2002年01月17日

,■ぐる
,■プロファイラ
,■サンの『Solaris』にセキュリティーホール
,■IRCのページ
,■迷惑メール受け付け窓口
Title:■ぐる
Title:■ぐる
Title:ぐる Content-Type: text/html; charset=EUC-JP Last-Modified: Sat, 30 May 2020 03:15:29 GMT サーバ管理者日誌 ぐる

2002年01月17日(木) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの01月17日 編集

■1ぐる[ぐる]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ログと日記バードから。

続・CVSレポジトリ[http://www.ish.ic.kanagawa-it.ac.jp/~katsuwo/diary/?200201b&to=200201174S1#200201174S1]:

レポジトリを移動すると、手もとの作業用コピーは新しい位置を参照するようにしないといけないのですが、 CVS utils[http://www.red-bean.com/cvsutils/] の中にある、cvschrootを使うと、
% cvschroot 新しいレポジトリ
でCVS/RootやCVS/Repositoryを編集してくれて、参照先を変更できます。
全部コミットして、チェックアウトし直しても良いのですが、 ローカルの変更が保存される点が便利です。

ちなみに:

同じく、 CVS utils[http://www.red-bean.com/cvsutils/] にはいっているcvsuも、レポジトリが遠くにあるときは便利です。 ファイルのタイムスタンプと、CVS/Entriesのタイムスタンプの比較だけで、 cvs updateの結果みたいなものを作ってくれます。

ソロバン[http://www.otsune.com/diary/?200201b&to=200201174#200201174]:

小学校では、ソロバンを教えなくなったらしい。代わりに電卓を教えているらしい。 ソロバン教えてくれないと、CPUの計算の仕組を説明しにくいので困る時代がやってくるに違いない。
ソロバンで計算できるのが目的でなくて、 機械で計算することやアルゴリズムを目に見える形で理解できることが、 ソロバンのお勉強の大事なところだったと思ったんだけどなぁ。
続報: 片手で31[http://www.otsune.com/diary/?200201b&to=2002011717#2002011717] まで数えるのは、 私の場合、0x10から0x17までが辛いので、16進数で良かったと思います。 プログラマーかと思ったらギタリストだったみたいな。
キリが良いと言えば、「1024とか4096とかキリの良い数字で」というのは普通の人に通じない会話かも知れないけど、 メダルが出たりするマシンの中にも、1/3の振り分けに微妙に確率差があるものは多いみたい。

実力のモトローラ[http://www.otsune.com/diary/?200201b&to=200201176#200201176]:

で、 ザイログ社は[http://www.zilog.com/] どうなったのかなぁ、と思ってみてみると、 eZ80 Webserver Developer's Kit[http://www.zilog.com/products/partdetails.asp?id=eZ801900210ZCO] とかいうもの出してた。 PICNIC[http://www.tristate.ne.jp/picnic.htm] のZ80版みたいな感じ。799ドル也。 残念ながらちょっとお遊びでは買えない金額。
今でもZ80は十分現役なので、 組み込み機器にWebUIを付けたいという需要はあるはず。

懐ゲー[http://www.otsune.com/diary/?200201b&to=200201178#200201178]:

確かに懐かしいゲームがいっぱい。 とはいえ、当時は「ゲームはやらないパソコン少年」という不思議なカテゴリーにいたので、 オンタイムでやったことがあるゲームはほとんど無いですね。 ゲームそのものよりも、プロテクトが有名だったゲームはなぜか聞き覚えがあったり。
続報:イースのデモをダウンロードしてみたですよ。懐かしいったらありゃしない。 やっぱり、オープニングや曲は覚えてますね。

Win2KでDOSのブートディスクを作る[http://pcweb.mycom.co.jp/column/win2k/win2k008.html]:

Otsuneさんとこ[http://www.otsune.com/diary/?20020111#200201119] より。
Windows2000で、DOS起動ディスクを作る方法。 実際に必要になるかも知れないので、要点だけメモ。
  • Win2000 CD-Romが必要
  • cd valueadd\3rdparty\ca_antiv
  • makedisk a:
  • exit
  • 要らないファイルを消す
これで、いちいちWin98マシンで作らなくて済むかも知れないが、 ライセンス的にはグレーかも知れないらしい。

フィルムスキャナ[http://ct.sakura.ne.jp/~design/diary_hns/?200201b&to=200201163S1#200201163S1]:

古い、EPSONのFS-1200というのを持っていますが、 最近のラボ機は、どうせフイルムスキャンするのだからということか、 同時プリント+スキャンCDがプラス700円なんかでできる[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200107c&to=200107242&ref=here#T200107242] ので、自分でスキャンする気が起こらないです。
「明るい暗室」をしたかったら、フィルムスキャナ欲しいとこですね。 ネガをスキャンするというのも表現のプロセスなので、 そこをこだわるためには、フィルムスキャナは欠かせないでしょうね。
ちなみに、普通のスキャナに透過原稿ユニットをつけて・・・というのは、 同時プリント+スキャンCDに勝てないので、スキャンにこだわる以上、 買ってはいけない製品な気がしますが、買ってしまいました。 やっぱりスキャンにこだわるならフィルムスキャナですね。
[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200108b&to=200108134&ref=here#T200108134] 書いたのですが、 ラボ機[http://www.fujifilm.co.jp/minilab/frontier.html] がスキャンしたデータを無加工でCDに書いてくれるサービスないかなぁと思うですよ。

15mmで[http://ct.sakura.ne.jp/~design/diary_hns/?200201b&to=200201163S1#200201163S1]:

改めてスペック見ると、最短撮影可能距離が30cmっていうのが良いよなぁ。 広角になればなるほど、もう少し寄りたいってことは多い。
ちなみに、フラッシュは 550EX[http://www.canon-sales.co.jp/camera/eos/accessary/index-j.html#Point6] だと17mmまでカバー可能。 だけれども、周辺光量低下が目立つ *1 ので、 カバーしないものと思ってバウンスするなりスローシンクロした方が良いみたい。
*1: フラッシュのせいか、レンズのせいか位置関係のせいかは分からないのだけれども。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2002年01月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project