2003年01月01日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1あけましておめでとうございます このエントリーをはてなブックマークに追加

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2003年の年賀状
ちょうど手許にあった、 CVSデスクトップリファレンス[http://www.oreilly.co.jp/BOOK/cvsdkr/] を見て思いつきました。 来年は、 sed & awk デスクトップリファレンス[http://www.oreilly.co.jp/BOOK/sedawkdkr/] か、 make 改訂版[http://www.oreilly.co.jp/BOOK/make/] あたりで。結構、干支に登場している動物がいそう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月06日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1gnupg導入[セキュリティ] このエントリーをはてなブックマークに追加

新年を機に、普段生活しているメーラでも GnuPG[http://www.gnupg.org/] を使える様にしてみる。
メーラを Becky!2[http://www.rimarts.co.jp/becky-j.htm] に乗り換えたので、 GNU Privacy Guard Plug-in for Becky! 2[http://hp.vector.co.jp/authors/VA023900/gpg-pin/] がそのまま使えます。
鍵もすごく古くなったので、新しい鍵を作って、
% gpg --gen-revoke
で古い鍵を破棄証明してimportして、古い鍵を破棄。
新しい鍵の破棄証明書も作って印刷して、封筒に入れて 「この封筒は平成15年1月6日に封印したものである。だれそれ」とか書いて捺印。 *1
*1: もちろん印鑑捺したからって盗まれにくくなるわけでも、開けにくくなるわけでもありませんが、1)開けられたことが分かる。2)心理的に圧力になる。3)万が一の時に罪を構成しやすくする。意味があります。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月07日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ブロードバンドルータの設定[お仕事]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、コンソールが無いばかりか、Lynxで設定するのも難しいような、Windows専用みたいなルータもどき(ブロードバンドルーター)があるのですが、ヨソのネットワーク用に設定しようとすると、そのIPアドレスのWindows環境を用意しなくちゃいけなくなったりして面倒です。
こういう時は、 近所のBSD箱(192.168.0.1)で、
# ifconfig fxp0 inet 172.16.0.100 netmask 0xffffff00 alias
% ssh -L 10080:172.16.0.1:80 -g localhost
とかしておいて、http://192.168.0.1:10080/ で、目的のルータの設定画面を開くようなワザが使えます。
まぁ、Windows側でルーティング設定してやっても良いような話なんですが。

■ 関連記事

■2 mpeg2ts[http://net.ipc.hiroshima-u.ac.jp/mpeg2ts/][お仕事]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

というものも既に世の中にあるらしい。
「ANY over IP」「IP over ANY」だねぇ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月08日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・gnupg導入[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200301a&to=200301061#T200301061][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

Win版でもkeyserverを見てくれるという話を読んだので設定。
keyserver pgp.nic.ad.jp
keyserver-options honor-http-proxy auto-key-retrieve
とか設定してみる。
U:\tmp\gpg>gpg -v test.asc
gpg: original file name=''
gpg: armor header: Version: GnuPG v1.2.1 (FreeBSD)
gpg: Signature made 11/15/02 22:43:16  using RSA key ID 73D288A5
gpg: Good signature from "FreeBSD Security Officer (Deprecated key) <security-officer@freebsd.org>"
gpg: WARNING: This key is not certified with a trusted signature!
gpg:          There is no indication that the signature belongs to the owner.
Primary key fingerprint: 41 08 4E BB DB 41 60 71  F9 E5 0E 98 73 AF 3F 11
とかでなかなか良い感じ。
頑張って鍵束を整備しようかな。

■ 関連記事

■2 [PHP-users 12442] PHPとColdFusionの比較優劣[http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2003-January/012448.html]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと議論に参加。
[PHP-users 12457][http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2003-January/012463.html]
ソフトウェア一般の勉強をせずにPHPで「Webもの」を作るひとが増える
を読んで、思わずヒザポン *1 。 道理でソフトウェアの世界の常識が通じないのか。
*1: 膝をポン

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月10日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 県等が考案した「システム開発地元発注」等にかかるビジネスモデル特許の出願について[http://www.pref.nagasaki.jp/cgi-local/koho_cgi/kensei_news.cgi?mode=detail_disp&yymmdd=20030109&year=2003&month=01&day=09&dno=02&pno=01&key=&pageno=]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

自治体の現状として「システムの詳細を把握できる人材が自治体側に不在のため」を課題として指摘するのは、勇気がいることであって、それを指摘しているところを評価したいです。

「大手メーカーの下請けとしての仕事はあるが実績として残らない」 についても同感です。
入札条件に「○○に関わるシステムを構築したことがある者」とあるのですが、発注者の証明が必要で、そんなものを下請けに出してくれないどころか、自力で入札に参加しようとしただけで元請に「ふーん。じゃぁウチの仕事は要らないってことなんだね。」なんて睨まれる様な状況があったるする訳で、実際には過去に国や自治体からの直接の受注実績にある企業に限られているという現状があります。

運用上の問題は、自治体側が受け入れるシステム専門家が中立な立場で仕事をしてくれるかどうかで、大手メーカーが自分トコのスタッフを送り込んで、自分トコシステムを提案。そのまま入札するけれども、事実上独占。ってことになったらどうしようも無いわけで、ここの中立性をどうやって担保するかが次なる課題になってくることでしょう。

設計と施工を同じところに任せちゃダメなのは、工事の世界では常識的なんだけれども、ソフトウェアの場合では当たり前になっていて、むしろ設計は施工のおまけで、施工を取れるんだったら設計なんかタダですよっていう状況を変えないといけないですね。

設計をやったら施工はできませんというルールにしても、上が繋がっている会社やグループ企業でやられたら一緒なので、紳士協定になってしまって難しいところです。

このあたり、建設や工事の業界にヒントが求められるかも知れません。

■ 関連記事

■2SYA!nikki[SYA!nikki]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月14日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 (Apacheを)WinXPで動かすときのライセンス問題[http://mm.apache.or.jp/pipermail/apache-users/2003-January/002302.html]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

Apache ユーザーズML[http://mm.apache.or.jp/mailman/listinfo/apache-users] から。
しばらく前から議論されていて、非常に気になっていた問題なのですが、 正式にはメール本文の手順にある様に、公式に回答を得ることが必要があるのだと思われますが、 とりあえず
Windows 2000 Professional、Windows XP Professionalを使用し、インターネット上の不特定多数に向けてサービスを提供することはライセンス違反になる」
ということの様で、少なくとも心配はしなきゃいけない様です。
メールの指摘どおり、EULAそのものに納得がいくかどうかは別として、解釈は納得がいくものであります。
EULAに記述の無いソフトウェアでサービスを提供することは違反である
という条件もあって、結局、サーバにパーソナル用の製品を使うなということかも知れません。

[Apache-Users 2304][http://mm.apache.or.jp/pipermail/apache-users/2003-January/002303.html]:

結局、
Apache(XP ProはOK??)をはじめ,DB(Oracleなど),SMTPサーバなど全てのいわゆるサーバーソフトが,インストールや自分自身へのサービスはOKだが外部からはアクセス出来ない
という判断の様で、ライセンスに慎重になるならサーバ向け製品を買うべきでしょう。
魅力的なサードパーティ製(インターネット)サーバソフトウェアが供給されている状況で、 これらを制限する方向に制限するのは、MSにとっても損な様な気もしますが、 パーソナル製品+サードパーティ向けサーバソフトウェアという組み合わせで使われてしまうと、 利益が確保できるサーバ製品が売れなくなって困るという判断もあるかも知れません。
例えば、「SAMBA for Windows」が開発されて、これがパーソナル製品上で使えるとなると、 サーバ製品の市場戦略に影響を与える筈で、それは制限したいということを考える可能性はあります。

■ 関連記事

■2 続・県等が考案した「システム開発地元発注」等にかかるビジネスモデル特許の出願について[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200301a&to=200301101#T200301101]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

情報システムに係る政府調達制度の見直し[http://www.soumu.go.jp/s-news/2002/020329_6.html] こちらも過去の問題をしっかり分析して作られている文章で、自治体でも参考になりそうです。
いずれにせよ、入札による発注には確かに問題が存在しています。
例えば、システムの開発を受注したとして、メンテナンス性の高いシステムを納入すると損なんですね。 自分ところにしかメンテナンスできなくて、しかも自分ところでもメンテナンスに金が掛かるシステムを納入しようとする傾向があります。
こうする心理は現在の枠組を考えれば当然なのですが、とても正しいこととは思えませんし、 民間の発注ベースでは起こりにくいことです。
こういった問題をなんとかする枠組は絶対に求められていると思います。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月22日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1SYA!nikki[SYA!nikki]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

■2 続・県等が考案した「システム開発地元発注」等にかかるビジネスモデル特許の出願について[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200301a&to=200301101#T200301101]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

みらんさんとこ[http://www.fastwave.gr.jp/diarysrv/miran/200301c.html#20030122-2] から。
そうですね。民間と比べた場合の問題点はいくつか考えられて、
  • 発注側担当者がシステムに詳しいとは限らない(詳しいことが期待できない)
  • 継続的な発注が難しい(様子をみて継続発注)
  • 事後評価がきちんと行われなかったり、行われても活かす方法がない
あたりが問題になっているんじゃないかと思います。
結局、究極のところを言うと、入札という仕組みを使わないといけないところに問題があるのかも知れません。
民間企業の場合、「値段が安かったからここにしました」というだけで決定することができるケースはむしろ例外的で、 トータルで考えて、どこに発注するかを決定するのが、まさに発注担当者の腕の見せ所なのですが、 国や自治体で、(最初から)随意契約をするのは相当の説得力が必要ですし、 それだけ苦労をして(リスクを背負って)発注するのは、担当者としては厳しいはずです。
PFIという仕組みも魅力的なのですが、民間活力導入の鳴り物で登場して、 あちこちで大変なことになってる第三セクターの轍を踏まないように十分に注意する必要があります。
結局、民間の知恵とノウハウが活かせる仕組みをいかに作り上げるかなのですが、 結果には厳しく、方法には口を出さないというところが肝要だと思います。
これは、サービスのエンドユーザーであるところの私達も反省するところがあって、 ともすれば、「国や行政のサービスであるから、コストパフォーマンスを度外視しろ」という要求をしがちです。
そういう要求をすると、行政側としても口を出さざるを得なくなるわけで、PFIの運営自体を難しくします。 これは結局、自分たちの費用負担になることを再認識する必要があるのでしょう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月25日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 W32.SQLExp.Worm[http://gigazine.net/News/html/lg/000854.htm][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

なんか大騒ぎになってるらしい。
韓国では、 ネットが全面まひ[http://www.sankei.co.jp/news/030125/0125kok071.htm] とか言っています。
そもそもWindowsなんかインターネットに素で繋いでるのが間違ってるんだけど、 韓国の方では、常時接続があっと言う間に普及したせいもあって、 あぶない常時接続マシンが日本以上にたくさんあるのが背景にあるのではないでしょうか。

■ 関連記事

■2 県職員(任期付)【情報通信分野】 採用選考試験[http://www.pref.nagasaki.jp/j-saiyo/index.html][地域情報化]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

「長崎県では、本年度から、リナックスなどの「オープンソースソフトウェア」を積極的に活用するとともに、 出来るだけ詳細な仕様を県自らが作成し、競争環境を整えるなど、新しい手法により、 電子県庁の構築を進めています。
電子県庁の構築を含め、本県のIT化を推進していくうえで、今後3年間、県庁ITマネージャーとして活躍して いただける方を求めます。」

ということで「行政の作るシステムはダメダメ」とか文句を言ってないで、 バリバリシステム開発を手がけるというのも楽しそうです。

残念ながら私は、年齢条件を満たさなかったですが、 待遇は課長級で、破格とも言える待遇だと思われます。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月28日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 PostFixでReceived:ヘッダを消す[http://www.tankmage.com/FreeBSD/tips/tips005.html]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

メーラをBecky2に替えたら、EHLOでプライベートのIPアドレスを名乗ってしまい、 それがReceivedヘッダに残るという問題が出てきました。
プライバシー上、ちょっと問題がある場合があるので *1 、PostFix側で対処することにしました。
*1: 居場所が分かったり。

■ 関連記事

■2 MIFES for Console[http://www.megasoft.co.jp/mifes/]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「やっぱりemacs」とか「管理者はvi使えないと」とか言いながら、 実はDOS版MIFESが大好きだったあなた!
あのDOS版MIFESが、Linuxのコンソール上で再現です。
現在、ベータテスト期間中で無料でお試しできます。

■ 関連記事

■3spamとの戦い<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

手作業での削除にめげる様になって、SpamAssassinを導入しのはつい先日です。
1日70通程度のメールを自動的にゴミ箱に送れる様になったんですが、 これでもまだ30通位、Inboxにやってきます。
レシピの書き方が甘いのかも知れませんが、仕事で来るメールを取りこぼすと痛いので、 あまり厳しくもできません。
という訳で、spam専用アドレスとして、 kei-noread@nantoka.com[mailto:kei-noread@nantoka.com] (このアドレスに送ってはいけません)とかいうアドレスを用意してみました。
このアドレスにspamが来る様になれば、もう少しフィルタできるかも。

spamさんいらっしゃいなアドレス:

  1. kei-noread宛のメールの本文のmd5ハッシュを記録します(md5header.pl -a)。
  2. 通常のメールは、procmailからSpamAssassinを通します。
  3. SpamAssassinのスコアがマイナスのメールは、即座に処理を継続します。
  4. SpamAssassinのスコアがプラスのメールは、60秒間処理を保留します。
  5. メール本文のmd5ハッシュを計算し(md5header.pl)、最近のkei-noreadで生成したハッシュ値と同じであれば、spamとみなします(md5filter.pl)。
という仕組み。
--- md5header.pl
#!/usr/bin/perl

use Digest::HMAC_MD5;

$hmac = Digest::HMAC_MD5->new();

while (<>) {
        chop;
        if (/^$/) {
                last;
        }
        if (/^X-md5-hash: /) {
                $flag = 1;
        }
        print $_, "\n";
}

if ($flag) {
        print "\n";
}
else {
        while (<>) {
                $body .= $_;
                $lines++;
                if ($lines > 200) {
                        last;
                }
        }
        $hmac->add($body);
        print "X-md5-hash: ", $hmac->hexdigest, "\n\n";
        print $body;
}
while (<>) {
        print $_;
}
exit(0);
--- md5filter.pl
#!/usr/bin/perl

$DB_FILE        =       '/home/kei/etc/black_list_md5.db';
$TIMEOUT        =       3600;

open(FILE, $DB_FILE) || die "Can't open $DB_FILE.";
while(<FILE>) {
        chop;
        ($time, $md5) = split;
        $MD5{$md5} = $time;
}
close(FILE);

$arg = shift(@ARGV);

while (<>) {
        chop;
        if (/^$/) {
                last;
        }
        if (/X-md5-hash: ([0-9A-Fa-f]+)$/) {
                $hash = $1;
        }
        print $_, "\n";
}

if ($hash) {
        if ($arg eq '-a') {
                $time = time();
                $MD5{$hash} = $time;
                open(FILE, "> $DB_FILE") || die "Can't open $DB_FILE.";
                flock(FILE, 2);
                foreach $i (keys %MD5) {
                        if ($time - $MD5{$i} < $TIMEOUT) {
                                print FILE $MD5{$i}, "\t", $i, "\n";
                        }
                }
                close(FILE);
        }
        else {
                if ($MD5{$hash}) {
                        print "X-md5-hit: Yes\n";
                }
                else {
                        print "X-md5-hit: No\n";
                }
        }
}
print "\n";
while (<>) {
        print $_;
}
--- procmail.rc (部分)
:0fw
*!^X-md5-hash:.*
| $HOME/bin/md5header.pl

:0fw
*!^X-Spam.*
| /usr/local/bin/spamc

:0fw
*!^X-Spam-Status: Yes
*!^X-md5-hit:.*
* ^X-Spam-Status:.*hits=[0-9]
| (/bin/sleep 60; $HOME/bin/md5filter.pl)
toolboxって素晴らしい!

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月29日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1「JavaScriptのメソッドでPHPを実行したい」 このエントリーをはてなブックマークに追加

たびたび出てくる質問。
各々がどこで実行されて *1 いるかを理解していれば、出てくるわけがない質問なんですが、 どちらも同じソース上に書かれているので、 その辺を理解しないままに開発していたりするのかも知れません。
この辺り、コンピュータのプログラミング一般を知らないで、 いきなり「Webプログラマー」になる人が多いために起きている現象で、 「Webプログラマー」急増の実態を見るような気がします。
*1: JavaScriptは、クライアント(ブラウザ上)、PHPはサーバ上で実行されています。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月30日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 FreeBSDのページでの Authorization Required[http://www.jp.freebsd.org/][freebsd]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、 FreeBSD検索ページ[http://www.jp.freebsd.org/search.html] あたりで検索結果を見るときに、パスワードダイアログが出てくることがあって気になっていたのですが、 検索が home.jp.freebsd.org でサービスされていて、ブラウザがfevorite.icoを要求するのだけれども、 home.jp.freebsd.orgのトップはパスワード認証が必要なので、こうなるってことみたい。

■ 関連記事

■2 Spreadsheet_WriteExcel[http://phpclasses.psbweb.com/browse.html/package/767.html]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

Spreadsheet::WriteExcel[http://search.cpan.org/dist/Spreadsheet-WriteExcel/WriteExcel.pm] のPHP版。 以前に使おうとした時は、きわどいことをやると微妙に怪しい感じがあったので、Perl版を呼び出したりしたのですが、最近はどうなのでしょうか。

■ 関連記事

■3 マイキット200[http://green.sakura.ne.jp/~cba/ex/mx200.htm]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

涙が出るくらい懐かしい! 実は小学校に上がった時に、買ってもらったのだ。 色々やったなぁ…
今の僕の要素の一つがここからはじまった感じ。
大人の科学[http://kids.gakken.co.jp/kit/otona/] から、これの下位バージョンのマイキット150の復刻版が発売されるらしい。 電子ブロックは拡張パーツセットを出すらしいし、ツボを突きまくるラインナップだ。

■ 関連記事

■4 続・「JavaScriptのメソッドでPHPを実行したい」[http://www.nantoka.com/~kei/diary/board.cgi?act=read&msgid=35]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

ありがちですね。確かに。
なんか「そんなのWebでどうやって実現するですか!」なユーザーインターフェイス *1 を営業レベルで決めてしまってて、 怪しいテクノロジをどんどん投入 *2 したけど力尽きた *3 プロジェクトを聞いたことがありますが、 インターフェイスをデザインする段階で、できることとできないことと掛かるコストを見積もるくらいのことはしないと、 何のためにWebアプリにしているか分からなくなって、お互いに高く付いちゃうケースは結構にあるようです。
最近は、WebアプリにFlashを使うというワザも注目されている様ですが、 それならもはやWebアプリにこだわる必要も無いのではないかと思ったりします。
*1: コンボボックスがあるとか、ドロップダウンから選択したら他のドロップダウンの選択肢が切り替わるとか。
*2: 隠しフレームに対してPHP読んできて、onLoadで元フレームのオブジェクト操作したりなんか。
*3: ブラウザ間での互換性がうまく取れなかったり、デバッグが非常に困難だったり。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月31日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 出版各社、すべての本にICチップ[http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20021128AT1DI09A527112002.html] このエントリーをはてなブックマークに追加

うまい仕組みを作って、ぜひ購入後も何らかのIDを取れる様にして欲しい。
スキャンしただけで人が持ってる本が分かるというセキュリティ問題にも対応しなきゃいけないだろうから、難しいとは思うのだけど、 「○○ってどの本に書いてあったっけ」な状況でパソコンで検索したら、 「その本なら左の本棚の上から3段目辺りにある、××」です。 っていう素晴らしいシステムが実現できる予感。
つまりICチップによるRFタグを、流通時の商品管理だけじゃなくて、ユーザーにも使わせてもらえると素晴らしいのにってことです。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、12 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2003年01月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project