2003年08月08日(金) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの08月08日 編集

■1 続・職業訓練話[http://white.sakura.ne.jp/~koy/diary/?date=20030807#p05]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の話[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200308a&to=200308072#T200308072] の続き。
講師のレベルが低いために実用に足るだけの知識を与えられていない
話は、ちょっと背景が複雑なのですが、興味を持って調べれば考えるところは多い話なので、ポインタ提示ということで。
まず、 ミスマッチ解消[http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/mismatch/koyoutaisaku.htm] すれば、就職できるだろうという目論見があって、例えば、 IT化対応の促進[http://www2.mhlw.go.jp/topics/topics/mismatch/shi_02.htm] だろうと。 これを、 委託訓練[http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/t/entrust.htm] で実施しようという話になります。 委託するのは県であったり雇用・能力開発機構だったりする訳ですが、委託先には1人あたり月6〜15万円の委託費が支給されます。委託だから当然といえば当然です。
ここで問題なのは、委託先に対する評価は誰が行うかということです。
受講者が自分のお金を払って受けている研修であれば、ひどい研修をやっていればお客さんがあっという間にいなくなります。 ところが、実は失業者側が負担しているのですが、一見無料なために受講生側の不満はどこにもフィードバックされません。
「ひどい研修をやったって客はくるし、文句は言われないのだから、なるべく安い講座を組み立てよう」と良からぬことを考える業者が出てくる可能性があります。
職業訓練に対する助成のありかたについては、 行革断行評議会[http://www.gyoukaku.go.jp/siryou/hyougikai/kaisai.html] でも、 問題が指摘[http://www.gyoukaku.go.jp/siryou/hyougikai/giji/14.html] されているところなのですが、受講生本人による選択がなされれば、この問題も前回指摘したミスマッチの問題もう少し改善されると思います。
例えば、自分の持っているスキルを自己診断。自己診断に自信が無ければ、診断を受けても良いでしょう。その上で就きたい仕事に足りないスキルを埋めてくれる講座を選択して受講ということができる様になると良いと思います。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2003年08月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project