2014年08月24日() << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの08月24日 編集

今日のつぶやき

  • こういうのは私が知っているかぎりでは「癒着」とか「利益供与」といわれるものだと思うんですがね。 - 武雄市長の素晴らしく先進的過ぎる政治手法 http://t.co/tqlMaeYkeM #たけお問題2014-08-24 14:50:55 OpenTween
  • RT @pinpain: https://t.co/IfkummZ50e これですよ。地味だけど使い勝手のいい #図書館 は、こういうことを惜しまない。ダメーな役人根性丸出しのところも、民間に市場開放といって細かい嘘を積み重ねてるトコも、こういう部分を疎かにするんだよ。2014-08-24 15:36:17 OpenTween
  • 飲み屋だって図書館やってもいいじゃないかという新しいムーブメントを考える(山本 一郎) - Y!ニュース http://t.co/E4tXKo5Nia2014-08-24 15:56:51 Twitter for Websites
  • RT @dechnostick: 市内の利用者が減り、利用頻度(週1〜2回)も減っている - dechnostick's blog http://t.co/LUk9jYn6hC2014-08-24 16:10:48 OpenTween
  • RT @yuki_k1: ドヤ顔で公表したアンケート結果からわかるのは、武雄市図書館が図書館としては残念なものに改悪されたということと、武雄市民の図書館離れ、かぁ。 #takeolibrary #武雄図書館2014-08-24 16:11:09 OpenTween
  • 「ベクレルフリー」を検索してみたら、ビジネスが成り立つだけの状況になっていることに気付きました。「ゼロベクレル」は、まだそこまでの状況では無いようですが。2014-08-24 16:44:31 OpenTween
  • 食に安全を求めることは、健康を守るために、基本的に正しいことだと思います。素性のはっきりした食材を求めることを通じて、ベクレルフリーを求めることは、ある領域では、食の安全を求めることと合致するのだろうと思います。2014-08-24 16:48:49 Twitter Web Client keikuma宛て
  • ですが、あるところを行き過ぎると、今度は他の部分で、健康や生活に支障が出てくるようにも思います。食を通じて健康を求める際に、栄養バランスや、添加物に対する知識が必要になるのと同様、放射性物資に対する知識が必要になってきている…というのは、残念なことではありますが事実だと思います。2014-08-24 16:52:16 Twitter Web Client keikuma宛て
  • 樋渡啓祐氏「金沢市×武雄市」〜武雄市長物語より(106):|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース http://t.co/QQJm6EbI7x2014-08-24 16:55:44 Twitter for Websites
  • @1618Kepler 「どのようなサービスをしても自由」というのは難しいところがありますね。営利を目的として、そういう施設が書籍を貸与することはできないです。イトーヨーカードーの子ども図書館の例がありますが、営利を目的としたものではないことを示す必要があるでしょう。2014-08-24 17:08:40 Twitter Web Client 1618Kepler宛て
  • 大手スーパーマーケットの中には児童の利用に資するため図書館法第二十九条の「図書館と同種の施設」… - 今国会提出の著作権法の一部を改正する法律案に於ける暫定措置廃止後の法律の運用に関する質問主意書, 平成十六年五月十三日提出 http://t.co/7BaHZvPnWH2014-08-24 17:11:40 OpenTween
  • @1618Kepler 公営で無くても「公共」はありだと思うのですが、「営利を目的として」貸出をするのであれば、対価を支払わなければならないということだと思います。現実問題として、件の例で、どの程度著作権者の権利が侵害されるかというとそれほど大きい物では無いのかも知れませんが…2014-08-24 17:32:32 OpenTween 1618Kepler宛て
  • 公共図書館は「営利を目的としていない」という部分ははっきりさせておかないと、公共図書館も著作権者に補償金を支払うべきだ(公共貸与権)ということになっちゃうんじゃないかなと思ったりします。2014-08-24 17:42:53 OpenTween
  • CA1579 - 動向レビュー:公共貸与権をめぐる国際動向 / 南亮一 http://t.co/uIzNfRUDg82014-08-24 17:48:30 OpenTween
  • このEU指令においては,当初は貸出権を設けることにはなっていなかった。ところが,制定過程において利害関係団体からの意見聴取を重ねるうち,EU域内の市場においては商業的貸与と非営利貸与とが密接に関連することがわかった。… / http://t.co/yZ4d4KaBjT2014-08-24 17:51:36 OpenTween
  • …そして,著作物の商業的貸与に係るEU域内の市場の発展のためには,貸与権にあわせて貸出権を設ける必要があるという結論となり,貸出権が設けられることとなった。 / http://t.co/yZ4d4KaBjT2014-08-24 17:52:20 Twitter Web Client keikuma宛て
  • という経緯があって、EU各国で調整しなきゃいけない、既に商業的貸与と非営利貸与が混ざっている…という事情があったら、公貸権を導入することで対応する…というのが解なのかも知れないけれど、我が国においては先に「営利を目的としない」という前提が置かれていて、ちょっと事情が違う。2014-08-24 17:55:41 Twitter Web Client keikuma宛て
  • もちろん、これからでも商業的貸与と非営利貸与をもう少しなだらかに混ぜて、何らかの費用を支払うことで、「営利を目的とした」図書館が作れても良いという議論はあるのかも知れないけれど、もとから営利を目的としていない公共図書館に費用を求めるのはどうかなと思う訳です。2014-08-24 17:58:29 Twitter Web Client keikuma宛て
  • @1618Kepler いえいえ。それは私も心配するところでして、じゃぁ、スタバ図書館は営利を目的としていないのかと言うと、それはそれであやしいと思っている訳です。自治体が設置したから「公共」だと言えるかという状況になっていると思います。2014-08-24 18:04:40 Twitter Web Client 1618Kepler宛て
  • @1618Kepler 著作権の制限があって、結果、公共図書館で本を無償で貸すことができる…というのは、未来永劫約束された既得権では無いと思うのです。営利を目的としているんじゃないかと言う様に見える「公設」図書館が増えたら、その制限は無くなるのではないかと言う不安はあります。2014-08-24 18:07:34 Twitter Web Client keikuma宛て
  • 艦長! / Pstew's Ice Bucket Challenge: http://t.co/TomaVM8dVM2014-08-24 18:14:33 Twitter for Websites
  • 【課題メモ】公共(公設)図書館は、集客以外の説得力のある指標を持たないといけないって思った。2014-08-24 22:38:35 OpenTween
  • 私は、これまでの人生において(大げさではないですよ)、「図書館なかりせば」という体験をいくつもしてきています。その内のいくつかは、たまたま現在進行形です。図書館と言う公共財が無かったら、泣き寝入りしていたことや、得ることができた利益に気付かなかったかも知れません…2014-08-24 22:45:32 OpenTween
  • …これは、たまたま私が図書館を普段からたくさん利用していて、図書館に行けば調べることができると知っていたから、泣き寝入りをせずに済み、自らの権利を主張できた訳ですが、図書館がそういう形で利用できることを知らない方は残念ながらまだまだ多いと思うのです。2014-08-24 22:47:32 Twitter Web Client keikuma宛て
  • 普段は図書館を利用しなくても、何らかの問題に出会った時に図書館に頼る人がいます。また、何かで困った人に、「図書館に行けば調べられるよ」ということを言う人も必要でしょう。「知らないことで損をする」という現実は確かにあります。その補償としての図書館の機能は忘れてはならないと思います。2014-08-24 22:51:22 Twitter Web Client keikuma宛て
  • 困った時だけの施設として公共図書館が存続できるかと言うと難しいですし、図書館の機能はそこだけに収斂されるものでもないでしょう。しかし、資料を必要とする人が現れた時に、資料と、その資料に案内をする人が、その時のために用意されている…というのは、図書館の大切な存在意義だと思うのです。2014-08-24 22:54:33 Twitter Web Client keikuma宛て
  • 一図書館利用者でしかない私が、図書館員の方を前にしてお話をさせて頂く機会があります。お話することに「感動するレファレンスを受けた利用者は、必ず熱心なファンになります」というものがあります。私がまさにそうです。それ以前の私は、自分が必要とする本は検索で探せると思い上がっていました。2014-08-24 23:04:12 OpenTween
  • でも、それは違うのですね。熱心にレファレンスをして下さる方は、私が得意分野と思っていた分野で、私が見つけられなかった資料を探し出して下さる。一体どうやってと思う訳ですが、「言っていることは分からなくても、そういうことが書いてある本がこの館にあれば私は知っている」と、こともなげに。2014-08-24 23:08:24 Twitter Web Client keikuma宛て
  • いや、当人は決してそんなに気負ったことは仰らなかったと思うのですけれど、「図書館は人なり」と本当に思ったわけです。「選書した本なのだから、提供できる責任がある」と。私には名言だと思えました。そして、資料があってその資料を提供できる人がいて、初めて図書館として機能すると思いました。2014-08-24 23:12:14 Twitter Web Client keikuma宛て
  • RT @hokkyokusei1: ヒトラー個人を悪魔のように言うけどさ、彼は民主的に選挙で選ばれた政党の代表者で、民主的な手続きで議会と大統領から全権を委任された偉大な指導者だったんだ。戦争に負けるまではね。民主主義は悪魔を生み出しかねないとか認めたくない人たちは、ヒトラーは…2014-08-24 23:18:08 Twitter Web Client
  • RT @hokkyokusei1: 民主主義の致命的な欠陥のひとつは、多数派意見が暴走するともう誰にもそれを止められないということ。壊滅して無条件降伏するまでは2014-08-24 23:18:15 Twitter Web Client
  • そう。民主主義は不完全な部分を持っていますし、全体主義に陥る危険性を内在しています。ですが、様々な政治制度の中では有望なものの一つだと思います。そして、図書館と「図書館の自由」は、民主主義の不完全な部分を補完する大切な装置だと思います。 >RT 22014-08-24 23:21:26 Twitter Web Client
  • 前にも書いた気がしますが、民主主義の下では、その国民の民主主義の強さが長期的には国家の強さを決めると思っています。全体主義はバランスを失いますし、衆愚政治は国家全体を脆くします。仮に。仮に優秀で私心がないリーダーが現れたとしても、周囲から必ず腐敗が生じるのは歴史が証明しています。2014-08-24 23:26:59 Twitter Web Client keikuma宛て
  • @yukko228 ありがとうございます!パン焼き機を導入したものの、まだ一度も焼いていないことを、TLを拝見して思い出しました。何か挑戦してみようと思いました。2014-08-24 23:29:02 Twitter Web Client yukko228宛て
以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2014年08月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project