2009年11月11日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1おでん[ごはん] このエントリーをはてなブックマークに追加

このシーズン初めての おでん を作った。 名古屋在住ではあるけども味噌おでんにはなじめずに、実家の方の味付け。
本当は 鶏がらスープ を取るところから始めるのだけど、 中華スープ の素で省略。かつおダシも白ダシで省略。
水洗いして熱湯を通した程度の手羽元を真っ先に入れて、ダシをなじませる。煮込みながら牛スジや大根や卵 *1 の下ごしらえをして、長時間煮込み組が鍋に入ったところで、薄口しょうゆとみりんで味を調整して、1日目終了。火は点けていなくても、時間が味を染みこませてくれるので。
一晩明けて、じゃがいもや丸天、がんもどき、はんぺん等を投入してできあがり。
毎度のことなんだけど、どうしても作りすぎてしまうな。

[その他]Oisix 福来純 三年熟成本みりん[http://www.amazon.co.jp/%EF%BC%AF%EF%BD%89%EF%BD%93%EF%BD%89%EF%BD%98-Oisix-%E7%A6%8F%E6%9D%A5%E7%B4%94-%E4%B8%89%E5%B9%B4%E7%86%9F%E6%88%90%E6%9C%AC%E3%81%BF%E3%82%8A%E3%82%93/dp/B000W4BNYQ%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB000W4BNYQ]:

商品の説明によると、
飛騨産の優良もち米「たかやまもち」を主原料に伝統的な手法で仕込みました。素材を引き立てる上品な甘さ。■甘口の日本酒のような本みりんもち米と米麹と米焼酎だけで90日仕込み、熟成に3年かけた旨みたっぷりの琥珀色のみりん。3年はおいしさが育つ「熟成」の期間。とげとげしさがなくなり、熟成ならではの穏やかな甘さに複雑なうまみが加わります。素材をいかし、しつこくない上品な甘さは主役として使え、いつものお料理をランクアップさせます。■昔ながらの製法を守り続けています岐阜県飛騨産の優良もち米「たかやまもち」を主原料に、麹米には同じく「ひだほまれ」を使用。手造りで麹を育て、伝統的な手法で仕込みます。3年間の時間の中で熟成した他にない深みのある甘みと独特の芳香が造りだされます。化学調味料や食品添加物は一切使っていません。■おいしい使い方麺つゆ・煮物・酢の物・あんかけなどいろいろなお料理にお使いください。ご飯を炊くときに入れるとツヤが出て、甘みが増します。どら焼き・ホットケーキ・みたらしだんごなどお菓子作りにも風味が増すので、おすすめです。
ということの様です。「もち米」「米麹」「焼酎」だけ。
なおし[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E7%9B%B4%E3%81%97] とかおいしそうです。 カクテルで言えば、 コブラー[http://www.siregenuine.com/dictio/dic_ko02.htm] が趣旨的には近いので、みりんを使ったコブラーのレシピを開発してみるのも良いかも知れないですね。
*1: 卵は煮込みすぎると緑色になるのを嫌う人もいるけれども、長時間煮込んで味が染みたのが好きなのであえて前日から。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2007年11月11日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ばんごはん[mixi][ごはん] このエントリーをはてなブックマークに追加

諸般の事情があって、アボカドを食べることになった。
大した事情ではないのだけど、ここに書くと、ある方面とある方面がああなってこうなって面倒な事になる気がするので書けない。アボカド位で大げさってって思われるかも知れないけども、そこは大人の<del>情事</del>事情を察して頂きたい。

ということで、メニューは手巻き寿司と茶碗蒸し。

茶碗蒸しは具材さえ揃っていたら手軽にできる。茶碗蒸しセットにして冷凍してある具を使用。茶碗蒸しは要は出汁を楽しむものであるから、出汁だけは鰹節をたっぷり使って濃厚な出汁を取る。インスタントの出汁の素を使うくらいだったら、出来合いを買ったが良い。

アボカドは熟し具合の当たり外れが大きいのだが、今日は幸いにしてちょうど良く熟れたのがあった。最近は、持っただけでちょうど良く熟れてるのが分かる能力が身についた様だ。押してはいけない。持ったときの微妙な弾力を感じ取ることである。

アボカドの手巻き寿司は邪道だと蔑む向きもあるが、美味しいものは美味しい。青臭いと批判する者は、熟していないアボカドを食べて評価してるのではあるまいか。自分の一度だけの経験で全てを語れると考えている青臭い奴にそんなことは言われたくない。
そもそも、食べ物に邪道も正統も無い。旨いか旨くないか。嫌いならば喰わなければよろしい。人が旨いと思って喰っているものを、「私、それ嫌い」とか言うな馬鹿。

…なんか、書き出しの一行を失敗して、普段と全然違う文体になってしまった。
だ・である文体だと、「思う」とか「感じる」とか書かないから、攻撃的になってしまう。
まぁ、手巻き寿司はおいしかったです。茶碗蒸しも。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年11月11日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 「解雇厳しすぎる」抗議殺到 東武鉄道の子連れ乗務[http://www.sankei.co.jp/news/051111/sha060.htm] このエントリーをはてなブックマークに追加

東武鉄道の三十代の運転士が、三歳の長男を運転室に入れて運転し同社が懲戒解雇を決めた問題で、「処分が厳しすぎる」とする市民の抗議が同社に五百件近く殺到していることが十一日、わかった。
同情論が多いのは理解できるけれども、やはり多くの人命を扱っている職場だ。「運転室に入れて運転」という部分だけを取り出して読むと、子どもを連れて乗務したという話に見えて、これは重大な規則違反に思える。
ただ、この記事、不思議なところがあって、
運転士は妻と長男、長女の三人と一日午前、勤務終了後に一緒に出かけようと、運転士が運転する電車の先頭車両に乗車。長男がドアをたたくため、運転士はしかったが、長男は運転室に約四分間、座り込んでしまったという。
ということらしい。「先頭車両に乗車」していたのに、「運転室に約四分間、座り込んでしまった」経緯が良く分からない。
運転室のドアを叩くから、注意しようとしたら、運転室に入り込まれてしまったのだろうか。だとすると、身内ではない子どもでも起こりうる事態だ。
身内ではない子どもが運転室のドアを叩いた場合、どの様に対処するのが正しい対応とされていたのだろう。また、よその子どもが同様に運転室に入り込んでしまうという事態が起きた場合に、運転士は同様に懲戒解雇されるのだろうか。疑問が残る。
むしろ、「身内」と切り離して議論して欲しいところだ。

この記事に頂いたコメント

Re: 「解雇厳しすぎる」抗議殺到 東武鉄道の子連れ乗務 by reservoir    2005/11/15 13:51
こういうのこそマスコミに検証記事書いて欲しいんですが、感情論的な「抗議が集まって...

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年11月11日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ペン型OCR+読書[ネタ] このエントリーをはてなブックマークに追加

特に資料の読み込みなんかをする時に、マーカーを引いたり付箋を貼ったりするんだけれども、ペン型OCRを使って同じ様な事ができないだろうか。
まず、本のISBNコードをスキャンする。その本を読んでいて、参照したい部分を見つけたら、ページ数をスキャンして、その文章をスキャンする。スキャン範囲は多少ラフでも構わない。そうやって本を読み進んでいく。違う本を読む時は、ISBNコードを読み直す。
そうやって貯め込んだデータは、テキストファイルとして一本のファイルにすることができる。そのファイルを全文検索すると、どの本のどこに書いてあったかが一発で検索できる仕掛け。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

1998年11月11日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ポートスキャン次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティメモ[http://www.nanet.co.jp/~kei/security/index.html"] に、 ポートスキャン[http://www.nanet.co.jp/~kei/security/portscan.html] の記事を追加しました。最近、本当に多いです。
昨日はあたり日だったらしく、海外からポートスキャンが2件、Webの/phfあたりのスキャンが2件。それから国内からも1件やってきました。
これだけポートスキャンが行われているということは、 「セキュリティホールを抱えて公開しているマシンは必ず攻撃される」 ということです。「無知によるセキュリティ」(有名でないから攻撃対象にならないだろう)は通用しない様です。

■ 関連記事

■2昨日のおつまみ<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

市場に出掛けてお肉屋さんに寄ったら、牛タンの固まりがあったので買ってくる。1本丸ごとで約3,000円。1Kg強あって新鮮だったのでまぁお買い得。
タンテキにして食べて、残りを塩漬けしておいた。白ワインで洗って、塩こしょうをしっかり(表面一面に)振って、粒コショウと食塩を混ぜたものでくるんで冷蔵庫で1日程放置しておくと水分が抜けてくる。
表面に残っている塩と共にお湯に入れ、1時間ほど弱火で煮ると、自家製コーンタンもどきの出来上がり。本当は2週間くらい掛けて皮付きのまま調味液に漬け込むのだけど、これはこれでお手軽さが良い。少々やせるのが難点だけど。
お酒はバーボンが良く合います。牛モモ固まりの安いのを買ってきて同じように作ってもそれなりのものができます。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、11 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2020年01月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project