2003年06月06日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 27自治体で住基とネットが“接続”長野審議会報告[http://www.st.ryukoku.ac.jp/%7Ekjm/security/memo/2003/06.html#20030602_juuki][地域情報化] このエントリーをはてなブックマークに追加

色々なところで話題になってるんですが、結論がどうこうというより、 本人確認情報保護審議会の資料[http://www.pref.nagano.jp/soumu/shichoson/jyukisys/singikai/dai6.htm] に出てくる発言が興味深かったので、この話題に注目していました。
以下、考えてきたことを整理してみます。 文章にするのは初めてで、まだまだ未完成な論理です。 どんどん手を入れると思いますし、議論をする積りはありませんが、 ご意見は嬉しいです。

私は、国と自治体の情報化は避けて通れない問題だと考えていますし、積極的に進めるべきだと考えていますが、やり方を間違えて進んでいるのではないかと心配しています。
方向を間違えなくてもやり方を間違えると、むしろ完成が遠のくのはシステム開発では常識的な意見だと思います。せっかく間違えたかも知れないと感じたのですから、立ち止まって考えてみる必要があると思うのです。「間違えたかも知れない」を無視すると後工程で必ず高く付くというのも常識的な意見だと思います。
グローバル化の流れの中で効率化と顧客満足の向上を同時に実現するという困難な課題を解決した企業は、この困難な日本経済の中にあって着実に成長を遂げています。情報通信技術の活用が、この課題の解決に大きな力となるのは間違いありません。 情報通信技術の活用が企業の趨勢を左右すると言っても過言ではないと考えます。
日本が国際社会の中で競争力を持ちつづけていくには、行政もより効率的で高度なサービスを提供していく必要があります。行政だけは非効率的な業務が許されるということは無い筈です。 従って、国や自治体においても情報通信技術を有効に活用し、より効率的で住民に対して高度なサービスを提供していくことは責務であると考えます。

電子自治体の構築は自治体の趨勢を左右する事業です。 構築に失敗すれば、自治体の将来が危うくなります。 職員は自分たちの自治体を改善していくために率先してより良いシステムを構築する立場に立たなければならないと考えます。
という状況の中で、

  • 99 %の自治体が独力で仕様書を作成することが出来ず,全て,或いは殆ど全てを,業者などに頼っていた
  • 仕様書は外部業者に委託し,セキュリティの確保も外部業者任せである.
  • 委託業者との保守契約に情報漏えい対策が明記されていない
  • その保守契約内容は業者に丸投げして作成してもらった。

という状況であるのは大いに問題であると考えます。

行政の発注システムの問題は以前から指摘されています。 政府調達はムダだらけIT関連の内部文書入手![http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/frame-biz.cgi?ID=158766&FORM=biztechnews] の記事の様な問題が様々なところで起こっています。
また、システム導入の成否は正しく評価されているでしょうか。 民間企業の場合、システム導入の成功は、計画当初の目的の達成という形で実感できます。導入の失敗は「当初の効率化あるいは業務改善が実現できない」「予想外の費用が掛かる」という形で経営に深刻な影響を与えます。

明確な要求あるいは要件定義がなされないままの発注は、

  • 初年度に採算を度外視した極端な安値で落札しても、後年度の随意契約において利益を確保できる可能性があること
  • 仮に利益が確保できないとしても、中央政府での落札実績が地方自治体における調達に有利に作用することが期待できること

という思惑から、安値落札を生み、

  • 開発途中の度重なる要件変更
  • 不適切なベンダーや技術の選択による非効率なIT 投資
  • 不透明な価格設定
  • 品質に対する信頼性の低下

が発生し、 「我が国のIT 化を担うソフトウェア産業の健全な発展を阻害し、ひいてはソフトウェア産業の国際的な競争力にも悪影響を与える」( 情報システムに係る政府調達の見直し[http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002255/] )ことになります。

この問題を解決するためには、究極的には自治体側職員のIスキルを上げていくことしかないと感じます。少なくとも自分たちがITによって何を実現しようとしているのかということを説明できて、受注者側が提案してきたものがその目的に合致しているかを評価できる必要があります。
土木や建設工事の発注については、自治体側で仕様書を作成している状況を考えれば、そうなっていないIT業界の現状は過渡的な姿なのかも知れません。
あるいはコンサルタントの活用( 政府調達のためのIT専門家について[http://www.meti.go.jp/feedback/data/i21227jj.html] )です。自治体内部に十分なスキルが蓄積されるまでは有望な方法だと思いますし、ある程度以上のスキルは内部に保有せずに、必要な時に外部から調達するというのも正しい方法かも知れません。
但し運用には注意が必要で、日本の特にIT業界においては、発注側に立ったコンサルタントというビジネスがなかなか成立していない状況に留意する必要があるでしょう。 受注側のコンサルタントが公平性を持って、システム導入計画の立案に協力してくれることを期待するのは難しい気がします。

どうしてこうなったか:

情報システムに関する政府調達専門家について[http://www.meti.go.jp/feedback/downloadfiles/i21227lj.pdf] から引用。

こうした調達が常態化した要因としては、

  • これまで情報システムの用途が比較的特定されており、調査企画に多くの作業を要しなかったこと。
  • ハードウエアの付属品的な位置付けとしてソフトがサービスされており、ソフトウェアに関する企画・設計を別作業として契約するという習慣に乏しかったこと。
  • それぞれの業務に詳しい特定の大手ベンダーが市場に存在し、当該ベンダーが開発作業の一貫として上流工程を実質的に行ってしまっていたこと

などの経緯的な問題が影響している。

結果:

同じく、 情報システムに関する政府調達専門家について[http://www.meti.go.jp/feedback/downloadfiles/i21227lj.pdf] から引用。 分かっている人は分かっているのです。
  • 発注仕様が不明確であるため、それまで当該府省の事情に通じていないベンダーにとっては、文書を読んだだけではIT 化すべき業務の全体像をつかむことができない。
  • 競争入札案件の公示がなされた後、応札日の一週間前程度になって初めて発注仕様が明らかにされる場合があり、その期間では、それまで当該府省の事情に通じていないベンダーにとっては到底提案書を作成できない。
  • システム全体の入替えを伴うような大規模な案件では、初年度の競争入札においてハードウエアを自社で調達できる大手ベンダーが到底競争できないような安値応札を頻繁に行うため、その後の随意契約も含めて資金力やハードウエア調達能力の乏しい中堅・中小ベンダーでは直接受注できない。

などの批判が見られる。
他方で、多くの中堅・中小ベンダーは、受注した大手ベンダーの下請企業として実質的に作業に関わっている場合が少なくなく、かつ、こうした企業が大手ベンダーによる安値落札のあおりを直接受けているとの指摘もある。

失敗したIT投資は失敗した箱モノよりタチが悪い:

オーソライズされた資料を見つけ出すことができませんでしたが、図書館や公民館等の箱モノを作った場合、以降の運用経費は、平均して初年度の建設等に要した額の3%程度であると言われています。 ところが、ITモノに関しては運用経費が初年度の購入費用の30%程度に達すると言われます。
確かに、コンピュータシステムはメンテナンスを抜きに考えられませんし、メンテナンスの行き届いていないシステムはすぐに使えないシステムになってしまいます。
従って、ダメなシステムを買ってしまうと、ダメな箱モノ作るよりも財政に与える影響は深刻です。仮に初年度の購入に関して国からの補助金を受けても、次年度以降の運用費用は自治体の負担となります。有効に活用できないシステムを導入するのは自治体の財政にとって大きなマイナスとなります。
有効に活用できるシステムを構築して、活用した分の投資を運用を通じてシステムに戻していくことによってシステムを成長させていくというサイクルが必要です。
「運用のためにシステムを作る」ということを決して忘れてはならないと思います。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月07日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 切なさあるいは涙について[http://tomo.sslan.com/diary/?20030606#200306062] このエントリーをはてなブックマークに追加

どうして切なさを感じたのでしょうね。
切ない気持ちっていうのは身を切られるような気持ち。 やるせない *1 気持を外から見ると切なくなるのでしょうか。

多分、 積み立て崩す[http://tomo.sslan.com/diary/?20030527#200305272] や、 とっても悲しい夢[http://tomo.sslan.com/diary/?20030528#200305281] あたりに影響を受けているのでしょう。

ちなみに:

私も人間関係にものすごく悩んだ時代がありました。今でも他の人と関わりを持つのは、楽しいのですがとても神経を使います。それでも随分ひとあたり丸くなったと思います。
人と出会って関係を築くのは人生の大きな部分を占めていますから、ここで苦労をするのは当然なんです。
人付き合いに気を使わず苦労をせずに過ごしていける人は、幸せかも知れませんけれど、気を使って苦労した人は、その分だけ成長する仕組みになっているだろうと思います。

仕事の関係等で、嫌な人と関わりを持たないといけない状況と言うのは、普通に社会生活をしていれば必ずあります。どのように対処したら良いか、自分なりに随分考えました。
その人との嫌な人間関係から脱するには:

  • 付き合い方を変える(究極的にはやめる)
  • 相手を変える
  • 自分を変える

しかありません。
これは私がたどり着いた結論であって、他に悩んでる人は自分なりに違う結論を見出すかも知れません。結局のところ自分で考えて到達した結論でないと、自分が納得することもできないと思いますが、それでも同じような悩みについて考えるヒントにはなるかも知れません。

「付き合い方を変える」のは状況が可能であれば、悪い戦略ではありません。嫌な友だちと付き合う必要はないんです。
だけれども、嫌なのにそれを言い出せないでなんとなく付き合ってて、その度に一方的に不満がたまるという関係はあるように思います。
会社の人間関係がイヤでイヤでたまらない。別に向き合わなくても良いわけですし、辞めてしまうのも一つの選択ですね。会社を辞めたらそれはそれで別の苦労と向き合わなければならないことも多いと思いますが、その人と付き合うほうが辛いということもありえます。

  • 自分が絶対正しいのにアイツが折れないからいけない
  • アイツが間違っているせい、オレがこんな目に遇う

という状況を解決するのだから、相手が変わるべきだと思う場面は多いと思います。 私もそうでした。
ところが、相手を変えるというのはものすごく労力が掛かるのです。 まず、自分が嫌いだという理由を論理だてて説明する必要があります。「好き」という気持ちに比べると「嫌い」という気持ちは、嫌いな理由を挙げやすいのですが、その点を改善すれば本当に嫌いではなくなるのかというとそうではなかったりして、実は「嫌いだから嫌い」のトートロジーに陥ってることがままあります。 人間同士の「相性」の問題ですから、論理で説明するのが難しいのは当然なのです。
もし論理で説明できるとしたら、そのポイントは誰にとっても不快なことなのかも知れません。 そうだとしたら相手にとってもその指摘は有益なことである可能性があります。 だけれども、「あなたはここがいけないと思うから直すべき」という主張は大体において反発を受けます。自我の否定に繋がるからです。
それを乗り越えてなお、「そのポイントによってあなたは損をしている」「こういう風に変えることはできないだろうか」「その変化によって私を含む他の人とより良い関係を築くことができる」という説得あるいは教育をするためには、相互に信頼関係の構築が必要です。
結局のところ「相手を変える」というのは教育ですから、「親子」「兄弟姉妹」「先生と生徒」「上司と部下」等の上下がある関係で、上に立つ側が相手のことを思いやった上で、指導するという関係以外では実現が難しいだろうと思います *2

最後に残した「自分が変る」という選択は案外有効なことに気づきました。 「誰もが相手を嫌っているわけではない筈だ」ということは当たり前なのですけれども、このことに気づいたときは目からうろこが落ちた気がしました。

好き嫌いの問題では、客観的に見ると絶対的に悪い相手と絶対的に正しい自分が対立している構図であることは稀だということに注目します。相手も何らかの人間関係を持っていて、そこでも自分から見た場合と同じように誰からも嫌われているということは考えられない筈です。
これは、その人たちと同様に、自分も嫌わない関係を構築することが可能だということを示唆しています。

「相手が悪いのに自分が変ることはない」という自我も邪魔をします。自分が悪くないのに自分に被害を与えている相手を懲らしめてやりたいという気持ちが必ず存在するものです。
ただ、自我が自分のものである以上、自分の意志でコントロールすることは可能な筈です。憎みあったり感情の損得勘定をしたりすることは不毛で自分も傷つくのですから、自分が変るというのも悪い選択ではないと思います。

結局:

「やるせない気持ち」を何とかしてあげたいのだけれどもできなくて「切ない気持ち」だったみたいです。
*1: 【遣る瀬ない】苦しみ・悲しみを晴らす方法がなくてつらい。
*2: もう少し広く考えて、クラスメートの多数が一部の子に対してという様な状況もあり得るかも知れません。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月08日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 住民基本台帳ネットワークシステム[http://www.soumu.go.jp/c-gyousei/daityo/][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

一次情報元として掲げておきます。 結局、使い方・実装・運用でのヒューマンファクターが大事だと思います。

ICカード標準システムの概要[http://www.soumu.go.jp/c-gyousei/daityo/pdf/juki_card_04.pdf]:

こんな用途に使っても大丈夫かっていう用途もある気がします。 個人的には、図書館に利用するのは非常に注意が必要だと思います。

長野県個人情報保護審議会第1次報告についての考え方(参考資料2)[http://www.soumu.go.jp/c-gyousei/daityo/pdf/nagano_03.pdf]:

「スマートカードだから安全」の説明

「住民基本台帳ネットワークシステム」の概要[http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/rpo/rss/system_gaiyo/02sec2.pdf]:

ネットワークの構成についてはこのファイルが参考になります。

個人情報保護のための施策[http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/rpo/rss/system_gaiyo/02sec5.pdf]:

セキュリティ対策について

ICカード標準システム導入検討の手引き 第1.0版[http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/rdd/icc/handbook/handbook.pdf]:

標準システムでできること

平成12年度 電気保安統計[http://www.nisa.meti.go.jp/text/denanka/12hoan-tokei/12hoan-tokei.htm]:

停電時間や影響範囲を事故原因、事故の起きた個所別に統計した資料。
停電というセキュリティホールへの対策を考えるための資料として。

■ 関連記事

■2 HTMLメールマガジンをどうするか[http://d.hatena.ne.jp/HiromitsuTakagi/20030606#p1][セキュリティ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

htmlメールを悪用されるとイヤだな[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200212b&to=200212201#T200212201] という話は以前から心配していたのですが、絶妙過ぎるタイミングで、biglobeから 「【 BIGLOBE 】 HTML形式でのお知らせメール配信開始のご案内」とかいうメールが来ました。
http://ct.biglobe.ne.jp/Key=nnnn.XxXX.X.XXXXXX
(nは、数字。Xはアルファベット大文字。xはアルファベット小文字)
みたいなリンクがたくさん入っていて不安になります。
 以下のメールを頂きました。

On Fri, 06 Jun 2003 21:30:55 +0900 (JST)
BIGLOBE RM事務局 <rm1@ct.biglobe.ne.jp> wrote:

> お客様各位
> 
>  平素よりBIGLOBEをご利用いただきましてありがとうございます。
>  BIGLOBE RM事務局です。
>  本日は、BIGLOBEからのメールに関するお知らせをお伝えするため、
>  ご連絡を差し上げました。
> 
 (中略)
>  今後とも、BIGLOBEをご愛顧賜りますよう、よろしくお願いいたします。
> 
> ──────────────────────────────────────
>  本メールに関する問い合わせ先:BIGLOBE RM事務局  rm1@bcs.biglobe.ne.jp 
> ──────────────────────────────────────
>   BIGLOBEで困ったときには・・まずご利用ください
>   http://support.biglobe.ne.jp/help/kaiketu/index.html 
> ──────────────────────────────────────
>       ご案内したメールのクリック情報を、お客様へのサービスを向上する
>                    ためにご利用させていただいております。


> 本メールに関する問い合わせ先:BIGLOBE RM事務局  rm1@bcs.biglobe.ne.jp
 とございますので、問い合わせさせて頂いております。
 より適切な問い合わせ先がございましたら、ご連絡ください。

 何点か質問がございますので、ご回答頂きますようにお願いいたします。

On Fri, 06 Jun 2003 21:30:55 +0900 (JST)
BIGLOBE RM事務局 <rm1@ct.biglobe.ne.jp> wrote:

>  ※BIGLOBEをご利用いただいているみなさまのうち、
>    BIGLOBEからの「お知らせメール」の「HTMLメールを受け取る」
>   設定になっている方にお送りしています。

 私はかなり長期間に渡って、biglobeを使用しておりますが、この設定を
行った記憶がありません。
 「お知らせメール」の「HTMLメールを受け取る」と設定しているとの
ことですので:

1. いつどのようにして設定したのか分かるようであればお教えください。
記憶を辿るのに役に立つと思います。

2. 御社のサービスについて私自身がどのように設定しているかを私自身が
確認して、修正する方法をお教えください。

3. 
>    http://ct.biglobe.ne.jp/Key=nnnn.XxXX.X.xxXxxx
>    http://ct.biglobe.ne.jp/Key=nnnn.XxXX.X.XXxXxX
>    http://ct.biglobe.ne.jp/Key=nnnn.XxXX.X.XxXnxX
>    http://ct.biglobe.ne.jp/Key=nnnn.XxXX.X.XnxnnX
>    http://ct.biglobe.ne.jp/Key=nnnn.XxXX.X.XnxxxX

 の様な文字列がありますが、これは何でしょうか。

4. このURLは各々の利用者に対して異なる文字列を付与しているのでしょうか。

5. 異なる文字列を付与している場合、これは個人を特定できる情報を含んでいないのでしょうか。

6. 異なる文字列を付与している場合、私のどのような情報が御社に送信されるのでしょうか。

7. このURLが個別にをクリックしたという事実は、御社側に記録されるのでしょうか。

8. もし記録されるとすれば、その情報はどのように管理されるのでしょうか。

9.
>       ご案内したメールのクリック情報を、お客様へのサービスを向上する
>                    ためにご利用させていただいております。

 この文言がありますが、どのように利用されるのでしょうか。
 上記の文言を了解していたという前提で、私がクリックしたという情報を
無制限に利用することに了解したと判断される可能性がありますでしょうか?

 上記、ご回答頂きますようにお願い申し上げます。

とか問い合わせ中。

■ 関連記事

■3「萌え」はバーチャル化した愛である[テーマ]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

その内、まとめたい。
  • 人間関係がバーチャル化しつつある
  • リアルとバーチャルの境界を超越
  • 愛情は注ぐものである
  • 人間関係は希薄化しているが注ぐべき愛が減ったわけではない
  • 愛情を受け入れてくれる対象が必要
  • リアルの相手に拒絶される心配
  • 愛情を受け入れてくれそうな対象に「萌え」
とかなんとか。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月10日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1SYA!nikki[SYA!nikki]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

0001 久しぶりの写日記:

2224 ばんごはん:

スーパーのお寿司と茶碗蒸し。
干し椎茸を切らしていたので入っていないのですが、甘味の点で果たしていた役割が以外と大きかったことに気づきました。
失ってみて無くしたものの大きさを再認識する話。

ばんごはん

■ 関連記事

■2ぐる[ぐる]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ぐるぐるも久しぶりに使う言葉だな。

スルー禁止[http://capsctrl.que.jp/kdmsnr/diary/?date=20030607#p01]:

スルーが常態化してしまった職場では、 朝三暮四 朝令暮改な上司の指示からトレンドを分析して、
「コレをやれって言ってるってことは、やっぱりアレをやれって言い出すに違いない」 「『大至急やれ』って言ってるけど、明日になったらやめたって言うからやらなくていい」 「むしろ今のうちにコレやっておかないと大変だな」
なんてことが行われていて、職場は機能しているけど上司は機能していなかったり。

朝日新聞[http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20030524#p04]:

朝日といったら珊瑚礁なのですが、 最近は記者まで知らないということを知ってショックだった。

たこ焼き工場トントン[http://www.tsurumaki.co.jp/kitchen/chourikaden/takoyaki/takoyakitonton.html]:

ふにふにしてるとこ[http://www.zukeran.org/shin/funifuni/200306.html#09_03] から(違。
誰か動画ファイル流してくれないかなぁ。 買って流せって啓示?
自動返し機能がついているのに、「返しピックがサービス」ってところがちょっとだけ気になる。

皆様大きな拍手でお迎えください![http://doublemoon.tdiary.net/20030608.html#p07]:

ツボった。聞こえるようになっちゃうかも知れない。

色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法[http://www.nig.ac.jp/labs/DevGen/shikimou/gen/shikimou_gen.html]:

CAPSCTRLDAYS[http://capsctrl.que.jp/kdmsnr/diary/?date=20030610#p02] より。
色の組み合わせ表はグラフ作るときに次回からでも使おう。 できることからバリアフリーですね。 緑のレーザーポインターも欲しいな。

経済を子守りしてみると。[http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/babysitj.html]:

素晴らしいものを見つけた!
同じく CAPSCTRLDAYS[http://capsctrl.que.jp/kdmsnr/diary/?date=20030610#p01] より。
みんなが自分だけはって思うと、みんなで苦しくなることってあるよね。

続・スルー禁止[http://rusty.parfait.ne.jp/diary/?date=20030610#p04]:

CAPSCTRLDAYS[http://capsctrl.que.jp/kdmsnr/diary/?date=20030610#p10] より。
経営トップと若手世代に電子メールが普及してしまい、電子メールから取り残された結果、意思決定や命令系統の枠組みからも取り残されてしまい、 不要だったことが判明した中間管理職の人たちっていうのもいますね。
組織の管理原則として、
  • 専門化の原則
  • 階層化の原則
  • 命令一元化の原則
  • 管理の幅の原則
  • 責任・権限明確化の原則
ということが言われていますが、IT技術は組織運営を確実に変化させつつあると感じます。IT技術を活用できる管理者の管理の幅は広くなっているわけで、管理の幅が広くなれば階層を少なくすることができます。階層が少なくなるということは、必要とされる中間管理職の数は少なくなっていき、よりトップの意思が短期間で反映される組織に変化します。
本当のIT化というのは、こういった組織の変革を伴うという意味で「IT革命」と呼ばれるのだと思います。組織が変らないIT化では意味がないのです。

グーグルが切り拓くIT産業の新地平[http://www.mochioumeda.com/archive/sankei/030608a.html]:

Googleの現代IT産業における意義を50代、60代の人に伝える[http://blog.cnetnetworks.jp/umeda/archives/000411.html] より。
「若い人は分かっていない権力者に分からせる能力が重要」だと思います。 こういう文章が書けるようになりたい。精進しないとね。

タダ働きが世界を動かす[http://amrita.s14.xrea.com/files/tada.html]:

圏外からのひとこと[http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20030611#p03] より、というよりも本人が筆者。
問題をみる立場を変えている *1 点で、「正論」の書き方とは違うのですけれども、 「分かっていない権力者に分からせる」という意味で、素晴らしい文章だと思います。
*1: 問題の色々な断面を見るか、違う角度から見るかという表現上の手法の違いに過ぎません。

■ 関連記事

■3 続・HTML形式でのお知らせメール配信開始のご案内[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200306a&to=200306082#T200306082][セキュリティ]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ返事来ません。 明日まで待って質問届いているかどうか確認してみようかと思います。
ちなみに、BIGLOBEは、 NEC個人情報保護ポリシー[http://www.biglobe.ne.jp/privacy.html] というのを遵守するそうで、webビーコン(=webバグ)利用についての説明もありますね。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月11日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 OnPoint Laser S532A[http://store.yahoo.com/deharpport/adjustables532.html]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「緑色」のレーザーポインター。 色盲の人にもわかるバリアフリープレゼンテーション法[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200306a&to=200306102S5#T200306102S5] で読んで欲しくなったのを取り寄せることにしました。
私自身、赤緑の識別がちょっと弱いらしくレーザーポインターが見にくいのはこのせいだったかも知れません。
私のレベルで見にくいのですから、レーザーポインターで説明されると見にくいと思って困っている方も多いはずです。 レーザーポインターは人前で使うものですし、緑色というのは目立つはずで、緑色のレーザーポインタに興味を持つ方もおられるのではないかと思います。 こういう時に、バリアフリーの話をできるきっかけになればと思って持つことにしました。
マイポインターで会議を乗っ取る[http://www.mew.org/~kazu/tao/wide2.html#L31] 際にも有力な武器になるかも知れませんね。
考えてみると、海外通販でモノを買うのは初めてです。 レーザーポインターは、消費生活用製品安全法の特別特定製品に指定されているので、この商品を国内で販売することは規制されているのです。
もちろん国内基準に適合した製品も販売されているのですが、緑色というのは、まだまだ選べる範囲が少ないのが残念です。

■ 関連記事

■2長崎のSOHO事情[SOHO]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

以前から、県内でのSOHO事情について興味を持っていました。
「SOHOは生き方なんだ」ということを思っておりまして、「SOHO→ベンチャー」「SOHO卒業を目指す」っていう流れを選ばないSOHOもいるということを感じています。
たまたま、ミッドナイトNBCというローカルの報道番組を見ていたら、長崎県内の時津町というところで、 「考える有限会社」(だったと思います。リンク先を見つけたらぜひ教えて下さい) という会社を設立した方の話が取り上げられていました。
本棚に並んでいる本を見ると、技術力が想像できたりもするのですが、この限りでは技術もしっかりしたものをお持ちであるように拝見しました。 ページ作成、システム管理、コンサルティングを自宅兼事務所でこなし、しっかりとした活動もやっていらっしゃるようで、 時津町の地域通貨「さばくっ券」の立ち上げにも尽力されていた様です。
インタビューでの「利益追求だけでなく会社を通じてどう社会に貢献するか、という社会に変化しつつあるのではないか」という意見にも感じるところがあります。
どうしてこういうことをここに書いているかと言いますと、こうやってがんばっているSOHOの方がもっともっと長崎にはいらっしゃるのではないかと思ったからです。
そういう方ともっともっとお知りあいになって、意見を交換できたりすると、もっとSOHOしやすい社会が作れたり、お仕事が作れたりできると思うのです。
長崎でSOHOやっておられる方、ぜひお気軽にメールください。
実は「考える有限会社」さんのページを探し出せていません。これはとってももったいないことだと思います。 もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひリンク先をお知らせください。 せめて、この日記からはリンクを張っておきたいと思います。

考える有限会社[http://www.kangaeru.co.jp/]:

2005/03/14付記。
日記を読んだ方からお教え頂いた。

■ 関連記事

■3 spammers love jp.FreeBSD.org[http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74802][freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

色々考えることがあったので、とりあえず議論の流れを要約してみました。参考まで。

[74802][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74802] Sakuraiさん
FreeBSD-users-jp に投稿される spam はどうにかならないものなのでしょうか。
  • jp.FreeBSD.org での spam対策について
  • メールアドレス収集対策について
[74811][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74811] 辰己さん
1日あたり1〜2通流れているのですね。ほっとする少なさ
[74812][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74812] いいじまさん
FreeBSD-users-jp への SPAM の対策としては、「購読リストに登録されて いないアドレスからの投稿は受け付けない」というのが手っ取り早そう
[74816][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74816] Sakuraiさん
たった1通でも参加者全員に配送されるので、膨大なリソースの浪費になるという指摘。
[74818][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74818] 辰己さん
1日1〜2通程度のspamで済んでいるのなら、管理人は、何らかの対応を しているのではないか。
[74819][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74819] [74821][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74821] Sakuraiさん
1日1通でも100通でも資源の窃盗には変わりない。 SpamAssassin や POPFile といったフィルタを提案。
FreeBSD-stable も購読しているがこちらには一通のspamも届いていない。 アーカイブの公開にあたっても、アドレス収集対策をしている。 FreeBSD-users-jp には毎日 spam が届く。対照的。
[74845][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74845] 今野さん
@FreeBSD.orgでは、spam 対策として厳しい制限を行っており、spamではない メールが投稿できない副作用もある。
この副作用を受容できるかバランスを考えなければならない。
[74848][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74848] [74856][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74856] いいじまさん
@FreeBSD.org のような厳しい制限を課すほどの状況ではない。
  • ウェブサイトのほうではアドレス収集対策をする
  • いくつかの条件でフィルタリングを行う
対策にはバランスが必要で、データの提供を要請。
[74855][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74855] 稲川さん
subscriber以外のメールをrejectするだけでも、かなり改善されるのではないか。
[74861][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74861] 今野さん
subscriber以外で、正当な理由があってMLにメールを送る人も考えないといけない。 (USB や IEEE1394 の動作報告を求めた例)
[74869][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74869] 今野さん
大丈夫なルールを作るのは非常に難しいし労力が掛かる。誤動作の危険もある。
[74877][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74877] 稲川さん
MLのアドレスをロボットに収集されないように対策するべきではないか。
[74879][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74879] 野田さん
ダイジェスト配送の様に、spamフィルタ有無を選べるようにすると良いのではないか。
[74897][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74897] [74898][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74898] Sakuraiさん
FreeBSD-usrs-jpの記事について、SpamAssassin+amavisd-neでの判定結果の報告。
  • spam を含めた総投稿数 471通
  • spam ではなかった FreeBSD-usrs-jp への投稿(ham)数 390通
  • spam と認識され実際に spam だった数 80通
  • spam だったが spam とは判定されなかった数(false positives) 1通
  • spam ではなかったが spam として検知された数(false negatives) 0通
spamとして判定されたものは、spamモデレーターが配送の判断を行うという提案。
[74911][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74911] 切明さん
登録者からの投稿はモデレートせずに、subscriber以外の投稿をモデレートする というアイデアの説明。
[74916][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74916] 柳澤さん
モデレータのコストを誰が負担するか、そのモデレータの中立性を どのようにして保つかという問題提起。
[74925][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74925] 今野さん
MLのアドレスを収集されないようにするのは事実上不可能。 @FreeBSD.orgでも参加者のアドレスが掲載されているアーカイブもあるという指摘。
[74928][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74928] 三谷さん
影響は深刻である。HTMLメールはダメというルールを周知。 ヘッダおよびボディに Content-type: text/html という文字列を含むメールを捨てるという提案。
[74931][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74931] いいじまさん
HTMLメールを切り捨てることは、初心者を切り捨てることにつながるという反対意見。
[74934][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74934] 池内さん
連番の抜けが気になるので、spamと判定したメールの中身を置き換えれば良いと言う提案。
[74938][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74938] T.Uchikoba@C-MOON NETWORKさん
実体参照を使うと少しでも被害が減らせる。 送信はsubscriberオンリーにするというのが現実的ではないか。
[74943][http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/FreeBSD-users-jp/74943] 前田@nanet
送信をsubscriberのみにすると困る人がいてそれなりの手間がかかる。 アーカイブ中の@を実体参照に置き換えるのは、検索への影響に注意が必要。

■ 関連記事

■4 アレとアレゲ[http://www.trashbox.jp/~moriwaka/moin.cgi/AreAndArege][CLIP]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

この場合の、「アレゲ」は「あれ気」で、
げ【気・げ】
<接尾>[形容動詞の語幹(ごかん)、または名詞をつくる]そういうようすをあらわすことば。「なつかし―だ・悲し―だ・あぶな―がない・惜(お)し―もなく」
でしょうから、「アレゲ」は形容動詞みたいです。「アレ」も「アレゲ」も新しい用法で手元の辞書には載っていないけれども、名詞・代名詞の形容動詞化は、最近よく見られる用例です *1
あれ【アレ】
<形容動詞>はっきり言いたくないようすや、はっきり覚えてないようす。「―な人・―な話」
形容動詞だとすると、
  • 未然形:アレ・だろ・う(アレ・なら・ず)
  • 連用形:アレ・だっ・た(アレ・に・なる)
  • 終止形:アレ・だ(アレ・なり)
  • 連体形:アレ・な・人(アレ・なる・人)
  • 仮定形:アレ・なら・ば(アレ・なれ・ども)
  • 命令形:(アレ・なれ)
  • で、活用もあってます。
    そうすると、
    「アレな人」はっきり言いたくないようすな人
    「アレゲな人」アレなようすの人
    で、アレな人が重症の様です。
*1: WIDEな人とか。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月12日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ぐる[ぐる] このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとぐるってみます。

オトナ語の謎[http://www.1101.com/otona/index.html]:

だめだめ日記[http://saba.three-a.co.jp/~toku/diary/?200306b&to=200306115S2#200306115S2] より。
オレ的にはアグリーできかねるんだよね。
「そういった意味では…」「どういった意味よ?」
とか聞く人はオトナじゃないらしい。
むしろ「アウトソーシングによるパラダイムシフトの中で、コアコンピテンスの確立に向けた、ナレッジマネジメントを通じたミッションを着実にクリアし…」 *1 とか言わない様に注意してるんだけど。

NetVolante『RT57i』[http://www.yamaha.co.jp/news/2003/03061201.html]:

最大100Mbpsの高スループットで、VoIP対応。
キター!って感じ。

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度[http://www.isms.jipdec.or.jp/]:

メモリンQ

作文[http://orange.sakura.ne.jp/~mpc/d/20030610.html#p01]:

天衣無縫な日々[http://white.sakura.ne.jp/~koy/diary/?date=20030612#p02] より。
以前に小学生向けに書いた文章を思い出したので、貼っておきます。 言い回しにも漢字も制約があるのです。この文章を書いてから、私の文体は変わったと思います。
やさしい文章を書くことは、むずかしい文章を書くよりもむずかしいことに気づいたのです。やさしい文章を書きたいと思うようになりました。
「夢は自分との約束」

 昨年(平成XX年)のクリスマスが近づいた日、
私は○○小学校を訪ねてみました。
 板張りの床も、人研ぎの流し台も、理科室
の机も、中庭の池も、覚えていた昔のままで、
しかも覚えていたよりもきれいなままだった
ことに驚きました。
 20年間、大切に使われてきたんだというこ
とをうれしく思いましたし、「ただいま」と
言いたくなる気持ちがしました。
 私はnn年前にこの○○小学校が80周年を迎
えたときに六年生で、その時は児童会長をし
ていました。
 nn年前も、学校が80歳になる記念の年です
から、80周年を記念して色々なお祝いをしよ
うということになり、先生方や○○小のみん
なでいっしょになって、色々な記念の行事を
しました。
 この年初めての行事として、クラスで一つ
ずつ大きなこいのぼりを作って中庭の上につ
るし、こいのぼり大会をしました。みんなで
紙に思い思いの模様をかいてこいのぼりを作っ
たのですが、とちゅうで雨になってしまい、
破れてしまったのだけは残念でした。
 運動会でも、私たちは記念の年にこの○○
小にいたんだということを思い出せるように
と、みんなで色々な準備をしました。
 その頃は、○○小には児童が千人位いて、
体育発表会などの時には、見物の人も合わせ
ると、校庭の階段からプールの方まで、人が
たくさんになりました。
 その年の2月1日、80周年記念の日に千人の
全校児童が集まって、記念の行事をしました。
 その中で校長先生が、「nn年後のこの日に、
この学校にまた来て下さい」と言われたのを
ずっと覚えていて、自分との約束にしました。
 その時にこの○○小学校にいた人はみんな、
自分がいくつの時の2月1日だということを考
えたと思います。そういう記念になる年にこ
の小学校にいたことをうれしく思いました。
 みんなnn年後の自分を考えながら、作文や
記念になるものを箱に集めて、nn年後に戻っ
てきたときに開けようと約束して、タイムカ
プセルにしました。「nn年後の自分はこうな
りたい」という夢も自分と約束したのです。
 そして、nn年が経って、タイムカプセルを
開ける年がとうとうやってきたので、○○小
学校を訪ねてみたのです。学校は、20年前の
約束通りに帰って来た私をずっと見守ってく
れていた気がしました。
 今、○○小学校にいるみなさん。百周年と
いう記念になる年にこの学校にいたことは素
晴らしいことだと思います。
 この学校はいつまでもあなた方とあなたと
の約束を見守ってくれるでしょう。
*1: いや、意味は無いので。考え込まないように。考え込まないといけないような意見は、実は対した意見を含んでいないことが多かったりする気がする(ちょっと弱気)。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月13日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ぐる[CLIP] このエントリーをはてなブックマークに追加

ログからぐる。

エレベーターの裏技[http://homepage1.nifty.com/crux/evcancel.html]:

裏ワザあります。上上下下左右左右××とか押すと、いとしのあの子と二人っきりで・・・(ウソ

児ポ法改悪!? 緊急アピール!![http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6372/]:

ヤバいです。超ヤバい。
そういうのは、規制されても仕方ないって素直に思う人は、歴史に学ぶべきです。 「治安維持法」とか最近は歴史で習わないですかね。
今の日本は、勝手に平和になったんじゃなくて、たくさんの犠牲の上にできた平和だってことを忘れてはいけないと思います。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月16日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 amazon.co.jp ウィッシュリスト[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/registry/2GKEWZ96E1475/ref=wl_em_to][book] このエントリーをはてなブックマークに追加

気になった本をメモするのに良さそう。 なぜかどこかからプレゼントしてもらえることがあるかも知れないし。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月17日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1SYA!nikki[SYA!nikki]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

1751 緑のレーザーポインター[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200306b&to=200306111#T200306111]:

来ました。こんな感じ。

暗い部屋でプレゼンする時は明るすぎるかも知れません。
フォーカス調整できるので、フォーカスずらして広げるという使い方も良いかも
知れませんね。

ちなみに、緑のレーザーポインターで強烈なヤツとしては、その名も MEGALASER[http://www.megalaser.com/] というのがあります。15mW。キケン過ぎます。
パワフルなレーザーに興味がある方は、 レーザーが好き[2ch][http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1031405543/l50]レーザーが好き!2mW[2ch][http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1055248543/l50] あたりも参考になるかも。
いわずもがななんですが、書いておきます。 まぁ分かっていることなんですが、子どもも読んでいる可能性を意識しないといけませんので。 おもちゃとして見ると確かに魅力的なんですが、こういう新しいアイテムの危険性は意識しにくいような気がします。
レーザーポインターの使い方を誤ると、目に障害を与えます。おもちゃとして使ってはいけませんし、絶対に人に向けてはいけません。取り返しのつかないことになります。
参考: くらしの危険「レーザーポインター」遊んでいて目に障害![http://www.kokusen.go.jp/kiken/contents241/]
下の写真は、光線の方向から撮影していますが、十分に注意して撮影しています。 光源をのぞきこむような撮影をしないように気をつけてください。
なお、カメラに向かってレーザー光線を当てる場合、反射光にも注意する必要があります。

緑のレーザーポインター
長崎県諌早市貝津町 のあたり by map2500[http://www.nantoka.com/~kei/map2500/] [ MapFan[http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E130.0.57.83N32.50.21.32&ZM=7] | Mapion[http://www.mapion.co.jp/front/Front?el=130/00/57.830&scl=10000&pnf=1&uc=1&grp=all&nl=32/50/21.320&size=500,500] | 国土地理院[http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/nph-blsearch.cgi?b=325033.35&l=1300049.65] | 日本測地系[http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/nph-blsearch.cgi?b=325021.32&l=1300057.83] | MIS2[http://www.kokono.net/index.cgi?NL=32.50.21.32&EL=130.0.57.83&from=SYAnikkiLink] | map2500[http://www.nantoka.com/~kei/map2500/cgi-bin/query.cgi?el=130/00/57.830&nl=32/50/21.320] ]
緑のレーザーポインター
長崎県諌早市貝津町 のあたり by map2500[http://www.nantoka.com/~kei/map2500/] [ MapFan[http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E130.0.57.83N32.50.21.32&ZM=7] | Mapion[http://www.mapion.co.jp/front/Front?el=130/00/57.830&scl=10000&pnf=1&uc=1&grp=all&nl=32/50/21.320&size=500,500] | 国土地理院[http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/nph-blsearch.cgi?b=325033.35&l=1300049.65] | 日本測地系[http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/nph-blsearch.cgi?b=325021.32&l=1300057.83] | MIS2[http://www.kokono.net/index.cgi?NL=32.50.21.32&EL=130.0.57.83&from=SYAnikkiLink] | map2500[http://www.nantoka.com/~kei/map2500/cgi-bin/query.cgi?el=130/00/57.830&nl=32/50/21.320] ]

■ 関連記事

■2 オープン・ソース・デベロップメント・ラボ[http://osdl.jp/][CLIP]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンソースソフトウェアのエンタープライズ系への推進と開発をおこなっている非営利団体。日本は横浜にラボ。 大規模なハードウェア資源を用意して、スケーラビリティのテスト環境を提供している。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月24日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・HTML形式でのお知らせメール配信開始のご案内[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200306a&to=200306082#T200306082][セキュリティ] このエントリーをはてなブックマークに追加

数通のメールのやり取りを行って、返事を頂きました。 結論から言いますと、
BIGLOBEのシステムでマッチングすることにより、会員様の特定をすることは可能
であり、
メールのクリック情報を取得するために付与されたURLの文字列から、
お客様のIDやメールアドレスをBIGLOBE外から特定されることはありませんので、
ご安心下さい。また、これらの情報収集対象・管理につきましては、先日の
メールでもお知らせしました、BIGLOBEサービス会員規約にて詳細を明記させて
いただき、規定の範囲内で運用、管理を行っております。
ということです。
まぁ結論は当然ではあるのですが、ちょっと問題だと感じたのが、一旦。
> 4. このURLは各々の利用者に対して異なる文字列を付与しているのでしょうか。

はい、そうです。


> 5. 異なる文字列を付与している場合、これは個人を特定できる情報を含んでいないのでしょうか。

文字列から個人の特定はできません。
という返信に対して、、
 現在、HTMLメールとWebバグを利用した無断での個人情報収集が
問題となっていまして、私も強い関心を寄せておりますし、個人的に
運営しております日記サイトでも今回のお問い合わせの結果を
取り上げさせて頂きたいと考えております。

「BIGLOBEの今回のメールは、個人情報の収集を行っているもの
ではない。」

 と断言したいと思いますので、上記ご回答頂ければ幸いです。
という確認をした結果出てきたのが最初の回答だという点。
悪い方に取れば、情報を収集していることを隠蔽しようとしている様にも取られかねない言い回しだと思います。
リンクによってユーザ個別の情報や属性情報を収集するのは、ビジネス的にはメリットがあるのでしょうけれども、誤解を与えない統計情報の収集について、何らかの仕組みが 必要な様に感じます。

例えば:

どういう目的でどういう情報を収集しているかをきちんと説明するのは当然として、 何がたたみこまれているか分からない文字列よりも、
ユーザーIDを収集している場合
https://www.nantoka.com/xxxx/yyyy.cgi?user_id=ABC12345(ユーザーIDそのまま)
メールアドレスを収集している場合
https://www.nantoka.com/xxxx/yyyy.cgi?mail_addr=kei%40nantoka.com(メールアドレスそのまま)
年齢・性別を収集している場合
https://www.nantoka.com/xxxx/yyyy.cgi?age=3x&sex=male
みたいな格好で、何が送られるのか明示された方が安心な気がする。
但し、このメールによって、「ユーザID・年齢・性別」という情報がメールに乗って本人の所に届くので、こっちの情報漏洩のリスクとどちらを懸念するかと言う問題はある。
どういう情報が載っているか利用者側にも検証可能な共通の仕組みを作れると良いのだけれど。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月26日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 県立長崎シーボルト大学総合情報システム開発の仕様書調整・システム構築監督責任者の選定についての公募型プロポーザル[http://www.pref.nagasaki.jp/gakuji/nyusatu.html][地域情報化] このエントリーをはてなブックマークに追加

でましたという感じです。
コの業界が大手ベンダーに系列化されていて、地域の中小IT企業は苦しい立場に置かれているという状況があります。
この状況に対抗し、地域のIT産業を活性化して下請体制からの脱却を促そうと言う考えが、現在の長崎県の施策のベースにある様です ( メルマガ長崎県[http://www.mm.pref.nagasaki.jp/index.html]36[http://www.mm.pref.nagasaki.jp/back/back_no/20030507_036.html] , 37[http://www.mm.pref.nagasaki.jp/back/back_no/20030521_037.html] , 38[http://www.mm.pref.nagasaki.jp/back/back_no/20030604_038.html] )。
今回のプロポーザルも、 「オープンソース(オープンシステム)を本当に分かっていないとダメ」 「大手ベンダーの代理人としての提案じゃダメ」 「地域で作り上げるんだという思いがないとダメ」 という意図が感じられる内容になっています。
平成15年6月20日現在、長崎県内に本店又は支店を置くこと。なお、本委託業務の再委託は認めない。また、JV(共同企業体)は認めない。
オープンソースのセキュリティパッチが出たときの対応の方法や、受託開発企業間の調整方法、体制について考えを述べること。
プロポーザルにおいて会社名、メーカー名等が特定されるような固有名詞等の使用は禁止する。
オープンソースを用いた情報システム開発業務に関する実績調書
こういった事業が成功することによって、オープンソースの正しい理解が進み、またオープンソースへ環流してくるようになると素晴らしいと思います。
残念ながらウチ単独では提案に参加することが体制的に難しいかも知れませんが、理解ある企業が提案されるのを期待したいと思います。タダで使えるってだけじゃない、オープンソースの本当の理解が進みますように。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年06月27日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1珍味合体の改革 このエントリーをはてなブックマークに追加

いや。思いついたので書いてみただけです。
チーズ鱈[http://www.cheetara.com/index.html] なんかまさにそうかも知れない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、12 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2003年06月 翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project