2010年03月28日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 中国国内に配置される、DNS ルート・サーバーが閉鎖された?[http://agilecat.wordpress.com/2010/03/27/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E5%86%85%E3%81%AB%E9%85%8D%E7%BD%AE%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%80%81dns-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BD%A5%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%8C%E9%96%89/] このエントリーをはてなブックマークに追加

先日からTwitter上でも話題になっていた。
DNSの運用を切り離すと、The Internetでは無くて、イソターネットになってしまうので、もはや中国はインターネットの無い国になってしまいつつあるのかも知れない。
「世界はインターネットがある国と無い国に分類できる。それは表現の自由が存在する国としない国にほぼ等しい。」[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20050627S4]
ちなみに、twitter.comを普通にdigすると、
;; QUESTION SECTION:
;twitter.com.                   IN      A

;; ANSWER SECTION:
twitter.com.            30      IN      A       128.242.240.20

;; AUTHORITY SECTION:
twitter.com.            80445   IN      NS      ns1.p26.dynect.net.
twitter.com.            80445   IN      NS      ns3.p26.dynect.net.
twitter.com.            80445   IN      NS      ns2.p26.dynect.net.
twitter.com.            80445   IN      NS      ns4.p26.dynect.net.

;; ADDITIONAL SECTION:
ns1.p26.dynect.net.     80445   IN      A       208.78.70.26
ns4.p26.dynect.net.     80445   IN      A       204.13.251.26
ns3.p26.dynect.net.     80445   IN      A       208.78.71.26
ns2.p26.dynect.net.     80445   IN      A       204.13.250.26
って感じになる。
これを、中国のDNSサーバを使って引いてみると、
kei@home[131] dig a twitter.com @d.dns.cn.

; <<>> DiG 9.4.3-P4 <<>> a twitter.com @d.dns.cn.
;; global options:  printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 45996
;; flags: qr aa rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;twitter.com.                   IN      A

;; ANSWER SECTION:
twitter.com.            86400   IN      A       46.82.174.68
とか、
kei@lala[132] dig a twitter.com @e.dns.cn.

; <<>> DiG 9.4.3-P4 <<>> a twitter.com @e.dns.cn.
;; global options:  printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 3515
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;twitter.com.                   IN      A

;; ANSWER SECTION:
twitter.com.            300     IN      A       243.185.187.39
とか、不思議なAレコードが戻ってきて、興味深い。TwitterがAkamaiの様なサーバの地理的分散を始めたのという話は知らないが、中国国内ではどうルーティングされているのだろうか。

中国にあるDNSルートサーバが不審な動きをして停止[http://yebo-blog.blogspot.com/2010/03/dns.html]:

という記事を発見した。この影響を受けて、不思議なアドレスを返しているのかも知れない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年03月28日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 「ブログに先生の悪口」 仏の中高生8人、退学に[http://www.asahi.com/international/update/0328/003.html]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に「中傷」だったのかどうか検証した記事はないものだろうか。

■ 関連記事

■2 テキーラ早飲みコンテストで優勝者死亡[http://10e.org/mt/archives/200503/210126.php]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

Stressful Angel[http://stressfulangel.cocolog-nifty.com/stressful_angel/2005/03/_326_.html] から。 元記事。
[http://cnews.canoe.ca/CNEWS/WeirdNews/2005/03/07/953315-ap.html]
50杯以上のテキーラのショットグラスを飲んで急性アルコール中毒になり、病院に搬送されるも心不全でなくなったそうです。
さすがのドミニカ人もテキーラ50杯はムリだった様です。
ちなみに、 ロシア人もウオツカ1.5リットルはムリ[?200311b&to=200311201#200311201] な様です。

■ 関連記事

■3Amazonから[book]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

発注していた本とハードが届いた。

[和書]BSD magazine No.17 (2003) (17)[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756143458/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

[和書]FreeBSD expert―ワンランク上のFreeBSDユーザを目指せ! (2005)[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774122092/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

[和書]セキュリティウォリア―敵を知り己を知れば百戦危うからず[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873111986/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

cover
著者:サイレス パイカリ, アントン チュバキン, Cyrus Peikari, Anton Chuvakin, 西原 啓輔, 岸 信之, 伊藤 真浩, 進藤 成純
出版社:オライリージャパン
定価:¥ 5,040
発売日:2004/10
ASINコード:4873111986
忘れない内に

[エレクトロニクス]Microsoft Fingerprint Reader [DG2-00003][http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006O4IDA/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

■ 関連記事

■4 続・小学5年の少女行方不明[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200503c&to=200503251#T200503251][リテラシー]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント[http://www.nantoka.com/~kei/diary/board.cgi?act=read&msgid=201] を頂いた。
確かに、情報の受け手が真偽の推定をより確かにする方法はあって、そういう注意を払っていくのが、インターネット上の情報を活用する読み手のリテラシーだと考えています。
特に日記の様なメディアで実感するように、インターネットは双方向メディアですから、参加者全員がコミュニケーションにある程度の責任を持っていると考えます。
もっともっと、日記やblogの様なメディアが普及した時の事を考えると、リンクを張ることの意味をある程度理解して、みんなが自分の意志でリンクを張るようになると、デマ記事や悪意のある記事はフィルタされていって、全体を見るとゆるやかなネット民主主義による記事の配信が実現できるのではないかと思ったりするわけです。
そういった社会の中で、より広く記事を広めたいと思ったら、最初の発信者が信用される工夫をすれば良いのですが、そういった方法として何があるかを考えていました。
ところで、今回の記事には県警の生活安全課の電話番号が記載されていたけれども、チェーンメールかも知れないという記事で、公的機関の電話番号が書いてあって、「そこに確認しよう」というのは注意が必要だ。
そこに書いてある番号は、いやがらせ先の普通の個人の電話番号かも知れないし、本当に公的機関かも知れないが、問い合わせの電話で本来の業務に支障が出る場合もあるからだ *1 。ここまで考えると、記事の送り手と受け手の双方が工夫をしないとなかなか難しい。
*1: パソコン通信の昔から、「RHマイナスの血液が不足していて…」というチェーンメールがあるが、これに具体的に名前が出た病院では、問い合わせのために業務に支障が出て困っていた様だ。

■ 関連記事

■5 「万博会場への飲食物持ち込み禁止は独禁法違反」と告発[http://www.asahi.com/life/update/0328/009.html]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

それでも弁当禁止 抗議殺到 持ち込み問題[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200503c&to=200503261S4#T200503261S4] 関連。
食べ物の怨みは恐ろしいですからね。
夏休みは、わたしと弟のリョウタと、お父さんとお母さんで、万博に行きました。
お母さんが朝早く起きて、お弁当を作ってくれて、お昼に食べようと楽しみでした。わたしの好きなからあげと、リョウタはエビフライを作ってもらいました。
入り口のところで、係の人が、「弁当は持って入ってはいけないから、ここで捨てなさい」と言いました。捨てないといけないことになって、少しだけ食べたけど、せっかく作ったのにすごく悲しかったです。お母さんはすごく悲しそうでした。お父さんはすごく怒っていました。
会場は広くてたくさん並んでいました。いっぱい歩いて疲れたのでパビリオンを出たところで、おなかが空いたのでお昼ごはんにしようと言いました。
食堂に入ったらすごく混んでいて、お父さんとお母さんはおそばを食べて、わたしはチキンライスを食べました。待っている人がいるから、早く食べなさいと言われて急いで食べました。パフェを食べたいと言ったら、お母さんが「待っている人がいるからだめ」と怒りました。
お金を払う時になって、またお父さんが怒って、お父さんとお母さんがけんかしたみたいになりました。せっかく万博に来たのにリョウタと一緒に悲しくなりました。
暑かったので、のどがかわいたけど、お母さんが「それくらいがまんしなさい」って言って、お父さんが「ここの飲み物は高いからがまんできるよな」って言ったから、わたしはがまんしました。リョウタはがまんできなかったので、カップに入ったジュースを買ってもらいました。カップのジュースは安いのだそうです。
昼からは、お父さんが疲れたと言って、お母さんも早く帰ろうと言ったので、展示を一つだけ見て帰りました。
おみやげを買おうと思ったのに、お父さんが「こんなところでもうお金を払わなくて良い」と言って怒ったので、買いませんでした。
という話を、35年位経っても、昨日のことの様に思い出すに違いない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2002年03月28日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 数字言葉の辞典[http://www.ccsr.u-tokyo.ac.jp/~fuyuki/trivial/nw/][CLIP] このエントリーをはてなブックマークに追加

見つけた。 実用的 *1 にも役立つし、雑学として読むのも面白い。
*1: いわゆる雑学を「実用的」と思わない人には実用的じゃないかもしれない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2001年03月28日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・逆リンクの自動生成[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200103c&to=200103271#T200103271][hns]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

修正:

変なRefererと自分の日記をリンクしないように修正。

「僕の他にも」[http://www.commentout.com/people/takai/diary/?200103c&to=200103276#200103276]:

っていうのが分かるのも魅力の一つですね。

link_log[http://club.h14m.org/kenji/diary/?200103c&to=200103282#200103282]:

周りを追っていて,そういう意図があるんだろうなぁということは感じました。 うまくrefを生成してリンクを張る方法がないでしょうかね。

refの生成:

hns向きのURLということが判定できればできそう。 正規表現でそれっぽいのを引っ掛けるのはちょっと乱暴かも知れない。 新しいキーワードを作れば可能ですね。

■ 関連記事

■2今日のばんごはん[ごはん]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

思いついた。ハンバーグにしよう。

■ 関連記事

■3連続稼動[napster]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼ終日連続稼動中。MRTGで見ていると,ほとんどあるだけの帯域を使い切ってますね。

■ 関連記事

■4 BIND worm[http://www.securityfocus.com/archive/75/170684][セキュリティ]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティホールmemo[http://www.st.ryukoku.ac.jp/~kjm/security/memo/2001/03.html#20010326_lion] より。
広まりだすと恐ろしいことになりそうなのですが,今のところは「猛威を揮っている」という感じではない模様。 バッファオーバーフローを使った攻撃で,環境の微妙な違いでうまくいかなかったりするので, そんなに広まっていないというところでしょうか。

■ 関連記事

■5 検索エンジンと Web 日記[http://clotho.KU3G.org/diary/?20010327#200103274][hns]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

確かに検索エンジンを使っていて,日記が引っかかることが多いというのは感じます。 その後の感想が違っていて,日記で有効な情報を得られることは多いと感じます。 というよりも,必要な情報が日記で見つかることが多いので,日記は貴重な情報源だと思っています。
これは検索エンジンの能力の問題で,今のほとんどの検索エンジンのAND検索が, 指定した語句が文脈にどのように出てくるかを意識しないというということから発生する問題だと思います。 検索エンジンにはまだまだがんばってもらいたいところです。
上手に検索させる実験として,ロボット用に1アーティクルずつ分割したコンテンツを作っておいて, ロボットからのアクセスの時はmod_rewriteを駆使してそちらのページを食わせることに チャレンジしたことがありましたが,ロボットをうまく見分けるのが難しくて挫折しました。

この感想は:

使っている検索エンジンに依存するのかも知れませんね。 最近のお気に入りは google[http://www.google.com/] です。

■ 関連記事

■6 段落アンカー[http://www.tk.airnet.ne.jp/~papanda/d/?20010328#id2001032824][hns]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしようかなぁと考えていたですけど,結局書かずにはいられなかった。
サーバ管理者日誌は, 書き始めたころ[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?199810b&to=199810140#T199810140] は静的なページを手作業で生成していたのですが, 去年の今ごろ[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200003c&to=200003311#T200003311] にhnsに出会って,アーティクル毎のリンクやアクセス解析ができるようになって, これは静的に生成してアクセス解析をしない日記とは「別物」だと思うようになりました。 コンテンツを供給する仕組みというよりは,ある種のコミュニケーションツールだと感じています。
コミュニケーションツールとしてとらえると,不特定多数を相手にしたコミュニケーションを行う訳ですから, それなりの覚悟が必要だと思います。

悪意のリンク[http://www.tk.airnet.ne.jp/~papanda/d/?20010328#id2001032842]:

よりも,こちらに知る方法がないところで取り上げられるほうがいや。
ファイヤウォールの中らしき掲示板で話題になっているらしいという状況には, hnsに慣れてしまってからは欲求不満(?)を感じるようになりました。
相手のページにリンクが張られている場合は,逆リンクを辿って誤解や間違いがあれば, こちらのページで説明することができます。 全ての人を納得させることは難しいかも知れませんが, 少なくとも説明する機会が与えられます。

逆リンク:

の公開を試験運用していますが,これはリンクに関して筆者のフィルタが掛からないシステムです。 期待しない内容のリンクであっても自動的に載る訳です。
コミュニケーションツールとしてみた場合,逆リンク情報の開示が寄与する効果は大きいと信じるのですが, 筆者がそれを運用しきれるかどうかが試されると思います。

そういえば:

2chあたりからリンク張られていて,何が書いてあったのか分からない時ってやっぱり不安。 明らかに批判されてる場合よりも不安ですね。

考えてみると[http://www.fastwave.gr.jp/diarysrv/mad-p/200103c.html#20010327-4]:

段落アンカーを付けることとリンク解析をついついセットにして考えてしまいますが, 段落orアーティクルアンカーを付けると,
  • リンク先を明示しやすい(読者orつっこみのメリット)
  • リンク先を絞り込んで批判とか曲解をされるリスク(筆者のデメリット)
いうことになって,確かに筆者には読者への配慮以上のメリットがない様に思えたりもします。 もちろん,みんながこうやってくれると嬉しいというのは同感です。 参照性があがるし時間が経っても役立つページになるでしょう。
これとリンク解析を組み合わせると,
  • リンクがどこからどこに張られたのか(筆者のメリット?)
が分かるので,コミュニケーションが双方向になる可能性が出てきます。 私はこれをメリットだと思うのですが,そうは思わない方もいるでしょう。 そういう人は,段落リンクもリンク解析もすべきではないのかも知れません。

■ 関連記事

■7 年刊 BSD magazine[http://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-3763-6.html][freebsd]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

■8 おめでとうございます[http://www.spnet.ne.jp/~tatsu/d/200103c.shtml#2602][ぐる]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

惜しい!

■ 関連記事

■9 パケットのイメージ[http://t-code.org/~rui/diary/?20010327S1&to=200103271][ぐる]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

小包[http://www.1783.org/diary/index.cgi?200103c&to=200103283#200103283] はそのままパケットですね。
私の画像としてのイメージは,帯状のものに各階層のヘッダやペイロードが書いてある感じ。 これを巨視的にみると紐状になって空間を飛んでいる形ですね。 飛ぶときには,「ピーギャラギャラ」とか「ザー」とかいう音がします。
パケットのイメージがAX25とかKPCとかの時代に作られたので,音が付いてるし空中を飛ぶのでしょう。 アマチュア無線のパケットって,人間の認識が追いつける速度でパケットによる通信を見せてくれるので, 教材にすごく良いと思います。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、10 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2019年10月 翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project