2014年01月05日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 続・公共図書館に関する12の質問[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20131221S1][図書館] このエントリーをはてなブックマークに追加

年末に、「公共図書館に関する12の質問」と題して、公共図書館について思うところを書いてみたのですが、趣旨に賛同いただいて、記事を書いてくださったり、取り上げて下さった方が何人かいらっしゃいます。
私が見つけ出せた限りで恐縮ですが、ご紹介させて頂きます。

もう一つ、うれしいことに、図書館員の方から寄稿を頂きました。感謝して、掲載させて頂きます。

ある図書館員の方から頂いた「公共図書館に関する12の質問」について:

どのように図書館を利用していますか?

最短の図書館は立地があまりよくないため、なかなか定期的に通うという訳にいきません。「読みたい時に読みたい本」という感じで借り出しています。ただ、自分の中に課題や悩みが出来た時、解決の手掛かりになりそうな本を手当たり次第に探す、というような場合にはとても助かります。また子育て中も大変助かりました。絵本や児童書は意外と高価な上、幼いときは特にその子が何を好むか分かりませんし、子どもの成長はとても早く読む本もどんどん変わりましたので。

図書館カフェをどう思いますか?

決して、「必」要ではないと思います。もしあれば、利用スタイルがいくらか多様になるとは思いますが。ドリンクとスナックを昼食に挟んで、一日中、調べもののために滞在するようなケースや、読み聞かせボランティアの打ち合わせなどが、実際に本を手に取りながら出来るというようなケースが予想されます。しかしそれは図書館機能の根幹に影響することではないと考えます。

図書館と本屋さんとの違いは何ですか?

様々なスタイルの本屋さんがあるとは思いますが、一般的に本屋さんは「売れるものを置く」ものだという印象です。図書館は、あらゆる分野の知を住民に提供するものだと思います。

公共図書館の受益者は誰でしょう?

直接的な受益者はその市町の住民だと思います。ただ、図書館を利用し、多くの思想に触れながら子どもたちは育ち、様々な場所で新たに文化を作り出していくのでしょう。また(少々大げさに聞こえるかもしれませんが)公共図書館がそこに存在したことで、救われた命があったということも皆無ではないと思います。そう考えると、ひいては国民全体が受益者と考えられるのではないでしょうか。

利用者はお客さんでしょうか?

やはり「お客さん」という言葉には、「対価を払う」といった印象を感じてしまうので、この言い方は適切ではない気がします。図書館員が利用者に対するホスピタリティを重視したり、より良いサービスを追及することと、利用者をお客さんと見做すことは、直結するものではないとも思います。利用者は図書館を利用すると同時に、図書館を育てていくものだと思います。
ただし、このことと、職員が利用者に対し「お客さま」と呼びかけることとを一緒くたに考えるのはどうかと思います。

開館時間は長いほど、開館日数は多いほど良いのでしょうか?

開館時間を延ばすことは、必ずコストを伴います。24時間365日開館していれば、より便利に感じられるかもしれませんが、それでコストが倍増したり、さらには図書館機能が低下したりすれば、却って弊害となるでしょう。私が住む地域では、夜7時を過ぎれば、駅前の通りであっても人通りはほとんど無くなり、学習塾からの窓明かり以外真っ暗という感じです。開館することで犯罪に遭うリスクの方が高まるのではないでしょうか。

図書館にベストセラーは必要でしょうか?複本を買うのはどうでしょう?

図書館で本を選書する際、「ベストセラーかどうか」が判断材料とされることはないでしょう。その図書館の蔵書として必要と思われれば購入される、というだけのことだと思います。(購入後に文学賞を取ってベストセラーになることもあるでしょうし)
また単純に「複本が良い、悪い」という判断をすることは難しいです。本一冊ごとに、その判断が異なるのではないでしょうか。保存用としてある程度綺麗な状態で残しておきたいもの、ロングセラーの作品で買い替えが必要となるもの、季節ものの絵本で特定の時期に複数から要望が出るものなど、状況は様々なのではないでしょうか。どこの公共図書館も、予算が潤沢な訳ではないでしょうから、むやみやたらに複本を購入してしているとは考えにくいです。

学習室は必要でしょうか?

受験や資格試験のために、個人の資料を持ち込んで勉強する場所、という意味での学習室であれば、必ずしも必要だとは思いません。あれば、便利に利用されるものだとは思いますが。図書館の資料を閲覧したり、調べものをしたりするための座席やスペースは、充分に必要だと思います。

公共図書館はなぜ無料で利用できないといけないの?

図書館の受益者について考える時、無料であることは大前提です。

図書館の自由って何?

「図書館の自由に関する宣言」は、国民の「知る自由」を保障することを説明するものだと思います。私たちが現代社会の中で物事を判断する際、あらゆる情報が提供される状況でなくてはならないと思いますし、図書館はその機能を果たすべきものということではないでしょうか。

図書館にリコメンドサービスはあったほうが良いと思いますか?

貸出履歴の問題をさておいても、リコメンドサービスがあったほうが良いとは思いません。図書館での特集や展示、新着本リストやパスファインダー、文学賞の受賞情報や新聞や雑誌の書評などで、既に十分なリコメンドではないかと考えています。個人として読みたい本や必要な情報は、時々によって変わりますし、「今、あなたの読みたい本はこれでしょう?」と薦めるようなことが図書館のサービスであるとは思えないのです。

電子書籍が普及すると公共図書館はどうなっていきますか?

紙の本を、紙のイメージのままデジタル化した電子書籍にはあまり魅力を感じていません。ただ、電子書籍の形でしか存在しない情報の場合、収集と提供を考えなくてはならないのではないかと思いますし、また、紙のままでは情報を得られない利用者に対して、電子書籍は重要な媒体となるという期待はしています。(図書館と離れますが、デジタル教科書などはもっと進化した形で普及し、すべての児童に等しく情報を提供できるようになってほしいと思っています)

電子書籍の普及によって公共図書館がどうなるかということより、住民が必要な情報を適切に手に入れることが出来るよう、図書館はこれからの電子書籍を積極的に利用し提供して行く方向性を持たなくてはならないのではないかと思っています。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年01月05日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 自ら宣言したポリシーをないがしろにする政府機関ホームページ[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100103S2][プライバシー] このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省プライバシー・ポリシー鳩サブレー[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100103S2] や、 謎の組織による追跡[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100104S1] で、 首相官邸公式ブログ[http://hatocafe.kantei.go.jp/] が、自ら掲げた プライバシーポリシー[http://www.kantei.go.jp/jp/policy/privacy_policy.html] に違反して、利用者を追跡してることに触れたが、どうやら、この問題は、鳩山首相の勇み足ではなくて、 政府機関ホームページに共通する問題の様だ。
経済産業省のページ[http://www.meti.go.jp/] にアクセスすると、永続的でアクセス毎にユニークだと思われるクッキーが付与される。 この様なクッキーは、セッション毎に破棄されるクッキーや、選択した文字サイズを記憶している様なクッキーと異なり、利用者をセッションを超えて永続的に追跡できることから、 トラッキング・クッキー[http://ja.wikipedia.org/wiki/HTTP_cookie#.E3.83.88.E3.83.A9.E3.83.83.E3.82.AD.E3.83.B3.E3.82.B0.E3.83.BB.E3.82.AF.E3.83.83.E3.82.AD.E3.83.BC] と呼ばれている。 経済産業省のページを訪れた際に付与されるのは、まさしくこの「トラッキング・クッキー」だ。
ところが、 プライバシーポリシー[http://www.meti.go.jp/intro/privacypolicy/index.html] には、
当サイトでは、インターネットドメイン名、IPアドレス、サイト内検索のクエリ情報、その他当サイト閲覧に係る情報を自動的に取得します。クッキー(サーバ側で利用者を識別するために、サーバから利用者のブラウザに送信され、利用者のコンピュータに蓄積される情報)は 利用しておりません
と書いてある。 どこか[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100103S2] で見たような文面だ。
恐らく、アクセス導入したものの、プライバシーポリシー自体は、2005年に作ったまま見直さずに放置しているのであろう。ソースを確認すると、
<!-- Analyzer -->
<script type="text/javascript">
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
</script>
<script type="text/javascript">
try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-11803040-1");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}</script>
<!-- /Analyzer -->
と、 Google Analytics[http://www.google.com/intl/ja_ALL/analytics/] のトラッキングコードが挿入されている。
当然、トラッキング情報がGoogle Analyticsにも提供されるわけで、この点についても言及すべきところであろう。
ポリシーは金科玉条ではないので、適宜、実態に応じて見直すことが必要だ。少なくとも、現状の様に、「結果としてウソ」というのは決して許されることではない。
首相官邸プライバシーポリシー[http://www.kantei.go.jp/jp/policy/privacy_policy.html] と合わせて、早急な見直しを期待するし、これだけ放置されてきた問題が早期に解決されれば(しかも、まさにやる気さえあれば解決は簡単であろう)、少なくとも、この点に関しては、この内閣のネット利用に関する「やる気」を評価したいと思う。あっちこっちでたくさんつぶやいたら気づいてもらえるかも知れない。ぜひご協力をお願いしたい。
ブラウザにクッキーが残っている政府機関のサイトのポリシーを確認したところでは、他に、 厚生労働省[http://www.mhlw.go.jp/] と、 外務省[http://www.mofa.go.jp/] については、クッキーの利用実態とプライバシーポリシーに乖離があるようだ。
この感じで行くと、ここに挙げたケースは氷山の一角かも知れない。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2006年01月05日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1仕事始め このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状をチェックしたり、メールを整理したり。
年末バタバタしていたしわ寄せがやってきた感じ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年01月05日(水)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1御出席・御欠席次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

某チャネルでの話題。新年会の出席・欠席のアンケートにて。
「御出席」や「御名前」の「御」を消して、「させて頂きます。」と書き添えるのがマナーという話は置いておいて、御芳名・御住所・御電話番号ってのは良く見るが、御メールアドレスってのは初めて見た。

外来語に「御」を付けるのは、やっぱり違和感がある。
「おタバコ」や「おビール」の様に、日常に入り込んだ言葉は外来語感が薄れて、あまり変に感じなくなるという話を読んだ事があるが、その意味では「おメール」が変に見えるのは、まだそこまでの浸透はしていないということだろう。

おメール頂戴致しましたので、返信させて頂きます。
が変に見えるかどうか、色々な層の反応を聞いてみたい。

■ 関連記事

■2 core の出力先変更[http://www.cyberer.net/wiki/wiki.cgi/FreeBSD/core%20%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%8a%9b%e5%85%88%e5%a4%89%e6%9b%b4.html][freebsd]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

coreファイルをrootファイルシステムに吐かれたりして困る時に。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2002年01月05日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 Festival[http://www.cstr.ed.ac.uk/projects/festival/][freebsd]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

計算機のパワーを無駄遣いするお話。
せっかく手許のマシンで音が出るようになって、一日中電源も入っているので、 logをフィルターしてしゃべらせる様にしてみる。
メールが届くと、(procmail)で分類したカテゴリーや送信者、時刻をしゃべる。 他のsyslogメッセージもそれなりにフィルターしてしゃべるようになった。
むちゃかっこいい!

■ 関連記事

■2新たなカテゴリー[てきとー]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

を作った場合って、リンクはどう表示されるんだったっけ。

なるほど:

タイトルリスト表示されますね。 これってカスタマイズ可能だったかなぁ。他所の日記に出ない日記があるのだけれど。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

1999年01月05日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1休暇中の電源供給 このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
さて年末年始と忙しい仕事を片づけ、ささやかなお休みを頂いたのですが、またかというほどにこの時期にはネットワークがらみの問題が発生します。
古くは「年賀メール問題」という、電子メールで年賀メールを送りあうものだからサーバや回線がパンクするという事件がありました。
64KbpsのX25が高速な回線で、末端ではUUCPでのメール転送が当たり前だった時代には、不要不急のメールの氾濫は大問題だった訳です。
最近は、回線容量の改善、サーバの容量の拡大、それから「年賀メールは止めましょう」というPR、さらにWebページで年賀状を預かるサービスの普及なんかによって、問題が顕在化することはなくなってきているようです。
昨年に比べて今年は多いなぁというのが、「ネットワーク遮断問題」で、こちらは今年のゴールデンウィークあたりから大問題になる予感がします。
「ネットワーク遮断問題」というのは(勝手に名前を付けたのですが)、
  • 一斉休業だから
  • 管理者がお休みでメンテできないから
  • ほっておくと落ちる様なサーバーだから
  • 電気代節減という理由でブレーカーが落とされるから
といった理由で、サーバやネットワーク機器を年末年始や休業に合わせて停止してしまう組織があるという問題です。
今年は特に環境問題と合わせて、「全社一斉にブレーカー落とします」に巻込まれた組織もある様ですが、それにしてもインターネットに参加している組織としては許されない行為だと考えます。
インターネットに参加するということは、インターネットの一部になるということです。自組織だけの都合でインターネットの一部を停止してしまうことが許されるはずがありません。
具体的には、メールの配送では相手組織に多大な迷惑を掛けますし、長期にわたればドメイン情報にも問題を生じます。他の組織の管理者は問題の切り分けに何がしかの労力を割く必要が出てきます。当然、いくらかのメールはエラーとなって受取人に返されます。会社であればビジネスの連絡を取れなくなったり、信用に影響を与えたりします。
年始に電話を掛けてみたら「お掛けになった番号はお客様の都合で電話を取り外してあります」というアナウンスが流れるということになりますと、これは年始の信用騒ぎで倒産した旅行会社の様な被害を発生するわけですが、これと同じ事がメールでは起こっているわけです。
電力の供給に関しては、社内的に同意を得るのが難しい組織があるとも聞きますが、インターネットに接続している以上、対外的に果たすべき責任は最優先で果たして欲しいものです。それができないのであれば、自社にサーバを置くべきではないと考えています。
PRを兼ねて考えられる対策を・・・
まず、サーバ機器に関しては電源を切らないで済めばそれが簡単であり確実です(サーバが落ちるというのは別問題として)。
次にDNSとメールサーバーのセカンダリを頼める組織があれば、そこに依頼するのが次善の策です。例えば、支社はすべて止めるけれども、本社がその間はメールの受付を代行するという手法を取ります。一度構築しておけば事故で支社がダウンしてもメールの受け取りが停止しないというバックアップ効果もあります。
あるいは、セカンダリだけを外部の業者に(例えば弊社の様なホスティングプロバイダ)依頼することもできます。
さらに、プライマリともに外部の業者に預けてしまえば、休暇中の管理の心配もしなくて済みます。
もちろん業者の選定にはある程度気を付ける必要があります。自社より不安定なサービスだったりするとあまり役に立ちません。
ちなみに、弊社でもセカンダリ・プライマリともに、ご希望の条件でホスティングを承っております。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、12 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2021年12月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project