2012年07月08日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 シリーズ武雄市TSUTAYA図書館(3) - 指定管理館の先にある二つの道[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20120706S1#T201207061S5][図書館][武雄市][CCC][TSUTAYA図書館] このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事の最後[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20120706S1#T201207061S5] では、インセンティブ以外の道として両極端なものが二つ考えられると書きました。
今回は、その二つの道を探ってみたいと思います。

図書館をコアとした複合商業施設化:

今回の「武雄市蔦谷図書館」構想が発表された時には、この姿に近いものを感じました。
図書館をコアとして、書籍や文具等の販売、ビデオレンタル、カフェ等の施設を運営することによって、図書館の集客を商業施設の売上につなげることによって、図書館運営者の利益を生み出す方法です。
図書館利用者が増えることによって、書籍や文具、カフェ等の売上が増えることになりますから、運営者には来館者を増やすことによる利益が発生します。開館時間の延長も、来客者数だけでは無く顧客層を広げることにつながりますから、運営側として商業的に取り組む意義が生まれます。
さらに、図書館で借りられない資料や、読んだ本に関係する資料をレンタルとして利用できることは、利用者にとっても様々なリソースをシームレスに活用する場としてメリットが生じるでしょう。カフェでは、商業空間ならではのサービスを受けることができるかも知れません。
しかしながら、この方法を取る場合、 運営側にあくまでも図書館サービスを核とする という姿勢を約束させなければならないという難しい課題があります。
例えば、運営者が売れ筋の雑誌を売りたいあまり図書館での貸し出しをしなくなったり、選書において営業への配慮を行ったりすれば、図書館そのもののサービスは低下します。
雑誌や書籍などの商品に限らず、 可処分余暇時間は一定ですから 図書館の本を読んでもらうよりも、レンタルのDVDを見て欲しいということになってしまうと、可処分余暇時間の点で、図書館事業と収益ビジネスの競合が発生します。
読まれない本を貸し出すことは、図書館本来の運営からすると、資料を本当に利用したい人の利用機会を奪うことにつながってしまいますが、読まれなくても良いから貸し出すという姿勢を取れば、図書館利用の質は低下しているにも関わらず、貸出冊数や来館者数と言う指標は低下しないという状況は生じてしまいますから、この様な単純な指標で質を確保するのは困難です。
従って、結局のところ、運営者の理念やモラルといった、外形的に評価が難しいものを信じて、図書館の運営を委ねざるを得ないという課題はあるでしょう。

住民立図書館の実現手段としての指定管理制度:

もう一方の端には、指定管理制度を「住民立図書館」を実現する手段として用いるという可能性があるのではないかと考えます。
住民が資金を出し合って図書館を運営する「私立公共図書館」を実現して、そこに自治体が資金的な援助をすることには、現在は図書館法の制約がありますが *1 、公立図書館の運営を住民が支えることには何の制約もありません。
図書館を支えたい地域住民がNPO団体等を設立して、指定管理者として図書館の運営を行う。よりよい図書館にしたい人は、図書館サポーターとして会費で支える、無償・有償のボランティアとして図書館を直接支えるという活動をします。
この場合、 図書館がよりよく運営されて、図書館のファンが増えることは、その図書館を支える人が増えることにつながります。 余裕が出れば、開館時間を延ばすことも可能になるかも知れません。
先の節では難しいとした 商業施設の併設も、その利益が図書館運営に資されるという前提であれば、主客逆転の問題も生じにくく、取り入れやすい ものとなるでしょう。
もちろん、図書館が住民に求められておらず、自治体も十分な費用を負担しなかったとしたら、歯車が逆に回って、図書館のサービスが最低ラインまで落ち込む可能性はあります。午前中は排架作業がメインで、カウンター対応に時間が掛かるとか、夕方は4時で閉館と言うことになるかも知れません。しかし、それでもある意味においては、市民が望んだ図書館運営と言うことでは無いでしょうか。
自治体の税収が厳しくなっていく中で、義務的負担だけで財政を圧迫し、いずれは図書館を閉めざるを得ないというところまで追い込まれる自治体が出てくるかも知れません。
そういう状況の中で、公共図書館を支えるのは誰かと言う原点を問われる時が出てくるでしょう。指定管理制度を導入しなくとも、 「利用者に支えられる図書館」であることが、図書館が存続し続けるためには不可欠 であると考えます。
*1: 図書館法第二十六条  国及び地方公共団体は、私立図書館の事業に干渉を加え、又は図書館を設置する法人に対し、補助金を交付してはならない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2011年07月08日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 ソニーのMDウォークマン、約20年で幕--9月に出荷完了へ[http://japan.cnet.com/digital/av/35004982/] このエントリーをはてなブックマークに追加

いまだに、 2005年に買ったMZ-NH1[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20050221S2] を現役で使っているのですが、遂にという感じです。
当時としては、非圧縮で録音できる小型機材として重宝したのですけれど、最近は、非圧縮で録音できるICレコーダを導入したこともあって、もっぱらBGMのエンドレス再生専用になっていました。
記事によると、Hi-MDメディアも終売する様なので、ある程度、買いこんでおきましょうかね。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年07月08日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 右クリックメニューの"別のユーザーとして実行"を無効にする[http://pcweb.mycom.co.jp/column/winxp/174/][セキュリティ] このエントリーをはてなブックマークに追加

Stressful Angel[http://stressfulangel.cocolog-nifty.com/stressful_angel/2005/07/it_78_8e47.html] より。
セキュリティ向上のために禁止する話なのかなと思ったら、
複数のアカウントが作成されるWindows XPの環境で、実行ファイルを右クリックすると、メニューには"別のユーザーとして実行"という項目が現れます。ですが、多くのユーザーは普段使っているアカウントに管理者権限を割り当てているケースが多く、同機能を使う機会はあまりありません。そこで今週は、この右クリックメニューに現れる"別のユーザーとして実行"を無効にするTipsを紹介しましょう。
という変更をするためのレジストリの修正方法が解説してあった。阿久津氏本人は、普段使っているアカウントに管理者権限を割り当てているのだろうか。
そもそも、"別のユーザーとして実行"が何のためにあるかと言えば、「一般ユーザが管理者権限でログインして使っている」という、セキュリティ的に非常にまずい状況を改善するための妥協方法として持ち込まれたものだろう。権限の低いユーザーで通常の作業をして、インストール等でどうしても必要な場合のみに、強い権限を得るために使うと、一般ユーザーでログインしておいて、root権限が必要な時だけsudoする様な運用ができる *1
レジストリをいじって、メニューを無効にする様なパワーユーザーを相手にした記事であれば、むしろこの機能を活用して「普段使っているアカウントに管理者権限を割り当て」るのをやめようという記事が書けたのではないか。

エクスプローラーをAdministrator権限で起動するには:

Windows2000で、エクスプローラーをAdministrator権限で起動するには、
runas /user:Administrator regedit
キー:HKEY_USERS\.DEFAULT\Software\Microsoft\Windows \CurrentVersion\Explorer\Advanced
値の名前:SeparateProcess
値:1(DWORD)
とすれば良い。
詳しくは、 Explorerを別のユーザーとして実行する[http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/securitytips/040explorer.html] をどうぞ。
*1: 残念ながら、実際にはまだまだ難しい点も多いのだが。現実的にはパワーユーザー権限位が必要になってしまう様だ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2001年07月08日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・トワイライトエクスプレス[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200106b&to=200106161&ref=here#T200106161][旅行]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「いき」券の代わりに航空券が組み込むワザを知ったので、周遊きっぷを検討。 少なくとも、富良野方面には出かけるという判断で、札幌・道央ゾーンを選択。
周遊きっぷ
帰りの運賃が2割引になるので、もとは取れるでしょう。

■ 関連記事

■2 Namazuシステムの構築と活用[http://homepage2.nifty.com/baba_hajime/namazubook/][]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

出たらしい。[http://club.h14m.org/kenji/diary/?200107a&to=200107061#200107061] 早速、買いに行こうと思ったのですが、 自動的にソフトバンクから見本誌が送られて来る[http://club.h14m.org/kenji/diary/?200107a&to=200107061#200107061] と、同じ本が2冊になってしまうのでちょっと待ち(笑)。 というか、大きい本屋さんまで行く時間が取れそうに無い。

■ 関連記事

■3 続・mail2nikki[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200107a&to=200107062&ref=here#T200107062][hns]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

フロンティアな方を 教えて頂く[http://club.h14m.org/kenji/diary/?200107a&to=200107063#200107063] (他にメールも頂きました感謝)。
ラッパーの形で、MIME::Parserを使ったスクリプトをちょこちょこっと書いて、 添付ファイルを特定ディレクトリに置くプログラムを書いてみたんですが、 画像添付をする前処理が結構面倒なので、デジカメとノートパソコンという運用形態では、 トータルとしてあんまりラクできなそうです。
デジカメ付き携帯端末を使って、写真付き日記を更新するのは楽しそうです。

■ 関連記事

■4トワイライトEXP[旅行]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

予習用リンク

トワイライトEXP乗車記[http://www5a.biglobe.ne.jp/~yama283/2000_aki-hokkaido/00_aki_hokkido-1.htm]:

大阪→札幌。写真豊富。 2000年の乗車記で、ロイヤルに空席があったりすることが分かります。 10年以上経っているので、人気と一緒にサービスが低下してたりしないか心配だったのですが、 その点は大丈夫な様ですね。

トワイライトエクスプレス[http://www2s.biglobe.ne.jp/~horizon1/twilight/menu.htm]:

鉄道写真館。こちらも写真が豊富にあります。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年07月08日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1質疑応答[おしごと]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ仕様が固まっていないことを認識。 非常にまずい。

■ 関連記事

■2 未踏ソフトウェア創造事業[http://www.ipa.go.jp/NBP/12nendo/12mito/]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

権利共有なしです。 難しい交渉をしなくても、成果をオープンソースとして世に出す事ができます。 オープンソースソフトのプロジェクトとして作ってみたい人は、 読んでみる価値があると思います。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、12 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2020年12月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project