2010年03月03日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1出張[おしごと] このエントリーをはてなブックマークに追加

おうちはまだ片付いていないけれども出張に。今回は、神戸と名古屋、ひょっとすると東京を回ってくる予定。

FreeBSDインストール大会:

ネットワークの確保とか低いレイヤで躓いて、予想外に時間を使ってしまう。 DVDは焼いておいたのだけど、CD-Romしか読めないマシンだったり。
現地でスムーズに仕事を片付けるには、使い慣れた道具が充実しているホームで準備を万全にしておくことが重要だと思い知らされた。

ビジネスプランの説明:

このところ温めていたビジネスプランを師事している先生にお話したところ、ポジティブな評価を頂く。
自分一人で考え詰めていると、温めているアイデアが筋の良いものかどうなのかという判断が危うくなってくるので、この評価は心強かった。
頑張って、プロトコルあたりまで形にしよう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年03月03日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 「オープンソース・ソフトウェアの推進は日本をダメにする」[http://www.keikakuhiroba.net/executive/1-3.asp][オープンソース]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本のIT戦略と知的財産はこう進む」[http://www.keikakuhiroba.net/executive/1-1.asp] という対談の、 眞柄泰利[http://www.microsoft.com/japan/presspass/exec_jp/magara.aspx] 氏の発言より。
オープンソースに関しては、個人的には存在の是非を問うつもりは全くありません。ただ残念なのは、その成果物に対して知的財産を必ずしも肯定しているわけではないことです。そこに若干の矛盾が生じているという気もいたします。
最終的な判断はマーケットに任せるべきだと私は考えていますが、将来の知的財産立国を考えますと、いまのオープン的な流れを認めることと、知的財産を認めることの間には、非常に難しい問題があると思います。
ここではかなり控えめな表現になっているけれども、 日本の論点2005[?200503a&to=200503031S1#200503031S1] に掲載されている氏の主張を見ていくと、
  • 知的財産立国を目指すのと、オープンソース・ソフトウェア推進は矛盾する
  • なぜならば、オープンソース・ソフトウェアを推進することは知的財産の否定だからだ
  • この矛盾を放置すれば、経済の発展が阻害され、国際競争力を失う。
  • (Winny事件の様に)利用者におけるモラルハザードを引き起こす
という立論になっている様だ。
「オープンソース・ソフトウェアを推進することは知的財産の否定」だとしているけれども、この論はあやしいと思うしこの誤解は多い。
オープンソース・ソフトウェアは、著作権を放棄している訳ではない。むしろ、著作権を行使することによって、オープンソースがオープンソースであり続けることを担保している。オープンソース・ソフトウェアは、情報モラルの上に成り立っているのである。モラルハザードを引き起こすことも無いはずだ。

[和書]日本の論点 2005[http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4165030406/keisdiary-22?dev-t=DDHPHE04VROHE%26camp=2025%26link_code=sp1]:

■ 関連記事

■2 決闘容疑で中3男子ら逮捕[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050302-00000571-jij-soci]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ykatoの日記[http://d.hatena.ne.jp/comiken/20050303#p4] より。
決闘罪[http://www.houko.com/00/01/M22/034.HTM] というものがあるのは知っていたし、最近 暴走族や暴力団の「タイマン」を取り締まる[http://www.union-net.or.jp/cu-cap/kettou.htm] ために使われているというのも知っていたのだけど、記事によれば、
中学生同士がルールを決めて1対1で殴り合いをしたとして、
ルールを決めて「殴り合い」をしたとなっている。
これまで、決闘というのは、「ルールを決めて命を賭けて闘うこと」だと思っていたのだけれど、この記事の書き方だと「殴り合い」でも決闘罪で言うところの決闘にあたるということらしい。
ひょっとして、記事が悪いのかと思ってルールを調べてみたら、 スポニチアネックス[http://www.sponichi.co.jp/society/kiji/2005/03/03/06.html] に「ルール」が掲載されていた。
(1)素手のみ
(2)急所は攻撃しない
(3)相手がギブアップしたら終了
というもので、集団でチームを組んでナイフを持ち出す様なケンカ(というかもはや殺し合い)と比べると、確かに「ルール」と言える様に思える。
これがダメだと、多くの格闘技もダメと言えなくも無いわけだけれども、その辺りの線引きはどこにあるのだろう。
「常識的な判断」と言うけれども、その判断を恣意的にするのは良くないから、法律があるのであり、法じゃ無いものが判断する国家は法治国家じゃ無くなる。

■ 関連記事

■3SYA!nikki[SYA!nikki]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

2309 ひなまつり:

おひなさまの日なので、ばら寿司を作ったり。
ひなまつり

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、8 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2020年08月 翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project