2012年09月08日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(9) - システムとポイントについての提案[http://www.nantoka.com/~kei/diary/title.cgi?YEAR=2012&DAY=ALL&CAT=%C9%F0%CD%BA%BB%D4][図書館][武雄市][CCC][TSUTAYA図書館] このエントリーをはてなブックマークに追加

このシリーズ[http://www.nantoka.com/~kei/diary/title.cgi?YEAR=2012&DAY=ALL&CAT=%C9%F0%CD%BA%BB%D4] 。少しずつ色々なテーマについて書いてきましたが、今回は、新しい図書館のシステムとポイントについて、こうしたら良いんじゃないかなというところを考えてみました。
既にTwitterでは、 等と書いて来たのですが、今日はこの提案についてもう少し詳しく書いてみようと思います。

図書館システムと利用者カード:

図書館システムについては、その内容がこれまでほとんど明らかにされてきておらず、会見では、

次です。20万冊の本を中々ね、探すのも大変です。それと、数多くの映画・音楽がそこに加わりますので、圧倒的な検索パワーがないと話になりません。
そういう中で、これも CCCが得意である検索ITソリューションを導入をします。具体的には、 iPadに代表されるような電子端末を、豊富に設置をします。その中で直感的に、例えば在庫検索であるとか、在庫予約であるとか、はたまたダイニング、カフェで注文も、例えば携帯でできる、電子端末でできる、iPad等のいろんな機材でできるということにしていきたいと思っています。

といった感じで、

  • CCCが得意である検索ITソリューションの導入
  • iPadに代表されるような電子端末の設置

に言及されたに過ぎません。蔵書検索は利用者から見えやすい図書館システムの機能ですが、当然図書館業務においては、資料の受入から、貸出・返却、除籍と言った、業務全般を支える裏方の機能が必要で、この部分は、 CCCが得意である検索ITソリューションの導入 によって解決できるものではありません。
また、図書館システムは、検索システム(OPAC=Online Public Access Catalog)と密接に結びついており、資料の受入の段階で、その資料の目録がOPACに登録されて、検索が可能になり、また貸出も可能になるという流れになっています。
さらに、この「目録」は、これまで図書館が受け入れてきた資料すべてについて整備され続けてきたもので、蔵書と同じように図書館の大切な財産です。

新図書館では自動貸出機を導入するということですから、資料のICタグ化を行うのでしょうし、これに合わせてシステムの更改も想定されますが、 システムを更改する際に、新しいシステムに要求されることがいくつかあると思います。
まず、これまで作成してきた目録(MARC=MAchine Readable Cataloging)を移行できること。流通している図書だけを扱えば良いシステムとは違い、絶版となった本、ISBNが付いていない本、郷土資料の様にそもそも流通に乗らなかった本も扱えなければなりませんし、目録に記載される項目も販売用のシステムとは異なってきます。
次に、指定管理者が代わってもシステムとそのデータは使い続けられるものでなければなりませんし、逆にシステムが代わってもデータの移行が保証できるものでなければなりません。
以前に、 酒々井町立図書館システム導入仕様書[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100910S1] の件で触れましたが、 システムを移行する際のデータ移行の問題は、時としてベンダロックアップの原因 となります。
システム導入時にこの様な対策を行っていないと、 データを人質に取られるような状況が発生する ことは、 笹栗図書館[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20101207S1] のケースで示した通りです。

一方、利用者カードの問題もあります。
新図書館では、Tカードを図書館カードとして利用できるようにするとのことですが、利用者カードは、図書館システムを支えるインフラの一つですから、指定管理者に合わせて利用者カードを決定してしまうと、指定管理者が変更になる際に、全てのカードを再発行して、システムに登録し直さなければならないということになります。
システムやデータは市民の財産ですから そのインフラとなる利用者カードを指定管理者にロックアップされる様な構造にすべきではありません。

この様な観点で見て行きますと、少なくとも、図書館システムの中核部分は、一般的な図書館システムを利用するのが良いように思いますし、実際問題として、来年4月のオープンまでに、CCCがTSUTAYA運営で使用している販売システムを、図書館システムとして作り変えて稼働させることは、相当に困難であると考えます。
一般的な図書館システムを中核として、必要な部分をカスタマイズで開発する というのが現実的な路線だと思いますし、MARCの移行、利用者データの移行、将来のシステム再リプレース時の同様のデータ移行。さらには、CCC以外への指定管理や再直営の可能性等を考えれば、一般的な図書館システムを利用すべきだと考えます。

ポイントシステム:

8つめです。 びっくり仰天。ね?Tカードを。凄いでしょ?今までね、図書館のカード、ね?辛気くさい図書館のカードでした、ウチは。
これが、Tカードに切り替わります。しかもねポイントが貯まるんですよ、ポイントが。これは凄い。
ポイントが貯まる。これについては、今度は 図書館のカードを全部Tポイントカードに置き換えていきます
置き換えた上で、何ができるかって言うと、 本を借りることに関してポイントをつけたいと思っています。
そうすることによって、今まで図書館に縁遠かった層、あるいは図書館といえばなかなかちょっと敷居が高いよねといった層に関して、 ポイントが貯まることによって、その来場をうながす

別の意味で「びっくり」しましたが、
ポイントが貯まることによって、その来場をうながす ことを目的に、 本を借りることに関してポイントをつけたい 。そのために、 図書館のカードを全部Tポイントカードに置き換えていきます 。 という趣旨の様です。
なおこのポイント付与について、CCCとしては、報道ステーションのインタビューに応じて、

ポイント、これもあの、 市からどうしてもポイントを付けたいっていう風に依頼されていまして、まあそういった意味でいくとTポイントも凄く強みだと。

と、 市からの強い依頼によるポイント付与 である旨、語っています。

では、果たして「本を借りて1ポイント(1円)」が、来館を促すことにつながるのでしょうか。 そして、それは図書館の目的であるところの社会教育に貢献するのでしょうか。
1円もらったからといって本を読むものでしょうか。特に、来館時間を延長しないと来れない様な忙しい人達がです。
結局、物珍しさだけに終わってしまうのではないかと思いますし、「1円やれば本を読むだろう」と思われるとすると、私としてはバカにされた様な感触を受けますし、ついでに参考になるかも知れない本を借りて行くということが、その1円のために浅ましい行為の様に思われることがあるとすると、かえって迷惑に思います。

また、図書館は公共の施設です。 公共の施設が、私企業が展開するカードを持った利用者だけに、ポイントという利益を提供することが許されるでしょうか 。法的な問題は措いても、公平性の観点から疑問を感じます。
Tカードを持てない子どもはどうなるのでしょうか。自分の意志でTカードを持たない利用者はどうなるのでしょうか。「私企業のカードを持つ人だけを行政が優遇する」やはりこれはおかしいと感じざるを得ません。

一方で、ポイントを付与している公立図書館はいくつもあります。例えば、 日進市立図書館[http://lib.city.nisshin.lg.jp/riyou/index.html] 。 ポイントを貯めると、「手作りしおり」「ブックカバー」「リサイクル本予約」「図書館ツアー」等のサービスが受けられます。 お金を掛けずに、本を読もうという目標づくりはできているではありませんか。1円を1円以上に使っている例です。

ここで提案ですが、 ポイントの付与を図書の貸出時では無く返却時にして、スタンプカード方式にしてはどうでしょうか。 延滞があったらスタンプは捺してもらえません。延滞が減れば督促が減ります。督促が減れば督促に掛かるコストが節約でき、待っている人も予定通りに本が借りられます。
予約が大量に掛かっている本を1週間で返せばポイント2倍という運用も考えられます。
この様に、「本を借りた人が1円もらえる」ということでなく、「他の利用者のために配慮をした人にお礼の気持ちでスタンプが貯まる」という考え方であれば、特定利用者に対する利益の提供も、肯定できるのではないかと考えます。

また、スタンプカードにすることによって、Tカードを使用しなくてもスタンプを貯めることができる様になりますし、子どもにもどれだけ貯まったかが分かりやすくなります。スタンプカードであれば、例えば、館内のスターバックスでドリンクと交換。記念品を売るというショップで記念品と交換ということもできるでしょうし、もちろん、 Tポイントに交換したい人は、100ポイント等貯めた時点でポイント交換すれば、Tポイントにすることもできる 訳です。この方法であれば、図書館システム自体をCCCのシステムと結合する必要は無くなりますし、館内に出店しているショップの端末で交換すれば、十分対応できると考えます。

読書通帳[http://current.ndl.go.jp/node/21780]:

読書通帳表紙読書通帳中身

こういうことを考えていましたところ、 静岡県島田市立島田図書館が「読書通帳」導入[http://current.ndl.go.jp/node/21780] というニュースを知りました。
ちなみに、この「読書通帳」。貸出中に印字機に通帳を入れると、貸し出している本のタイトルが印刷される というもので、返却後はデータは残りませんし、返却までに印字しなければ通帳にも残りません。
知り合いの図書館員の方も、うちの図書館に導入したいと言っていたものですが、 読書通帳とスタンプサービスの組み合わせ は、通帳に読書履歴が目に見えて貯まって行くのと一緒に、景品交換までの道のりも見える訳で、 特に子どもの読書意欲を引き出すのには、大きな効果があるような気がします。

以上、3つの提案をさせて頂いた訳ですが、果たして実際の計画はどうなっているのでしょうか。 私たち、ネットでこの問題を追いかけている者のみならず、関心を持つ市民の皆さんにも全く具体的な情報は届いていない様です。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年09月08日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 シリーズ・クロールとDoSの違いと業務妨害罪と(17) - 岡崎市立中央図書館に関する、毎日jpの記事[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100907S1][LibraHack][電子自治体] このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎市立中央図書館のシステムに関連して、毎日jpが二つの記事を出している。
岡崎市立中央図書館:HP閲覧困難、システム更新へ /愛知

岡崎市立中央図書館のホームページ(HP)が大量アクセスを受け閲覧困難になった問題で、図書館は1日、 サーバー入れ替えなどのシステム更新を11年1月初旬に実施する方針を明らかにした
岡崎市立中央図書館:HP閲覧困難 経費節減で15年までシステム継続使用 /愛知

岡崎市立中央図書館のホームページ(HP)が大量アクセスを受け閲覧困難になった問題で、図書館は6日、 現行の三菱電機インフォメーションシステムズ(東京)の図書館システムの使用を2015年12月まで継続する方針を明らかにした
閲覧が困難になったのはシステムの古さが一因で、問題発生を受けて7月に改善した。図書館は05年度から同社のシステムを使用し、10年12月末で契約満了になる。システムの継続使用について、図書館交流プラザの米津眞総合館長は「 大量アクセスの問題以外には支障が出ておらず、他社のシステムに変更するとかなり経費がかかる」と説明した。 関連のサーバーや端末のリース契約の指名競争入札を15日に実施する
後の方の記事が特にさっぱり分からない。
岡崎市図書館システム関連費用2日の記事では、「サーバー入れ替えなどのシステム更新を11年1月初旬に実施する」と言っていたのを、経費節減でやめるのだったらそう書いて欲しい。
7日の記事はさらに分からなくて、「システムの古さが一因で、問題発生を受けて7月に改善した」とあるが、古さが一因だったら、一体どうやって改善したのだろうか。「10年12月末で契約満了」とある訳だから、システムを入れ替えた訳ではあるまい。
ということは、現状のシステムで「大量アクセスの問題以外には支障が出て」いないのであれば、経費を掛けて、サーバや端末を入れ替える必要があるのだろうか。
今回、使用されることになるのは、図書館建設当時とは異なり *1 、岡崎市民の税金であるから、他地域の住民がとやかく言う事では無いかも知れないが、上記の報道では、貴重な税金を支出することに納得がいかない住民も多いのではなかろうか。
ということで、もう少し分かりやすくするために、図書館システムに投じられてきた費用を図にまとめてみた。
岡崎市の図書館システム関連の契約書から拾った費用をまとめたものだ。「10年12月末で契約満了」になるのは、「市立図書館 業務システム更新用端末機 賃借契約」と「額田図書館 業務システム用端末機 賃借契約」を半年間延長した契約だろう。
この契約で導入している機材は、5年前の機材であろうから、確かにそろそろリプレースの時期ではあろう。
導入時期がずれている追加端末類があるから、これはリプレースせずに使い続けようとすれば、ソフトウェアのライセンスの問題から、現状のシステム(ソフトウェア)を使い続けるのが、安く付くと判断したのかも知れない。
それにしても元記事、「システム」がソフトウェアを指すのか、ハードウェアを指すのか、その両方を指すのか随分混乱している。同じ記者が書いているのだから、両方読んで話が分かるようにもう少しうまく書けなかったものだろうか。
*1: 康生周辺地区整備事業の一環として図書館が建設された際には、まちづくり交付金を通じて 国税が投入[http://www.city.okazaki.aichi.jp/menu1207.html] された。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2009年09月08日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 大江破砕工場[http://www.city.nagoya.jp/shisei/organization/kankyo/soshiki/shisetsu/nagoya00046989.html] このエントリーをはてなブックマークに追加

色々と処分したいものを整理したら、 粗大ゴミ の収集日まで置いておくのが邪魔になったので、処分場まで持ち込むことにしました。
名古屋市の場合、まず各区の 環境事業所[http://www.city.nagoya.jp/kurashi/gomishigen/kateishigen/kankyoinfo/nagoya00018354.html] に電話を入れ、処分場の営業日や営業時間帯の案内を受けます。 月、火、木、金が受入日で、8:00〜12:00、12:45〜14:30に持ち込むように案内を受けましたが、変更になるかも知れませんので、 必ず事前に環境事業所まで電話で確認 しましょう。
また、平日でも休みの日がありますから、荷物を積み込んでしまってから当日が休みだったということの無いように、前日以前に電話をするのがお勧めです。
さて、電話をすると案内されますが、 直接、処分場に持ち込んでもダメ です。 まず、環境事務所で、ゴミの内容のチェックを受け、搬入許可証と搬入のための磁気カードを作ってもらいます。このカードと許可証が無いと、処分場に行っても受け入れてもらえないシステムになっている訳です。
許可証をもらうために、住所、氏名、電話番号、搬入に使う車のナンバーなど、簡単な申請書を書いて、実際に車に積み込んでいるゴミの確認を受けます。
したがって、自宅→環境事務所→処分場と、ゴミを積んだまま走ることになります。許可証をもらっておいて、ゴミを積みに行くわけにはいきません。
で、247号線を南下して、 大江破砕工場[http://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E7%A0%B4%E7%A0%95%E5%B7%A5%E5%A0%B4&lr=lang_ja&oe=utf-8&client=firefox-a&ie=UTF8&hl=ja&ll=35.087397,136.901922&spn=0.09046,0.17458&z=13] まで。入り口で車ごと重さをはかり、スロープでゴミの投入場へ。帰りにもう一度車ごと重さをはかって、投入したゴミの重さに応じて処分料金を支払います。
処分料金は、1キログラムあたり20円。粗大ゴミの日を待たずにすっきり片付きました。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年09月08日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 PXE boot[http://blog.tyuu.com/?eid=29321][freebsd] このエントリーをはてなブックマークに追加

FreeBSD5.4をPXE bootする手順。
その内要りそうなのでメモ。
FreeBSD の pxeboot を用いた Diskless 環境の構築[http://www.starbed.org/netboot/pxeboot_freebsd-j.html] も参考になりそう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2002年09月08日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1SYA!nikki[SYA!nikki] このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年09月08日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 携帯端末の乗り換え[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200005.html?to=200005107#T200005107] このエントリーをはてなブックマークに追加

いい加減に機種変更しないといけないらしいので、 C309H[http://www.ido.co.jp/cdmaone/keitai/c309/c309.html] へ乗り換え。
さすがに和音はすごいね。メール関係の設定が難しくて分からないのは、 当業者としては恥ずいかも知れない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

1999年09月08日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1FreeBSDに思うこと次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引きました。某所で熱気にあたったせいかな。
実は地元であることがあって、ある方がやってきたんですが、やっぱりすごかったという訳の分からない話。
いやぁ常々、「Linuxは良いよなぁ」とか、「未だに『フリーBSD』と書く奴がいる」とか、「やっぱり メディア戦略[http://TokoChan.hauN.org/"] も重要かな(ちょっと事実誤認)」とか、「この記事(日経)、ネタ提供元はまともな人な筈なのに、記者が勝手に『ハッカー』にしたな」とか、「やっぱり あやしいドメイン名[http://www.ayac.org/"] が必要だ!(事実誤認?)」とか、「 それはそれで困るな[http://www.zdnet.co.jp/news/9909/07/nichols.html] 」とか、考えてはいるんですが、実際に活動するのはそれなりにパワーと現実的な工数が掛かることなのです(意味不明)。
そういったことまで考えると、コードを書くのは確かに重要だし、「書け、さもなくば滅びよ」だし、私達にはまだまだ書くべきコードが沢山あるんだけれども、活動の場を広げて行くための活動も生産的だし必要だと思う。
FreeBSDの方がメディアに登場する機会が少ないのも、別に最初からLinuxがこれだけ注目を受けているわけではなくてこれまでの成果なので、うらやましがっては絶対にいけない。うらやましがりからは自らの向上は望めない。
まず、FreeBSDの適用分野を広げるべきか否か。広げると少なくとも、「このプロジェクト、FreeBSDでやりたいんですけど」という要求が通りやすくなります。利用人口に比例はしないでしょうが、コードを書く人も増えてきます。テスタも増えるはずです。
増やすためには工数が掛かります。実際に支出も必要です。ノイズレベルが上がるという見解もあります。難しいです。
具体的には、 FreeBSD watcher in Japan[http://home.jp.FreeBSD.org/~aki/watcher/index.html] の逆をやりたいんですが。
FreeBSDだけに毎日を使いたい!
FreeBSD-Trade[http://www.nanet.co.jp/FreeBSD-Trade"] はじめました。活用されずに眠っているパソコンをFreeBSDの開発や応用に役立てて欲しいなぁというプロジェクトです。

■ 関連記事

■2臨時ニュース(1999/09/08 23:40)<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

goo[http://www.goo.ne.jp] が、またトラブッているらしい。
現在一部不具合が生じており検索結果が表示できません. とのことらしい。
何かどうしてもgooが必要な時に限って、調子が悪いんですよねぇ。嫌われてるんかしらん。だから、'Server: Microsoft-IIS/4.0'なんやめればいいのに。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、13 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project