2010年12月26日() << 前の日記 | 次の日記 >>
これまでの12月26日 編集

■1USTREAMの機材選択[USTREAM] このエントリーをはてなブックマークに追加

けいくまラジオ[http://www.ustream.tv/channel/keikuma-radio] つながりで、USTREAMやニコ生で、トークをメインにした番組をやってみたいという方の機材をチョイスしてみました。
もちろん、こだわりや経験がある方は、お財布と相談しながら選べば良い訳ですから、ここでは、 なるべく予算を絞り込んだパターンを書いてみます。
もちろん、低予算と言っても、将来、丸ごと無駄にならないようには考えてあります。 ここに書いた機材で物足りなくなった頃には、自分で選ぶポイントも分かるようになっているでしょう。
また、本当に極限まで最低限ということであれば、PC内蔵のマイクや、500円で買える位のヘッドセット、あるいはPC用の外付けマイクがあればできないことは無いのですが、ある程度落ち着いて聴いてもらえる番組を、落ち着いて放送できるセットという事で考えてみます。 トークをメインにした場合、気を使うべきは、何と言っても音声です。音声にノイズが入ったりレベルがうまく整っていないと、聞く側は音量調整をしたりする必要があって疲れます *1
音を良くするためには、PC内蔵マイクがあっても、まずは独立したマイクを買う事です。マイクが音の入り口ですから、ここで入ったノイズは消せませんし、うまく拾えていないものは後では作り出せないのです。
PC内蔵マイクや、PC用の外付けのマイクで録音した音声を聴いてみると、室内の雑音やPCの音を驚くくらい拾っている ことに気付かれると思います。
人間の耳は、その場にいれば、雑音を避けて聞き取る能力があるのですが、録音を通すと雑音が耳に付くようになる様です。
PC外付けマイクは、無指向性と言われる、周囲の音をまんべんなく拾う製品が一般的で、まんべんなく拾う代わりに、音声以外の雑音も拾ってしまう 訳です。
そこで、音声の収録用には、ボーカル用のマイクを使用します。ボーカル用マイクは、口元に近づけて使い、マイクの軸の方向の音だけを拾う様に作られているため、周囲の雑音を拾いにくくすることができるのです *2 マイクも高いものを選べば本当にきりがありませんが、手ごろな価格の製品を選んでみました。
26日現在のAmazonでの販売価格は、1,722円と 2千円を切る低価格でありながら、重量感のある亜鉛ダイキャストボディで、キャノンタイププラグ出力 になっていますから、ケーブルを買い替えれば、好みの長さのケーブルが使えますし、本格的オーディオ機器のXLRコネクタにつなぐこともできます。
一人で語るスタイルでしたら、1本。対談でしたら2本買い揃えれば良いでしょう。
マイクスタンドは、千円台前半からあります。 高さの調整範囲が製品によって違いますから、机やテーブルと座る位置を考えて 選びましょう。
もし、予算にゆとりがあって、自由度を上げたいという事であれば、 の様なブーム型のスタンドを使うと、机の上の手元に干渉しないので、原稿を読んだり、PCに向かっての作業がやりやすくなります。
マイクスタンドは、一人で操作しながら放送するなど、両手が自由にならないと困る場合にはどうしても必要でしょう。
一方、 実は、マイクスタンドは慣れないと使いにくい もので、マイクと口との距離を、体の動きの方で調整する必要があります。咳払いをする時などにも、手持ちのマイクだったら手元でミュートしたり、マイクをそらしたりできますが、マイクスタンドにセットしていると、ミキサーでフェードするか、体をそらさないといけません。これが反射的にできる様になるには、ある程度の慣れが必要です。
ですから、例えばゲストの方を招いた時などは、却ってマイクを手に持ってもらった方が距離が安定したりしますから、マイクの本数だけスタンドが要るという訳でもありません。オペレーター兼パーソナリティ以外の分は、必要になってから買うと良いでしょう。
こういうボーカル用のマイクは、 PCのマイク端子に直接差し込んではいけません。壊れる場合があります。 PC用のマイク端子には、マイクを駆動するための電源が出ているのですが、ボーカル用マイクにはその電源は不要で、製品によっては電源をつなぐことによって壊れてしまいます。
接続には、オーディオミキサーを使用します。 マイク/ライン4系統に、ステレオライン1系統の同時入力ができるという製品です。もちろん、ヘッドフォンでのモニターもできますから、音声を聞きながらレベル調整ができます。
CDプレイヤーやミュージックプレイヤーを使ってBGMを入れる際には、ステレオライン入力が使えます。
また、この製品がユニークなのは、プラグインパワー方式のステレオマイクを接続することができる点です。接続時には、マイク/ラインの2系統を使用しますが、例えば2本のマイクで対談の会話を収録して、聴衆側の雰囲気をステレオマイクで収録するということができます。 ということで、エントリーとしては価格に対して、なかなか使えるミキサーということで人気も高い様です。
後は、PCとミキサーを接続するケーブルが必要で、PCまでの距離に応じた、「ステレオミニ-ピンx2」を買えば良いでしょう。 以上の様に、USTREAMラジオを始めるための、エントリークラスの配信機材をご紹介しました。
今、Amazonで注文すると年内には届く様です。お正月から「初鳴き」をされてみるのはいかがでしょうか。
*1: 特に、けいくまラジオの様な、おやすみ前の深夜放送は、静かに聞かれている方が多いでしょうから、音量レベルには気を配る必要があるでしょう。
*2: カラオケ等の場合、周囲にはそのマイクで拾った音が流れる訳ですから、無指向性のマイクを使うと、マイクを通って大きくなった音がまたマイクに入る事を繰り返して、「ピー」といったハウリングを起こしてしまいます。このため、一般的なボーカルマイクは、マイクの軸の方向だけからの音を拾うように作られています。

■ 関連記事

今日のつぶやき

以上、1 日分です。

指定日の日記を表示

前月 2010年12月 翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最近の日記

2019年04月01日

新元号「令和」について

2019年03月23日

DXアンテナ ワイヤレスチューナー メディアコンセント DMC10F1

2019年02月17日

#例のグラボを活用する

2019年01月03日

シリーズ5・myHomeAlexaで自分のCDをかける

2018年12月25日

シリーズ4・英語の楽曲・アルバム・アーティスト名をカタカナに直す

2018年12月23日

シリーズ3: Echo Dotがやってきた

2018年12月19日

続・Echo Dotがやってきた

分野別タイトル一覧


全て
CLIP
SYA!nikki
book
freebsd
hns
magic
おさけ
おしごと
お買いもの
ぐる
ごはん
アクセシビリティ
オープンソース
セキュリティ
音楽
地域情報化
電子自治体
日記

keikuma on Twitter

keikuma Name:前田勝之
Location:長崎市
Web:http://www.nantok...
Bio:前田勝之(まえだかつゆき)。長崎在住。コンサル、SE、プログラマー、 なんとか株式会社代表、非常勤講師(情報セキュリティ)。 セキュアド、テクニカルエンジニア(SV,NW)。サーバ管理とWeb日記を10年ほど。 ネットとリアルの接点に関心あり。食べること・歌うこと・愛すること・作ること・飲むこと。おいしいものがぜんぶすき。

サイト内検索

Google AdSense

Powered by hns-2.19.9, HyperNikkiSystem Project