2005年07月02日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ばんごはん[ごはん]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

午後はオウチにいたのでばんごはんの用意を。
牛すじとシメジを使って、洋食メニューというお題だったので、牛すじを2回ほど茹でこぼして、赤ワインを振ってじっくり煮込む。
煮込んだところで、バターで炒めたタマネギとシメジを足して、デミソースとケチャップで味付けしてビーフシチュー風の何かになる予定。

■ 関連記事

■2実名≧ペンネーム≧ハンドル≫仮名≧匿名≧名無し…成りすまし<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「情報フロンティア研究会」報告書の公表[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200506c&to=200506291#T200506291] に関連して。
順序と不等号の感じ方は人によって違うかも知れない。
実名かペンネームかハンドルかというのは、与えられた名前か、自分で付けた名前かという差こそあれ、一人(では無いかも知れない)の実体ある何かを指していると推測される。例えばblogの筆者が、仮に実名らしきものや履歴書らしきものを掲げていたとして、それが本当に実名であって本人であることを容易に確認することは難しい。
ひょっとすると、名前も経歴も全く架空の誰かに成りすましている可能性もあるわけで、確認手段が無い以上、実名であるかそうでないかだけを信憑性の拠り所にすることはできない。
確認手段が無いにも関わらず、実名かそうでないかだけにこだわりすぎると、成りすましを助長する危険性さえある。みんな本名っぽいものを書いているけど、相当数は実は他人や架空の人物に成りすましているという状況。これは今よりもさらに暗黒のネットの様に思える。
一方、ペンネームや固定したハンドル(総務省報告書では特定の仮名と呼んでいる。2ちゃんねるではコテハンと呼んでいるらしい)は、本人が望む範囲で匿名性を確保しながら、書いているメディア上では、その名前の下に責任を負って発言する格好になる。
もっとも、最近はペンネームを使い捨てて発刊される様な無責任な本も増えているし、歴史的な事情もあって *1 、 ハンドルを使い捨てる様な傾向も見られる。使い捨てる様なハンドルは単なる仮名で、まさに仮の名前。
匿名や名無しとなると最初から識別されることを捨てている。
確かに、どうせ見分けがつかないのだから、実名である必要はないけれども、ハンドルを使って良いコミュニケーションまで、最初からアイデンティティを捨てて掛かると、普通のコミュニケーションをする能力が育たないかも知れない。
匿名同士で奇跡的にコミュニケーションを成立させているメディアもあるけれども、そこではウソをウソと見抜いたりする、とても高度なコミュニケーション能力が必要なので、もっと普通の世界があっても良いのでは無いかと思う。
*1: パソコン通信時代は、ハンドルを変えるのは難しかったのだ。 「本名のインターネットvsハンドルのパソコン通信」という構図があったという歴史認識をしているのだけど、私は「(名無しの)匿名とハンドルは大きく違う」という見解だ。

■ 関連記事

■3読んだ本[book]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

たらみ図書館

[和書]¥3の代償―出会いに潜む危険性[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4803708150/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

[和書]ネット依存の恐怖―ひきこもり・キレる人間をつくるインターネットの落とし穴[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4316800744/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

[和書]会社の仕打ちに泣き寝入りしない100の方法[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887186363/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年07月02日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 突然クイズ[http://www.unixuser.org/~ysjj/diary/?200006c&to=200006301S5#200006301S5][ぐる] このエントリーをはてなブックマークに追加

もうネタばれしても良いのかな。Cが「黒」ですかね。 *1 100%確実かというと、みんなが同じぐらい論理的思考力があるというのが前提なので、 ちょっと不安が残りますね。慌ててあてずっぽうに答える奴とか。 極限状況下でも冷静沈着に論理的に物事を考えることの重要さを説く問題かも知れません。
ということで・・・

オンライン知能テスト[http://www.gks.co.jp/t1/]:

を受けてみる。
130台だったとか喜んで秘書の某嬢に受けさせたら1位を取られてしまった。 なんか悔しい。
*1: 理由:A,B,Cは、自分から見える情報のみでは即答できない。Dから見てB,Cが両方とも白あるいは黒であれば、Dは即答できる。 この条件下で、Dが即答(1分経過後)できないということは、Dから見ると白黒の帽子が一つづつ見えるという事。 従って、Cから見える帽子が白であれば、自分がかぶっている帽子は黒である。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、13 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2021年09月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project