2010年08月28日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 シリーズ・クロールとDoSの違いと業務妨害罪と(13) - 中野区立図書館の不思議[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100823S1][LibraHack][電子自治体][プライバシー] このエントリーをはてなブックマークに追加

そこで、私も図書館の担当者に聞いてみました。
「中央図書館りぶらに導入した蔵書検索システムは、全国のいくつかの図書館でも使用しているもので、この5年間、特にこのようなトラブルは起こっていない。しかし、コンピュータの技術革新はたいへん早く、 今回のようなWebサイトの利用形態などは5年前には想定できなかった。」
とのことでした。
に対して、 オートメータ君は5年前からあった[http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20100824.html] とか、そもそもGoogleが既にあったとか、十分に反論が挙がっているのだけれども、私も本棚を探してみたら、

[単行本]Webクライアントプログラミング[http://www.amazon.co.jp/Web%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/4900900621%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4900900621]:

という懐かしい本が出てきた。
奥付を見てみたら、初版第一刷発行は、1997年9月29日とあった。 5年前どころか20世紀の話だ
奥付
もっとも、この議論、「誰が想定できなかった」のか主語抜きな発言に基づいていて、 「彼らが想定できなかった」のは事実なのであろう。
閑話休題。
100万レコードからのLIKE検索[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100827S1] で触れた中野区立図書館だが、Webページを見ると。何だか不思議がいっぱいだ。今日は、皆さまに中野区立図書館の不思議をご紹介したい。

いつまでも「卒業」できない中野区立図書館の不思議:

昨日の日記[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100827S1] でも触れたが、たまたま目についた「卒業」という本を検索してみているのだが、これがいつまで待っても検索できない。 うまいこと[http://twitter.com/dechnostick/status/22315937810] を言った人がいたので、サブタイトルに頂いた。
ちなみに「入学」は、時間が掛かるがなんとかできて、「留年」は簡単にできるようで、なかなか厳しい進級システムになっている、 中野区立図書館の第一の不思議だ 中野区の図書館利用者は、一体、どうやってこの本を検索しているのかと考え込んでいたのだが、 AmazonでISBNコードを調べておいて、ISBN検索する とか、 「ソツギョウ」で検索するとなぜか検索できる といった、超絶なバッドノウハウが流布している模様だ。
読みたい本を探すのに、こんなに超絶なノウハウが必要な中野区のシステム。区民の方は困っていないのだろうか。

「しかしながら、これを修正するには、大規模なシステム改修が必要」:

そういった意見が挙がっていないかと思って、「図書館に寄せられたご意見・ご要望の紹介」を読んでみた。この様に、意見や要望と回答を公開する姿勢は評価に値する。今回の件で、厳しい意見も恐らく多く寄せられると思うが、それに真摯に答えてこそ本物だと思う。ぜひ継続して頂きたい。
さて、Webあるいは検索システムに対する不満や意見だが、これはいくつも寄せられていた。
しかし、気になるのは「HPについて区民から苦情を言われたことはない」との発言。神田記者の記事によると中野区でも閲覧障害が起こっているはず。
という説明をされている様だが、 ここにあるのは「意見」と「要望」であるから「苦情では無い」ということだろうか。中野区立図書館の第二の不思議だ。
システムに関して、いくつかの「意見」と「要望」があるが、平成20年9月のご意見・ご要望として、興味深いものがあった。
現在ネットで新着図書を確認しようとすると新着図書の件数が多すぎてチェックするのに手間がかかり過ぎます。
新着図書のページの左下にある更新日を信用してチェックすると毎日新着図書が更新されている事になりますので新着図書を早く読みたいと思った場合毎日チェックする必要があるのですが、現在の仕様ですと重複してチェックをしなくてはならず、件数が多い分類ですとそれに時間を取られすぎてしまいます。
中野区立図書館に寄せられたご意見・ご要望 2008年9月分, 中野区立図書館, 2008年9月
どこかで聞いたような話ではなかろうか。
これに対する図書館側の回答は以下の通り。
新着図書の表示件数が現在は20件しかされず、本が探しにくいという点につきましては、ご指摘のとおりです。 しかしながら、新着図書の場合、蔵書検索とは違う仕組みで結果を表示している関係で蔵書検索のような表示検索の選択ができない仕様になっております。 これを修正するには、大規模なシステム改修が必要となり、すぐに対応することはできません。次期システムでの課題とさせていただきます。
中野区立図書館に寄せられたご意見・ご要望 2008年9月分, 中野区立図書館, 2008年9月
この、「しかしながら、これを修正するには、大規模なシステム改修が必要となり、すぐに対応することはできません。」→「次期システムでの課題」という回答は他の要望に対する回答でも、随所に見られて、中には、もっともだというものもあるのだが、テンプレの様に使われている感がある。
「これはバグでしょう?直せないんですか?」「バグでは無い。これを修正するには、大規模なシステム改修が必要だ。」等というやり取りが行われているのではなかろうかと心配で仕様が無い。
いずれにせよ、この利用者が、区の税金を必要とする「大規模なシステム改修」に頼らず、自らの工夫で対応しようとしていれば、今回の事件と同じ様な事件が起きていた可能性は大いにある。

サードパーティウェブビーコン:

中野区立図書館のページにGoogle社の ウェブビーコン[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%B3] が埋め込まれていることを、 dechnostick氏のTweet[http://twitter.com/dechnostick/status/22240245028] で知った。
HTMLソースを確認してみたところ、確かに以下の様にウェブビーコンが埋め込まれている。
http://www3.city.tokyo-nakano.lg.jp/tosho/


埋め込まれているウェブビーコンは、小さい画像ファイル等をページに埋め込んで、閲覧者を追跡する仕組みで、Google社はこのウェブビーコンによって、閲覧者を追跡し、アクセス統計を作成するサービスを提供している。
中野区立図書館もこの仕組みを使って、ページ閲覧者のアクセス統計を分析しているのであろうが、 個人情報保護の観点から見て問題を感じなかったのであろうか。第三の不思議だ。
もちろん、「Google社は信用できるから、個人情報を提供しても不安はない」という人もあるだろうが、そうでない人もいる。
この日記でも Google Analyticsを使用[http://www.nantoka.com/~kei/policy.html] しているので、「そうでない人」は、閲覧を避けているかも知れない。
しかしながら、中野区立図書館は公共図書館であるから、「そうでない人」も安心して利用できなければならないのではないだろうか。
中野区個人情報保護方針
中野区[http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/] は、公式ホームページに 個人情報保護方針[http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/153000/d007077.html] を掲げて、
収集した個人情報は、収集目的の範囲内で利用し、保護条例に定める場合を除き、いかなる個人情報も外部には提供しません。
としているが、アクセス履歴は個人情報では無いのだろうか。
条例[http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/reiki/reiki_honbun/aq60000201.html] では、
個人情報 個人生活に関する情報で、 特定の個人が識別できるものであって、文書、図画、写真、フィルム、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。以下同じ。)その他の記録媒体に記録されるもの又は記録されたものをいう。
と、「特定の個人が識別できるもの」を個人情報としているが、昨今のネットワーク事情を考えれば、IPアドレスは半固定の利用者も多く、他のアクセスログと突き合わせることは容易になりつつあるし、当然のことながらプロバイダに開示請求を行えば、「特定の個人が識別できる」訳であるから、生のアクセス履歴はいわゆる狭義の個人情報には該当しないにせよ、個人に密接に結び付く情報として管理すべき情報であると考えられる *1
そういう情報を、何の説明も無く、第三者であるGoogle社に提供していることが不思議でならない。
詳細表示時のウェブビーコンパラメータ
ちなみに、このウェブビーコンによって、閲覧者のどの様な情報が提供されているか確認してみたところ、 検索結果等から詳細表示を行うと、利用者がどの本に関心を持ったのかの情報がGoogle社に提供される状態になっており 、 パラメータ中の「http://www3.city.tokyo-nakano.lg.jp/tosho/asp/Syousai_w.asp?TosCode=00111906819」を開くと、関心を持って詳細表示を行った書籍が表示される。
まさに「あなたの個人情報が危ない!」だ。
*1: 「基本4情報ではないから個人情報では無い」のであれば、電話番号も携帯電話番号もメールアドレスも、「個人情報では無い」。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2009年08月28日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ぐる[ぐる]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース拾い読み。

「オゾン発生器買わない方が」国民生活センター[http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090827-OYT1T00865.htm]:

オゾンホールで注目されたように、オゾンが紫外線を防いでるから、オゾンは善玉っていうイメージでもあるんでしょうか。
オゾンはフッ素に次ぐ強い酸化力を持つため、 高濃度では猛毒である。吸い込むと内臓が酸化され糜爛(びらん)状になる。
猛毒ですよ。猛毒。
家庭用オゾン発生器の安全性[http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20090827_1.html] によると、
高濃度のオゾンを吸い込むような危険な使用方法の表示があった。また、2銘柄でオゾンに関する注意事項がほとんどなかった。
という製品まであったと言います。 オゾンって生臭い様な特有の匂いがあるんですけれども、あの匂いの気体を「臭いから効いてる」とか我慢して吸い込んでる利用者がいないことを祈ります。
オゾンの匂いと言えば、シャープの プラズマクラスターイオン[http://www.sharp.co.jp/shiromonokaden/pci/] を思い出したのですが、あれはオゾンを発生させる装置と言うわけでは無いようです。
プラズマクラスターイオン発生ユニットで発生するオゾンのニオイがすることがありますが、健康上、問題ありません。
ということで、健康上、問題ないレベルの様です。

インフル感染防止、一般客入れず合唱コンクール[http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090828-OYT1T00468.htm?from=ranking]:

うーん。そこまで対策しなきゃいけないかなぁ。学校休校にするような状況になってるわけでもないでしょうに。
出場する高校の合唱部員に感染が確認されたことから、県合唱連盟が今回、 「合唱の特性上、飛沫感染を防ぐ必要がある」と一般客を入れないことを決めた。
「合唱の特性上」ですか。うーん。インフルエンザの飛沫感染って、ステージと客席位離しても危険性が高いものなんですかね。あるいは1階席を使わないようにしてもダメなんでしょうか。
これが危険だったら、全国から集まってくる高校野球の応援団なんか相当な感染拡大を招いたってことになりそうな気がします。その内、スポーツ大会でも応援禁止とか行われることになるんでしょうか。あるいは体育会系と文化系では温度差があるのかも。
別の高校生の母親(44)は「合唱は聴いてもらってエネルギーが出るもの。晴れ舞台がこういう形になったのは残念」と話していた。
ということもあって、かわいそうな気がします。医学的に合理的な対応基準が欲しいところ。

■ 関連記事

■2 Amazonで90%オフのお買い得商品だけを探す方法[http://soho.wablog.com/463.html]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「そうほぅずくらぶ ぶろぐ」より。
検索クエリに、
&pct-off=90-
を付けると。
なるほど。アマゾン内のでお買い得商品かなんかを紹介するリンクから漏れたのかなぁ。

「お買い得ウィジェット」:

■ 関連記事

■3 スネ夫が自慢話をするときに流れている曲(フル)[http://www.youtube.com/watch?v=ZPWr3A7gN_k][ぐる]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

うーん。こういうのの貼り込みに対応してないんだよなぁ。hns。 もうそろそろ乗換えを考えるべきなのでしょうか。 最近の「Web日記」システムで良いのがあったらお知らせ下さい。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年08月28日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1出張一日目 このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は連泊でホテルが確保してあるので、荷物を持って移動しなくて良いのが助かる。
着るものをハンガーに掛けたり、引き出しにしまったり。
仮の場所でも、そういう環境整備をするとずいぶんと過ごしやすくなるものだ。 ホテルに連泊する時に、こうやって環境整備をしてより居心地の良い空間にするのは、数年前に妻から教わった。
明日は大変な事になるだろうから、ゆっくり休もう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年08月28日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 PDFJ - 日本語PDF生成モジュール[http://hp1.jonex.ne.jp/~nakajima.yasushi/PDFJ.jp.html][CLIP]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

どんぞこ日誌[http://www.donzoko.net/doc/nissi/2003.html] より。
日本語PDF文書を生成するPerlのモジュール。
  • JIS X 4051「日本語文書の行組版方法」(1995)にほぼ準拠した行組版ルールを組み込んであり、禁則や行の詰め伸ばしはこのモジュールに任せることができる。
  • ルビ、添え字、縦書き中の欧文、縦中横、欧文のハイフネーション、下線・傍線、圏点、網掛けといった組版処理もこのモジュールに任せることができる。
  • Type1フォントでは、和文にRyumin-LightとGothicBBB-Medium、欧文にTimes、Helvetica、Courierの各ファミリが使える。これらはフォント自体は埋め込まれないので、コンパクトなPDFを作れる。ただし表示・印刷環境にそのフォントがないと代替フォントとなる。
  • 任意のTrueTypeフォントを使うこともできる。TrueTypeフォントは埋め込まれる(和文についてはサブセットで)ので、若干PDFのサイズが大きくなるが、どんな環境でも同じように表示・印刷できる。
  • 欧文に、固定ピッチの半角フォントを使うことも、プロポーショナルな欧文フォントを使うこともできる。
  • 日本語文字コードとしては、シフトJISと日本語EUCに対応している。
  • JPEG画像(ファイルおよびURL指定)と線画図形が扱える。画像や図形をテキストの一部として行内に配置することも可能。逆に線画図形の中にテキストや画像を配置することもできる。
  • テキストを行長と行送りを指定して折り返し処理し、段落を作ることができる。段落には箇条書きのためのラベルを付けることができる
  • 段落、画像、図形などを並べてブロックというまとまりを作ることができる。ブロックには、内容の配置、周囲の余白、枠線、塗りつぶし色などを指定できる。ブロック内の並びの方向として、上→下、左→右、右→左がある。ブロックを入れ子にすることで表を作ることができる。
  • 段落やブロックを指定の大きさを超えないように分割して、複数のページに分けて表示することができる。
  • PDFのアウトライン情報や、ハイパーリンク(文書内およびURL)を付加できる。
このモジュールで作られたPDFファイルの見本として。 「関西オープンソース+フリーウェア2002」での発表スライド[http://hp1.jonex.ne.jp/~nakajima.yasushi/image/of2002.pdf] があります。
入手は、 中島 靖さんのページ[http://hp1.jonex.ne.jp/~nakajima.yasushi/] から。 DFJ-0.62.zip[http://hp1.jonex.ne.jp/~nakajima.yasushi/archives/PDFJ-0.62.zip] を。
素晴らしい!

■ 関連記事

■2 RFIDのプライバシー問題、遮断タグで対応[http://www.zdnet.co.jp/news/0308/28/nebt_12.html][セキュリティ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

■3 あらためてwebでの議論[http://www.remus.dti.ne.jp/~ddt-miz/think/watch/200306.html#id20030623web][hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

時系列的に整理されたのを見つけたので、アーカイブリンQ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2001年08月28日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 [さくらのソロのコンセント][鉄道] このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもコンセントがついているらしいのですが、肝心の電気が来ていないという噂が。 そもそもが清掃用のサービスコンセントでしょうから期待する方が間違いかも知れないですが、 夜行二連泊になるので、バッテリーの充電に不安があります。
盗京電力[http://www17.tok2.com/home/furico283/tetsu/data/concent.htm] では使用可能になってるな。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、13 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2019年10月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project