2014年06月23日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 学習会「追跡されるあなた 〜ビッグデータとプライバシー〜」[http://www.idobata.tokyo.jp/20140622.pdf][プライバシー][ビッグデータ] このエントリーをはてなブックマークに追加

西東京市の 市民自治井戸端会議[http://www.idobata.tokyo.jp/] さんから、「追跡されるあなた 〜ビッグデータとプライバシー〜」と題して講演の機会を頂きました。当日は、小雨の降る中、この問題に関心を持つ方々にお集まり頂き、お話させて頂いて良かったと思いました。
一般向けということを意識して、本当に「プライバシーって何だろう」と言ったあたりからかみ砕いてお話をすべく努めたのですが、この過程で自分自身が学んだこともありましたし、何よりも質疑応答で頂いたご質問やご意見で学んだことがあって、また、さらに学ばないといけないことを気づかされる機会となったことが、私としても実りのある学習会でした。

当日の配布資料とスライドを公開致しますので、関心をお持ちの方は読んでみて頂ければありがたいです。スライドについては、スライド単体では伝わらない部分もあろうかと思いますが、既に感想を書いて下さった方もいらっしゃいますので( 君がどんな人間であるかを私は知っている, 浅慮相乗のブログ, 2014年6月23日[http://ameblo.jp/senryo-sojo/entry-11882942438.html] )、あわせてお読みいただければ、雰囲気はつかんで頂けるかも知れません。

スライドについては、講演としては主に批評や事実を示すために、他者の著作物を引用要件を満たす範囲で使用していました。その中から、スライドのみを公開した際に主従関係が明確でなくなるものがあり、また、地方自治体が周知のために作成した著作物については、公衆送信権が問題となるため、出典と説明した内容を説明するものに置き換えております。


ブログ等で紹介頂ける方がいらっしゃいましたら、以下の画像をご利用ください。
page_01page_02page_03page_04page_05page_06page_07page_08page_09page_10page_11page_12page_13page_14page_15page_16page_17page_18page_19page_20page_21page_22page_23page_24page_25page_26page_27page_28page_29page_30page_31page_32page_33page_34page_35page_36page_37page_38page_39page_40page_41page_42page_43page_44page_45page_46page_47page_48page_49page_50page_51page_52page_53page_54page_55page_56page_57page_58page_59page_60page_61page_62page_63
なお、引用であれば、そもそも許諾など一切不要ですが、お知らせ頂ければ嬉しいです。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年06月23日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1読んだ本[book] このエントリーをはてなブックマークに追加

読み返した本と図書館で借りてきた本。

[和書]暗黒のシステムインテグレーション―コンピュータ文化の夜明けのために―[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872804813/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

以前に読んだ本なのだけど読み返してみた。最近、「アウトソースは失敗だった」という声が聞かれる様になってきているが、この本はアウトソーシングの暗黒面をやはり指摘していた。

[和書]偽造の手口―現代犯罪の実情[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887186495/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

校閲が杜撰。変換ミスと思われる誤字が多数目に付く。本当に筆者グループは実在するのか、インターネットあたりで検索してきた内容の語尾を「という」「と言われている」「と偽造団は指摘する」「とされている」等と変換しただけなんじゃないかと疑ってしまう。
日本ではまだまだ始まったばかり(詳しくはこちらをクリック)の「地域通貨システム」だが世界では日常的に使用されていたりする。
偽造犯罪研究会, 2002, 『偽造の手口』, データハウス, 166
「詳しくはこちらをクリック」は何なのだろう。

[和書]「クビ!」論。[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022578491/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

[和書]虚妄の成果主義―日本型年功制復活のススメ[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822243729/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

立場は逆なのだけれど、日本の企業が取り入れつつある「成果主義」なるものは、外資系企業の目から見ても、伝統的な日本的雇用システムの立場から見ても、不合理なシステムである様に思える。
日本的雇用システムにも良い側面があった訳だし、外国のシステムの表面だけ真似て「成果主義」なるシステムを導入するのは無理がある。

[和書]バカ発言丸投げ丼 日本をダメにする政治家の一言[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901873059/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

[和書]アメリカでは常識のニッポン人取扱説明書―腹が立つけど、これが現実[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396612095/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年06月23日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1検索キーワードから[goo] このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、LYCOSからの検索が増えているみたい。

Apache+文字化け+認証[http://www.lycos.co.jp/cgi-bin/pursuit?cat=jp&maxhits=15&mtemp=main&results=default&query=Apache+%95%B6%8E%9A%89%BB%82%AF+%94F%8F%D8&npl2=matchmode%3Dand%26adv%3D0]:

は、Apache1.3.12辺りで問題になるみたいです。 セキュリティ上の理由[http://www.cert.org/advisories/CA-2000-02.html] で、 charsetが明示[http://www.apache.org/info/css-security/] されるようになったのに伴って、発生する問題だそうです。
詳しくは、 FreeBSD QandA 1650[http://home.jp.FreeBSD.org/cgi-bin/QandA/history.cgi?QandA=1650] をご覧下さい。

CATV+プライベートアドレス+サーバー[http://www.infoseek.co.jp/Titles?qt=CATV%A1%C3%A5%D7%A5%E9%A5%A4%A5%D9%A1%BC%A5%C8%A5%A2%A5%C9%A5%EC%A5%B9%A1%C3%A5%B5%A1%BC%A5%D0%A1%BC+%7C+&lk=noframes&oq=%A5%C0%A5%A4%A5%E4%A5%EB%A5%A2%A5%C3%A5%D7%A1%C3%A5%D7%A5%E9%A5%A4%A5%D9%A1%BC%A5%C8%A5%A2%A5%C9%A5%EC%A5%B9%A1%C3%A5%B5%A1%BC%A5%D0%A1%BC+%7C+&svx=170&col=JW&qp=0&nh=10]:

を、外から見えるように構築するには、 グローバルアドレスが振られたサーバとの間に トンネル掘る[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200005.html?to=200005311#T200005311] ことになると思います。

MRTG[http://www.infoseek.co.jp/Titles?qt=MRTG&lk=noframes&svx=132&col=JW&qp=0&nh=10&st=150]:

は、最近流行みたいですね。 hnnの更新数[http://ens.nanet.co.jp/mrtg/hnn/snmp-hnn-ncount.html] なんかが難しい事をやっている部類に入る例かも知れません。 グラフを作る側の計算機にMRTGをインストール。 監視対象の計算機にucd-snmpをインストール。
===== /usr/local/share/snmp/snmpd.conf の一部
# hnn status
exec .1.3.6.1.4.1.2021.254 hnn-stat /usr/local/share/snmp/hnn-stat.sh
とかやって、
===== /usr/local/share/snmp/hnn-stat.sh
#!/bin/sh
/bin/cat /home/kei/public_html/nb/hnnstat.txt
を実行します。hnnstat.txtは、 更新された日記の数と登録されている日記の数が定期的に書き出されるだけのファイルです。
===== /home/kei/public_html/nb/hnnstat.txt
7
768
こうやっておいて、mrtg.cfgに
===== mrtg.cfg の一部
#---------------------------------------------------------------
Target[snmp-hnn-count]: 1.3.6.1.4.1.2021.254.101.1&1.3.6.1.4.1.2021.254.101.2:XXXXX@XXX.XXX.XXX.XXX
Directory[snmp-hnn-count]: hnn
WithPeak[snmp-hnn-count]: ymw
MaxBytes[snmp-hnn-count]: 1000
Options[snmp-hnn-count]: gauge
YLegend[snmp-hnn-count]: number
Legend1[snmp-hnn-count]: new diary num
Legend2[snmp-hnn-count]: list diary num
Legend3[snmp-hnn-count]: new diary num
Legend4[snmp-hnn-count]: list diary num
LegendI[snmp-hnn-count]: new
LegendO[snmp-hnn-count]: list
ShortLegend[snmp-hnn-count]: number
Title[snmp-hnn-count]: [hnn-count] HNN diary counts
PageTop[snmp-hnn-count]: <H1>[hnn-count] HNN diary counts
 </H1>

#---------------------------------------------------------------
Target[snmp-hnn-ncount]: 1.3.6.1.4.1.2021.254.101.1&1.3.6.1.4.1.2021.254.101.1:XXXXX@XXX.XXX.XXX.XXX
Directory[snmp-hnn-ncount]: hnn
WithPeak[snmp-hnn-ncount]: ymw
MaxBytes[snmp-hnn-ncount]: 100
Options[snmp-hnn-ncount]: gauge
YLegend[snmp-hnn-ncount]: number
Legend1[snmp-hnn-ncount]: new diary num
Legend2[snmp-hnn-ncount]:
Legend3[snmp-hnn-ncount]: new diary num
Legend4[snmp-hnn-ncount]:
LegendI[snmp-hnn-ncount]: new
LegendO[snmp-hnn-ncount]:
ShortLegend[snmp-hnn-ncount]: number
Title[snmp-hnn-ncount]: [hnn-ncount] HNN diary counts (new)
PageTop[snmp-hnn-ncount]: <H1>[hnn-ncount] HNN diary counts (new)
 </H1>
と書いておくと、 グラフ[http://ens.nanet.co.jp/mrtg/hnn/] を書いてくれます。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、12 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2019年06月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project