2010年10月20日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1読んだ本[Book] このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ読んだ本をまとめてエントリー。

[文庫]回帰線に吼ゆ (徳間文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E7%B7%9A%E3%81%AB%E5%90%BC%E3%82%86-%E5%BE%B3%E9%96%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%A5%BF%E6%9D%91-%E5%AF%BF%E8%A1%8C/dp/4198912130%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4198912130]:

[文庫]国語入試問題必勝法 (講談社文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E5%85%A5%E8%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E5%BF%85%E5%8B%9D%E6%B3%95-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E7%BE%A9%E7%AF%84/dp/4061847740%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4061847740]:

いくらなんでも「法則」は無茶だけれども、「問題文を先に読む」のは現代国語の必勝法だとは思う。「作者がどう考えたか」ではなく、「作者がどう考えたかと出題者は考えたか」の問題であることも事実なので、出題者は、必ず明確な論理で説明できる正解を用意している筈ではある。
そうやって考えると、実は、現国は論理の問題。

[文庫]会社泥棒 (光文社文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%A5%E6%A3%92-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E4%B8%80%E8%A1%8C/dp/4334735185%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4334735185]:

[文庫]セカンド・ワイフ (集英社文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%95-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%90%89%E6%9D%91-%E9%81%94%E4%B9%9F/dp/4087477517%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4087477517]:

[文庫]君のしぐさに恋をした―上級マナー講座 (PHP文庫)[http://www.amazon.co.jp/%E5%90%9B%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%90%E3%81%95%E3%81%AB%E6%81%8B%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%9F%E2%80%95%E4%B8%8A%E7%B4%9A%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC%E8%AC%9B%E5%BA%A7-PHP%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%AD%E8%B0%B7-%E5%BD%B0%E5%AE%8F/dp/4569572073%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4569572073]:

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2009年10月20日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1Tweetするリンク[blog][Twitter]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

icoroの記事をTwitterに投稿するボタンを置いてみた[http://www.icoro.com/200909204147.html] あたりを参考に設置してみた。「にょろ」あたりは問題になりそうだけど、まぁおいおい。

■ 関連記事

■2風邪?インフルエンザ?[インフルエンザ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

娘が風邪を引いて、小児科に連れて行ったり、運動会に行ったりしたので、感染しないように、うがい手洗いはずいぶん気をつけてはいたのだけど、どうも風邪を引いた様です。高熱は出ないのでインフルエンザじゃないと思うのだけど。

■ 関連記事

■3 テレビ局の動画ネット配信、収益化への高い壁[http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091020-00000000-toyo-bus_all][動画配信]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

広告出稿が激減する中、テレビ局としても、ネットで少しでも収益を増やしたいと考えているが、ネット広告の収入で無料配信するのは採算が合わない、一方、有料配信をやってはみたものの知名度の問題と有料コンテンツに対する拒否感から難しいという閉塞した状況にある。
米国との違いとして、
  1. ネット広告の市場規模が3分の1と小さいこと
  2. 日本では米国のようなスポット広告主体でなく、番組自体にスポンサーがつくこと
があるとしている。後者は、恐らくネックになっているのだろうなと想像していたのだが、やはり、スポンサーとの交渉が必要になることがネックになっている様だ。
こういった事情で、動画配信については日本ならではの事情を織り込んだビジネスモデルが必要になる様だ。
ネット関係のビジネスでは米国から持ち込まれたビジネスモデルが多いけれども、テレビ局の既存コンテンツを使った動画配信については、先に米国に答えが無いわけで、新たなビジネスモデルを考えてみるのは興味深い課題に思える。

■ 関連記事

■4 BPOが若者のテレビ視聴調査 地デジは4割未満 重要なメディア『携帯』圧倒的[http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2009101702000079.html][動画配信]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで民放がやってきたCM入り無料放送のモデルが崩壊しつつあるのが分かる記事。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年10月20日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 過去のメールを引用しウイルス添付メールを自動返信する"Commwarrior.C"[http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/10/19/008.html][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

あぁ。遂に出たか。 Stressful Angel[http://stressfulangel.cocolog-nifty.com/stressful_angel/2005/10/_1020_60d1.html] より。
スパイウェアやボットあるいはウイルスのペイロードを送り込む時に、OSやアプリの脆弱性を突く方法もあるけれども、ソーシャルな手法は、技術者から見ると予想外だけれども効果が高い。
「メールに添付されたファイルを実行するのは危険だ」っていうのは、それこそ20年前からの常識なのだけれども、今年インターネットを始めた人っていうのは永遠に存在するので、数を送ればある程度の人が実行してしまうものの様だ。
実際、本人の署名を盗用して添付ファイルを付けて、「ウイルススキャン済みだから大丈夫」と付記して、「念のために暗号化してある」とか言って、暗号化zipファイルを展開させて実行させる様なウイルスは、少なくともMTAのウイルスフィルタでは対応が困難だ。
「危険なことは簡単にはできない様にしておく」というのは、初心者を守るためには必要な仕様かも知れない。もっとも、手順書まで作って危険な事を乗り越えさせる困ったサービス提供者が後を絶たないのだけど。

■ 関連記事

■2 [和書]生協の白石さん[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062131676/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

あの「生協の白石さん」が 出版される[http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/14/news072.html] らしい。
東京農工大学消費生活協同組合 - 組合員の声[http://www.tuat-coop.jp/k_voice/k_voicetop.htm] でもその一端が読めるのだけど、明らかにふざけた質問と思われる質問に対する回答が絶妙だし、そのあたりが非常におもしろいやりとりになっている。
スーパー等でも、「お客さまの声」コーナーを設けて、お客さんから受けた提案や苦情に対する回答を掲示している店が増えてきている。
実際、「お客さまの声」を掲示している店は、大体において接客姿勢が良い傾向にあると感じる。サービスレベルが低いままで形式だけこういうことをやってみても、苦情とお詫びだけが開示されることになって、システムの改善には繋がらない。
そもそも、お客さまに対して「さらに改善できるところが無いですか?」と訊ねる時には、自分たちは内部でできるだけのことをやっている積もりだという自負が必要であろう。
そうやって、うまくクライアントをも取り込んだ改善サイクルが回っているお店であっても、時として単なるいたずらと思える様な投書がされることがある。「全てのお客さまの声に回答致します」って書いた横に、「明らかにいたずらと思われるものには回答致しません」と書かなければならなくなる。
いたずらかどうかを完全に判断するのは難しいし、なるべく全ての回答を掲載したいということで「いたずらはやめて下さい」的な回答が並ぶ様になってしまうと、掲示板が荒れていくのと同じ仕組みで、システムがうまく回らなくなる。
考えてみると「お客さまの声」コーナーの運営は、例えば店長とその店を利用するお客さんの掲示板を運営する訳だから、掲示板の管理者としての力量が問われる訳だ。
ということで、ネット上に限らず、Q&Aコーナーや、掲示板、お客さまの声の対応に悩む人は、一度参考にしてみる価値があると思う。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2004年10月20日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 東芝製HDD&DVDビデオレコーダーへ認証なしでアクセス可能[http://jvn.jp/jp/JVN%23E7DDE712.html][セキュリティ] このエントリーをはてなブックマークに追加

バージョンアップファームウェア[http://www.rd-style.com/support/info/security/security.htm] が出てます。
家電製品でもセキュリティには十分注意しないと、その内もっともっとクリティカルな個人情報を持った機器がネットに接続されてくることは想像できるのだから。
例えば、エアコンの設定が漏れたら、在室してるかどうかとか、ライフパターンが漏れてしまうし、予約している番組一覧は立派なプライバシー情報だ。
場合によっては十分な脅威になりうる。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年10月20日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 総務省、住基ネットに対する侵入テストの結果を発表[http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2003/10/20/798.html][セキュリティ] このエントリーをはてなブックマークに追加

「大丈夫な場合もある」という当たり前の結果ですな。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

1998年10月20日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1某プロバイダからのアタック(2) このエントリーをはてなブックマークに追加

侵入されていた某プロバイダの管理業者(らしい人)から電話が掛かって来る。いきなり詰問調。
「どうして分かった」「こっちはきちんとFirewallも導入しているんだから、そういう調査をするな」「こっちは商売でやってるんだから、お宅には関係ない」と来る(本当はもう少し物言いは穏やかだったけど、かなり精神的にショックを受けた)。
そりゃFirewall入れてるかも知れないけど、やられる時はやられる訳で、実際、運用が悪かったらどんなFirewall入れてもザル。何もウチが積極的にスキャンをして発見した訳でもないし、そこまで言われることはないと思ったのだけど、「今もスキャン続けている筈だから、アクセスランプの付き方だけでも見て欲しい」旨頼む。
午後になって、今度は妙に低姿勢で電話が掛かって来る。他からも問い合わせや指摘があって、他の技術者を呼んだら判明したとのこと。「そうですか」で済むなら良かったのだけど、「他言無用」と「できればJPCERT等への届出もしないで欲しい」とのお願い。
「他言無用」は約束するけれども、JPCERTやセキュリティに関する届出制度に対する認識を改めて欲しいと思った。
こうして数え切れない程の侵入が、氷山の下に隠れてしまっているんじゃなかろうか。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、13 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2020年07月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project