2001年02月24日() << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの02月24日 編集

■1 続・尻切れイカ[http://catv-8-109.medias.ne.jp:10080/~takayuki/diary/?200102c&to=200102236#200102236]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

うーん。proxy通すように設定しておいて,
wget -d -O /dev/null http://どこそこ/
って感じでデバッグするというのはどうでしょう。
動的生成ページの場合,Content-Lengthが来ないので,この辺りに依存しているんでしょうかね。

■ 関連記事

■2 砂場でbind[http://www.pcc-software.org/security/sandbox-bind.html]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のbindには,-uとか-tというオプションがあって, chroot環境,非root権限で動かすことを最初から考えてあるんですね。
その昔,同じようなことをやろうと色々やってみたのだけど, root権限の放棄は,エフェメラルポートの絡みでソースに手を入れないとできないなぁということで断念した記憶があります。
で,上記ページを教えてもらったときに,初めて新しいオプションを知ったという訳です。 これなら,ディストリビューションのデフォルトをこっちにした方が良いんじゃないかという位,簡単。 お勧めの対策です。

■ 関連記事

■3 i-system復活[http://yar-3.net/isystem/][hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

この間[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200101c&to=200101281#T200101281] からi-system経由で日記が読めなくなっていた件なのですが, 転送方法をmailから直接書き換えにした時に,hnfの行末がCR+LFに変わったのが原因の様です。
ここまで分かれば,
--- index_cgi.txt.orig  Sat Feb 24 18:16:50 2001
+++ index_cgi.txt       Sat Feb 24 18:17:02 2001
@@ -412,7 +412,7 @@
        $t = $_[0];
        my $o = "";
        chomp($t); #これは実はいらない?
-       s/\r$//;   #CR+LF to LF
+       $t =~ s/\r$//;   #CR+LF to LF

        if ( $t =~ /^OK$/ ) { #header識別
                $ok = 1;
というパッチを当てて解決。

■ 関連記事

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2001年02月 翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project