2010年07月12日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・ robots.txtに従わず、図書館HPにアクセス3万3千回 業務妨害容疑で男逮捕[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100621S1][セキュリティ][プライバシー]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎図書館事件について その1[http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20100710.html#p01] として、高木先生の日記で触れられている。
DoS等で業務妨害罪とされた過去の報道事例[http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20100710.html#p02] がまとまっていて、今回のケースの 最初の報道[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100526S2] で感じた違和感の正体が良く分かる。
最後に挙げられている、 山形の事件[http://yamagata-np.jp/news/200809/04/kj_2008090400060.php] については、同じ記事に行き当たって不思議に思っていたところ。
女は、短時間に大量のアクセス操作ができるコンピューターソフトを使ったとみられ、攻撃で同社のサーバーコンピューターは容量オーバーになり、機能が停止。復旧した後、女は再び攻撃を繰り返していた。調べに対し、容疑を認めているといい「HPの掲載内容に不満があった」などとする趣旨の供述をしているという。捜査当局は、刑事責任能力の有無について慎重に調べている。今年6月、県警生活環境課サイバー犯罪対策室に相談が寄せられた。
掲載内容への不満から掲示板への書き込みや、電話での苦情などのやり取りを経ているのではないかと想像したのだけれども、これが事実であれば、事前に、 HPの掲載内容に不満があって、 短時間に大量のアクセス操作ができるコンピューターソフトを使って、 攻撃をしていたということが、逮捕前に分かっていたという点が違うということになる。
刑事責任能力の有無について慎重に調べているという記述と、実名報道されていない点が、逆恨みというか、筋の通らない怨恨を伺わせるのだけれども、これはやや深読みしすぎかも知れない。
山形在住の方で、図書館等で当時の山形新聞にあたる等できる方がいないだろうか。

■ 関連記事

■2私が「iなんとか」を買わずにAndroidを買った3つの理由[Android][desire][携帯端末]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらく前に、 HTC DesireをGet[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100604S1] したのだけど、その少し前までは、「最近流行だから、iPadなりiPhoneなりの携帯情報端末を持って、流行に追いつけるようにしないとなぁ」という程度のことを考えていた。
ただ、良く考えてみると、せっかく買ったからにはコードも書いてみたいし、より色々いじりたい。とすると、ソースが公開されている点。手持ちの環境でも開発できる点。マーケットの自由度が高い点。そういうところが魅力的に思えて、Androidに興味が湧いてきた。
だけれども、日本においてはまだまだiPhoneやiPadが主流で、周りにAndroid携帯を持っている人はいないばかりか、ソフトバンクショップに行っても「なんですかそれ」と言われる程度の認知度だ。
こんなものを買ってしまって良いのかと随分迷ったのだけど、いずれAndroidが主流になると信じてAndroidを選んだ。
理由は3つある。
1つ目。iなんとかを作るのは、Apple一社であり、Apple社の価格戦略、Apple社のデザインに乗った製品しか出荷されることはない。つまり多様な生態系は生まれえないということ。Androidは、安いのも高いのも、高級感のあるデザインもキッチュなデザインも各メーカーから多様性を持って供給されることになるに違いない。
2つ目。 山寨機[http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%AF%A8%E6%89%8B%E6%A9%9F] メーカーの存在。偽物携帯ではなく、正真正銘本物のAndroid携帯を作り、そこに自由なカスタマイズを施して自社のオリジナル製品を作ることができる。彼らがこんな市場を放っておくだろうか。
3つ目。Appleによるコンテンツのコントロールの厳しさ。アプリやコンテンツを販売するのに、完成させた後に審査を受けなければならず、しかも発売後に取り消しを受けるなどというリスクを負いたくないアプリプロバイダやコンテンツプロバイダは多いはずだ。
といったところが、Android携帯を買ってしまった後ででっち上げた後付けの理由であるが、近い将来、「iなんとか携帯のガラパゴス化」という現象が必ず起こると私は確信している。 βのビデオデッキを、Digital8のムービーカムを、Hi-MDのプレーヤーを買った私が言うのだから間違いはない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年07月12日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1アンチパターン「永遠に続く設計」 このエントリーをはてなブックマークに追加

ある程度規模の大きいソフトウェアを構築する時に、要求仕様は固まっているとして、内部設計に凝りすぎてしまって、設計工程が永遠に続いてしまうアンチパターン。
もちろんきちんと設計してから着手するのは、非常に大事なことだし、設計しないでいきなり書き始めたら、後の方で論理的破綻を来すことも少なくない。
一方、システムが巨大になると、緻密な設計を細部まで完了するのがかえって難しいケースが出てくる。速度的な制約もあって、実装してみなければ分からない部分があることも設計を難しくしていく。
結局、一部を実装しながら設計を完成させていくというスタイルを要求されることが多いと思われる。
経験上は、まず、登場人物が出そろった辺りで、ディレクトリツリーとファイルは配置してしまって、何も動かないけれども一応ビルドは通る様にしておく。設計に登場しないけれども、必要なインターフェイスが出てきたら、使う側が構わず使ってコンパイラに探してもらう。と、そういったスタイルで進めたことが多かった。
「クラスは構造体」というと、「C++分かっていない」と言われることも多いけれども、今全てを決定できないインターフェイスには、クラスを賢い構造体として使うとやりやすいことも多い。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年07月12日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 httptunnel[http://www.nocrew.org/software/httptunnel.html][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

魔狸日記[http://www.Goudge.org/d/?200007b&to=200007122#200007122] より。httpプロクシー越しに壁を抜けることができるらしい。

■ 関連記事

■2スケジュールの整列[hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

スケジュールのソートが安定でないのが気になっていたので直す。 ファイルに記述した順番に並んでくれてちょっと嬉しい。
95a96
>       my $cnt = 0;
113c114,115
<           push(@{$self->contents}, {date=>$date, content=>$content});
---
>           push(@{$self->contents}, {date=>$date, content=>$content, cnt=>$cnt});
>           $cnt++;
193c195
<               push(@{$self->contents}, {date=>$tmpd, content=>$content});
---
>               push(@{$self->contents}, {date=>$tmpd, content=>$content, cnt=>0});
225,226c227,229
<     for (sort { $a->{date} <=> $b->{date} ||
<                 $a->{content} cmp $b->{content} } @{$self->contents}){
---
>     for (sort { ($a->{date} <=> $b->{date}) ||
>               ($a->{cnt} <=> $b->{cnt}) ||
>                 ($a->{content} cmp $b->{content}) } @{$self->contents}){

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、11 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2019年02月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

最近の日記

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

2018年12月18日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project