2003年08月27日(水) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの08月27日 編集

■1ぐる[ぐる]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ログやなんかから

前田建設ファンタジー営業部[http://www.maeda.co.jp/fantasy/index.html]:

ただのにっき[http://sho.tdiary.net/20030825.html#p01] より。
マジンガーZの格納庫の発注が来たらしい。
                 御見積書
                              前田建設工業株式会社
                               ファンタジー営業部
光子力研究所 殿

         <汚水処理場型マジンガーZ地下格納庫一式>
                 72億円
         ※超合金Z製の照明塔の製造・工事費を除く

                 <工期>
                 6年5ヶ月
              ※機械獣の襲撃期間を除く
さすがと言わざるを得ない。IT業界はこんなにきちんとした積算をするにはまだまだ蓄積が足らないようだ。

リアルへぇボタン[http://www.dfnt.net/t/photo/column/he.shtml]:

トリビアの泉に出てくる「へぇ」ボタンを忠実に再現。 あなたも「へぇ」が押せる!
同じく ただのにっき[http://sho.tdiary.net/20030825.html#p01] より。

日テレ24hマラソン監視OFF[http://members.jcom.home.ne.jp/sickmaster/archive/hanako.htm]:

ちゃんと110Km走っていたことが、2ちゃんねらーによって証明されたらしい。 美しい話だ。
やじうまWatch[http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/] より。

犬か猫飼わない人は退去に ペットと暮らせる市営住宅[http://www.asahi.com/housing/news/TKY200307200080.html]:

うーん。犬や猫を飼える設備にしたのだから、飼わない人が使うのはもったいないので出て行って欲しいということなのでしょうが、困った話です。
こういうことを言い出すと、バリアフリーは障害を持った人だけのものですと同じ方向に作用してしまってよろしくありません。バリアフリーは全ての人のためのものなのです。
犬や猫を飼っても良いし、飼わなくても良いけど、自分が飼っていなくても飼っている人の立場に立たなきゃダメよっていう解決は無かったのでしょうか。
ペット飼育可住宅に住むためにペットを飼うというのは本末転倒な気がしてなりません。

e都市ランキング2003[http://premium.nikkeibp.co.jp/biz/e-gov/sp030827a.shtml]:

アンケートなので設問にどう答えるかで得点が左右されるのだろうけれども、意識のトレンドは見えてくる気がします。

■ 関連記事

■2 市町村のIT経費「無駄多い」 総務省が改善求める[http://www.asahi.com/politics/update/0827/004.html][セキュリティ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

国から順に改善は進みつつあるようだけれども、 調達スタッフがいない市町村は高い買い物をさせられているということでしょうね。
ITにも買う側に立つ調達コンサルタントが必要。

■ 関連記事

■3 オープンソースソフトウエアの利用状況調査/導入検討ガイドライン[http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004397/][オープンソース]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンソースソフトウエアの利用状況調査/導入検討ガイドライン[http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004397/1/030815opensoft.pdf] を読んだのでメモ *1
恐らく、 日本発のオープンソースソフトウェアは42件?[http://japan.linux.com/opensource/03/05/23/0511210.shtml] の話の元になった。 政府が捉えるLinuxへの取り組み、LinuxWorld Expoで経済産業省・久米氏が語る[http://www.zdnet.co.jp/enterprise/0305/22/epn07.html] の講演との関連もあると思います。
第3部 日本のオープンソース・ソフトウエアの動向
1.3 利用構造と情報循環
  • 一般ユーザーはテスト済みのソフトウエアを入手し,利用する
  • 非公式スポークスマンは対外的なメッセージを発信する
  • ユーザー・コミュニティーは,開発者に対して動作結果や賛辞といったものを伝達する
  • 開発者は実際に著作権を持ち,オープンソース利用でトラブルがあった場合の最終的な法的義務が彼らに対するものである
2 日本発のオープンソース・ソフトウエア
日本のオープンソース・ソフトウエアの生産は著しく少なく,多くは日本語処理ソフトウエアを代表として「利用者=生産者」という古典的なモデルに従って生産・流通している。
3 日本でのオープンソースの流通
まず最初に,国内ユーザー・コミュニティーにおいて「ライセンスの違反問題」が喧伝され,次に海外の開発者に通達され,最後に海外の著作者または国内の代理人による訴訟,という形が典型的なステップとなるものと予想される。
第4部 オープンソース・ソフトウエアの活用実態と問題点
2.2 ビジネスにおける失敗例
  • オープンソースと正面から取り組む事業はリスクが高い
  • オープンソース事業の成功例は知られていない
  • オープンソースにはタダ乗りして活用することが賢明
3 利用形態・ビジネス形態別の活用実態と問題点の整理
ディストリビューター型にとって,パッケージを購入した顧客がそのまま無償でビジネスに利用できると誤解している場合が多い。 オープンソース・ソフトウエアを利用したビジネスを実施する場合には,別途ディストリビューターであるベンダーとライセンス契約が必要である
4 今後の展望
これまでに見た通り,オープンソース・ソフトウエアは,その頒布自体がビジネスになりにくいことに加え,それを組み込んだシステムの開発,それを応用したサービスの提供など,そのほかと複合的に組み合わせたビジネスでも,その成果物の範囲があいまいであり,ビジネスの組み立てが難しい場合がみられる。
第6部 オープンソース・ソフトウエアの導入検討ガイドライン
1.2 サポート,瑕疵への対応
商用ソフトウエアについては,ベンダーが用意したマニュアルや手引き,一般の書店に並ぶ入門書などの書籍,またはパソコン教室など,学ぶための手段が数多く存在しており,初心者も比較的安心して学ぶことができる。 オープンソース・ソフトウエアについては,作者が添付したマニュアルしか存在しない場合があり,またそれは初心者では理解できないことも多い。
また,ソフトウエアに瑕疵が見つかった場合でも,商用ソフトウエアと異なり,ベンダーによるサポートや修正対応がない。 瑕疵を解決できない,もしくは,高額の委託費用が必要になるといったデメリットが生じる可能性もある。
3.2 新規参入容易性
オープンソース・ソフトウエアの市場においては,先進組にとってはシェアを失いやすく,ベンダー企業としての存続能力が衰えてしまうというデメリットがある
3.3 公開によるメリットとデメリット
技術力を露呈させ,他ベンダーに盗用されてしまうというデメリットにもなる。
第8部 GPLに関する法的問題の整理
(良くまとまった資料。専門家による解析はなかなかないので、ここだけでもこの報告書の価値は大きい。)

財団法人ソフトウェア情報センター[http://www.softic.or.jp/] という ソフトウェア等の権利保護[http://www.softic.or.jp/about_us/j_gaiyou.htm] をメインにしている団体が作成したということもあって、オープンソースに対しては消極的な立場で書かれている様な気がしないでもないですが、一般企業から冷静にみるとこういうものなのかも知れません。
「非常に魅力的だけど、使いこなすためには使う側にも知識や技術が必要」といったところでしょうか。
*1: 但し、当然このメモは中立性や客観性を保証しておらず、ある角度から見た自分のためのメモになっているので、この文章を読んで何か書こうという人は原文にあたるべき。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2003年08月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project