1999年01月05日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1休暇中の電源供給 このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
さて年末年始と忙しい仕事を片づけ、ささやかなお休みを頂いたのですが、またかというほどにこの時期にはネットワークがらみの問題が発生します。
古くは「年賀メール問題」という、電子メールで年賀メールを送りあうものだからサーバや回線がパンクするという事件がありました。
64KbpsのX25が高速な回線で、末端ではUUCPでのメール転送が当たり前だった時代には、不要不急のメールの氾濫は大問題だった訳です。
最近は、回線容量の改善、サーバの容量の拡大、それから「年賀メールは止めましょう」というPR、さらにWebページで年賀状を預かるサービスの普及なんかによって、問題が顕在化することはなくなってきているようです。
昨年に比べて今年は多いなぁというのが、「ネットワーク遮断問題」で、こちらは今年のゴールデンウィークあたりから大問題になる予感がします。
「ネットワーク遮断問題」というのは(勝手に名前を付けたのですが)、
  • 一斉休業だから
  • 管理者がお休みでメンテできないから
  • ほっておくと落ちる様なサーバーだから
  • 電気代節減という理由でブレーカーが落とされるから
といった理由で、サーバやネットワーク機器を年末年始や休業に合わせて停止してしまう組織があるという問題です。
今年は特に環境問題と合わせて、「全社一斉にブレーカー落とします」に巻込まれた組織もある様ですが、それにしてもインターネットに参加している組織としては許されない行為だと考えます。
インターネットに参加するということは、インターネットの一部になるということです。自組織だけの都合でインターネットの一部を停止してしまうことが許されるはずがありません。
具体的には、メールの配送では相手組織に多大な迷惑を掛けますし、長期にわたればドメイン情報にも問題を生じます。他の組織の管理者は問題の切り分けに何がしかの労力を割く必要が出てきます。当然、いくらかのメールはエラーとなって受取人に返されます。会社であればビジネスの連絡を取れなくなったり、信用に影響を与えたりします。
年始に電話を掛けてみたら「お掛けになった番号はお客様の都合で電話を取り外してあります」というアナウンスが流れるということになりますと、これは年始の信用騒ぎで倒産した旅行会社の様な被害を発生するわけですが、これと同じ事がメールでは起こっているわけです。
電力の供給に関しては、社内的に同意を得るのが難しい組織があるとも聞きますが、インターネットに接続している以上、対外的に果たすべき責任は最優先で果たして欲しいものです。それができないのであれば、自社にサーバを置くべきではないと考えています。
PRを兼ねて考えられる対策を・・・
まず、サーバ機器に関しては電源を切らないで済めばそれが簡単であり確実です(サーバが落ちるというのは別問題として)。
次にDNSとメールサーバーのセカンダリを頼める組織があれば、そこに依頼するのが次善の策です。例えば、支社はすべて止めるけれども、本社がその間はメールの受付を代行するという手法を取ります。一度構築しておけば事故で支社がダウンしてもメールの受け取りが停止しないというバックアップ効果もあります。
あるいは、セカンダリだけを外部の業者に(例えば弊社の様なホスティングプロバイダ)依頼することもできます。
さらに、プライマリともに外部の業者に預けてしまえば、休暇中の管理の心配もしなくて済みます。
もちろん業者の選定にはある程度気を付ける必要があります。自社より不安定なサービスだったりするとあまり役に立ちません。
ちなみに、弊社でもセカンダリ・プライマリともに、ご希望の条件でホスティングを承っております。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

1999年01月07日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1Dreamcast このエントリーをはてなブックマークに追加

Dreamcast[http://www.sega.co.jp/dreamcast/] に手を出しました。別にゲームが遊びたかったわけではなくて、純粋にネットワーク端末としての研究目的です。
まず、USER AGENTは"Mozilla/3.0 (DreamPassport/1.01)"を名乗るみたいです。試しに最近のサーバのログを調べてみましたら、チラホラはいらっしゃる様です。
専用線接続があるわけですから自前で接続したいので、PPPサーバーを作ってPAP認証をするように設定したらあっさりと接続されました。
後は適当なモデムと交換機に使うためのTAでも買ってくれば、擬似的に専用線接続体制になります。ちょっと工夫が必要なのは、電話番号に*や#が使えない点で、内線発信に困ります。モデム設定の「外線発信」には*や#が入力できるので、こちらで発信するように設定して、電話番号は適当に入れておくことにします。
画面表示は、
Dreamcast
といった感じになっていまして、フォントのサイズなどなかなか考えてあります。ブラウザの表示サイズに依存しない様にページデザインを考えてあれば、それなりに表示してくれるようです。
これは「ブラウザに依存しないページ作り」の推進力になりそうです。
ここまでの作業でWeb端末として、話の種にお客さんにご覧頂けるようになりました。
WebTVの様な独自技術によって、「実はイントラ端末としては使えない」っていうことを心配していたのですが、見たところ標準に準拠するように作られていて好感が持てます。
これならば手軽に使えるWeb端末として、エクストラやイントラの構築にも応用が考えられそうです。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、2 日分です。

指定日の日記を表示

前月 1999年01月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project