------------------------------------------------------------------------
#	ASINから置き換えテキストを生成
#------------------------------------------------------------------------------
sub	makeText($$) {
	my ($category, $asin) = @_;
	my ($sasin, $text);

	$sasin = $asin;
	$sasin =~ s/[^0-9A-Z]//g;
	my $res = amazonSoapQuery($sasin, $category);
	if (! $res) {
		return "! AWS $category $asin";
	}

	if (($res) && ($res->{Details})) {
		my ($d, $limg, $mimg);

		$d = $res->{Details}[0];

		$text = "! AWS $category $asin\n" . 
			"DIV aws\n";

		# カバー画像
		$mimg = fetchCoverImage($sasin, $d->{ImageUrlMedium}, 0);
		if ($mimg) {
			$limg = fetchCoverImage($sasin, $d->{ImageUrlLarge}, 1);
		}
		if ($limg) {
			$text .= "LIMG $COVERIMG_URI/$limg r $COVERIMG_URI/$mimg 表紙画像\n";
		}
		elsif ($mimg) {
			$text .= "IMG r $COVERIMG_URI/$mimg 表紙画像\n";
		}

		$text .= "LINK " . $d->{Url} . " " . jcode($d->{ProductName}, 'utf8')->euc . "\n";
		$text .= "~\n~\n";
		$text .= "著者:";
			my $cnt = 0;
			foreach my $author (@{$d->{Authors}}) {
				if ($cnt) {
					$text .= ', ';
				}
				$text .= jcode($author, 'utf8')->euc;
				$cnt++;
			}
			$text .= "~\n";
			$text .= "出版社:" . jcode($d->{Manufacturer}, 'utf8')->euc . "~\n";
			$text .= "定価:" . jcode($d->{ListPrice}, 'utf8')->euc . "~\n";
			$text .= "ASINコード:" . jcode($d->{Asin}, 'utf8')->euc . "~\n";
			$text .= "~\n";
			$text .= "※上記のリンクは\n" .
				"LINK $AMAZON_LINK Amazon.co.jp\n" .
				"LINK $ASOC_LINK アソシエイト・プログラム\n" .
				"を利用しています。\n";
			$text .= "/DIV\n! AWS-END\n";
		return $text;
	}
	return "! AWS $category $asin";
}


#------------------------------------------------------------------------------
#	クエリー発行
#------------------------------------------------------------------------------
sub amazonSoapQuery($$) {
	my ($asin, $category) = @_;
	my $res;

	eval {
		my $s = SOAP::Lite->service($WSDL);
		$res = $s -> AsinSearchRequest(
			SOAP::Data->name('AsinSearchRequest')
				->type('AsinRequest')
				->value(\SOAP::Data->value(
					SOAP::Data->name('asin'		=> $asin),
					SOAP::Data->name('page'		=> 1),
					SOAP::Data->name('mode'		=> $category),
					SOAP::Data->name('tag'		=> $MY_AMAZON_TAG),
					SOAP::Data->name('type'		=> 'lite'),
					SOAP::Data->name('devtag'	=> $MY_AMAZON_DEVTOKEN),
					SOAP::Data->name('locale'	=> 'jp'),
					SOAP::Data->name('format'	=> 'xml'),
					SOAP::Data->name('version'	=> '1.0'),
				)
			)
		);
	};
	return $res;
}


#------------------------------------------------------------------------------
#	カバー画像の取得と格納
#------------------------------------------------------------------------------
sub fetchCoverImage($$$) {

	my ($asin, $url, $is_large) = @_;
	my ($file);

	if ($is_large) {
		$file = "asin$asin" . "_L.jpg";
	}
	else {
		$file = "asin$asin" . "_M.jpg";
	}
	if (-e "$COVERIMG_DIR/$file") {
		return $file;
	}
	if (is_success(getstore($url, "$COVERIMG_DIR/$file"))) {
		return $file;
	}
	return;
}


1;

■ 関連記事

■2最近読んだ本[book]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

うまく動きますように 会議がうまくいかない原因のリアルな分析がしてあって、納得。 方法論的には、ファシリテーター(会議を運営する人)と書記(みんなのために記録を取る人)を用意することによって、
  1. ファシリテーターによって会議のリーダーと議事進行を切り離す
  2. 書記によってみんながメモを取らなくて良くて共通の記録ができる
ということで問題解決するアプローチ。 マイクロソフトに代表される先進的IT企業の採用試験の話。
マイクロソフトというより「北に1Km、東に1Km、南に1Km。元の点に戻る点がありますか?」「富士山を移動するにはどうすれば良いでしょう?」「太陽は常に東から昇りますか?」「赤い帽子。白い帽子。」等、おなじみの問題が、採用試験ではどういう様に使われているかという興味から閲覧。
過去にやったことではなくて、これからできる(かも知れない)能力を見るためには、論理パズルや思考実験が活用できそう。
面接試験で論理パズルや設計問題を出題して、その人のアプローチを観察することは、その人の可能性を計る上では参考になることが多いと思う。
ただしMS社も新卒者ではなく経験を重視した採用をやる時にはパズルを使っていないし、パズルで能力を計るためには計る側にもスキルが必要。
パズルの出題と解説も十分な量がついているので、パズル本と思って読んでも良いかも。 テクニック的には「スゴイ!」ってことは出てこないのだけれども、実践に裏打ちされた自信には、守る立場からも学ぶところがあると思う。 守る立場からは、自信たっぷりの人には弱いってことを再認識させられる。 守る立場にいたとして、「この時自分だったらどうすれば良いだろうか」「どう教育しておけば大丈夫だろうか」という教材にすると、何度でも楽しめる。 と同じで、何度も読み返して味が出るバイブル(?)的存在かも知れない。 キーワード「安値入札」「自治体のIT発注システム」「ライフサイクルコスト」「中立的なコンサルタント」 コミックも大丈夫かな。こういう考えさせられる系のコミックは買い出すと、離れられなくなってしまう。
結局、出ている全巻揃えてしまった。 しかも、 まで買って来てしまった。 まぁ、人生考えるために生きているわけだから、コミックというラクに入れる方法で問題意識を持てるのは良いことだと思う。
そういう視点では、山本おさむさんの、 とか、 にも感動したし、それによって視野が広がったと思う。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月13日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1NPO関連[book]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

最近読んだNPO関連書籍のメモ。ISBN書くだけでOKって素晴らしい!
ちなみに、 Books.or.jp[http://www.books.or.jp/Index2.aspx] も書籍検索に便利みたい。
法解釈を整理してあるので、定款作りの時に重宝。 最高意思決定機関であるところの社員総会の役割について。 これも定款を考える時に必要。 NPO組織運営の考え方。やさしい解説。 これも組織運営にまつわる本。組織をしっかり運営していくためにはどういうことを考えるべきか。私にとってはNPO組織運営のバイブル的存在。 いずれも組織作りと運営を学ぶために。 実例から学ぶNPO組織作りと運営。

■ 関連記事

■2 コードを人質にとられない[http://www.otsune.com/diary/2003/08/04.html#200308044][電子自治体]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンソースの現実、と若干の理想(下)[http://japan.linux.com/opensource/03/07/31/190257.shtml] について。
システムを外注しても、コードを人質にとられない
という視点は重視したいです。
一度ブラックボックス化に成功した会社は、有利な立場に立つことができ、この立場を利用すると、システムを独占することができる様になります。
国の自治体のシステムで安値落札が起こる背景はこの辺にあるのではないかと思います。

■ 関連記事

■3 アメックス センチュリオンカード[http://www.higuchi.com/index.php?itemid=35]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

同じく otsuneさんとこ[http://www.otsune.com/diary/2003/08/02.html#200308024] から。
「ブラックの方もご融資できます」じゃないブラックカードの話。

■ 関連記事

■4DIVの中にはinline要素しか書けない?[hns]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

みたいなので、ちょっと実験。
インライン要素のみ
インライン
入れ子
改造(というほどのことではないけど)成功。設計思想的な話ですね。
--- HNS/Hnf/Command.pm.orig     Wed Aug 13 15:30:29 2003
+++ HNS/Hnf/Command.pm  Wed Aug 13 15:30:51 2003
@@ -465,7 +465,7 @@
 use vars qw(@ISA $Template $EndTemplate $NumAttr $IsOneline $AllowCommands
         $CountName $OmittableEnd);
 @ISA = qw(HNS::Hnf::Command::Block);
-$AllowCommands = [$HNS::Hnf::Command::Entities{'Inline'}];
+$AllowCommands = [$HNS::Hnf::Command::Entities{'Flow'}];
 $OmittableEnd = 1; # or 0
 $NumAttr = 1;
 $Template = qq(<div class="%1">\n);
こんだけ。

スタイルをいじる:

を見ながらスタイルシートをいじったり。 なかなかいい感じ。写日記用のスタイルも用意するかな。

HNSAWS[../HNSAWS/]:

に成果物を置いておきます。本当に置いただけです。

■ 関連記事

■5ぐる[ぐる]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

調べもののついでに。

Digital Needle - A Virtual Gramophone[http://www.cs.huji.ac.il/~springer/]:

レーザーターンテーブル[http://www.laserturntable.co.jp/top.vs] を探していて発見。 WIRED NEWS[http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030227304.html] 経由。
スキャナーでスキャンしたレコードの画像を読み込んで、音に変換するというもの。試聴サンプルあります。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月14日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 住基ネット一時停止 旅券申請影響 東京・世田谷[http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20030814k0000e040062000c.html][セキュリティ] このエントリーをはてなブックマークに追加

正直に停止したのは評価できるのだけれども、「万全の対策を採る必要がある」のに事前に対策していなかったところは問題です。
ワームに対してはファイヤーウォールは無力ということは知られていますが、 実際に今回のワームでも「ファイヤーウォールがあったけれども、すり抜けて内部で繁殖した」という事例が報告されていまして、無力さを証明した格好です。
安全は装置ではなくて、人が確保するものだということがひとりひとりに行き渡らないと、ワームの脅威からシステムを守ることはできません。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月15日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 固有IDのシンプル・シナリオ[http://www.hyuki.com/techinfo/uniqid.html][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

素晴らしくシンプル。
固有IDにまつわる問題は、「こういうことに(利用|悪用)される可能性がある」ということが十分に理解されていないために、メリット・デメリットが正当に秤に掛けられていないことが原因の様に思います。

■ 関連記事

■2ぐる[ぐる]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとまわり

HTML,CSSバグ&回避法リスト[http://www.keynavi.net/ja/bugh/]:

otsuneさんとこ[http://www.otsune.com/diary/2003/08/15.html#200308158] より。
この間から、スタイルシートいじりをしていて、まだまだ色々困るところがあるなーと思っていました。多くの環境で安全に表示されることとデザインを両立させるために *1 、本質的な解決ではないのですが、この辺りをよろしく解決してくれるツールなりなんなり欲しい気はしますね。

まほろちゃんショック[http://www.saganet.ne.jp/yamato/main/toppicture.html]:

佐賀県大和町[http://www.saganet.ne.jp/yamato/main/main.html] のイメージキャラクター。大ブレイクからかれこれ1年。 佐賀県にはまほろちゃんがいましたよ!
久しぶりにみたら、「みこと」ちゃんとか新キャラが登場していました。
産みの親であるところの職員の方への インタビュー記事[http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0307/17_01/] を発見したのでメモリンク。 佐賀新聞にもキャラクタ付き(しかもカラー)で 掲載[http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0307/17_01/image/08.jpg] された模様。

まほろまてぃっく[http://www.mahoro-matic.com/index2.html]:

ん!世の中(どこ?)で騒がれている「まほろちゃん」はこっちなのだろうか?
*1: そのための方法であるCSS周りにバグがあるブラウザがあるというのが困りもんですが。

■ 関連記事

■3ローカルミラーシステム[hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

昔の日記を読み返すと、リンク先が消滅してしまっていることが良くあります。 特にニュースサイトはなくなるのが早いようで、メモリンクの意味が無くなってしまい、後で必要になった時に、記事が辿れなくなっていて困ることがあります。
大事なページはいちいちローカルに保存すれば良いのだろうけれども、これには結構な手間が掛かります。
何かうまい解決策がないかなと考えていたのですが、毎日cronでhnfファイルをスキャンして、含まれるリンクをローカルにミラーするという方法を思いつきました。LWP::Simpleを使って100行くらいのスクリプト。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月16日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 爆発物製造図った高校生を逮捕 埼玉、殺人予備容疑で[http://www.asahi.com/national/update/0815/031.html] このエントリーをはてなブックマークに追加

風俗店爆破狙い火薬原料保管、高1男子を殺人予備逮捕[http://news.msn.co.jp/newsarticle.armx?id=561438] の記事と読み比べて欲しい。
朝日の記事[http://www.asahi.com/national/update/0815/031.html] では、
高校生は7月に市内の薬局で硫黄500グラムを購入。その後薬局が不審に思い地元の薬剤師会を通じて同署に通報した。
となっているのに対し、 読売の記事[http://news.msn.co.jp/newsarticle.armx?id=561438] では、
市内の薬局で硫黄と硝酸カリウムを2キロ・グラムずつ購入しようとしたが、不審に思った薬剤師が販売せず、市薬剤師会に連絡。同会が同署に通報した。
となっている。
「硫黄500グラムを購入→不審に思い通報」には、
  • 硫黄を購入した位で不審に思われて通報までされるのか
  • 通報する位、不審だったら売るべきでなかったのではないのか
という疑問が残るわけで、この点は、 読売の記事[http://news.msn.co.jp/newsarticle.armx?id=561438] の方の事情だったら納得がいく。
ところが、爆弾の作り方については、 朝日の記事[http://www.asahi.com/national/update/0815/031.html] では、
高校生は中学時代に科学部に所属しており、調べに対して「電気街が風俗店によりおかしくなっている。爆発物を作るなんて簡単だ。
としているのに対し、 読売の記事[http://news.msn.co.jp/newsarticle.armx?id=561438] では、
男子生徒は「爆発物の製造方法などはインターネットを通じて知った」と供述しているという。
と、インターネット悪者説になっている。
これだけ食い違っていると、メディアが報道する「事実」を簡単に信用するのは危険ということを思い知らされる。記者はウソを書く気はなくて、あくまで真実に近づこうとしているのだろうけれども、予断の入った取材が行われると真実は歪むし、記者が持つべき疑問を掘り下げないと、真実は簡単に逃げる。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月17日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1最近読んだ本[book]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

読書日記風に。

[和書]会議の技法―チームワークがひらく発想の新次元[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121015207/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE&camp=2025&link_code=sp1]:

会議が絶対うまくいく法[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200308b&to=200308122#T200308122] の、原書、 の影響を強く受けていますが、「技法」と謳うだけのことはあって、紹介している技法が非常に多く、技法を知って自分で演繹しようという方にはお買い得。
「会議が絶対うまくいく法」[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200308b&to=200308122#T200308122] の魅力は、「インタラクション・メソッド」導入前後の会議をリアルに収録していて、インタラクション・メソッドがいかに効果を発揮するかという点を納得させることにあるのだけども、本書の場合は、230p程度に多くの技法が入っているわけで、当然のことながら、技法の効果を実際の会議に当てはめた場合の例までは収録されていません。この辺りを自分で考える人向きということになるでしょう。
「会議が絶対うまくいく法」[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200308b&to=200308122#T200308122] を読んで、会議運営をさらに工夫しようと考えた時に、次に読む本として良いでしょう。

[和書]会議の開き方・すすめ方・まとめ方―短時間でよりレベルの高い成果を生みだす、「活創」のためのノウハウ[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788917270/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE&camp=2025&link_code=sp1]:

見開き2ページで1テーマ。テーマごとに完結していて、読んだページから活用可能。といった実践的ビジネス本です。
会議で困った上司。 「私もそう思っていたんだ」(いや、そうじゃなくて)。 「君はまだそんなことを言っているのか!」(これじゃ意見出せないでしょう)。 会議の途中で参加して言いたいことだけ言って帰ってしまう(演説会だったの?)。 思いつき発言で結論を出す(何のための会議?)
の話を読むと、実際にありそうな話で、非効率的な会議は山ほどありそうです。
会議は、一見コストが掛からない様に見えて、多くの人的リソースを要求します。上位者ほど会議に出席する時間が長くなる特徴がありますから、実は人件費の相当部分が会議に注ぎ込まれているのです。
従って、コストダウンと生産性の向上を図るには、会議を効率化する。それ以前にムダな会議を開かない様にする必要があります。
報告を聞くための会議が本当に必要ですか?連絡をするための会議になっていませんか?みんなの前で叱責するためだけに会議をやっていませんか?惰性で会議を開いていませんか?

■ 関連記事

■2 GPS搭載電子レンジ[http://kadenfan.hitachi.co.jp/range/kinou/ex2_01.html]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

料理によっては、同じ料理でも地域によって随分味付けが異なるものがあります。 「肉じゃが」は全国的に普及している料理ですが、味付けだけでなく材料も地域によって微妙に異なります。
大量生産や流通の進歩によって、こういった地域ごとの味付けの差は少なくなりつつありますが、家庭で料理をするというシーンにおいては、特に地域ごとの味付けを大事にし、次の世代に伝えていく必要があると考えられます。
こういった、地域ごとの味を大切にするためには、関東・関西の味付けの差だけでは不十分で、このために位置情報を利用するのは、GPSの画期的な活用方法だと言えます。
「そんなの市外局番を入れるだけで良いんじゃ?」と思った人はリンク先をどうぞ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月18日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1SYA!nikki[SYA!nikki] このエントリーをはてなブックマークに追加

1202 総合水産試験場:

1252 長崎大学水産学部付属海洋資源研究センター:

1327 お昼ごはん:

1804 ハウステンボス:

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月19日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1SYA!nikki[SYA!nikki] このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月20日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 Blasterに感染した世田谷区役所,ルートは人的な“持ち込み”か[http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20030815/1/][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

職員のパソコンからフロッピー・ディスクなどのメディアを通じて感染したか、運用上許されていないことだが、ノート・パソコンを持ち帰った職員が自宅でインターネットに接続して感染したのではないか
ということらしいんですが、これはこれで困った問題。 セキュリティ問題が、結局はヒューマンファクターの問題という好例。

■ 関連記事

■2 住基ネットのウイルス対策「放置」 修正ソフト検証中[http://www.mainichi.co.jp/digital/network/archive/200308/19/6.html][セキュリティ]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティの話からもう一本。
ファイアーウォールがあるので、住基ネットを経由して他の自治体にウイルス感染する可能性はない
一点防御のセキュリティって非常に脆いんですよ。ファイヤーウォールにセキュリティホールが見つかった時は、即座に対応する準備ができているのだろうか。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、10 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2003年08月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project