2010年04月28日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1TOCと思考プロセスについて[book] このエントリーをはてなブックマークに追加

「ザ・ゴール」[http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478420408?ie=UTF8&tag=keisdiary-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478420408] と、 「ザ・ゴール2」[http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478420416?ie=UTF8&tag=keisdiary-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478420416] を読了。
「付き合い残業」は、たとえ残業代を請求しなかったとしても、会社の利益を脅かしている話。
かつて、高度経済成長期からバブル経済崩壊あたりまで、日本の製造業は国際的に見ても強い競争力を持っていた。
バブル崩壊以降、日本の製造業は国際的な優位性を失い、まず中国に負ける様な状況が出てきた。
中国に負けるというと、即座に「人件費が安いから」と考えがちなのだけれども、実は人件費が安いというのが決定的な問題では無かった。その証拠に、人件費が高いはずの欧米に負ける分野も出てきているからだ。
どうして日本がここまで競争力を失ったのか、ずっと考えていたのだけれども、答えがこの2冊の中にあった。
結局のところ、日本の高度経済成長期に作られた成功体験が、今の日本の製造業に限らず、多くの産業の競争力を殺いでいる様に思える。これに木に竹を接いだ様な成果主義が導入されて、日本企業の競争力は地に落ちた。
たくさん作りさえすれば、いくらでも商品が捌けていた頃には、とにかく頑張れば何らかの成果が得られた。今では、捌けない商品を作るのは罪悪なのだけれども、「頑張る」ことが評価される仕組みは変わらない。
頑張っている様に「見える」ことが要求され、さらに成果主義の導入、簡単に人員を解雇する会社への不信から、他人の仕事を手伝う形で頑張ることが否定される。
ボトルネックになっている人は、全体のスループットに影響が出るから、残業してでも頑張ることになって、これは正しいのだけれども、誤った評価システムの下では、他の人も「付き合い残業」をすることになって、これが余計な在庫を作ったり、下手をするとボトルネックになっている作業に必要なリソースに干渉したりして、結果として全体の利益が脅かされる。
結局、何が原因かと突き詰めていくと、マネージャーの価値観の問題に落ち着いて、その源流は高度経済成長時代の成功体験に行きつくように思える。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2006年04月28日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1パケットロス[お引っ越し] このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐ要るものとか大事な書類なんかだけは自分で箱詰めして、後の荷物はおまかせで簡単と思ったのだけど、トラブル無しに終わらないのはやはりネタ体質なのだろうか。
「すぐ要るものとか大事な書類」を詰めた箱が狙った様に行方不明。200箱を超える箱を全部確認してもやっぱり出てこない。
引越し翌日から「どうも出てこない箱がある様なんです」と第一報を入れて、全箱開梱終わった時点で対応を依頼して4日、ようやく引越し会社の人がやってきて「紛失したみたいですね」と言うことを理解いただけた模様。
これで週末をはさんで他の引っ越しが入ったりすると、記憶をたどるのも探し出すのもより難しくなるんじゃなかろうかとかなり心配。
「すぐ要るものとか大事な書類」だけを抜き出して詰めただけのことはあって、あらゆる手続きに困りまくり。

この記事に頂いたコメント

Re: パケットロス by Nishizaka    2006/05/01 09:58
あら、エイプリルフールネタと思ったら本当にやめられるんですか?

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年04月28日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 JVN#A7DA6818 WebUD における任意のプログラムが実行される脆弱性[http://jvn.jp/jp/JVN%23A7DA6818/index.html][セキュリティ]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティホール memo[http://www.st.ryukoku.ac.jp/%7Ekjm/security/memo/2005/04.html#20050425_various] より。
これもActiveX関連のセキュリティホール。
続・「スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロール」は安全か[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200504b&to=200504123#T200504123] あたりで書いたけれども、「スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロール」は、「悪意のある」スクリプトから実行されても安全であることを保証してくれないと困るのだけど、果たして開発者がそこまでの意識を持ってマークして署名して配布しているのかを問いたい。

■ 関連記事

■2 新入社員に会社は絶対?4割以上「指示通り行動」[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050428-00000504-yom-soci]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の良心に反する手段で、仕事の遂行を指示された場合」への回答で、「やりたくないが指示通り行動する」が43%で2年連続トップ。一方、「できる限り避ける」は41%にとどまった。
コンプライアンス体制の確立がますます重要になる。良心に反する手段を強制されると、やりがいも得にくいし、成果が上げにくいのだから、会社にとっても本当は有効でない。
「迷ったら、より大きく正しいことを選べ」という警句もあった。ライバルに勝つために同僚の足を引っ張りだしたら、企業はまともに運営できない。どんどん大きくしていくと、社会をまともに運営するためには足の引っ張り合いはやめないといけない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2002年04月28日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1suidperl[freebsd] このエントリーをはてなブックマークに追加

jail内のsuid perlスクリプトを起動しようとしたら、「Can't do setuid」と言われる。 perl, perl5.00xxx, perl5が同じモノのlinkで、 sperl, sperl5.00xxx, suidperlも同じモノのlinkになっていないといけないらしい。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2000年04月28日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・RURIコード[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200004c&to=200004261#T200004261]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

RURIコードを発行するのはサーバ側です。まだRURIコードを受け取っていないクライアントには、 新たに生成したRURIコードを発行するという仕組み。
コード生成の方法は、Status.pmからuniqIDをどうぞ。
ドキュメントの セキュリティ情報[http://www.h14m.org/docs/security_tips-j.html] にもある通り、管理者のRURIコードを知られて偽造されると、 管理者になりすますことが可能です。
一頃話題になった、クッキーを盗まれるブラウザのセキュリティホールの悪用は危険です。
悉皆探索によるアプローチは、日記開設日時をある程度特定できたとしても現実的には難しそうです。

■ 関連記事

■2tacnewsってなに?[セキュリティ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

保守契約先のサイトのファイヤウォールログを コンピュータ不正アクセス被害の届出[http://www.ipa.go.jp/SECURITY/crack_report/20000414/0003.html] 用に整理。
PROXY目当てのスキャンは日常茶飯事。WELLKNOWN一通りってのまではチェックしたけど、 拡散スキャン *1 まではチェックしきれず。もう少し利口なスクリプト書かないと。
tacnewsポート(98)宛てってのが急に増えた。 複数ドメインから何度も来てる。 アドレス空間を一通りなめてるところを見ると、スキャンのようにも見えるが、 きちんとした原因は分からず。このポートで待ち受けるトロイの木馬でもあるのかなぁ。
*1: スキャンを掛ける時に、アドレスやポートを広範囲に拡散してログ上で目立たないようにする手法。

■ 関連記事

■3 「石原式 検査結果」[http://www.lycos.co.jp/cgi-bin/pursuit?cat=jp&maxhits=10&mtemp=msie2&etemp=error_msie&results=ie4.2&matchmode=and&adv=0&part=msie&query=%90%CE%8C%B4%8E%AE+%90F%8Ao%8C%9F%8D%B8&x0=0&first=31&x2=98&u2=1&u1=0&u8=4&u0=0&u9=98&x1=0][goo]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

goo![http://www.goo.ne.jp/] じゃなくて、 LYCOS[http://www.lycos.co.jp/] だけれども。
ずっと以前、 色覚異常について[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?199905a&to=199905101#T199905101] というのを書いたのですが、最近、検索に良く引っかかっているように思います。 何か事件でもあったか、あるいは進路を考える時期なのでしょうか。
気をつけていると「自分は他の人と色彩の感じ方が違うなぁ」と思うことはあって、 大体は「色相の差より明暗の差に鋭敏」という特徴どおりです。 不便なこともちょっぴりあるけど、 人と違う感覚を持ってるっていうのが嬉しかったりすることもあります。 「色彩の感じ方少数派」ってだけ。
ちなみに石原式検査表は、昔興味があって入手したことがありました。 仕組みを理解して練習すると正答率は上がります。
本当はそんな検査する方が間違っていて、検査自体に反対して行く立場からすると、 わざわざ練習するのはばかげているのだけど、そんな検査で人生が影響されるんだったら、 練習するという手もあるかも知れません。その程度の検査なのだから。

■ 関連記事

■4 ALL JA Contest[http://cdesign.cat.hokudai.ac.jp/~hamtaro/diary/?200004c&to=200004282#200004282]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

出身クラブ(タナボタのエリア入賞経験あり)は出てるかな?

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

1999年04月28日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1IPAコンピュータ不正アクセス被害の届出状況 このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の新聞ですが、 IPAのコンピュータ不正アクセス被害の届出状況[http://www.ipa.go.jp/SECURITY/crack_report/19990423/9903.htm] が発表されていました。
わずか5件というのは、全く実情を反映していない数字だと思うのですが、SPAMメールの不正中継問題が4件報告されており、内2件は実際に被害が発生しているとのことです。
ここに現れる数字が、氷山の一角であることは間違いありませんから、現実にはもっと多くの被害が発生しているものと考えられます。
JPCERTの不正アクセスの動向[http://www.jpcert.or.jp/nl/99-0002/99-0002-01.html] を見ると、受付件数で252件となっています。これでもまだまだ氷山の一角なのは否定できないにせよ、この数字の差は少し問題だなと感じます。これでは数字そのものは恐らく何の参考にもなりません。
しかしながら新聞ではこういった数字で、「先月に比べて数パーセント増加」等と論評したりするわけで、その辺の事情を分かっていない人には、本当に数字の一人歩きになってしまっています。
嘆いてばかりいても仕方がないので、今月から少しアクティブに報告を上げることにしてみます。ひょっとして、来月あたりの集計結果が急激に上昇したいたら、ウチのサイトの影響かも知れません。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、14 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2020年10月 翌月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project