2017年02月10日(金) << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの02月10日 編集

今日のつぶやき

  • …「精緻な」というのは、やや過去の議論に対して批判的に過ぎるかも知れませんが、これまでの指定管理者批判論は、「直営を守るべき」という主張に依拠し過ぎている様に思います。そういった前提を抜きに、公共図書館としてあるべき姿を実装する際に、指定管理者制度は有効な手段となり得るかどうか。2017-02-10 00:22:48 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …指定管理者制度は、制度上の矛盾と言うべき欠陥を抱えている様に思います。「より効率的」を市場原理によって求めるためには自由競争が必要で、このためには、競争機会が多いことが要請される訳ですが、自治体にいくつかしかない施設の、管理者交代の時にしか競争機会は無い訳です。2017-02-10 00:31:18 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …一方で、極端な話。1年交代で指定管理者を交代させるとなれば、長期的な視座に立った、具体的には、人材育成、人材確保、蔵書構築といった、社会教育施設としてコアコアの仕事をないがしろにして、目先の集客やコスト削減に走らざるを得なくなるのは自明で、これもよろしくありません。2017-02-10 00:34:45 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …結局のところ、きちんとやってくれるであろう事業者をパートナーとして選んで、これを自治体側が監督して、長期的な運営を確保して行くというスタイルが、指定管理者制度を活用する場合のあるべき姿になろうかと思うのですが、だとすると、特別に恵まれた事業者が地域に既に存在するケースを除いて…2017-02-10 00:38:08 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …自治体がそのまま運営した方がコントロールが利く分、有利なんじゃないでしょうか。自治体が直接雇用したら人件費が高くつくというのは昔の話ですし(これはこれで、指定管理館での雇用にも共通する別の問題があるのは承知しています)。結局、自治体がコントロールしないとダメなんだと思います。2017-02-10 00:42:09 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …もっとも、地域に自治体より高い理念を持って、公共図書館を実現しようという団体がいれば、これは話は別なんですけれども、これは残念ながら、稀有なケースだと思います。でも、指定管理者制度を成功させていく一つの可能性があるとすれば、そういう担い手を育てて行くということでしょうか。2017-02-10 00:45:12 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …指定管理業務を行う事業者が営利企業である場合、指定管理事業として利益を得るということは最優先の事項になります。これは、企業の立場としては理に適った行動です。その場において、社会教育施設たる図書館の運営の向上と指定管理受託事業者の利益をどうやって一致させるかと言う課題が生じます。2017-02-10 01:55:09 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …指定年数。例えば5年間やらせてみて、ひどいことがあったらペナルティとして次に選ばれない…というのは、それこそ法に抵触するとか、あまりにもひどいことをする抑止力にはなるかも知れませんけれど、より良い図書館運営に向けて、事業者が創意工夫するモチベーションにはなり得ないと思うんです。2017-02-10 01:58:20 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …一方で、自治体が事細かに指定管理者の業務について指図する様な状況になれば、これはこれでそれこそ偽装請負と言う様な状況になりますし、指定管理の意義を問われます。何のために指定管理にしているのか良く分からくなっちゃいますよね。2017-02-10 02:00:12 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …一つの方法としては、指定管理者が自主的に利用者の声を汲み取り、こういう要望があるからこういう改善をするということを積み上げていくというのはあるかなと思います。自らハードルを上げることになりますが、サービスレベルが上がり、それを提供できる事業者の評価は向上します。2017-02-10 02:02:41 Twitter Web Client keikuma宛て
  • …それとて、汲み取った声と、その対応について、自治体側に正当に評価できる体制があることが前提です。「来館者に香りでリラックスして頂くために、アロマを噴霧します」とかいって、書籍の代わりにアロマ機器とオイルを買って噴霧して、アレルギーに悩む利用者を生んでは本末転倒です。2017-02-10 02:06:46 Twitter Web Client keikuma宛て
  • RT @MO6jijii: ツタヤ図書館って看板とかのロゴデザインが全部いっしょ。各地のツタヤ図書館を採用してる自治体は、なんで好きこのんで公共施設がCCCのチェーン店であることをアピールしたがるのだろう?「蔦屋書店」がオシャレだと勘違いしてるのだろーか?2017-02-10 11:53:21 Twitter for iPhone
  • RT @baked_pudding: 蔦屋書店やスターバックスの店名が長くなるのを嫌ってちょっとでも縮めたいCCCに便宜を図ったというほうがまだありそう。厳密にいうなら以前は「高梁市立高梁中央図書館」だったので、削除されたのは「中央」だけではなく「立高梁中央」なのだし。2017-02-10 23:30:24 Twitter Web Client
  • RT @baked_pudding: CCCの高梁市立図書館のサイトにはmetaに「高梁市立中央図書館」なる記述があるが、「高梁市立高梁中央図書館」ないし「高梁中央図書館」であって、「高梁市立中央図書館」などない。ソースを「高梁中央図書館」で検索してもヒットしない。とことんデタ…2017-02-10 23:30:42 Twitter Web Client
  • RT @baked_pudding: CCCは条例で決められた名前が「武雄市図書館・歴史資料館」でも勝手に「武雄市図書館」と掲げた前科がある(議員に抗議され一部だけ訂正)ので、高梁でいま「高梁市図書館」と掲げていることが条例での名前もそうである保証にならないのが頭の痛いところ。2017-02-10 23:31:26 Twitter Web Client
  • まぁ。内部的にはそういう風潮で、それが問題とされない状況があったということでしかないですよね。 / ジャンパー以外にワイシャツやマグカップも 不適切と小田原市 | NHKニュース https://t.co/zb9UsNTNvr2017-02-10 23:36:02 Twitter Web Client
  • RT @m_aofuji: 図書館に所蔵する人知を未来の子供たちにも継いでいきたい。図書館で働いていても、ごはんを腹一杯食べて、貯金がして、専門職として働く限り司書の勉強をしたい。
    図書館は「何でも読めてタダの場所」ではなく「無料で提供されている知のインフラ」
    #図書館で働い…
    2017-02-10 23:47:17 Twitter Web Client
  • RT @m_aofuji: 図書館には「本を買うカネ」と「保管場所」と「読むのを整備する人」が絶対必要、図書館は決してタダで運営されてない。いくら自治体の公共サービスだからとはいえ、司書個人の人生を犠牲にしてまで地域住民に奉仕する現状、奴隷のそれとなにが違うのか? #図書館で働…2017-02-10 23:47:44 Twitter Web Client
  • RT @m_aofuji: こう言うと「では司書でなく別の仕事につけばいい」と反論する人がいる。違う。司書は図書館愛ゆえに、現状の図書館の悲惨さゆえに働いている。司書資格もない図書館長、減る人件費、その中いったいなぜそこまでして働くのか #図書館で働いても人として生きていきたい2017-02-10 23:47:56 Twitter Web Client
  • RT @m_aofuji: 図書館は今を生きる人間の為だけにあるわけではない。司書は過去の人知を現在の人に渡し、未来の人の為に現在の人の生んだ人知を整理する。過去現在未来を見ながら仕事をしてる。現在の仕事が途切れれば、もう未来には繋がらない。それを一番危惧している #図書館で働…2017-02-10 23:48:06 Twitter Web Client
  • RT @m_aofuji: 今、図書館として体裁を保っていられるのは、経験豊かな正規職の司書がいるからだ。正規で司書になれた人は90年代を境に激減している。この時20代の人も今は50代に近い。経験豊富な司書はやがて皆退職する。その時、図書館には一体何が残るのか? #図書館で働い…2017-02-10 23:48:18 Twitter Web Client
  • いくつかRTしましたけれど、公共図書館を享受している利用者でも、ともすれば忘れがちなことがあって、そもそも公共図書館は教育施設であって、そこの職員は教育を担う人材であるという事。ですけれど、学校の先生を、民間の派遣社員に置き換えた… https://t.co/PPfIY66hn9...2017-02-10 23:57:33 Twitter Web Client
以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2017年02月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project