2019年01月03日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける[https://github.com/keikuma/myHomeAlexa][alexa] このエントリーをはてなブックマークに追加

完成。はまりどころは色々あったけれども、まぁ何とか動くように。
  • 「アレクサ。おうちサーバーで、誰某の楽曲をかけて」
  • 「アレクサ。おうちサーバーで、まどか☆マギカをかけて」
  • 「アレクサ。次の曲。」
とか、自分のライブラリから再生できるのは良い感じ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2010年01月03日()<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 おみくじ[http://mitsui-emm.com/mail/dominos/20100101/t_web.html]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

新年なので、おみくじを引く。
大吉のおみくじ
大吉だったらしい。新春から縁起が良い。ピザ頼みますかね。
大吉が引けなかったと言う方は、「mitsui-emm.com」からのクッキーをブロックしてやると何度でもおみくじ引けます。クーポンボックスへの登録も可能。

■ 関連記事

■2鳩cafeに行って鳩サブレーをもらおう[個人情報][セキュリティ][プライバシー]<< 前の記事 | 次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

豊島屋・鳩サブレー以前、 「首相官邸ブログ」と称する何か[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20091207S1] について書いた。その後、 読者の方に頂いたコメント[http://www.nantoka.com/~kei/diary/board.cgi?act=read&msgid=482] 等で、ブログ運営大手が営業をかけて作成されたページで、その点では本物だったのだが、今年から廃止されて、.go.jpで運用されるようになったということを知った。
本物だったことには驚いたが、 ハトミミ.com[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20091201S1] で指摘した通り、.go.jpに移転するのは良いことだ。 朝令暮改 過則勿憚改。
新しい首相公式ブログは、 鳩cafe[http://hatocafe.kantei.go.jp/] 。 名称については、性質上、「鳩山首相の」という色合いが付くのだろうから、突っ込まないでおこう。「ハトミミ」とは事情が違う。永続性が確保されるのであれば、それで良いだろう。
サイト自体は、
hatocafe.kantei.go.jp. 288    IN  CNAME kanteiblog.typepad.jp.
kanteiblog.typepad.jp. 2622   IN  A 204.9.178.33
ということで、 TypePad[http://www.typepad.jp/] のサービスを使って構築されている様だ。急ごしらえで専用サーバを作って運営するよりも、低コストかつ安全に運用できるだろう。サービスの安全性やサービスレベルについては、契約に基づいて確保すれば良いことだ。
例えば、どこかの会社の通販サイトを利用する場合、利用者は、サイト運営者が掲げるプライバシーポリシーを確認すれば、その会社がどういうサーバインフラを使用してサービスを提供しているかとか、委託先が信用できるかといった事は意識せずに、その会社が信用できれば、プライバシーポリシーが守られることを期待している。
首相官邸ホームページ・プライバシーポリシーつまり、サイト運営者の信用の元にプライバシーポリシーは掲げられていて、利用者は「サイト運営者が責任を持ってプライバシーポリシーを遵守する、あるいは委託業者にも遵守させる」ことを信じて、そのプライバシーポリシーを受け入れている訳だ。
したがって、プライバシーポリシーは、運営者にとっても利用者にとっても非常に重要なものであり、けっして飾りではない。
前置きが長くなったが、首相公式ブログのプライバシーポリシーを確認しておこう。 ページの最下部に、内閣官房内閣広報室が掲げたプライバシーポリシーへのリンクがある。
2.収集する情報の範囲

(1) 当サイトでは、インターネットドメイン名、IPアドレス、当サイトの閲覧等の情報を自動的に収集します。 なお、クッキー(サーバ側で利用者を識別するために、サーバから利用者のブラウザに送信され、利用者のコンピュータに蓄積される情報)は利用していません。
とあり、クッキーは利用していないと明言されている。
鳩cafeから飛んでくるクッキーところが、 鳩cafe[http://hatocafe.kantei.go.jp/] にアクセスすると、明らかに、クッキーが送られてくる。しかも、2038年まで有効な読者追跡用のクッキーだ。あるいは、鳩cafeだけに、これはクッキーでは無くて、 鳩サブレー[http://www.hato.co.jp/index.html] だろうか。
単純な見落としだろうけれども、自らが掲げたポリシーをないがしろにしてはまずい。
この内閣、ネット利用に関して非常に積極的であり、拙速と批判されるようなこともたくさんあるけれども、何もやらなければ批判は受けない。政治におけるネット利用の推進は正しい道であり、問題があっても切り拓いて進まなければならない。ただでさえ困難に直面することが予想されるのだから、知っていれば避けられる問題は避けて通れないものか。ブレーンに技術サイドの人が加わっていないのが原因だろうか。

■ 関連記事

■3 続・ゲタソックリ[http://www.nantoka.com/~kei/diary/?20100102S1][hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日に引き続き、GETAssocをいじる。
まずは、関連文書検索の置き換えを実装しようということで、TF-IDF算出のために、プレインテキストを生成していた部分に手を入れて、 stp[http://getassoc.cs.nii.ac.jp/?%E5%90%84%E7%A8%AE%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%2Fstp] にかけるための、 itbファイル[http://getassoc.cs.nii.ac.jp/?itb%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%BD%A2%E5%BC%8F] を生成する様にした。
実際の関連文書検索は、Perlモジュールの pnwam[http://getassoc.cs.nii.ac.jp/package/pnwam-1.1.0.tar.gz] を使って実装する。添付されているドキュメントが乏しいのだけれども、 Perlインタフェース活用術[http://geta.ex.nii.ac.jp/getaN2001/gdoc/geta/ext/wam/doc/tutorial.html] のドキュメントが役に立った。
まず、注目する文書IDとweightのリスト(特定の記事から関連記事を探す場合は、IDは1つでweightは例えば1.0とすれば良い)から、語句のベクタを抽出して、語句から再度、文書IDのリストを得れば、関連文書が得られる。
コード断片は以下の様な感じ。
	my $wid = wam::name2id($WamPool, WAM_ROW, $from_name);
	if (! $wid) {
		return;
	}

	my $ids = [
		{id => $wid, TF => 1, TF_d => 1, weight => 1.0, attr => 0},
	];
	my $type = &wam::WT_SMARTWA;

	my $words = wam::wsh($ids, $WamPool, WAM_ROW, $type, 50, 0, $WamPool);
	if ((! $words) || (ref($words) ne 'ARRAY') || (! @$words)) {
		return;
	}
	my $rets = wam::wsh($words, $WamPool, WAM_COL, $type, $LINK_NUM+1, 0, $WamPool);
	if ((! $rets) || (ref($rets) ne 'ARRAY') || (! @$rets)) {
		return;
	}
しばらく出力を眺めてみて、うまく行く様だったら拡張しよう。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2006年01月03日(火)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 楽天ポイント太っ腹プレゼントキャンペーン[http://aqwsedrftgyhujikol.seesaa.net/] このエントリーをはてなブックマークに追加

大変なことになっている模様。
太っ腹に2756ポイントプレゼントされるので、スクリプト走らせて、大量にアカウント作ってポイント取得する人が登場。主に2ちゃんねる方面でお祭りになっています。
しかし、楽天って金融庁から度重なる処分を受けている楽天証券にしてもそうなのですが、IT技術が非常に弱い会社なんじゃないですかね。少なくとも、IT技術で言えばライブドアの方が上に見えます。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2005年01月03日(月)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 日立、社内業務でパソコン利用全廃――専用端末で情報漏えい防止[http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/it/index.cfm?i=2005010207391b7] このエントリーをはてなブックマークに追加

これを書いているのは1月4日である。昨日は高校時代の友人達と久しぶりに会って深酒したので、もはや日記を書ける気力が残っていなかった。

朝から新聞で読んで、触れておきたいと思った話題が、表題の記事。
一昔前はディスクレスなX端末。最近ではシンクライアントというソリューションがあったけれども、ネットワークの速度、PCの低価格化、Windowsの普及という様な要因で、少なくとも価格面ではなかなか優位に立てなかった様だ。

しかしながら、情報資産の管理、特に情報漏洩対策にコスト意識を持つようになると、これは変わってくる。
そもそもディスクが無いのだから、端末の保守的な管理コスト(これは掛ける台数で利いてくる)を劇的に低下させる事ができる。数万台のPCにパッチを当てて回るという作業に疲れ果てている管理者はとても多いはずだし、さらに情報漏洩対策を考えた場合、端末の盗難まで考慮しなければならなくなるので、一極集中モデルが有利になってくる。

ソースを忘れたのだけれども、コールセンターで使う端末アプリをWindows+VBからLinuxに変更した会社もあって、この会社の場合、まず開発コストはWindowsのライセンス料ですぐに元が取れると考えて、Linuxへの移行を決断したという。
ところが、これまでは数種類のPCにパッチを当てたり壊れたら再インストールするというメンテナンスに掛かっていたコストが、CD1枚で確実に動くというメンテナンスフリー性が生まれて、トータルコストが予想外に減らせたという。
これは情報漏洩が問題視される前の話だったのだけれども、確実に情報漏洩リスクを減らせているというおまけもあるはずだ。

こういうことを考えると、 KNOPPIX[http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/index.html] には、日本のビジネスデスクトップ市場を変えてしまう可能性を感じる。
どこにいても、自分の環境が安全に使えるのは夢のような生活だ。

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

2002年01月03日(木)<< 前の日記 | 次の日記 >>
この日の詳細

■1 UFOとかUMAとか[http://saba.three-a.co.jp/~toku/diary/?200112c&to=200112314S2#200112314S2]次の記事 >> このエントリーをはてなブックマークに追加

ナポレオンズは大好きなので、ちゃんとチェックしてありました。 ビデオもあったり。

■ 関連記事

■2あれ?[hns]<< 前の記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 関連記事

詳細はこの日の詳細から

以上、10 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2020年07月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

予定

    ToDo

      link

      keikuma on Twitter

      keikuma Name:前田勝之
      Location:長崎市
      Web:http://www.nantok...
      Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

      サイト内検索

      Google AdSense

      Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project