2019年03月25日(月) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの03月25日 編集

今日のつぶやき

  • ZENRINを廃した新Google Mapsは自動運転とは基本的に関係がない - ちずぶらりHackers https://t.co/MDudOS4vUL2019-03-25 01:27:07 Twitter Web Client
  • 【メモ】自動運転向けの10cmレベル高精度地図というのは、その膨大なデータ容量と、かつ常に最新の道路形状を反映した地図を使う必要があるという鮮度の双方の要求のために(略)常に車がオンラインの状態で(略)前もって先読みダウンロードして、通り過ぎて必要がなくなればデバイス上から消す…2019-03-25 01:31:04 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …実際、そうせざるを得ないはず。記憶媒体はどうにかなったとしても、新鮮なデータが必要。そして、移動体にどうやってそれだけ大容量のデータを配信するかというのが次の課題になって、個々の移動機がサーバと直接セッション張って…というのは無理だろうと…2019-03-25 01:33:31 Twitter Web Client keikuma宛て
  • npm install する時に、中で走るmakeのパラメーターを渡すにはどうしたら良いかとしばし悩んだのだけど、環境変数にセットしておけば、makeまで渡って、Makefileが環境変数を見てくれていたので、環境変数セットして、… https://t.co/Iq225z1LtJ...2019-03-25 01:46:50 Twitter Web Client
  • “兵庫県警ブラクラ摘発”、弁護士費用の寄付呼び掛け 日本ハッカー協会 - ITmedia NEWS https://t.co/qnrLol3XeW2019-03-25 17:55:26 Twitter Web Client
  • ここが大事で、個人だけの問題ではない。「裁判で争われることなく略式命令が確定してしまうと、過去の有罪事例として『実績』となってしまい、他の地方警察や検察の判断にも影響し、次々と際限なく不正指令電磁的記録の対象が拡大されていってしま… https://t.co/RfpZYt7UB1...2019-03-25 17:56:34 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …摘発された被害者の方としても、裁判を争うより、略式命令を受け入れてさっさと終わらしてしまいたいという気持ちはあるかも知れません。だけれども、日本の未来のために、IT産業の未来のために頑張って頂きたい。せめて弁護士費用位は支援した… https://t.co/rQEcNnXiDv...2019-03-25 17:59:21 Twitter Web Client keikuma宛て
以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2019年03月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project