2010年05月10日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1読んだ本[book] このエントリーをはてなブックマークに追加

物理学者が生み出しただけあって、TOCは非常に納得が行く。「ザ・プロフィット」に挙げられたビジネスモデルの分類は、事業を考える際の新しい道具になりそう。

[単行本]ゴールドラット博士のコストに縛られるな! 利益を最大化するTOC意思決定プロセス[http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AB%E7%B8%9B%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AA-%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%82%92%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8BTOC%E6%84%8F%E6%80%9D%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%B9-%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88/dp/4478420521%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4478420521]:

[単行本]ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか[http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88-%E5%88%A9%E7%9B%8A%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BBJ%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%84%E3%82%AD%E3%83%BC/dp/4478374228%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4478374228]:

[単行本]ザ・キャッシュマシーン[http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%84/dp/4478530394%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dws%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4478530394]:

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2006年05月10日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 「ユニクロ」サイトに不正注文=在庫4000着以上発生−無職男を逮捕・警視庁[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060509-00000173-jij-soci][セキュリティ] このエントリーをはてなブックマークに追加

報道当初は、架空の発注をしたのかと思っていたのだけど、よく読むと、
不正な注文操作を繰り返して4000着以上の女性用衣料品の大量在庫を発生させた
なので、実際に架空の注文をしたわけでは無いのかも知れない。供述も、
「買いもしない商品を(サイトの)買い物かごに入れ、業務を妨害したことは間違いない」
と、報道されている。
別の記事では、
「買い物かご」に入れると購入予約の形になることに目を付け、サイト上の在庫表示を誤らせる操作をしていた。実際には購入されないため、この商品について四千着を超える過剰在庫が発生、同社に約二百五十万円の損害が出たという。
と報道されている。
業務を妨害したのは確かだろうし、こういう行為をやるのは当然いけないことだけれども、システムを構築する立場としては、こういう行為で被害が出るようなものを作らないような配慮が必要だと思う。
今回はたまたま犯人が捕まったけれども、犯人が捕まったから良いということではないだろう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年05月10日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 手塚治虫文化賞 西原理恵子さん「毎日かあさん」に短編賞[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050510-00000012-maip-soci]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

おめでとうございます。文学賞ですよ文学賞。
「毎日かあさん」は本紙生活家庭面で02年10月に連載開始。現在、毎週月曜日に掲載している。母と子の日常を温かく、 時には辛らつに描く。
「辛らつ」な部分が西原さんの真骨頂なんだろうけど、毎日新聞というメディアでどういう作風なのかすごく興味があるな。

「文化賞」の誤りでした。:

書店に行ったら、早速、帯が付けてあって気づきました。「文学賞」ではなくて「文化賞」でした。おかしいと思ったんだ。でも、素晴らしい。

■ 関連記事

■2 [和書]グラフ活用の技術 データの分析からプレゼンテーションまで[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569633390/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1][book]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

読んだ。筆者は統計の方の専門家で、企画屋さん向けのグラフではなくて、科学的に正しいグラフを前提にしたグラフの描き方の教科書としてお薦めできる本。
ここに出てくる様なグラフの描き方を知っていることによって、グラフを道具に使った理論の発見にも繋がると思う。
図の描き方を知らないと出てこない発想というのは確かにあるのだ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2002年05月10日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 gphoto2[http://www.gphoto.org/] このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年05月10日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1串揚げ[ごはん]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

頂きものの冷凍串揚げセットを揚げる。最高!
ごちそうさまです。

■ 関連記事

■2 DSNのスペル[http://miyaken.stbbs.net/diary/200005a.html#1004][hns]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

変更しておきました。

■ 関連記事

■3 SFC Antena[http://www5.airnet.ne.jp/~masa-t/diary/][hns]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

を一次アンテナに加える。出力がEUCじゃなかったらしく、ちょっとハマる。
登録URL数がだいぶ増えてきて、人手によるチェックが厳しくなってきました。 タイトルが同じだからといって、同じ日記とは限らないですし、 タイトルと更新時刻あたりから、重複だとあたりを付けても、 筆者がどちらを(あるいはどちらも)残したいと希望しているかは、 結局は分かりません。
と言うわけで「これは削除ね」、という方は「削除したい方のURL」を 教えて[message.html] ください。

■ 関連記事

■4 「や」テクノロジー[http://yar-3.net/d/?20000510&to=200005109S15#200005109S15]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

って、 Yahoo! JAPANが実施している文字化け対策[http://www.yahoo.co.jp/docs/help/mojibake/sonota.html] にあるプロキシーがらみの問題と、根っこは一緒なんでしょうかねぇ。
やっぱり、 文字コード統一[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200004.html?to=200004301#T200004301] して、METAタグ排除すべきか・・・
検索エンジンのロボットに嫌われるのも、原因が同じかも知れない。

■ 関連記事

■5ログの整理[おしごと][freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

日記へのアクセス数の割にサーバ全体のアクセスが頭打ちだなぁと思っていたら、 当初設定していたサイズよりもログが大きくなりすぎて、 1日分のログが4つ位のファイルに切られてしまっていることが判明。
サーバ全体の監視には、 Webalizer[http://www.mrunix.net/webalizer/] に毎晩、一つ前のログと現在のログを食べさせていたのだけど、 もっと古いのも必要だった訳です。
newsyslog.confの設定を、168時間(=1週間)に変更。
ついでに、ログ保管サーバーに溜まったログをMOに書き出し。永久保存へ。

■ 関連記事

■6 がびんがびん。[http://lt.sakura.ne.jp/~yamax/d/?20000510#200005101][ごはん]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

とかいうワインがあったな。これにしよう。

■ 関連記事

■7IDO<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

から電話が掛かって来る。いいかげんに端末( マイクロTAC[http://www.jidpo.or.jp/g40/japan/motorola.html] )を乗り換えて欲しいそうだ。
最近Lバッテリー使っても8時間待ち受けできなくなったし、 サービスも停止に向かうらしいので、乗り換え時期かも知れない。 最近、この端末+L電池を見せると、「それって何ですか」て、 導入した頃とは違ったベクトルで珍しがられたり。
これって、裏コマンドがたくさんあってマニア心をくすぐる機種なんですけどねぇ。 時代の流れには勝てず。サービス終了ぎりぎりまで活用しよう。
考えて見ると、「時代の真っ先ではじめる」ということと「伝統がある」ってことは、 表裏一体の関係ですね。何となく相反するもののような気がするけど、 そうではない。温故知新とか言ってみる。

■ 関連記事

■8i-system[i-mode]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

同一URLでもユーザーエージェントをみてコンテンツを替えた方がみんな幸せになれる例。 そのためにクライアントが何かということを名乗る訳で。
本格的にシームレスにするには、hnsとマージする形になるのかも知れない。
index.cgiを、ロギングと認証、適切なエージェントを選択するラッパーとみる手もありますね。クライアント毎に最適化された出力を引き渡すのがエージェントの仕事。

■ 関連記事

■9ハルシオン<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

きました。 がびんかびん[http://www.nantoka.com/~kei/diary/200005.html?to=200005106#T200005106] と相乗効果絶賛発揮中。良い子はこういう時に日記書いちゃダメ。

看護婦さんに:

怒られるのでもう寝るです。

専用線引き込み可能な:

個室ありの病院を確保しておくべきですね。IPリーチャブルならOK。ssh通れば何でもできる。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

1999年05月10日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1色覚異常について このエントリーをはてなブックマークに追加

図書館で借りてきた本の中に色覚異常について扱っている本があって、考えさせられました。
世間では、「色盲」だとか「色弱」とかいう呼び方もするのですが、色の見え方が普通の人と違う人が、日本だと4.5%前後いるわけです。
症状にもよりますが、黒板に赤チョークで書いた字が見えにくかったりとか、そういう不自由があったりします。マージャンの赤牌が分かりにくかったりもします。が、本人はそれでさほど不自由を感じずに生活をしているというのが実情です。
人間の感覚というのは良くできているもので、色(色相)で区別がつきにくい代わりに、明度の変化に対して敏感になることも理由だと思われます。戦時中には色覚異常の人には迷彩服が通用しないという話もあったようです。
同じ視覚の問題で比較すると、近視の方がよほど不自由なのではないかという気がします。
近視と比べて不都合なのは、一般には治療法や矯正法がないという点です。遺伝的に少数派である色覚異常グループで生まれたら、ずっとそういう色覚で生きていかないと仕方がないわけです。
日本の場合、記憶されている方もいらっしゃるのではないかと思いますが、小中学校を通じて、色覚検査というのをやります。色の塗られた小さい丸が集まった図を見て、何が書いてあるか答えさせるという検査です。石原式と呼ばれています。
昔は、この試験に失敗すると「色覚異常」のスタンプを押されて、内申書にも書かれたりして、「君は色覚異常だから理系は止めておきなさい」等と指導を受けるようになっていました。
「色覚異常だから、色の判断ができないだろう」という思い込みで、
「指示薬の色を見分けられないだろうから化学系はだめ」とか、
「色が見分けられないだろうから、生物系はだめ」だとか、
「色彩感覚がないだろうから、デザイン系はだめ」だとか、
「色伝票が使えないだろうから、事務系はだめ」だとか、
「カラーディスプレイを使えないから、コンピューター系はだめ」だとか、
「色がわからない人は子供を教えられないだろうから、先生はだめ」だとか、
「患者の異変が分からないだろうから、看護婦・看護士・医師はだめ」だとか、
「薬の色を間違えるだろうから、薬剤師はだめ」だとか、
「信号が見分けられないだろうから、運転系はだめ」だとか、
「帽子の色が見分けられないだろうから、騎手はだめ」だとか、
とまぁ、ありとあらゆる進学や就職において、「色覚異常=色が分からない、だったら○○はできないだろう」という思い込みによって差別を行ってきたわけです。
これは、冗談でも誇張でもなくて、先の石原式検査に使う検査表では、「色弱色盲の者は肉体労働に就くのが良い」とまで言っていた訳です。
ところが、実際多くの色覚異常者は上記のような仕事の多くを、問題なくこなすことができるのが実情です。
色覚検査で少数派と判断された人の可能性を「できないだろう」「不自由だろう」という思い込みだけでつぶしてしまうわけですから、これはとても大きい差別です。
さらに、石原式検査にも問題があると指摘されています。石原式検査は非常に鋭敏な検査であり、色覚が不自由な人を探し出す検査としては、あまりにも感度が高い検査であることが指摘されています。
色の感覚が通常と違う人を見つけ出す検査としては、抜群の感度を誇っており、あの模様の中には、「色覚異常者には見える」というパターンまで含まれています。
つまり、色覚異常者が見に付けた明度の差に対する敏感な感覚を逆手にとって、通常の人には検知できないパターンを描いてあるわけです。
したがって、石原式検査で異常とされる人の多くは、一般生活でも上で例に挙げた職業の多くでも全く問題がない人なのです。
もちろん現在では、上記のようなことが認知されてきて、大半の学校では入学の制限がなくなりましたし、就職で差別されることも少なくなってきました。
しかしながら、就職指導や進学指導等で心無い不勉強な先生に「色弱だから医者は無理」「色覚異常があるから理系は無理」等と指導され、進路を変えざるを得なくなる例もままあるようです。
人の人生を左右する指導を、誤解と偏見に基づいて行うことは、許されないことだと思います。
色覚異常は遺伝子レベルの問題ですから、治療法はないと信じられてきましたが、最近、 「色盲・色弱は治る」との主張[http://www.wado.co.jp/indexN.html] もあるようです。治す必要がどうしてもある人は、藁にもすがるつもりで通うのだと思います。
この団体が出した書籍も読んでみました。PRのための出版ですから仕方がないのかも知れませんが、私としては、差別をあおり色覚異常者の不安を増すような書き方に抵抗を覚えます。色弱の子は性格形成に異常を来す話やコンピューター化が進むと色弱は社会から追放される話は、読んでいて辛くなりました。
しかしながら、この本の記述を信じれば治癒された例もあるようですから、本人にとっては喜ばしいことなのだと思います。よほどの事情とお金がある方が通われているのでしょうか。
それでも、なお、色覚異常者に対する差別を取り除く努力に意義はあると思います。
治療に通ってみたけれども治らない例[http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3475/] も存在するわけですから、「治すことができるのに治さないものが差別されても当たり前」という風潮になることを許してはならないと思います。
もしも完全に治すことができる方法が開発された暁には、保険適用等を考えるべきでしょう。
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、私も色覚異常があります。程度としては以下の図が参考になるでしょうか。
下の文字は、本当に見えないものを配置したので、実は配置されていなかったりということがあるかもしれません。
どなたか、「読めた」とか「読めなかった」とかメールを頂けませんか?
色覚にハンディがあると見にくい配色の例
しかし、こういう配色は普通の方にとっても決して見やすい配色では無いように思います。便利なコンピューターやインターネットが新たな差別を作るのは悲しいことです。
ちょっと配慮していただければありがたいことだと思います。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、14 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project