2000年06月01日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・トンネリング[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200005.html?to=200005311#T200005311]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと実験して見たところ、できるということまでは確認できました。 確かにRTTは100msecオーダーになって劣悪です。 複数対地向けてサービスするとなると、サーバの方の計算能力を確保しないといけないですね。
プライベートアドレスで常時接続環境があって、 遠くて遅くてもグローバルIPが欲しい!という方がいたら、一緒に実験しましょう。

■ 関連記事

■2第三者中継関連でメール[おしごと]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

某大手通信事業者さんから第三者中継対策の件でメールを頂く。何回目かな。 社外のウチみたいなところに聞かなくても、 きっと社内に詳しい人たちがいる筈なのに。
組織が大きいところほど、 色々なセクションが何度も同じ質問を繰り返してくる傾向にあるのですが、 社内の情報の共有化がうまく行っていない実例なんだろうか。
そういう会社に社内情報の共有化とか任せて大丈夫かなとか思ったり。

■ 関連記事

■3 続・tvドメイン[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200004.html?to=200004174#T200004174]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

■4 続・tacnews[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200004.html?to=200004282#T200004282]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

不正アクセス報告書をまとめる。 やはり、tacnewsのポート宛てのアクセスと1243番のポート向けのアクセスが目に付く。 一体なに?

■ 関連記事

■5 ログ解析[http://saba.three-a.co.jp/~toku/diary/?2000060&to=200006017#200006017][freebsd]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

ウチでは Webalizer[http://www.mrunix.net/webalizer/] 使っています。 ログの追加書き込み *1 ができるので、
#!/bin/sh
zcat /usr/var/log/httpd-info.log.0.gz | grep "$1\:" | \
        /usr/local/bin/webalizer -p -n $2 -o /usr/local/www/data/logs/$1
cat /usr/var/log/httpd-info.log | grep "$1\:" | \
        /usr/local/bin/webalizer -p -n $2 -o /usr/local/www/data/logs/$1
とかやってます。
日本語化[http://www.on.cs.keio.ac.jp/~yasu/jp_webalize.html] もされている様です。
なお、上記のスクリプトは古いログと今のログを食わせれば、 上記のスクリプトを動かす間隔に足りることを前提にしているので注意が必要です。 さもないと、 アクセスが頭打ち[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200005.html?to=200005105#T200005105] になっておかしいなぁということになります。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月02日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1朝ぐる[ぐる] このエントリーをはてなブックマークに追加

朝ごはんは食べてない・・・朝飯前か。

SPAM[http://www5.airnet.ne.jp/~woinary/diary/?200005c&to=200005313#200005313]:

ポーク卵とかポピュラーですね。 SPAMおにぎり[http://www.nantoka.com/~kei/diary/199812.html?to=199812081#T199812081] ってのもあります。

ツウシンボシンダン[http://www.yoiko.on.arena.ne.jp/tushinbo/]:

はやり物をチェック。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★『通信簿診断!』と『係占い!』★☆
http://yoiko.on.arena.ne.jp/
 ( (( 通信簿診断結果 )) )

◇◆3組 生き物係◇◆
◇◆けい さん◇◆

--授業評価--
国語:1 音楽:4
社会:1 図工:5
算数:3 体育:5
理科:5

--学級活動--
生き物係
副班長
学級対抗リレー代表選手

--表彰--
校内絵画展入賞
校内自由研究コンクール入選
NHKのど自慢出場

---
●総合成績 52点●
●順位 3組で8位/40人中●
━━━━━━━━━━━━━━━━━
いや、体育は非常に苦手科目だったのだが・・・

日記バードのリスト[http://www2.sfc.keio.ac.jp/~rinryo/diary/0006.html#01_1]:

には、最近24時間に更新があった場合だけ表示されます。 ですから、見に行ったら載っていないというケースもあります。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月03日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1夜マック[i-mode] このエントリーをはてなブックマークに追加

駆け込みセーフ。ダブルたまごマック。今だけらしい。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月04日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1i-system[hns] このエントリーをはてなブックマークに追加

予定機能に細かいバグみっけ。
予定ファイルで、6月6日を"06/06"等と、"0"を付けて書くと表示されないというもの。 パッチをMLに送ってみる。

この機に書くと:

自画自賛の様でもあるけど、不具合を見つけたら直せる(可能性がある)というのは、 オープンソースのソフトウェアを使うことの大きなメリットだと思います。
何かシステムを構築するとして、OSや開発環境に不具合を見つけたとしましょう。 まぁ例えばNTベースでグループウェアを開発していると想像して下さい。
で自分のコードにはかなりの自信があるにも関わらず、思ったとおりの動作をしない、 テストコードを書いてみると、まず間違い無くOSのバグだということが分かったとしましょう。
こうなった場合、ベンダが直してくれるのを待ってられる悠長なプロジェクトは少ないですから、 ブラックボックスの外から回避策を開発せぜるを得なくなります。 これはものすごく大変な上に、不毛な工数です。 プロジェクトの中で、この不毛な工数が占める割合が予想外に高かったりします。
ここで「OSのバグなんてめったにないでしょ」と思われる方は、 実際に自分で道を切り開く開発をあまり経験したことがない方か、 あるいは相当に運が良い道を歩いてきた方の様に思います。うらやましいです。
書籍あるいはMSDNに載っているようなコードを組み合わせる範囲で完成するシステムであれば、 そういう問題にぶつかることは少ない *1 ですが、他所でやってない前人未踏なことをやろうとすると、 必ずと言って良いほど上記のような問題に突き当たります。
ここでは例にMS製品を挙げましたがどういうベンダーのOSであれ、 バグが皆無ではありません。もちろんFreeBSDであれLinuxであれ、 まだ見ぬ多くのバグを抱えているでしょう。 ですが、オープンソースの場合、問題の回避策を検討するにせよ、 ソースへのアクセスが可能であるという非常に大きなメリットがあります。 場合によっては、システム自体のバグフィックスも可能です。 開発元にフィードバックすれば歓迎されますし、 次のバージョンからは自分で直さなくて良いのでみんなも自分も幸せになれます。
*1: 皆無ではない。MSDNに載っているサンプルコードが実は動かないという例もある。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月06日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・tacnews[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006014#T200006014]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

分かりました。TCPポート98は、linuxconfで使われるポートの様です。

■ 関連記事

■2 ニュースバード[http://www.nantoka.com/~kei/nb/]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと設定をミスっておりまして、更新が滞っておりました。 ご愛用の方にはご迷惑お掛けしました。

今後は:

監視体制[http://ens.nanet.co.jp/mrtg/hnn/snmp-hnn-ncount.html] を強化して再発の防止に努めます。

■ 関連記事

■3ちょっとぐるぐる[ぐる]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとだけぐるぐるします。

フロー無しの引き算[http://wisteria.dyndns.org/diary/?200006a&to=200006052S1#200006052S1]:

って昔々ゲームのコードで当たり判定ルーチン書くときに、 定石のようなコードがあった気がしますが忘却のかなた。
最近は計算機の時間よりも開発の時間が惜しいことが多いので、 そういう最適化はやらなくなってしまいましたが、 局所的な最適化にはパズルを解く楽しみもありますね。
フラグを見て全ての処理は下のビットから使うと高速に判定できる、とかありましたよね。
最近はファームの開発でも、Cコンパイラをある程度可搬性のあるアセンブラとして使うことが多いです。 アセンブラで表現したいことの多くは書けるのですが、 ローテートだけは書く方法を思いつかないです。 めったに使わないんですが、まれにアセンブラならローテート一発なのに・・・と思うことはあります。

コーディングルール[http://syst1.ti.chiba-u.ac.jp/~hakondara/Journal/d200006a.html#06-3]:

コメントじゃぁ無いですが、例えばCのソースだったら'@'入れるっていうのは良く使います。 コーディングしている途中に割り込みが掛かった時用の文字です。
例えば、エディタでソースを編集中に電話が掛かって来たりします。 簡単な用件じゃなくて、調べたり他の人に連絡を取るなどの用事が連鎖的に発生したり、 電話中にキューに積まれたりします。
場合によるとコーディングに戻る時は、1時間以上経過していたりします。 つい編集中のソースをそのままにして、エディタを閉じちゃったりします。
重大な変更を入れている途中だったりすると、えらいことになります。 中途半端にコンパイルだけ通ると、危険な潜在バグのできあがりです。
そこで、'@'の出番です。要はコンパイラにはねられる文字だったらなんでも良いわけですが、 割り込み発生した場合に、'@'一つだけそこに打っておきます。 コンパイラにはねられるので便利です。
テスト用にちょっと変更する場合には、/*@@@*/というコメントを入れます。 コミットする前にgrep掛けたりすると簡単に発見できて便利です。

オープンソースの盗用[http://www.hi-ho.ne.jp/ktkawabe/PAX.html]:

ぱぱんださんとこ[http://www.tk.airnet.ne.jp/~papanda/d/?20000606#200006061] 経由。 以前から、 こういうような[http://www.nantoka.com/~kei/diary/namazu2.cgi?key=GPL&whence=0] ことを考えてきたのだけれども、 ソフト開発会社をやってて、オープンソースをキーワードとしてアピールしていながら、 ルールを理解してないところは意外に多いです。
そういうライバル(?)とも戦いつつ、 オープンソースに還元できる開発案件を受注するのは、なかなか難しいです。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月07日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 ドメインバード[http://www.domainbird.com/index.html][おしごと]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

typeaさんとこ[http://www3.takeoff.ne.jp/~tomo/?20000607&to=200006072#200006072] から。ちょうど探してたページです。 前にも書いたけど、日記ぐるしていて・・・以下略。

■ 関連記事

■2 続・オープンソースの盗用[http://wisteria.dyndns.org/diary/?200006a&to=200006071#200006071][ぐる]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

色々書きたいことはあるのだけれども、議論がよれそうなので先に主張を提示。 オープンソースとルールを守って付き合って行くのは、 ちょっと難しいけど素敵なことでみんなが幸せになれるんだ。 だから、オープンソースとルールを守って付き合っていこうよ。
まず オープンソースって素晴らしい。欲しいソフトが「タダ」で使えるし、 興味があるならソースも見れる。 この楽園を守るために、BSDコピーライトなりGPLなりのライセンスがあります。
で利用者はこれを享受すれば良いのだけれども、 ソフト開発を商売とする側は、ライセンスとその目的とするところを守る、 強い責任があると思います。
ここあたりからグチが混じります。 オープンソースの素晴らしさを認識している人としていない人がいるようです。 本格的なOSのカーネルに手が届くっていうことが、 どれだけ素晴らしいことかということを認識していないということです。 今は大きい声じゃ言えない *1 ようなことをして、OSの勉強をした経験のある人は、 これがどれだけ素晴らしいことか分かるはずです。 どれだけ素晴らしいことかが分かっているから、どれだけ大切かも分かる。
ところが、気づいた時からそばにオープンソースがあった人には、 この感覚が無いのかも知れません。 ソースがタダで手に入るのが当たり前のソフトとしか認識されていないとしたら、 非常に悲しいことです。 さらに、こういう人に限って、ソースが公開されていない市販ソフトの方が高品質だと思っている傾向が強いようです。
こういう状況にあって倫理観を失うと、ソースをライセンス無視して転用するという行為がおこります。 ソフト開発上、ソース盗用の危険は常に付きまといます。これは開発会社が管理しなければいけないリスクです。
例えば、オープンソースじゃないプロダクトがあって、 これにあるルーチンが必要になるとします。 ところが、そのルーチンの大部分はオープンソースプロダクトのソースを流用できるということを知っているとします。
こういう状況で、全く独自に(いわゆるスクラッチから)そのルーチンを書いたとして、 これは独自のものですと言えるかどうか。 私の場合、これを「全く独自です」と言いきるには、オープンソースの恩恵を受けすぎています。 法的に許されたとしても、道義的には感情のしこりが残ります。 悪い事をしたなぁって。
だからといって、オープンソースに近寄らないようにしようということを言いたいんじゃないんです。 *2 「スクラッチから書いて、同じ物を作る」というのは、 オープンソースのライセンスが目指すところとは違うはずです。 だからといって、盗用が許されることももちろんないです。
オープンソースを享受してきた開発者としての理想的な答えは一つです。 オープンソースに還元できるものを開発する事。
実際にはソフトハウスが下請で受注の場合には、 現実的な妥協点を見つけるのは、確かに難しいです。 姑息的な方法にならざるを得ない事もあります。 それでも何か少しでも貢献できるような仕事をしたいと思っています。

ちなみに:

ウチのサーバは全部PCサーバです。貧乏ですから。しかもOCNです。とか言って見る。 さらに、PC-UNIXです。FreeBSDです。とかも言って見る。 今度、某自治体のイントラネットサーバにもPC-UNIX勧めて来ましたよ。
でも大手がサポートとかやりだしても、きっと困りませんよ。どんどんやって欲しい。 大手のサポート部隊の全てが優秀だというわけでもないし、その業界が拡大すれば、 サポートのサポート *3 とか周辺には高付加価値な仕事も発生するわけです。
ベンチャーはベンチャーらしく高付加価値なところを食べてないと生き残れません。

それから:

自社開発のソフトをGPLで公開したからといって、食い扶持が減るわけじゃないですよ。 色々ビジネスモデルはありますよね。名刺代わりとか。
調べていないですけど、結構あるんじゃないですか?

補記[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006092#T200006092]:

これを書いた頃、私は「ソースが公開されている=オープンソース」という認識でいました。
*1: いや本当に言えない。私は良いとしても、どこか他のところに迷惑が掛かるかも知れない。
*2: 某大手ソフトウェア会社のプロジェクト管理の本には、 プロジェクトマネージャーのリスクマネジメントとして、 オープンソースに近寄る危険のことが書かれています。
*3: とか言ってるそばから(削除)のサポートセンターとかから電話掛かってくるし。 ホントにインシデント課金しようかな。
とか思ったけど、(恐らく)上司の方から恐縮するくらいのフォローのお電話頂いたので、 まぁ良い事にする。会社名も削除。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月08日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 joker.com 世界一安いドメイン?[https://joker.com/domain/index.html?lang=EN]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ[http://club.h14m.org/kenji/diary/?200006a&to=200006052#200006052] とか ここ[http://www.domainbird.com/] とかで読んで、気になっているのですが、レジストラの変更ってできるんでしょうか。
あるいは、レジストラが倒産とか撤退した場合の、ドメイン名の扱いって、 どうなるんでしょうねぇ。

■ 関連記事

■2テレビを配る<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

どなたかの日記で読んで、うまい例だと思った文脈に「テレビを配れって言ってるんじゃない」 っていう話がありました。
地域でのインターネットの利用を普及・発展させるには、 行政としてどう取り組んだら良いかという会合に呼ばれていたりするんですが、 未だにディジタルディバイドを作っちゃいけない(それは正しい)、 アクセス料金が高いから普及しないのではないか(確かに地域格差はあるが)、 とかいう議論から、アクセス端末を配って、 無料プロバイダをやればなんていう意見が出て来たりするのは、 やっぱりおかしい気がする。 行政の無料プロバイダのせいで、アクセスインフラが悪くなった地域もあるし、 そもそも税金を使って民間企業の経営を圧迫してどうするという気がする。
反対する分かりやすい例としていいなぁと思ったのです。 で、
「でも、携帯電話はタダ同然で配って配布して急激に普及したでしょ」
うーん。これもイヤなビジネスモデルなんだけどなぁ。 普通の人は、携帯端末がタダ同然で手に入る今が幸せなのかな。 お金きちんと払って良いから、 こんな[http://www.nokia.com/phones/9110/index.html] 端末が色々売ってるほうが幸せ。

ネタもと:

見つけました。 Kuchikiさんとこ[http://www.tls.org/~kuchiki/d/d200006a.html#04-2] でした。
% cd /.u3e/squid/cache
% grep -aR 'テレビ.*配' *
とか凶悪な事を。
日記専用検索エンジンとかないかな。

squidのcacheをnamazuで検索[http://mylab.ike.tottori-u.ac.jp/~mijosxi/1999/12_sqnmz.html]:

というページをメールで教えていただいた。TNXです。 確か、namazuのMLにも流れていた気がしたのですが、見つけられないでいました。

野望:

自分に入ってきた情報を何でも全て代わりに覚えててくれて、 検索を実現できると夢のようだけど、テキストの電子情報に限れば、 今の技術で十分実現できそうな気もする。
テキストに限った電子情報摂取量って、数メガ〜数十メガバイト/日程度の様に思うので、 10GBもあれば1年分の情報が保存できる計算になる。

日記専用検索エンジン[http://yar-3.net/d/?20000608&to=200006084S6#200006084S6]:

はいつかやりたいと 日記バード[http://www.nantoka.com/~kei/nb/] 作ったときから思っているのですが、5分ごとに最新の日記を検索! っていうのを目指すと資源の消費はすごそうですね。

■ 関連記事

■3 sky.pl series[http://rie.h.kobe-u.ac.jp/~ohkubo/script.shtml]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

いまさらなんだけれども、sky.plを導入してみようと思ったり。
本当に便利に使うためには、通常のアドレスで受けたメールを全部転送してしまうのが良いのですが、 procmailで分類しきれないメールがまだまだたくさんあるので、 先にメールのフィルタリング技術を確立しないとですね。

メールのフィルタリングは:

メーリングリストを先に振り分けておいて、ToにもCcにも自分のアドレスがなければ、 振り分けてしまうというのが良くある方法なのだけれども、 いわゆる各位宛てで送られてくるメールの中には必要なものがあるので困る。
今のところ、ToにもCcにも入っていなくて、jpドメイン発で無いものは、 「暇な時読む用フォルダ」に落とすようにしているのだけれども、 これでは不要なメールをはじききれない。
これ以上はコンテンツを分析しないと難しいでしょうね。

■ 関連記事

■4 続・squidのcacheをnamazuで検索[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006082S2#T200006082S2][freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

やってみました。
[Base]
Date: Thu Jun  8 17:38:42 2000
Added   Files: 5,319 files
Deleted Files: 0 files
Updated Files: 0 files
Total   Files: 5,319 files
Size: 82,560,754 bytes
Keywords: 381,487 words
Wakati: /usr/local/bin/kakasi -ieuc -oeuc -w
Perl Version: 5.00503
Namazu Version: 1.3.0.11
System: freebsd
Time: 4725 sec.
こんな感じにインデックスを作って、ひみつのディレクトリにindex.cgiを設置。 素晴らしい!

おかげで:

ずっと「どこかで読んだ」と思いつつ探していたページが見つかりましたよ。 タイトルが分かればすぐ分かるページなのですが、 魔法のおなべ[http://cruel.org/freeware/magicpot.html] で、ここの中にある、 間接販売価値モデル[http://cruel.org/freeware/magicpot.html#9] の分類を探していたのでした。
読んで見たのだけれども、僕の動機にピッタリの表現はなかった。

■ 関連記事

■5 続・オープンソースの盗用[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006072#T200006072][ぐる]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

私が 危機[http://www.fastwave.gr.jp/diarysrv/kohgushi/20000608.html#20000608-7] というか心配に思うのは、この問題の広まり方が報道などできちんと扱われないでゆがんでしまうと、
  • オープンソースの心の部分がおざなりに、単に権利問題として扱われたり
  • オープンソースの宣言無視しても(社会的にも)制裁を受けないという前例になったり
  • オープンソースに企業として近づくのは危険だという誤解を生じたり
する可能性があることです。
今のオープンソースの文化というのは、どうも「平和」という感覚に似ているので、 *1 ある種のあやうさがあります。
私自身はBSDスタイルのライセンスが好きで、もし私のところでオープンソースにできるものが開発できたとしたら、 こういう利用のされ方[http://www2.willy.co.jp/~s-tomo/diary/?200006a&to=200006071S1#200006071S1] をされたとしても、それはそれで良い事だと思っています。
いわゆるオープンソースを宣言するために、 色々なライセンス[http://www.gnu.org/philosophy/license-list.ja.html] があります。 各々、目的もルールも違うわけですが、これが守ってもらえるかどうかは非常にあやうい契約です。
例えば、商業組織が作っているソフトウェアのソースを契約に違反して使用したことが発覚した場合、 流用された側が黙っていない限り、それなりの問題になります。 権利を持っている商業組織側は、権利を守るために戦うでしょう。 オープンソースの場合は誰が戦うのでしょうか。
私の主観では、オープンソースをライセンスを無視して流用する方が、 シュリンクラップ契約に違反するよりも罪が重いような気がするのです。
市販ソフトのコピーを販売するのと、 オープンソースプロダクトのライセンスに違反して製品を販売するのは、 後者の方が罪が思い様に思うのです。
だけれども一般的な評価が、 「ソースをタダで配ってるものを使って製品作って何がいけないの?」 なんて事になるのは杞憂ではないのかも知れません。 オープンソースを本当に理解してもらうのには、まだまだ努力が必要な様です。
当面は、 JM5 盗用問題 Watch[http://www01.u-page.so-net.ne.jp/fb3/rey/pax/watch.html] に注目して行きたいと思います。

補記[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006092#T200006092]:

これを書いた頃、私は「ソースが公開されている=オープンソース」という認識でいました。
*1: ここで平和問題を論じたいわけではないので、 「大切で貴重なんだけれども、日ごろは感謝やそれを守って行く事の大切さを忘れてしまう何か」 に置き換えて読んでもらうとありがたいです。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月09日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ひとまわり次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

軽くひとまわりします。今日は妙にログが多いですね。

\rを削除するツール[http://club.h14m.org/kenji/diary/?200006a&to=200006091#200006091]:

qkcなんかどうですか?

フリーソフトとオープンソース[http://www.fastwave.gr.jp/diarysrv/kohgushi/20000609.html#20000609-12]:

一言にオープンソースっていっても、 色々な[http://www.gnu.org/philosophy/license-list.ja.html] ライセンスがあって、本当は個別に分けて話をしないといけないのですが、 私はここでは、とにかくソースが公開されているものをオープンソースと呼んでいます。
フリーソフトとオープンソースは違うし、オープンソースとGPLも違う。 最近、オープンソースという言葉に違和感を感じるのは、 「オープンソース=GPL」という扱い方をする人が多いからでしょう。 この同一視は、GPLに対しても他のオープンソースライセンスに対しても良くない事だと思います。
仮に、再配布やビルドを禁止した配布形態であっても、 オープンソースにしてくれる事はありがたいです。 生きたコードに触れられるというのは素晴らしい事なんです。
カードのドライバのソースが改訂版の再配布もビルドも禁止された形ではあっても公開されれば、 少なくともリファレンスとしての価値があります。 スクラッチから書き起こして*BSD用のドライバを、今度はBSDライセンスで書くこともできるでしょう。 もちろん、カードの発売元はそれを狙っている訳です。
どういうライセンスを選ぶかは、どれが優れているとかどれが劣っているとかではなく、 コミュニティに還元するとか、オープンソースをビジネス戦略にとか、 ソースを公開する目的は色々ある訳ですから、 公開する人がその目的にあわせて選択すれば良いことだと思いますし、 利用する側は、その意図を尊重する事が大切だと思います。

■ 関連記事

■2 続・フリーソフトとオープンソース[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006091S2#T200006091S2]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

重要な指摘[http://www2.willy.co.jp/~s-tomo/diary/?200006a&to=200006091#200006091] を頂いたので、別立てにします。
そうですか、 オープンソースの定義[http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/9803/osd-ja/osd-ja.html] というのがあったんですね。知らなかったです。 「単にソースコードが入手できるということだけを意味」してオープンソースという言葉を使っていました。
これに従えば、わたしがこれまで書いて来た「オープンソース」はオープンソースではないです。 皆さんが、上記定義を当然の定義として認識して議論されていたのであれば、 私が書いていたことが論理破綻しているように読めたでしょう。 重大なキーワードを正しく使っていないという、重大なミスをしていました。 これは、上記の定義に従うオープンソースに対しても、 単にソースコードを公開しているソフトウェアに対しても有害な混同です。 ここでお詫びしておきます。ごめんなさい。
もっと広義に「ソースが公開されていますよ」ということ(オープンソースも当然含む) は何と言うんでしょうね。「ソース公開」って呼んでれば良いのかな。

雑記[http://www.denpa.org/~go/denpa/200006/from01.html#09_3]:

私が言いたかった気持ちを、非常にうまく表現してあって嬉しかったです。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月10日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ぐるぐる[ぐる] このエントリーをはてなブックマークに追加

バックグラウンドで仕事をしながらぐるぐる。

牛丼攻略法[http://www.dive-in.to/~tks/diary/?20000610#10-3-1]:

牛丼食べたい!
食べ物の文章を読んで、食べたくなるのは良い文章でしょうね。 旅行の文章を読んで、旅行に行きたくなるのも良い文章でしょうね。 ハッキングの文章を書いて、ハッキングしたくなるような文章を書きたい。
私も、 なか卯[http://www.nakau.co.jp/] 好きです。こっちには多分ないけど。 アルバイトしてみて、客としても良いなと思える店は良い店だと思います。 近所の○キョウ *1 とかいうスーパーには見習って欲しいですね。 働いている人が気に入らない店をお客に気に入ってもらうのはすごく難しいはず。
*1: 伏字になっていないという意見があるかも知れませんが、 全ての○キョウがイヤなわけでもないし、 まだ知らない人に余計な予断を与える事もないので軽く伏字。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月13日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1おでかけ[i-mode] このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日から打ち合わせと会議で出たり入ったり。

VB案件:

派遣スタッフを確保する方針でGo! 戦力の追加投入は危険なので初期の布陣は重要。

PF案件:

派遣+バイトで行こうかな。 研究開発っぽいので開発自体は楽しそう。 関連機関との調整は大変だろうな。

SEC案件:

通るといいな。

BO案件:

通るといいな。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月14日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1上流ネットワークの構造[おしごと] このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと事情があって、上流の集線率を推測する。
秘密のツール *1 と 秘密の情報 *2 を使って調べたところによると、 (IP上は)福岡にあるらしいOCN受け側のルータまではラインの速度のままで直結、 この間はパケットロスも無いし、速度もバンド幅一杯に出ている事を確認。 そこからは4.8Mbps程度で上流に向かっているように見える。 これ以上先は、ネットワークに与える負荷を鑑みて調査を断念。
長崎でIP上集線しないのは、設備より回線の方が安いという判断だろう。
問題の福岡での集線率だが、様々な調査の結果からは、 7回線分収容されている様に見える。OCN網内では快適 *3 なところをみると、他のユーザーはそれほど帯域消費するユーザーではなさそう。
*1: bingとかpathcharとかtraceroute(のおともだち)とか
*2: 工事指示書をごにょごにょしたり。
*3: ringのOCNミラーからは帯域使いきる感じでダウンロードできる。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月15日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 慶応SFC:侵入検知システム研究グループ[http://www.sfc.keio.ac.jp/~keiji/ids/indexj.html][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

A Way Out[http://club.h14m.org/kenji/diary/?200006b&to=200006123#200006123] より。 ネットワーク侵入検知システム。Packet Monster。リンク集。

■ 関連記事

■2 メールのフィルタリング[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006083S1#T200006083S1][freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

細かい調整を重ねて、実用的に使えるようになってきた。
  • メーリングリストは振り分け
  • 自分の直通メールアドレスがTo,Ccにあるものは、差出人がjpドメインであれば転送
  • 代表メールアドレスに来るもので、差出人がjpドメインであり、予め登録されているドメインにマッチしなければ転送
というようなルールで動いてます。 必要なメールが転送されないという事はないけど、転送しないリストの維持は結構大変。 定期的に来るうるさいのだけははじくといった感じですね。
ちょっとパケット料金が心配。

■ 関連記事

■3SNMPのMIB[CLIP]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

■4 CVS[http://min.sugama.org/nikki/2000/d0614.html#2][freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

いいですよ。CVS。 バイナリファイルの扱いに難はありますが、WordでもExcelでもルールを決めたらやってやれないことはないです。 有効な差分を得る事ができないんで、効果半減ですが。
それでも、あるバージョンに達した時にタグを打っておいたら、 その時点でのドキュメントを取出す事ができるというのは有効なので、 「○○仕様書-20000615.doc」なんてファイルが山ほどできる事態は解消されます。
ただリポジトリを管理するのは、ある意味でプロジェクトを管理する事なので、 CVSはプロジェクト管理者のためのツールだと言う気がします。 実際、CVSを導入すると色々な面でプロジェクト管理が楽になります。 そういう意味で、まず管理職が使えるようにならないとダメです。 CVSとは...ではない[http://www-vox.dj.kit.ac.jp/~nishi/cvs/cvs-manual/cvs-jp_7.html#SEC9] プロジェクト管理をサポートしてくれるけど、プロジェクト管理をしてくれるわけではない。
ちなみに、CVSのソースツリーから定期的に最新版をビルドして、テストを行って、 履歴を記録するというのは、簡単な割に意外と助けになります。 気づかない内に、動いていた筈のルーチンを壊している事は良くありますし、 時間が経ったら、いつ壊したかを付きとめるのは結構大変です。

誤解は[http://min.sugama.org/nikki/2000/d0615.html#2]:

してないです。この機会にCVSの擁護を兼ねて思ったところを書いてみました。
自分がプロジェクト管理をする立場として、みんながCVS上で仕事をしてくれると、 嬉しい事が多いと思うのです。 だから「CVSでやろうね」って言うんですが、 管理者じゃなかったらそういう熱意はなかなか出てこないだろうなぁと思います。

■ 関連記事

■5昼ぐる[ぐる]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

電話待ち中にぐるぐる。

ファイルタイプ占い[http://macamp.site.ne.jp/shaka/file/]:

日記観察[http://www.morito.mgmt.waseda.ac.jp/~tom/hina/index2.html]:

ゲージがついたみたいです。更新回数や平均更新間隔も出るみたい。

続・日記観察[http://www.morito.mgmt.waseda.ac.jp/~tom/tawagoto/?200006a#08-4]:

に書いてありましたね。システムは日記観察の方がエレガントそうに見えます。 そういえば、ソース公開ってしてませんでしたね。 AS IS[http://www.nantoka.com/~kei/nb/nikkibird.tgz] のものが一応作ってありますが、きっと何の参考にもなりません。

内向き・外向き・DNS[http://www.lycos.co.jp/cgi-bin/pursuit?cat=jp&maxhits=10&mtemp=msie2&etemp=error_msie&results=ie4.2&matchmode=and&adv=0&part=msie&query=%93%E0%8C%FC%82%AB%81@%8AO%8C%FC%82%AB+dns&x0=0&first=11&x2=43&u2=1&u1=0&u8=2&u0=0&u9=43&x1=0]:

は、bind8系なら比較的簡単にできますね。 自分自身がどっちを参照するのか(resolv.confの設定)には注意。
グローバルセグメントの機器のアドレスを内側からのみ逆引きしたい場合は、IN-ADDR.ARPAをCNAMEして、 そのドメインに関して外部からの問い合わせを許さないようにするのが手でしょうかね。

■ 関連記事

■6 なぜFreeBSDを選んだのですか[http://www.nanet.co.jp/FreeBSD-isp-jp/archive/msg00285.html][おしごと][freebsd]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

某プロジェクトでOSにFreeBSDを選定したら、 なぜLinuxではなくてFreeBSDなのかという理由を求めれました。
「いや、私が使っているから」で担当者の方には理解してもらえたのですが、 周囲を説得できる材料は提供しなきゃいけないので作文。
結局、BSDライセンスの方が有利ではないかという意見(本当は問題にならないと思うのだけど)と、 ディストリビューションの問題 *1 と、安定性で有利な気がするという意見を出しておいた。
安定性については、客観的な差を示すのは本当は難しいのだけれども、 新聞記事[http://www.nanet.co.jp/FreeBSD-isp-jp/archive/msg00287.html] によると、「フリーBSD」とかいうOSの方が評価されているらしいので、 添付しておいた。
本当は、Linuxを選ぶかFreeBSDを選ぶかというのは、 プロジェクトにとってはどちらでも良いことなのかも知れないけれど、 個人的にはFreeBSDを応援したいし、 実績をアピールする機会があればそうするのも応援の一つの方法だと思う。 本当に技術的な理由やライセンス、市場性からLinuxを選択したいという意見が出てきたのであれば、 十分に検討すべき事だけれども、「Linuxの方が流行でしょう」という理由でLinuxを採用しようとする心理は、 本質的には「NTの方が有名でしょう」という理由でNTを採用したがるのと、 (結果はかなり違うけれども)過程は似たようなものなので、 その程度の理由であれば、私の気持ちを通しても良いだろう。

freebsd-isp-jp ML[http://www.nanet.co.jp/FreeBSD-isp-jp/]:

の方で色々とご意見頂いていますが、 結局のところ、論理的な話で決定するのでは*ない*というところが問題なんですね。 技術的には、FreeBSDの優位性を訴える事ができますし、逆にLinuxの優位性を示された場合は、 技術者の良心に基づいて判断して、納得すべきだったら納得するでしょう。
あるいは、営業的に有利だからと主張されるのであれば、 それには耳を傾けて、総合的に判断をする材料を用意しなければならないでしょう。
理由無き反対に対抗するのは、理由がある反対に対抗するより難しい事もありますね。
*1: たくさんあるのが良くないと思っているわけではないです。選べる事はすばらしい。 でも、困る面を指摘する事も可能。 良い面を評価しないのは平等じゃない気もするけれども、 この場合、僕はFreeBSDを評価する側として意見書を書いているので、 困る面のみ指摘するのは仕方がない。 本気でLinuxにしたいというのであれば、この意見はLinuxを評価する側が言うべき意見であって、 そうしてはじめて、良い面と悪い面を天秤に掛けて議論ができる。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月16日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1サーバの立ち上げ[freebsd] このエントリーをはてなブックマークに追加

グループ用のMLとWebサーバを独立させる事になったので、インストール。

namazuの導入:

nkfはportsで導入済み。
KAKASI[http://kakasi.namazu.org/] のページから、 kakasi-2.3.2.tar.gz[ftp://kakasi.namazu.org/pub/kakasi/kakasi-2.3.2.tar.gz] を入手。 展開して、sh ./configure、make、make installしてインストール。
次に、 Text-Kakasi[http://www.daionet.gr.jp/~knok/kakasi/Text-Kakasi-1.01.tar.gz] をインストール。パスはデフォルトのままで大丈夫なので、 perl Makefile.PL、make、make installして完了。
いよいよ本体のインストール。 namazu-2.0.4.tar.gz[http://www.namazu.org/stable/namazu-2.0.4.tar.gz] を入手。 展開して、sh ./configure、makeすると、File-MMagicが入ってないよと言われるので、 指示どおりに、
      % cd File-MMagic
      % perl Makefile.PL
      % make
      % su
      # make install
してから、configureからやり直す。いつもここを回り道してしまう。もの覚えが悪いらしい。 sh .configure; make; make installでできあがり。

MHonArcの導入:

ports/japaneseからmake;make install。 rcfile日本語化[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200004.html?to=200004253#T200004253] が解決できていないので、nkf -e -mで対応。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月18日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■12126年までの日記 このエントリーをはてなブックマークに追加

を、Wgetで持ってちゃった人がいるらしい。 大変だったでしょうね。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月19日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 コンピュータジョーク[http://hp.vector.co.jp/authors/VA000092/jokes/index.html][CLIP] このエントリーをはてなブックマークに追加

がんばれ!!ゲイツ君[http://www.asahi-net.or.jp/~FV6N-TNSK/gates/] から間接的に。
「知識が多いほど報酬が少なくなる証明」とか、「C++秘話」とか。ツボった。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月20日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 RDBSの内部テキスト全文検索[http://wisteria.dyndns.org/diary/?200006b&to=2000061711#2000061711][おしごと]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

には興味があります。早速メッセージ送ったり。
例えば、PostgreSQLベースでいくと、 特定データ型のフィールドをnamazuでインデックスするっていうアイデアで、 それなりに有益なものが作れそうな気がします。
夏やすみ時期位から着工予定なのですが、やりたい人いますか? もちろんバイト代は出ますが、問題は夏やすみ中に上がるかどうかですね。

■ 関連記事

■2バーチャルドメインサーバ<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

だいぶ自動化スクリプトがたまってきて楽できるようになったけど、 ドメイン申請と課金体制の手作業が意外と大変。
ネームサーバーへの登録は、全てのサーバをプライマリにして、 ゾーンファイル1本をダミーのサブドメインとしてセカンダリに送るように設定。 そうすると、セカンダリとプライマリが同じ記述で済むので便利。
#----- Virtual Domain copy
zone "vds01-zone.nanet.co.jp" {
        type slave;
        file "db/virtual-ds01.db";
        masters {
                210.164.52.2;
        };
};

zone "vds02-zone.nanet.co.jp" {
        type slave;
        file "db/virtual-ds02.db";
        masters {
                210.164.52.2;
        };
};

         --- バーチャルサーバの分だけどんどんコピー ---

(この辺、ゾーンファイルの転送のみのために使用)

#----- Virtual Domains
(ここから下は、プライマリ用と同じ記述で良い)
zone "nantoka.com"           {type master; file "db/virtual-ds01.db";};
zone "imatoru.com"           {type master; file "db/virtual-ds02.db";};

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月21日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 タイムマシン(本物)[http://auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/13508734][CLIP]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

開発に成功したらしい。

■ 関連記事

■2amandaクライアントの追加[freebsd][おしごと]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

新しく導入したサーバにamandaクライアントを導入して、バックアップ対象に追加。
お手軽に、 amanda-2.4.1.tgz[ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-stable/All/amanda-2.4.1.tgz] を使って、パッケージから導入。 グラフ作成等の機能は要らないので、pkg_add -f amanda-2.4.1.tgz として依存関係は無視してOK。
/usr/local/libexec/amanda/patch-system スクリプトを実行して、 servicesとinetd.confを書き換え、inetdをkill -HUPする。
クライアントを実行するユーザーを作らないといけないので、 vipwして、operatorにシェルとホームディレクトリを与える。 ホームディレクトリはrootの持ち物にし、 .amandahostsに、.rhostsを書くのと同じ要領で、サーバホストとoperatorを書く。
===== /usr/guest/operator/.amandahosts
XXXX.XXXX.nanet.co.jp operator
サーバ側の設定は、/usr/local/etc/amanda/dailyset/disklistに、
# XXXX.XXXX.org
XXXX.XXXX.org     wd0s1a  nocomp-root     net10   #    63503 /
XXXX.XXXX.org     wd0s1d  comp-high       net10   #   959815 /home
XXXX.XXXX.org     wd0s1f  temp-partition  net10   #   254063 /tmp
XXXX.XXXX.org     wd0s1g  comp-user       net10   #   508143 /usr
XXXX.XXXX.org     wd0s1h  comp-user       net10   #   508143 /usr/local
XXXX.XXXX.org     wd0s1e  comp-user       net10   #   508143 /var
等、バックアップしたいサーバとディスクを追加。 operatorになって、amcheck dailysetして確認。

IPFWの設定:

rc.confに書いて、firewall.confも書いた。 再起動するまで有効になっていないので、隙をみて再起動するのを忘れない事。

■ 関連記事

■3ぐる[ぐる]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ここんとこ、忙しくてぐるぐるできませんでした。

JavaのGC[http://www2.willy.co.jp/~s-tomo/diary/?200006b&to=200006191#200006191]:

どこかにGCの実装について、パフォーマンスに与える影響を比較してたページがあったんですが、 見つけ出せないですね。有名なページだったら教えてください。

■ 関連記事

■4某案件[おしごと]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

機能間の接続を図にしてみたら、機能モジュールが非対称になってて、 ネイティブと中間形式への変換を、入力と出力で、 各々違う大項目に属する機能が担当することになっていることが発覚。
  • 非対称でもこのまま進む(中間形式の入出力実装を違うグループがやったら危ない)
  • なんとか外部仕様書を変更する
  • 外部仕様書の解釈における見解の相違ということで、内部設計書で軌道修正する。
うーん。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月22日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・某案件[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006214#T200006214][おしごと] このエントリーをはてなブックマークに追加

結局、
  • 外部仕様書の解釈における見解の相違ということで、内部設計書で軌道修正する。
  • ちょっとだけ外部仕様書を変更する
の合わせワザで解消することにした。 内部設計以降はモロに工数に影響を与える *1 ので、 こういうことが無い様に綿密に打合せが必要。
*1: 人員投入した後だと、数日の手戻りであっという間に1人月位はロスしてしまう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月23日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1検索キーワードから[goo] このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、LYCOSからの検索が増えているみたい。

Apache+文字化け+認証[http://www.lycos.co.jp/cgi-bin/pursuit?cat=jp&maxhits=15&mtemp=main&results=default&query=Apache+%95%B6%8E%9A%89%BB%82%AF+%94F%8F%D8&npl2=matchmode%3Dand%26adv%3D0]:

は、Apache1.3.12辺りで問題になるみたいです。 セキュリティ上の理由[http://www.cert.org/advisories/CA-2000-02.html] で、 charsetが明示[http://www.apache.org/info/css-security/] されるようになったのに伴って、発生する問題だそうです。
詳しくは、 FreeBSD QandA 1650[http://home.jp.FreeBSD.org/cgi-bin/QandA/history.cgi?QandA=1650] をご覧下さい。

CATV+プライベートアドレス+サーバー[http://www.infoseek.co.jp/Titles?qt=CATV%A1%C3%A5%D7%A5%E9%A5%A4%A5%D9%A1%BC%A5%C8%A5%A2%A5%C9%A5%EC%A5%B9%A1%C3%A5%B5%A1%BC%A5%D0%A1%BC+%7C+&lk=noframes&oq=%A5%C0%A5%A4%A5%E4%A5%EB%A5%A2%A5%C3%A5%D7%A1%C3%A5%D7%A5%E9%A5%A4%A5%D9%A1%BC%A5%C8%A5%A2%A5%C9%A5%EC%A5%B9%A1%C3%A5%B5%A1%BC%A5%D0%A1%BC+%7C+&svx=170&col=JW&qp=0&nh=10]:

を、外から見えるように構築するには、 グローバルアドレスが振られたサーバとの間に トンネル掘る[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200005.html?to=200005311#T200005311] ことになると思います。

MRTG[http://www.infoseek.co.jp/Titles?qt=MRTG&lk=noframes&svx=132&col=JW&qp=0&nh=10&st=150]:

は、最近流行みたいですね。 hnnの更新数[http://ens.nanet.co.jp/mrtg/hnn/snmp-hnn-ncount.html] なんかが難しい事をやっている部類に入る例かも知れません。 グラフを作る側の計算機にMRTGをインストール。 監視対象の計算機にucd-snmpをインストール。
===== /usr/local/share/snmp/snmpd.conf の一部
# hnn status
exec .1.3.6.1.4.1.2021.254 hnn-stat /usr/local/share/snmp/hnn-stat.sh
とかやって、
===== /usr/local/share/snmp/hnn-stat.sh
#!/bin/sh
/bin/cat /home/kei/public_html/nb/hnnstat.txt
を実行します。hnnstat.txtは、 更新された日記の数と登録されている日記の数が定期的に書き出されるだけのファイルです。
===== /home/kei/public_html/nb/hnnstat.txt
7
768
こうやっておいて、mrtg.cfgに
===== mrtg.cfg の一部
#---------------------------------------------------------------
Target[snmp-hnn-count]: 1.3.6.1.4.1.2021.254.101.1&1.3.6.1.4.1.2021.254.101.2:XXXXX@XXX.XXX.XXX.XXX
Directory[snmp-hnn-count]: hnn
WithPeak[snmp-hnn-count]: ymw
MaxBytes[snmp-hnn-count]: 1000
Options[snmp-hnn-count]: gauge
YLegend[snmp-hnn-count]: number
Legend1[snmp-hnn-count]: new diary num
Legend2[snmp-hnn-count]: list diary num
Legend3[snmp-hnn-count]: new diary num
Legend4[snmp-hnn-count]: list diary num
LegendI[snmp-hnn-count]: new
LegendO[snmp-hnn-count]: list
ShortLegend[snmp-hnn-count]: number
Title[snmp-hnn-count]: [hnn-count] HNN diary counts
PageTop[snmp-hnn-count]: <H1>[hnn-count] HNN diary counts
 </H1>

#---------------------------------------------------------------
Target[snmp-hnn-ncount]: 1.3.6.1.4.1.2021.254.101.1&1.3.6.1.4.1.2021.254.101.1:XXXXX@XXX.XXX.XXX.XXX
Directory[snmp-hnn-ncount]: hnn
WithPeak[snmp-hnn-ncount]: ymw
MaxBytes[snmp-hnn-ncount]: 100
Options[snmp-hnn-ncount]: gauge
YLegend[snmp-hnn-ncount]: number
Legend1[snmp-hnn-ncount]: new diary num
Legend2[snmp-hnn-ncount]:
Legend3[snmp-hnn-ncount]: new diary num
Legend4[snmp-hnn-ncount]:
LegendI[snmp-hnn-ncount]: new
LegendO[snmp-hnn-ncount]:
ShortLegend[snmp-hnn-ncount]: number
Title[snmp-hnn-ncount]: [hnn-ncount] HNN diary counts (new)
PageTop[snmp-hnn-ncount]: <H1>[hnn-ncount] HNN diary counts (new)
 </H1>
と書いておくと、 グラフ[http://ens.nanet.co.jp/mrtg/hnn/] を書いてくれます。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月25日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1投票次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

午後8時までOKみたいですね。これは良い事だと思う。

■ 関連記事

■2ばんごはん[ごはん]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉とか揚げ物とか、ビールでくわぁーって気分。

■ 関連記事

■3Amanda[freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット経由のダンプが帯域を食いすぎるので、ちょっと絞る。
define interface net10 {
    comment "10 Mbps ethernet"
    use 100 kbps
}
ってとこかな。

■ 関連記事

■4 宇多田のプライベートの謎!其の壱。[http://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/from_hikki/][hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

そういう時に、 日記バード[http://www.nantoka.com/~kei/nb/] がお役に立ちます。
ということを教えてあげたいのだけれども、 余計なおせっかいかも知れず。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月28日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1サーバ管理[おしごと]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーチンのサーバ管理業務。

落雷:

昨日は落雷が激しかった様なので、ログを見てみたが瞬停の記録はなし。

Webサーバーのトラフィック:

ラインの状態をMRTGのグラフで見てみると、今朝の9時台位からトラフィックが急増中。 各サーバのプロトコル毎のトラフィックを見ると、自社のメインのWebサーバが、 数ヶ月ぶりの活況を呈しているようだ。 第三者中継のページに、アドレス直接入力で来ているお客さんが多いので、 また、雑誌かなんかに載ったのだろう。

■ 関連記事

■2朝ぐる[ぐる]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は書類作りの仕事がメインなので、バックグラウンドぐるぐるしやすいですね。

続・タイムマシン(本物)[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006211#T200006211]:

同一URIでクライアントを見て切替[http://club.h14m.org/kenji/diary/?200006c&to=200006282#200006282]:

試してみます。なんかエラーが出ているみたいですよ。
Can't locate .jcode.pl in @INC (...)
at /home/kenji/WWW/diary/i/index.cgi line 75.
だそうです。

■ 関連記事

■3 続・sky.pl[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006083#T200006083]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

おかげで、携帯一つでメールOKという非常に便利な環境になりました。
携帯に転送されてくるメールに返信を書くコマンドはあるのですが、 転送されてきたメールに単に返信をするだけでこれが実現できれば便利だと思います。 簡単に作れないかな。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月29日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1プロバイダ認定制度次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハッカー」対策を施したプロバイダーを認定する制度を導入しようとする動きがあるらしい。 「らしい」というのは、朝のニュースで聞いた覚えがあるのと、 某MLで読んだ程度で、伝聞推定要素が強いから。 一次になるべく近い情報は探索中。
ひどい *1 制度にならないようにウォッチング重要。

一次情報:

*1: なんとかいうファイヤーウォールを導入するとOKだとか、 政府認定のOSを使わないとダメとか、Linuxじゃダメとか、FreeBSDではダメとか。だけどNTはOKとか。

■ 関連記事

■2 続・sky.pl[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200006.html?to=200006283#T200006283]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月30日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1おでかけ[i-mode] このエントリーをはてなブックマークに追加

朝一便で上京ですよ。 担当のT氏が来ないです。

来たです:

座席指定を変更してもらいます。

帰り:

打ち合わせが押して、最終の飛行機に間に合わなくなりそうになってあわてる。 浜松町までタクシーにしてリカバー。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、23 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2000年06月 翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project