2001年12月15日() << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの12月15日 編集

■1 続・デスクトップマシン[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200112b&to=200112142S1&ref=here#T200112142S1][freebsd] このエントリーをはてなブックマークに追加

音は出るようになったのだけれども(device pcmだけでよくなったらしい)、emiclockがずれる、というか時計がかなり早く進んでいる。 ここまでずれると、ntpでどうとかいうレベルではないので調査。
Calibrating clock(s) ... TSC clock: 300696809 Hz, i8254 clock: 1193241 Hz
CLK_USE_I8254_CALIBRATION not specified - using default frequency
Timecounter "i8254"  frequency 1193182 Hz
CLK_USE_TSC_CALIBRATION not specified - using old calibration method
Timecounter "TSC"  frequency 300684610 Hz
あたりは正常。
kei@aya[70] date ; sleep 10; date
Sat Dec 15 15:05:25 JST 2001
Sat Dec 15 15:05:45 JST 2001
となるので、時計だけが倍速で進んでいることになる。 同じマザーを使った、stableのマシンは正常なので、dmesgやソースの履歴をみたりして、
<Timecounter "ACPI"  frequency 3579545 Hz
>Timecounter "i8254"  frequency 1193182 Hz
の違いに着目、これだけキーワードが揃えば、 Query FreeBSD problem reports[http://www.FreeBSD.org/cgi/query-pr-summary.cgi?query] にあれば探し出せるでしょう。結局、 Problem Report kern/32226[http://www.FreeBSD.org/cgi/query-pr.cgi?pr=kern/32226] を発見。
aya:121# sysctl kern.timecounter.hardware=TSC
kern.timecounter.hardware: ACPI -> TSC
aya:122# exit
kei@aya[72] date ; sleep 10; date
Sat Dec 15 15:10:09 JST 2001
Sat Dec 15 15:10:19 JST 2001
となって、とりあえず使う分には困らなくなった。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2001年12月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project