2015年01月07日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1佐賀県知事選挙の情勢を見て考えたこと[政治][選挙][佐賀県知事選挙] このエントリーをはてなブックマークに追加

※おことわり
この記事の筆者は、樋渡啓祐氏が武雄市長の職にあった当時から、その市政に疑義を呈してきており、この記事は、そういった立場のバイアスを含んでいることを否定できません。


いよいよ11日(日)に投開票が行われる佐賀県知事選挙。日記にも、まとまったことを書きたいと思いながら、書いてもどうにもならないという思いもあって、なかなか筆が走り出さなかったのですけれど、ここに来て、色々な方が記事を書き始めていらっしゃいますので、私なりに思うところを書いてみたいと思いました。気負わず、思ったことを書いてみます。


私が一貫して、樋渡氏の市政に対する姿勢を批判してきたのはご承知だと思います。当然、樋渡氏が知事になることを危惧していますし、知事にさせてはいけないと思っています。実際のところ、今回の選挙の結果がどうなるかについては注目して、各報道を追ってきました。
1月1日の佐賀新聞は、 樋渡が先行 山口急追[http://www.saga-s.co.jp/senkyo/senkyosaga/30107/141418] という記事を一面トップに掲載しました。実際のところ、この時点では「樋渡氏先行」読み方に依りますが、10ポイント程度のリードがあるという見立てだったのではないでしょうか。しかし、1月6日の西日本新聞は、 元武雄市長と元総務官僚が激戦 佐賀県知事選11日投開票[http://www.nishinippon.co.jp/feature/saga_prefecture_election/article/137416] と報じています。「激戦」の表現からすると、その差は少なくとも、数ポイントまでは縮まったと見ることができるでしょう。
この様な報道や各陣営の応援状況から、粗放に過ぎるかも知れませんが、現在の状況を分析しますと、 樋渡氏、山口氏は各々3割程度の組織票を固め、残り無党派、浮動票を島谷氏あるいは飯盛氏が掘り起こしている という見立てができると思います。ここでは数字はあくまで仮のものだと思って下さい。構図としてはこういう感じだと思います。


この状況にありますから、樋渡氏あるいは山口氏の当選は、残り4割の浮動票をどれだけ獲得するかにかかってくるでしょう。
出馬の経緯から、票が流れる方向として、山口氏が固めた組織票が樋渡氏に流れることは無いでしょう。後述しますが、逆はあるかも知れません。 つまり、樋渡氏、山口氏にとっては、 浮動票をいかに相手候補に入れさせず、自分に入れてもらうか という戦いになります。
前述の計算から、今回の選挙の結果。樋渡氏が当選するにしても、山口氏が当選するにしても、島谷氏あるいは飯盛氏の票を相手候補に足せば逆転していた…という選挙になる可能性は非常に高いと思っています。
しかし、結果、そうなったとしても 島谷氏が票を取ったから、樋渡氏が当選した という考え方はするまいと思っています。
なぜならば、島谷氏が獲得した票の多くは、島谷氏の今回の選挙活動が無かったら、投票に向かわなかった人の票だろうと思うからです。だとすると、その票を足していれば…というのは、意味が無いことになります。
また、投票に行っていたら、知名度だけで樋渡氏に投票された票だったかも知れないのです。
一方で、島谷候補の選挙活動によって投票に行き、「島谷さんを応援するけれど、山口氏に投票した」という方は、樋渡氏に投票する人よりも多く出るだろうと思います。
これは、島谷候補が「もやもん茶会」で、選挙を政治に参加する手段として地道に訴えてきた結果であって、 今回の選挙の投票率が高かったら、仮に、最後の最後の「どちらが樋渡氏を落とせるか」という判断で、山口氏に投票したとしても、島谷氏の成果 であると思います。
そういう意味で、島谷氏の今回の選挙戦は、 島谷氏の得票だけでは無く、投票率も見て評価すべき だと思います。


知事選挙ですから一般的に言って *1 、二位にはあまり意味がありません。その中で、島谷氏が当選する可能性としては、樋渡氏がまず落選するだろうという情勢になって、山口氏と島谷氏の間で競ったケースをイメージしていました。樋渡氏が落選するだろうという状況になれば、山口氏が固めた組織票も若干は緩み、「島谷さんが好きだから投票する」という余裕も生まれてくると思うのです。一方で、樋渡氏の票の中には、固定票と思っていたはずのものが、状況によっては他の候補に流れるという状況もあり得ますから、難しいですが、あり得ないケースではないと思っていました。
しかし、残念ながら、現状はそういう状況には無いようです。樋渡氏・山口氏の対決は報道の通り「激戦」という状況にありますから、山口氏支持者、つまり確実に樋渡氏を落選させなければならないと思っている有権者…としては、山口氏に投票するしかない訳です。
もし、 島谷氏に風が吹くとすると、樋渡氏から島谷氏へという風が吹かないといけない ということになると思います。この場合、樋渡氏は3位という結果になるはずです。


樋渡氏を応援している方は、仕方ないのだと思います。でも、応援していることにして、違う候補に投票しても良いのじゃないかと思います。
ポスター貼り替えの件にしても、「最初から考えていた」等と言うより先に、正月から支援者の方に、印刷所の方に掛けた苦労を労うべきだったんじゃないかと、思っておりました。


飯盛候補がどの様に今回の選挙を戦っておられるのか、報道ではあまり状況が分かりませんでしたが、これが最初で最後だという事はないと思っています。今後に向けて手ごたえがつかめていれば良いと思っています。


全体に、報道から見た情勢判断の話になってしまい、島谷氏の支持者の方には厳しい内容になってしまったように思います。ですけれど、今回の候補者の中で、どの候補者の考え方が一番好きかと問われたら、私は島谷さんの考え方が好きなのです。こういう選挙戦で無かったら、予定通りの統一地方選の日程だったら、もっと草の根の支持も島谷さんの考え方も広める時間があったのにと思うと、残念でなりません。


残された時間も短くなりました。本当に激戦の選挙です。しかも、選ばれてはいけない人は明らかですけれど、選びたい候補が複数いて迷う選挙だと思います。難しい投票になると思います。「その一票が誰を知事にするのか」をギリギリまで考えて、そして投票に臨んで頂きたいと思います。

*1: 一般的で無くなる可能性も残されてはいますが…

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2014年01月07日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1読んだ本[Book] このエントリーをはてなブックマークに追加

[単行本]劇場型首長の戦略と功罪: 地方分権時代に問われる議会[http://www.amazon.co.jp/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E5%9E%8B%E9%A6%96%E9%95%B7%E3%81%AE%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E5%8A%9F%E7%BD%AA-%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%88%86%E6%A8%A9%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AB%E5%95%8F%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%AD%B0%E4%BC%9A-%E6%9C%89%E9%A6%AC-%E6%99%8B%E4%BD%9C/dp/462306199X%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dkeisdiary-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D462306199X]:

[単行本]橋下「維新の会」の手口を読み解く―競争、統制、自己責任[http://www.amazon.co.jp/%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E3%80%8C%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%AE%E4%BC%9A%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%89%8B%E5%8F%A3%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%E2%80%95%E7%AB%B6%E4%BA%89%E3%80%81%E7%B5%B1%E5%88%B6%E3%80%81%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%B2%AC%E4%BB%BB-%E5%B0%8F%E6%A3%AE-%E9%99%BD%E4%B8%80/dp/4406055789%3FSubscriptionId%3DAKIAIYKMKBZLJ3Y55SZA%26tag%3Dkeisdiary-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4406055789]:

類似点の多さに驚く。というよりこれらの手法を表面的に真似たものなのかも知れない。
「本来、高度なバランスの上に検討される物事を単純化し、二極化した論に落とし込んでしまう」「敵を作って攻撃する」「敵を抵抗勢力と位置づけ、自らの政策がうまくいかないのを敵のせいにする」…

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年01月07日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1幼稚園からのネットリテラシー教育[実名][教育] このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の4月から、娘が小学校に上がるので、ちょっと早いけれども、ネットリテラシー教育について考えた。
いつから子どもに携帯電話を持たせるといいかとか、子どもにネットを使わせるのは心配とか、そういった事で悩む親は多いのだが、これは各家庭で真剣に悩むべきだし、子どもと真剣に話し合う必要があるだろう。
こういうことになると、「学校で禁止してくれ」等と言い出す親も出るのだけど、これは他人を巻き込む責任転嫁だ。自分の子どもに対して、「ウチは禁止」という形で禁止できないから、学校や自治体での禁止を求める訳だ。かつて、バイクやゲームで行われた排斥運動と似た構図だが、バイクやゲームよりも性質が悪い。
子どものネット利用を制限することについて、私は否定的な気持ちを持っている。少なくとも、ネット利用を制限することが最善の方法だとは思えない。
私達は、物心ついてからネットに出会ったけれども、子ども達の世代は、生まれたときから世の中にネットがあって、いずれそれを高度に活用しながら生きていくことをいやおう無しに迫られるようになるはずだ。
私達の世代では、まだ、パソコンが使えるとか、ネットの多様なコミュニケーション手段を活用して人間関係を構築していくということは、オプショナルなスキルであるが、子ども達の世代では、そういった能力は、基本的なスキルになるに違いない。
つまり、子ども達は、どこかの段階で制限を放れて、ネットリテラシーを学ばないといけないし、自らの能力で世の中を渡っていかなければならない。いつまでも制限下にいることはできないし、開放の時期は、本人のリテラシーの発達や興味の方向、保護者の体制に合わせて細かく配慮する必要があるだろう。
だからこそ、これは各家庭で真剣に考えるべき問題なのだ。バイクやゲームと違って *1 、制限すれば良いものではなく、子どもの将来を左右するからだ。
さらに言えば、「学校表サイト」というものが提供されてしかるべきだ。運動場や公園がある様に、子ども達が安全に社会を疑似体験しながらスキルを磨いていく場所が必要だ。
今は、家を出たらいきなり車道だから、こういうところで子どもが最初からスキルを磨こうと思ったら、転んだりしながら強くなるわけにはいかなくて、いきなりはねられて重傷を負いかねない。
というわけで、とりあえず娘には、ブログの基礎能力を培う意味で日記帳を与えた。5年日記だ。この5年間で、まずはライフログを書く楽しさを知ってもらえたらと思う。
*1: もちろん、将来、バイクやゲームの道に進もうという子ども達にとっては、障害になるのだが、そういう親は最初から真剣に考えているはずで、個別に交渉もしよう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2006年01月07日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 ふうどりーむず、おせち遅配で4億円減収[http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060106c3c0600u06.html][プロジェクトマネジメント] このエントリーをはてなブックマークに追加

動かせない納期がある仕事で物理的に無理な受注をしてはいけない。
猿渡肇・ふうどりーむず社長の説明によると、おせちセットは予想以上の人気で予定より10日近く早い12月6日に締め切ったものの、予定の約1・5倍の1万5500セットを受注した。
それでもあえてやる時は、相当の体制の整備が必要だ。
何しろ、本来不可能なプロジェクトを実現しようとするのだから、通常では起こらない様々な問題や困難にぶつかって当たり前。
猿渡社長によると、おせちセットは同市銭函の本社工場や同市高島の自社工場、冷凍庫など四カ所で調理、冷凍加工したものを、発送拠点である石狩湾新港の契約倉庫に集めて箱詰めしている。しかし、主に本社工場から倉庫への発送が社員の連絡ミスや確認漏れなどで大幅に遅れて、倉庫での箱詰め作業に入れず、宅配業者に回せなかった。
顧客からの電話がつながらなかったことについては、期日内に届けられないことが分かった十二月三十日から、注文客へ遅配の電話連絡を始めたのに加え、同日夜以降に苦情が殺到したためと説明している。
猿渡社長は「苦情対応も含め、こういう事態を想定したマニュアルも危機管理策も何一つつくっておらず、適切に対処できなかった。すべての面で会社の能力を超えていた。ご迷惑をかけた皆さんには申し訳ないの一言です」と話した。
想像でしかないけれども、こういう状況では以下の様なパターンに陥りやすい。
  1. キャパシティを超えた増産のために、パートを増員したけれども、不慣れな人では予想以上に生産性が上がらなくて、予定がずれ込む。
  2. 遠隔地の発送はタイムリミットがあるので、出荷計画を予定と変更して遠隔地分の発送に使ってしまう。
  3. この変更が共有されずに、どの倉庫からどの倉庫にどう発送すれば良いのか分からなくなって行く。
  4. 代理店経由の受注で代理店の人が取りにくるので、これを渡さないわけには行かず、臨時に数量を確保して渡してしまう。さらに数量の把握が難しくなっていく。
  5. この臨時生産によって、生産計画も狂ってしまう。ラインで一気に生産すれば単位時間当たりの生産性は上がるし、臨時パートの人でも対応できるのだが、臨時生産はその単位の生産完了待ちは縮まるけれど、全体の生産性を落としてしまう。
  6. クレーム対応に時間を取られる、全体の判断や指示を行うべき人員がクレーム対応に取られてしまって、現場はますます混乱する。
ソフト開発のプロジェクトマネジメントでも学ぶところは多い気がする。
ちなみに、 ふうどりーむずのページ[http://www.foodreams.com/]「小樽恋の祝い膳」お客様各位[http://www.foodreams.com/i/foodreams/owabi/owabi.html] の掲示を出したのは、1月1日の様だ。もっと早めに、もっと目立つ場所に掲載しても良かったのではないかと思う。
以下、北海道新聞の関連記事
ふうどりーむず、おせち大量遅配 3000セット、配送車確保できず
[http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060101&j=0022&k=200512314366] ふうどりーむずの「おせち」 2000セットなお届かず
[http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?&d=20060103&j=0022&k=200601034612] 小樽・おせち遅配、2000セット配達断念 ふうどりーむず「危機管理なかった」
[http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?&d=20060105&j=0022&k=200601044931] おせち遅配 「身の置き場ない」ふうどりーむず社長[http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/backnumber.php3?&d=20060107&j=0022&k=200601075487]

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年01月07日(金)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 開運祈願 モナー神社[http://www.dawgsdk.org/monashrine/]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

とぴあさんとこ[http://diary.clovery.jp/index/index/2005/0101#p03] から。

【吉】 (No.27788) モナー神社
願事 : 気長くして居れば叶う
待人 : 遅く来たる
失物 : 物の間にあり
旅立 : 急がぬ方がよい
商売 : 売りは早くし買いは勢いてなせばよし
学問 : 困難あり 心据えて勉強すべし
争事 : 人に任せるがよし
転居 : 急がず行えばよし
病気 : 長引く 大切に養生すれば快癒すべし
縁談 : 諸種の障りあり ひそかに進めればよし

困難があるのは分かってるのだから、「心据えて勉強すべし」ですな。

■ 関連記事

■2wwwoffleとHNSのwebif<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシュからの検索を実現するために、 wwwoffle[http://www.gedanken.demon.co.uk/wwwoffle/] を導入したのだけれども、webifで昨日の日記を編集してしまったりする事故が起きたので、設定を少々変更した。

request-expired = yes
request-no-cache = yes

すると良い様だ。

■ 関連記事

■3ネットワークのトラブル<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

某所のネットワークがどうも不調だという話があった。
大体において、年始の休み明けは何かとネットワークのトラブルが多い。 ざっと挙げても、

  • 大掃除でLANケーブルが抜ける・切れる・刺し間違えて、そのまま気づかずに休みに入る。
  • 年末年始を狙ったウイルスが発生する。
  • 休み中に大量のメールが溜まる。画像や動画付きの年賀メールを大量に配信する人までいる。メールサーバがパンク。
  • 休み中に持ち帰ったノートパソコンをウチのネットワークにつないで、設定変更したまま持って帰って来る。
  • 休み中に持ち帰ったノートパソコンでウイルスを連れてくる。

の様な心配事がある。
そういう事情で、年始はドキドキしているネットワーク管理者は多いはずだ。

今回の症状は、

  • ネットワーク全体が何となく遅い
  • 時々サーバにつながらない

というもので、まず、

  1. ウイルス蔓延
  2. 本当にトラフィックが多い

あたりを疑ったが、年が明けてから何日か経った今日も改善していないし、ウイルス対策は一通り確認したという事なので、現地調査することにした。

今は少なくなった、100MbpsのシェアードHubを問題のサーバと基幹スイッチの間に入れて、 Ethereal[http://www.ethereal.com/] で観測。
しばらくキャプチャして、眺めてみると、

  • ブロードキャストストームが起きている
  • 全然違うアドレスを使っているマシンが数台ある

ことが分かった。
ブロードキャストストームの方は、年末にケーブルを差し違えたのだろう。後は力仕事になるので、「Hubがリングになっていてはいけない」ということを説明して、あやしいところを探してもらうことにした。

こういう時にケーブルにマーキングしていないと大変なことになる。
ちなみに、ケーブルへのマーキングではなくて、「どこそこHub12-1 - どこそこHub34-5」という荷札を付けているのを良く見かけるが、これは往々にして変わってしまう事が多く、トラブルが現に起きている時には、結局役に立たないのことが多い。
それとは別に、ケーブル自身の両端にシリアル番号を打っておく事をお勧めする。これはケーブルに対して生涯変わらない番号なので「20050107-123-10M」等と細いマジックで書き込んでしまえば良い。

もう一つの、全然違うアドレスの方は、ネットワークアドレスを指定してキャプチャして、なんちゃってDHCPサーバの存在を確認した。
年末にウチに帰った時にでも、何か設定を変更して、DHCPサーバとして稼働していた計算機がいた様だ。

ネットワークのトラブルは原因が分かってしまえば、簡単なことが多いのだけれど、切り分けていくのには、知識と経験と推理力が必要だ。特に社内のネットワークの管理者は、管理をしなければいけないのに権限がなかったりして、その苦労が報われていない管理者が多い気がする。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2003年01月07日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1ブロードバンドルータの設定[お仕事]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、コンソールが無いばかりか、Lynxで設定するのも難しいような、Windows専用みたいなルータもどき(ブロードバンドルーター)があるのですが、ヨソのネットワーク用に設定しようとすると、そのIPアドレスのWindows環境を用意しなくちゃいけなくなったりして面倒です。
こういう時は、 近所のBSD箱(192.168.0.1)で、
# ifconfig fxp0 inet 172.16.0.100 netmask 0xffffff00 alias
% ssh -L 10080:172.16.0.1:80 -g localhost
とかしておいて、http://192.168.0.1:10080/ で、目的のルータの設定画面を開くようなワザが使えます。
まぁ、Windows側でルーティング設定してやっても良いような話なんですが。

■ 関連記事

■2 mpeg2ts[http://net.ipc.hiroshima-u.ac.jp/mpeg2ts/][お仕事]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

というものも既に世の中にあるらしい。
「ANY over IP」「IP over ANY」だねぇ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

1999年01月07日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1Dreamcast このエントリーをはてなブックマークに追加

Dreamcast[http://www.sega.co.jp/dreamcast/] に手を出しました。別にゲームが遊びたかったわけではなくて、純粋にネットワーク端末としての研究目的です。
まず、USER AGENTは"Mozilla/3.0 (DreamPassport/1.01)"を名乗るみたいです。試しに最近のサーバのログを調べてみましたら、チラホラはいらっしゃる様です。
専用線接続があるわけですから自前で接続したいので、PPPサーバーを作ってPAP認証をするように設定したらあっさりと接続されました。
後は適当なモデムと交換機に使うためのTAでも買ってくれば、擬似的に専用線接続体制になります。ちょっと工夫が必要なのは、電話番号に*や#が使えない点で、内線発信に困ります。モデム設定の「外線発信」には*や#が入力できるので、こちらで発信するように設定して、電話番号は適当に入れておくことにします。
画面表示は、
Dreamcast
といった感じになっていまして、フォントのサイズなどなかなか考えてあります。ブラウザの表示サイズに依存しない様にページデザインを考えてあれば、それなりに表示してくれるようです。
これは「ブラウザに依存しないページ作り」の推進力になりそうです。
ここまでの作業でWeb端末として、話の種にお客さんにご覧頂けるようになりました。
WebTVの様な独自技術によって、「実はイントラ端末としては使えない」っていうことを心配していたのですが、見たところ標準に準拠するように作られていて好感が持てます。
これならば手軽に使えるWeb端末として、エクストラやイントラの構築にも応用が考えられそうです。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、13 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2020年05月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project