2001年03月26日(月) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの03月26日 編集

■1 Amandaとオートローダー[http://www02.so-net.ne.jp/~masuda/diary/?200103c&to=200103262#200103262][freebsd]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

できます。ドキュメント *1 もあります。 やったことはありませんが、近い内に仕込む必要があるので情報収集の段階です。 うまくいったら、メモ程度は書く予定。
ちなみに、Amandaが通常想定している運用は、 全ての領域を1本のテープにとるということなので、 もし、毎日チェンジャを使ってフルダンプをとりたいという運用であれば、 それだけを目的とするスクリプト書いたほうが良いと思われます。
嬉しい状況は、
  • 毎日バックアップをとる
  • 全てのサーバの全領域のフルダンプはテープ1本に入らない
  • テープは毎日入れ替える
という状況です。
例えば、テープを15本セットにして番号を振っておきます。 とりたいサーバとディスクをコンフィグに書いておくと、 フルダンプと差分を取り混ぜながら、テープに入るように計算して、 自動的にバックアップをとってくれます。
戻すときは、指示されたテープを順番に入替えていけばOK。 テープの範囲で指定した日の状態に戻すことも可能です。
*1: TAPE.CHANGERS

■ 関連記事

■2逆リンクの自動生成[hns]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

を実現したら面白いかなと以前から思ってます。
もちろん手作業で取り込むことはできますし、 取り込みを支援する機能をlog.cgiに加えることは、それほど難しくはなさそうです。
そうではなくて、筆者が関与しないうちに日記内のリンクが拡張されていくというのも面白そうだと思いました。 link_logにターゲットとリンク元を書き込むのは比較的簡単にできますから、 日記を生成する時にlink_logをハッシュに取り込んでおいて、 リンクを生成していけば良さそうです。
問題が一つあって、これを実装するとキャッシュが使えなくなること。 逆リンクページを切り出すと、直感性が薄れて今ひとつです。
キャッシュとの両立は難しそうです。

■ 関連記事

■3 まだまだ行かない天国社[http://www.tengokusya.co.jp/]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜRefererに?新手のReferer広告か?
は良いとして,ここのCMソングはツボります。mp3でDL可能。

ひょっとして:

日記に取り上げてもらうのを狙ってますかね。 中身がないページでやられたら腹立ちますけど。CMソングがツボったので許しちゃいます。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2001年03月 翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project